• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

プルトニウムの半減期について

全くの科学素人ですので出来れば小学生レベルの言葉で失礼致します。 広島・長崎に原爆が落ちましたよね。 例えばですがプルトニウムには放射能が半減するのに2万年位かかるそうです。 どうして現在広島や長崎の人は普通に暮らせるのですか? 野菜とか作って食べていらっしゃると思いますし魚介類も普通に収穫 していらっしゃいます。 大丈夫なのですか? 自分なりに調べてみたのですが「残留放射能」というのが現在では自然界にある 放射能よりも少し高いレベルのものしか検出されないとの事。 ますます疑問が膨らむばかりです。 どうぞ宜しくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数49010
  • ありがとう数141

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5

#1の回答者です。 > 放射能が半減するのに2万年とはいってもその地(土)に留まるわけでなく > プカプカと空気中を漂ったということですか? 「放射能」という用語と、「放射性物質」という用語がごっちゃになっているように思います。 「放射性物質」とは、内部で原子(放射性元素)が崩壊し、放射線を放出する性質をもった物質のことを指します。放射性物質に含まれる不安定な原子は崩壊して別な原子が生成され、最終的に安定的な原子(ほとんど崩壊を起こさない原子)にたどり着き安定します。その崩壊過程でα線、β線、γ線といった放射線を出します。 「放射能」とは、放射線を出す能力そのものを指す用語で、本来数字で表されるものではなく、物の性質を示します。よって「放射能が半減する」という文は誤解の元ですし、「放射能が土壌にとどまる」、あるいは「放射能が空気中を漂う」というのも変です。 正しく言うのであれば、数字で表されるものは「放射線の強度」や「放射性元素の数」です。また、土壌にとどまる、あるいは空気中を漂うのは「放射性物質」なのです。 で、ご質問への回答ですが、原爆の炸裂によってばらまかれた「放射性物質」は、キノコ雲に乗って成層圏まで吹き上げられ、そのまま大気中をぷかぷか漂ったり、原爆のもたらした物理的破壊によって空中に吹き飛ばされた埃に付着して地表に降り注いだりしました(死の灰、黒い雨)。地表に降り注いだ放射性物質の一部は雨水とともに土壌に染みこみ、また風で吹き飛ばされて広く拡散したことでしょう。原子のレベルではα崩壊・β崩壊によってしか放射性物質は減少しませんから、広島・長崎の原爆でばらまかれた放射性物質は、空中に吹き飛ばされようが土壌に染みこもうが、未だに地球上のどこかには存在するはずです。 ただ、α崩壊、β崩壊によって徐々に放射線を放出しながら安定化していき、長い時間の後には半減(1/2)→半減の半減(1/4)→さらに半減(1/8)と放射性元素の数は減少していくはずです(それにより放射線の強度も減少していく)。 なお、広島・長崎の爆発後に環境に放出された放射性物質の総量は、チェルノブイリ事故でそれの400分の1に過ぎなかったと言われています。元々、少量の核物質(せいぜい十数キロ)を急激に反応させて一気に破壊力を得る原爆は、その爆発の瞬間に放出される放射線こそ強力無比ですが、ウラン・プルトニウムの残り滓である各種放射性物質は大した量ではありません(燃料が十数キロだとすれば、残り滓も同程度です)。爆発時の強力な放射線照射により淡い放射能を持った爆弾の破片なども多少はあるでしょうが、強力な放射性物質はウラン・プルトニウム由来の残り滓であると考えられ、量的には決して多くないのです。 ところが大量の核燃料(何トン・何十トン)を長時間にわたって反応させ巨大なエネルギーを生む原子力発電所は、そもそも核燃料の残り滓が非常に大量に生じ、万が一の事故の際はその大量の放射性物質が外部に漏洩しますから、放射能汚染の程度で言えば原爆の比ではないでしょう。 やや蛇足かもしれませんが、広島・長崎の被爆者に放射線障害をもたらした最大の原因は爆発したその瞬間に放出された強力な放射線(主にγ線)であって、爆発後に降り注いだ放射性物質のα崩壊・β崩壊による放射線による被害は、前者に比べれば少量だった(それでも決して軽い被害ではありません。特に放射線源が体内に入った場合)と思われます。広島・長崎の残留放射能が少ないのは、死の灰が地球上に広く拡散していったというだけでなく、そもそも飛び散った放射性物質の総量がもともとそれ程多くなく、汚染は比較的小規模だったということが理由としてあげられるでしょう。 チェルノブイリの場合、爆発の規模は広島・長崎に比べ遙かに穏やかでしたが、爆発によって飛び散った放射性物質の総量は広島・長崎より遙かに多かったでした。よって、土壌は広い範囲で深刻に汚染され、また風によって近隣諸国にまで運ばれた大量の死の灰の影響は、今後広島・長崎よりも遙かに長期間、あの地域を悩ませるはずです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

いろいろなHPで一応調べて質問をさせていただいたのですが難しくて理解できませんでした。 丁寧にお答えいただき本当にありがとうございます。 多分ですが80%はほかの人に説明できるくらいに理解できたと思っております。 また、他国の不安(問題)にまで思いが足らなかったことを恥ずかしく思います。

その他の回答 (4)

  • 回答No.4
noname#136764
noname#136764

前にも回答したことがありますが http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=108154 放射性同位元素は、別の元素に変わるときに放射線を出します。 半減期が短いものほど、短い時間にたくさん放射線を出します。 したがって、半減期のとくに長いもの(たとえば未反応のウランやプルトニウム)は当時爆発で拡散したままほとんど減ってはいませんが、当時も今も放射線の量は少ないままです。 一方、半減期の短い核反応生成物は、投下直後には大量の放射線を出したけれど、もはや残っていない。 そのように解釈できると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

前に同様の質問があったとは検索が足りませんでした。 ありがとうございました。

  • 回答No.2
  • SCNK
  • ベストアンサー率18% (514/2762)

反応していないウランやプルトニウムも漂いますが、核分裂生成物であるストロンチウムやセシウムなども漂います。 爆発直後は大変高温なので気化してしまうと考えられます。ガス化したり、再び凝結して微粒子になるものもあるでしょう。これらは一部はフォールアウトするものもありますが、多くは大気中に漂うことになります。 いくら放射性の強い物質であっても微量であれば、人体に与える影響は無視できるようになります。地球上どこにでも放射能は観測できます。その中で生物は生きてきたのですから、影響はありません。 半減期は、崩壊する寿命の平均値です。もっと短時間に崩壊するものもあれば、逆に半減期を遥かに越えて存在するものもあるのです。いずれにせよ半減期で、半分は崩壊するわけです。ちなみに全地球に散らばったものを集めたのと同じと考えてのことですよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • SCNK
  • ベストアンサー率18% (514/2762)

反応していないウランやプルトニウムも漂いますが、核分裂生成物であるストロンチウムやセシウムなども漂います。 爆発直後は大変高温なので気化してしまうと考えられます。ガス化したり、再び凝結して微粒子になるものもあるでしょう。これらは一部はフォールアウトするものもありますが、多くは大気中に漂うことになります。 いくら放射性の強い物質であっても微量であれば、人体に与える影響は無視できるようになります。地球上どこにでも放射能は観測できます。その中で生物は生きてきたのですから、影響はありません。 半減期は、崩壊する寿命の平均値です。もっと短時間に崩壊するものもあれば、逆に半減期を遥かに越えて存在するものもあるのです。いずれにせよ半減期で、半分は崩壊するわけです。ちなみに全地球に散らばったものを集めたのと同じと考えてのことですよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

稚拙な頭をフル稼働で使い、多分ですが理解できました。 ありがとうございました。

  • 回答No.1

広く環境中に拡散してしまうからです。 例えば長崎で炸裂したプルトニウム爆弾から、半減期の長い放射性物資や未反応のプルトニウムは大量に(特に危険なものは数kg程度だと思います)飛散しました。そのうち半減期が数百年か、それ以上の物質については、滅することなく未だ地球環境を漂っています。それは間違いないです。 しかし地球は数kg程度の放射性物質が飛び散っても十分に薄めることが出来るくらい巨大ですから、広島・長崎の放射性物質も今では広く薄まってしまって人間に影響を与えるほどの問題ではなくなってしまいました。 地球内からも宇宙からも、地表は常に放射線の照射を受け続けています。よって、ある程度薄まってしまうと、人工の放射能はその中に紛れてしまうのですね。 例えばチェルノブイリやスリーマイル島の原発事故現場も、事故直後は半減期の長い放射性物質に汚染されましたが、徐々に拡散し、いずれ自然放射能と大差ないレベルまで放射線の強度は低下するでしょう。 もっとも、だからといって人工の放射線物質で地球を汚染して良いということにはなりませんが…。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

もう少しおしえていただきたいのですが 放射能が半減するのに2万年とはいってもその地(土)に留まるわけでなく プカプカと空気中を漂ったということですか? どうも、放射能が半減するのに2万年と言うのが理解できないです・・。

関連するQ&A

  • 放射能の半減期の疑問

    昔、放射能の半減期は数百年と読んだような気がします。 Q1. 今、除染ということが言われていますが 半減期からすれば、除染しても、家の庭にあったものが川等へ移動しただけで 放射能そのものは無くならないし、たいして減るものでもないと思いますが 違いますか? Q2. 広島や長崎は除染することもなく、原爆投下後から人が住み続けていますが 問題はなかったのでしょうか?

  • プルトニウムについての疑問

    半減期が2万年と聞きましたが、原子爆弾でプルトニウムが大量に飛散したはずの長崎県が 癌や白血病の発症率が高いと聞きません。どうしてですか? また長崎の土壌で作られた野菜が危険とも聞きません。 これもどうしてでしょうか?

  • 長崎、広島に落とした原爆、原発などでよく問題になっている放射性物質、放射能で、疑問があります。

    長崎、広島には半減期が長い残留放射性物質、残留放射能があると言います。 goo検索でも、似た事を聞いている人がたくさんいて、散らばったために害はないという答えがありますが、半減期が2万4千年以上先という途方もないプルトニウムなど、これらが散らばった、薄くなったと言っても、量が少ないから人体に影響がないだけで、微量ながらそれだけ半減期の長さを保ちながら存在するという事になるんですか? α線は皮膚ははじき食べ物でも体は吸収しないとのこと、ただ肺に入るとよくないといいますね。という事は、微量で影響はないけれども、肺に入ったら2万年以上も消えないものだということ? そう考えたら原爆と同様、原発、特に最近問題になっている六ヶ所村など東北近辺の海や農産物にはそれら様々な放射能をばらまく事になるといいますが、そこの土地のものを食べて体内に微量でも入ったら、害はなくても長年変わらないまま体内に存在する、って事になるんですか? 科学、化学の専門家ではないのでよくわからないので、わかりやすい答えだとありがたいです。

  • よく問題になっている放射能、放射線物質で疑問があります。

    短文だと逆に何が聞きたいか伝わりませんため、長くなってすいません。まだ登録間もないのですが、こちらはかなり専門家の方の立派な答えがあるみたいですので、聞かせてください。 放射能や放射線物質の害とは、と検索すると、原発による魚介類、農作物汚染、天然に存在する放射線、放射線照射食品などが並びます。 例えば、http://blog.livedoor.jp/nymy_4671/archives/400978.html などを一般に、買い物など生活での不安があるレベルで考えるに、半減期が長いものが体内に入った時、それは速やかに体の外に出るのかどうか、という疑問が強くあります。 トリチウムやプルトニウムなど半減期が長いものが農作物や海産物を汚染する、堆積するというサイトが多く、それによれば半減期が人間の寿命より長い毒が体内に入る、それが排泄もされない、そういうものが体に入る農作物や魚介類、あるいは海藻などを売っている、という事になりますよね。http://www.med.nagasaki-u.ac.jp/renew/information/interna_heal_j/a7.html に、α線は食べ物に混ざって口に入っても、皮膚でも体が吸収する事はないが、肺から入ったらよくない、とあります。これもよくわからないのですが、肺に入ったら排出する方法はないものなのですか。六ヶ所村や玄界灘原発汚染量や広島長崎の残留量レベルでの問題です。 佐賀県の原発により玄界灘、佐賀や長崎、福岡の海を泳ぐと汚染がどうとかいうHPもあります。メインである玄界灘と三陸の海のものにそれだけ消えない毒が体内に入る、という事が本当なら買うものがありません。それに原爆時の残留放射能で広島や長崎のものがアウト、本当かな。 半減期が何万年先の放射能、放射性物質は微量であれば、体は排泄する能力を発揮できるレベルであるのか、という事ですね。それも、速やかに、という事が問題ですよね。長く体内に滞在するのであれば、これまた恐怖です。 半減期が長い放射能や放射性物質が残っていても広島や長崎が発展を遂げていますね。それは拡散で薄まり微量になっているからだとすれば、では、原爆跡地であれ原発汚染地域であれ放射能や放射線物質が微量であれば天然に解毒というか治癒というか無害化する、人体であれば排泄など何かそういう事が働く、というのであれば何も不安はないのですが。量は微量でも長く体内に残ったまま時を経るという事であれば、これは甚大な恐怖ですよね。ただ国がそんなものを許可するんですか。 http://www.naka.jaea.go.jp/forum/aomori_sympo/ichimasa.pdf では、マウスの実験で、本来半減期が12年強のトリチウムを水に混ぜて与えたところ半減期は10日だったとありますが、10日って大変長いです。それとも六ヶ所村などの地域の放射能はそれと対比できるものではなく、比べる数値が違い、原発地域汚染はもっと微量であり、そこでとれた海産物を食べても速やかに排泄できるレベルになるんですかね。 また、世界には他地域とは比べ物にならないほど天然に存在する放射線が多い地域がありますよね。そこでとれた農作物(アジアや南米の高地でとれたバナナなどなど)は、放射線が残っているか、他地域産のものより、食べたら何か影響があったりするものなのかもわかりません。

  • 残留放射能について

    福島原発の事故以来、放射能が取りざたされていますが、先の戦争で原爆をうけた広島、長崎の残留放射能の時系列変化のデーターがあったら教えて下さい。戦後、60数年たちましたが被爆後まもなく家が建ち始め、人々の暮らしが10年位で元の暮らしに近いレベルまで復旧したでしょうが60数年後の今の放射能レベルと被爆直後からの変化が知りたいのです

  • 放射能の土壌汚染について

    福島や東京でも土壌からチェルノブイリを超える放射能が検出されてますよね。 危険だとは思いますが、かつて原爆を落とされた広島・長崎で、今普通に生活できているのはなぜなんでしょうか?

  • どうして広島や長崎には原子力爆弾の影響が残っていないのですか?

    原子力爆弾だけでなく、原発の事故(東海村など)でも同様の疑問が残るのですが、広島や長崎に使われた原子力爆弾に使われた放射性物質は分裂して、プルトニウム239になってしまいますよね。これの半減期は25000年のはず・・・ 未来永劫、草木が生えないはずです。いくら拡散するといっても。 半減期の長さと時間あたりに放出する放射能の量が反比例しているから、大丈夫なのでしょうか? しかし、チェルノブイリでは、今でも放射能の影響が出続けていますよね・・・何か違いがあるのですか。 よろしくお願いします。

  • 核の汚染について

    放射能が漏れるとそこは死の土地になるそうですが、 なぜ、広島、長崎では普通に生活できるのでしょうか? 現在は広島・長崎に行っても被爆しないでしょうが、原爆が落ちてから何年くらいは近寄らないほうがいいのですか?

  • 放射能物質

    放射能物質と言えば、【広島,長崎の原爆】並みで防ぎようがないのではないか?

  • 福島県の避難区域の件について

    福島県の避難区域の方には、大変つらい思いをされている事と思います。 ふと疑問に思ったのですが、広島や長崎の原爆の時と、 今回の放射能は、どこが如何違うのでしょうか? 広島、長崎の方はそのままその土地に住んでおられたのだとおもうのですが? 原爆投下後、3日目からは、バスが普通に通っていたとか、 聞きますが どうしてこんなに違うのでしょうか? 今では、普通に広島産の牡蠣食べてますし。 時代が変わったからでしょうか?