• 締切済み
  • すぐに回答を!

個人事業主の節税

今年8月より個人事業を始めるものです。 副業として行うので、勤め先の収入もあります。 妻は専業主婦で、私の事業を手伝うためにパートを辞めました。 働き手は私と妻のみです。 さて、配偶者特別控除が廃止になった現在、 この事業の収入を全て私のものにした方がよいのか、 妻へ給与という形で支払った方がよいのか、 上手く節税できる計算方法がわかりません。 どなたか、お知恵を拝借できないでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数259
  • ありがとう数9

みんなの回答

  • 回答No.4

どれくらいの収入があるかにもよるのでは無いですか? 来年の確定申告の時期にでも再度相談されるか、税務相談に出向いた方が、より現実的な節税が出来ると思います。 ここでの質問、回答は机上の空論に過ぎません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 個人事業主の主人、配偶者特別控除受けられますか?

    質問させていただきます。 主人が個人事業主の青色申告者で所得が1千万円以下、私は数ヶ月前に会社を辞め、現在は専業主婦となっています。 近々パートに出ることが決まったのですが、所得が140万円超える収入になるかと思います。主人が配偶者特別控除を受けるには、やはり103万円までに抑えるほうがいいのでしょうか?それとも控除は受けず沢山働いたほうがいいんでしょうか??

  • 個人事業主の配偶者控除

    夫婦で個人事業主です。 別々の仕事をしているので、それぞれが確定申告(白色)をしています。 妻の私の方が所得が多いため、4歳の娘を私の扶養控除で申請しています。 昨年度、夫の方は事業がうまくいかなかったため、所得が大幅に減りそうです。 その場合、妻の私の方で配偶者控除や配偶者特別控除が受けられるのでしょうか? 出来るのであれば申請するのに手続きなどは必要でしょうか?

  • 個人事業主

    現在、個人事業主として副業をしております。 はじめたのは2007年5月の終わり頃からで、 今までの収入状況は次の通りです。 ・D社より毎月4,5万の収入 ・S社より7月に12万の収入 でして、約3ヶ月ほどで25万の収入になっております。 このままですと、2007年では 計40万程の収入になりそうですが、 この場合、節税メリットなどを適用できるのでしょうか? また、そのくらいの税金を払うことになるのでしょうか? 例えばビジネス仲間などとの食事を経費として、 節税ができないかな。と疑問に感じております。 もし、上記件に関してアドバイスなどがございましたら、ごきょうじゅいただけないでしょうか。 よろしくお願い致します。

  • 回答No.3
noname#11945
noname#11945

こんにちは。 [手続き上の前提] 一ヶ月以内の開業届と、二ヶ月以内の青色申請・専従者届出。必要であれば、給与支払事務所開設届。 [実質的な前提] 事業内容・規模、従事内容、等から見て、妥当な給与額であるか。(下限はとりあえず問題にならないでしょうが)。 不動産所得と違い、事業所得は、基本的に「事業的規模」ととりあえずみなされますが、65万円の控除とともに、やはり規模等は考慮に入れたほうが良いと思います。 (1)一番単純な計算。 配偶者控除額が38万円ですので、それ以上の金額は最低給与として支払うことになりますよね。とりあえず最低限で考えるならば、配偶者の方は、非課税の範囲内にとどめることにして見ます。 よって、月額40,000≦給与額≦月額80,000 この範囲に設定すれば、今のところではありますが、所得税・住民税とも、配偶者の方の負担は、ゼロ乃至最低線に留める事が出来ます。 (2)(一応触れますが)所得控除の見直し おそらく、社会保険は給与からの天引きでしょうね。そうすると、可能性としては、扶養控除をどちらで適用するか程度しか選択肢は無いことになりますので、無視して下さい。国保・国民年金であれば、どちらが負担するかの選択が可能ですが。 (3)税率による判断 給与所得があるので、最低の範囲に留める事は無理かと思いますが。 課税所得金額が、330万円以下であれば、税率は10%、それを超え、900万円以下までが20%、になっていますよね。よって、質問者の方の課税所得金額が900万円を越えるのであれば、下回るような専従者給与の支払額を設定できるのであれば、世帯での税負担は少なくなるのではないでしょうか。(ただし住民税は700万円で線引き) あくまでも最初に述べた前提をクリアーした上で、事業所得の金額を出来るだけ具体的に見積もらないと、結論は出ないので、この程度のことしか申し上げられませんが。 個人事業だと、配偶者控除とダブルで適用できなかったり、一時的なアルバイト扱いに出来ないなど、方法も限られてしまいますし。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

とてもわかりやすいご説明、感謝します。 参考にして、給与計算をしてみます。

  • 回答No.2

 配偶者特別控除どころか配偶者控除すらなくなる雰囲気ですが、もっとも基本的な節税は金銭や事業の自己管理を徹底することです。領収書一枚なくして記憶からも抜け落ちてしまえばその分の経費は計上できず結果として所得税、住民税、健康保険料、消費税などにも影響を与えます。  さて、節税という言葉がいろんなところで使われますが、本来の意味はすべきことをしなかったばかりに税額が増えてしまったというようなことを事前に防ぐことと理解しています。始めに低い税額を設定しそこに無理矢理ロジックを導くやり方は、簡単に破綻しますしペナルティも深刻なことがあります。あくまで実態を出発点とし、注意深く制度上の不利益となる可能性を排除していくことが基本かと思います。  その上でですが、まず青色申告を選択し複式簿記による記帳を行えば65万円の特別控除があります。PCのソフトを使えば財産科目の開始残高を登録したあと、ほとんどの場合単式で入力しても複式の帳面を作ってくれるソフトもあります。ただしいくら機械やソフトの使い方に長けてもそれが意味する実質的な中身を理解しなければ危険な側面もあると思います。青色の記帳くらいならお金を出して専門家にアドバイスを仰がなくても、地域の商工会や税務署で教えてくれるはずです。ただ一から十まで質問しても彼らも仕事があるのでそれほど親切ではありません。市販のハウツー本などで系統だった理解を得た上でピンポイントで尋ねるのがよいでしょう。  おくさんの働きが見込め、条件を満たすなら青色事業専従者となってもらえば、奥さんに給料を払うことができます。給料をもらう側からすると給与所得控除分が合法的に非課税となり世帯全体が支払う所得税や住民税や国保が安くなります。専従者給与の額はあくまでも奥さんの予想される労働者性の実質的評価に基づいて決めることが無難です。つまり他の人を雇って奥さんの仕事をしてもらった場合、いったいいくら払うのが常識的か、ということを考慮して決めることになります。  ただし奥さんであっても給料を払うときは事業主に源泉徴収義務があります。一定の小規模事業所であれば納期の特例が認められ年2回の納付で済みます。納付額がゼロであっても納付書は提出しなければなりません。税額があれば金融機関の窓口で払うことができますが、納付額がゼロの時は税務署に提出しなければなりません。    青色申告の条件と手続きは下記サイトが参考になるはずです。 制度の概要 http://www.taxanswer.nta.go.jp/2070.htm 開始手続き http://www.taxanswer.nta.go.jp/2090.htm 事業主が行う源泉徴収手続き http://www.taxanswer.nta.go.jp/2110.htm 源泉所得税の納期の特例 http://www.taxanser.nta.go.jp/2505.htm  それからもし初年に設備投資が大きいなら、消費税の原則課税の業者になっていれば消費税が還付されることがあります。ただしこの立場は2年間変えることはできませんので、いくら初年の仮払い消費税が大きくても2年分を見通して判断する必要があります。原則課税とは支払った消費税と預かった消費税の差を納めるという最も基本的な立場ですが、記帳のときは取引ごとに消費税の課税・非(不)課税厳密に意識しなければなりません。 消費税 http://www.taxanser.nta.go.jp/shou301.htm  県民事業税ですが、年途中から事業開始するときは気をつけなければならないことがあります。この事業税の基礎控除はその年の中の事業期間に応じて月割りで基礎控除の数字が小さくなります。特定の月に大きな利益がありそれが起業してからすぐに発生すれば、額が小さくても課税されることがあります。 http://www.tax.metro.tokyo.jp/shitsumon/tozei/index_c.htm  個人事業者でありがちなパターンは申告の時に使ってしまってお金がなくて払える範囲で税額を逆算して所得を過小に申告し、あとで税務調査を受けたときに差税や過少申告加算税、延滞税、重加算税などを事後にし払う状況です。これこそ節税の最も有効なターゲットです。このようなものを支払わないようにするためには、現金や事業そのもの自己管理が重要なポイントとなります。 http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=951382  法人化すればご夫婦ともに役員報酬を得ることができます。そうなるとで給与所得控除の効果で世帯の税額は低くなります。ただし法人設立時に最低17万円ほど、1年に1回申告時に均等割を7万円地方税として最低負担しなければなりません。役員報酬をもらう立場になれば社員と一緒に社会保険にはいることができます。額は確かにでかいですが半分は法人負担でその分は非課税となりますし、個人負担だけで見れば国民健康保険や国民年金の保険料の金額より安い場合もあります。また将来老齢年金をもらうときには報酬比例部分のある厚生年金のほうが有利とも言えます。(そのころ老齢厚生年金がどういう姿をしているかはわかりませんが、民間の年金保険よりずっと有利であることは間違いないものと思います。) http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=331177 ただし http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=1450192  また個人法人を問わず申告や決算を税理士に頼めばそのぶんお金もかかります。小規模な法人なら勉強すれば自分でもできないことはありませんが、短い期間でも記帳決算指導は受けた方がよいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

無理やり税金を低額に抑えようという意思はありませんが、 できれば節税したいと思っています。 青色申告のソフトは購入したので、複式でやってみたいと思います。

  • 回答No.1
  • zorro
  • ベストアンサー率25% (12261/49027)

こちらのサイトを参考に・・・

参考URL:
http://www.money-navi.net/saving/tax.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

参考に致します。 有難うございました。

関連するQ&A

  • 個人事業主の事業廃止って?

    法人ではなく、屋号があるわけでもなく、仕事場は自宅で、お店ではない、しかし個人として契約で仕事をとるために確定申告(白色)が必要。そんな意味での個人事業主にとって事業廃止とは何をもっていうのでしょうか? 年の途中までしか仕事がなかった場合はどう考えたらいいでしょうか?収入のない月でも仕事を得るために経費をかけ事業は継続していたとしていいのでしょうか? 途中、源泉徴収のある給与収入を得た場合でも個人事業は継続中としていいでしょうか? 事業主控除は年290万円ですが、年の中途において事業を開始した場合や廃止した場合は月割計算となっています。つまり、事業が継続中であったかによって事業主控除も必要経費をみれる月数も変わってきます。 そもそも事業廃止とは、届け出をしている法人や青色の人だけのことと考えていいのでしょうか? もともと、白色確定申告者が個人事業主なんて気持ちの問題でしかないようですが。

  • 給与所得者の保険料控除申請書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申告書につ

    給与所得者の保険料控除申請書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申告書について 専業主婦の妻の年間収入は、内職のみで、2万ぐらいしかありません。これでも、給与所得者の配偶者特別控除申告書欄には、記入しないといけないのでしょうか? 全く初めてなものですみませんが、教えてください。

  • 個人事業主と青色申告

    4つ質問があるのでお願いします。 私はFXで利益を得ている専業主婦です。 現在70万くらいの利益で、年内100万を目標にしています。 このままいくと配偶者控除(所得38万以下)や配偶者特別控除(所得38万~76万)が受けられなくなり、 扶養からも外れてしまうかも(収入130万以上)しれません。 質問1・・カッコ内合ってますか?合っていたら、収入130万というのは経費を引く前ですか? 色々調べた所個人事業主になると経費の幅が広がって節税できるということが分かりました。 しかし、私が取引を始めたのが今年1月。 こんなに利益が出るとは思わなかったので開業届けも出していません。 質問2・・今年はとりあえず雑所得で申告ですか?白色申告はどうなんでしょう。 質問3・・また、来年から青色申告をしたいのですが、今やるべきことは何ですか?とりあえず、開業届けですか? 質問4・・個人事業主になると、国民年金や健康保険などはどうなるのですか?収入に関係なく入るのですか? それとも開業する前と同じく、収入が130万未満なら主人の扶養のままで私個人では入らなくてもいいのですか? (質問4、意味が分からなかったらすみません。うまく伝えられないです。。) よろしくお願いします。

  • サラリーマンの妻(個人事業主)

    お世話になりますがよろしくお願いします。 サラリーマンの妻ですが今年1月に個人事業主として開業して来年には青色申告65をしようと思っています。 年間所得が80万円だとしましたら配偶者特別控除から外れ会社にはいつ申し出ればよいのでしょうか?  年末調整の紙には12月分も考えておよそ所得80と記載すればよろしでしょうか? 無知で大変申し訳ないのですが、所得ー経費ー青色65=38だった場合は配偶者特別控除になれますか? よろしくお願いします。

  • 青色事業専従者の配偶者控除

    去年の7月に主人が仕事を辞めて独立して今は自宅で仕事をしています。私は専業主婦だったのですが、主人が独立をしてからは自宅にて一緒に仕事を手伝う青色事業専従者になりました。 専従者は配偶者控除を受けられないと聞きましたが、1年の途中から専従者になった場合も配偶者控除や配偶者特別控除も受けられないのでしょうか?

  • 個人事業主の年末調整について

    (夫)平成20年3月31日付けで会社を退職し、同年6月個人事業開業 (妻)上記開業とともに青色専従者となり、年間給与総額は60万円程 妻は夫の専従者となり、配偶者特別控除の対象ではない 家族は1歳の子供一人 妻のほかに従業員はいない 上記条件なのですが、 「給与所得者の扶養控除等申告書」はどういうタイミングで、誰が書いて提出すればいいのでしょうか?(平成21年分と書いてあります) また、税務署から 「平成21年分 給与所得者の保険料控除申告書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申告書」 も届いているのですが、こちらはどうすればいいのでしょうか? 確定申告のときにすべての書類を揃えればいいのだとばかり思っていて、ふと上記の書類がまだ手元にあることに気がつきました。 もしかして提出期限をオーバーしてしまっているのでしょうか。 他にも 「平成21年度給与支払い報告書(総括表)」 「給与支払い報告書(個人別明細書)」 というのも手元にあるのですが、こちらについては提出義務がありますか? 質問ばかりで恐縮ですが、よろしくお願い致します。

  • 給与所得者と個人事業主の家計の配偶者控除について

    私は給与所得者、主人は個人事業主です。 昨年以来の不景気で主人の収入が激減しております。 今年の確定申告の折税務署より「奥さんの扶養に入れば」といわれたらしいのですが、後日税務署に問い合わせたところ扶養に入れないといわれてしまいました。 配偶者控除と配偶者特別控除の違いもあまりよくわかってないのですが、主人が提出した申告書Bの(9)欄の金額がいくら以下なら控除は可能なのでしょうか?わかりにくい質問で申し訳ございませんが宜しくお願いします。

  • 配偶者控除と配偶者特別控除の違いについて

    お世話になります。 H16年度より、制度改正が行われている標記について教えて下さい。 今年度より廃止になったのは、配偶者特別控除なんですよね? そもそも、配偶者控除と配偶者特別控除の違いは何なんでしょう? それぞれ、何から控除されているのでしょうか? 夫の給与?妻の給与? ご存知の方、お知恵を拝借させて下さいませ。

  • 個人事業収入(副業)の確定申告等について

    私は会社勤務で妻は専業主婦で、休日に実家の自営業(個人事業)の手伝いをしています。 ※現在、給料等は一切貰っていません。 実家の父親が12月から個人事業主(副業)としてやって欲しいとの話があって、 税金関係をどうやればいいのか教えて頂けませんでしょうか? (1)私が個人事業主として、会社の年末調整とは別に個人事業収入分を確定申告する。  ※今年度は、自分の給与収入+個人事業の収入で1000万円弱かと思われますが・・・ (2)妻が個人事業主として、個人事業収入分を確定申告し、私の扶養から外れ、  国民年金に加入する。 (1)(2)のどちらにした方が税金関連で節税が出来る等アドバイスいただければ助かります。

  • 年末調整

    配偶者特別控除の欄には、収入のない主婦(専業主婦)は書かなくていいのですか?38万以上76万までの人が書くのですか?