• 締切済み
  • 暇なときにでも

資源の枯渇について

資源には限りがあります。石油は42年で無くなる可能性があるといわれていますが、ウラン・鉄やアルミ、真鍮などの原材料はどうなのでしょうか。紹介しているホームページなどわかりましたら紹介してください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.5
  • cricket
  • ベストアンサー率22% (107/466)

30年前、僕が子供の頃には「石油は後30年でなくなる。」と本にありました。 現実には石油採掘の技術が上がり、枯渇のタイムリミットが大きく伸びたわけです。 (石油の溜まりの、下の方まで汲み出せるようになった) つまり「資源の限り」は技術と採算性の問題が絡んでくるのです。 石油が本当になくなるまでには代替エネルギーが開発されると思います。 しかしそれまでに人類が枯渇しないか、それが心配です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

石油があとどのくらい持つかは私は専門で無いので知りませんが、代替エネルギーとして考えられるのは、石炭・原子力エネルギー・燃料電池などがあると思います。 石炭は埋蔵量からしてあと300年は持ちます。その問題点とされていた公害性は現在の技術では容易に克服できますし、現在すでにその複合発電技術は運用されています。 燃料電池は水素と酸素を結合させると生じる化学エネルギーを利用するもので、これは生成物は水でありかなりクリーンで効率の良いエネルギーだと思われます。ロケットはこれを利用してます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

ウランは石油より少し長いくらいです。数十年レベルだったはずです。 鉄やアルミなどの金属は、そのものは使用してもなくなりませんから、 鉱石が枯渇する前に使用済みのものから取り出せば問題ないはずです。 将来、ゴミ埋め立て地から鉄を採掘する業者が現れるなんてこともあるかも? 資源の枯渇で深刻なのは、使ったら元に戻らない石油やウラン、天然ガスなどの エネルギー源ですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • bob
  • ベストアンサー率50% (52/103)

主な金属類については U1Take さんの述べた通り、エネルギーさえあれば比較的容易に 再利用できるため地球全体規模の埋蔵量に関する調査はあまり行われていないと思います。 ということで、重要なのはエネルギー源です。 石油・石炭・天然ガス・ウランについては資源エネルギー庁がまとめたこの図が分かりやすそうです。 http://www2.enecho.go.jp/energy/graph/e02-04.html ただ注意しなければならないのは、当然のことながら世界の需要が変化すればこれらのあと○年という 数字は大きく変化し得ますし、未発見の資源埋蔵地もたくさんあるはずです。 また、採掘業者達が価格維持のためこれらの公表値を操作しているという噂も昔から根強くあります。 例えば石油はもう数十年前からあと40年でなくなると言われてたとか。 まあこれらの資源が有限であることだけは確かですが、これらの値にあまり過敏になるのは 考えものです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#21746
noname#21746

残念ながら、該当するHPはわかりません。 この場合、石油とウラン、金属類は分けて考える必要があると思います。 というのも、金属材料の殆どは、比較的容易にリサイクルが可能で、 現に鉄などはかなりの比率で屑鉄が再生されていて、そのコストも鉄鉱石から鉄を取り出すよりリーズナブルだと聞いています。 これに対し、石油の場合、燃料として使用したら再生は不可能(基本的に水と二酸化炭素になっちゃいますから・・)ですし、プラスチック類も複雑な分子構造をもつため、高度な技術と設備が必要で、再生率は非常に低いようです。 このため、単純に消費される量が多いので、枯渇に対する問題は大きいのでしょう。 ウランに関しては、不勉強であまりわかりません。が、原子炉の使用済みウラン燃料を再処理して、プルトニウムとしてまた使えるとか? (違っていたら、どなたか指摘をお願いします!(^^;) 埋蔵量については良く知りません。 ロシアが主要な原産国らしく、安全保障上の問題が懸念されている、というのは聞いてますが・・・。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 将来、資源は枯渇しないのだろうか?

    楽器・建築に使用する木材、貴金属に使用するような金属は産出量が少ないと聞きます。 これらの資源が50年以内に枯渇する恐れはあるのでしょうか? 特に、 木材: アルダー、アッシュ、マホガニー(南米、本デュラス産)、メイプル、ハカランダ、チーク、黒檀 金属: チタン、プラチナ、パラジウム、ニッケル、クローム、金 その他: ダイヤモンド、水晶 エネルギー: 石油、ウラン

  • 資源

    例えば、食料資源のお米は天災でもなければ、毎年一定量取れますので、地球が存在する限り、無限にあると言えます。 一方で、工業製品を作る、石油、金属、鉱物などはどうしたって有限ですよね? ですので、地球人が存続するためには、この有限の資源を、いかに効率よく、有効に活用するかが肝ですよね? この理解はあっていますか?

  • 資源とエネルギー

    資源の採掘可能な年数のことを何といいますか? 自国の資源はみずからの手で管理・開発していこうとする考え方のことを何というか? 国際的に活躍するアメリカ・イギリス・オランダ・フランス系の巨大石油企業のことを何というか? メジャー(国際石油資本)に対抗するため、1960年に結成された産油国の組織は何か? 以上、回答の方、宜しくお願い致します。

  • シムプレート選定

    シムプレートの材料ごとの特性の違いを知りたいです。 軽く調べただけでアルミ、真鍮、焼き入れ鋼、ステンレス、鉄、銅6種類はあったのですがその使用用途の違いがよくわかりません。 使用目的は測定治具の高さ調整です。今まで真鍮のシムプレートしか使用していませんでしたが、ほかの材料もあると知って各違いを知りたいと考え投稿しました。 よろしくお願いします。

  • 金属材料の硬度比較表を紹介して下さい。

    金属材料の硬度比較表をご存知の方 ご紹介願います。(注意:HRC、HV、HSなどの硬度試験別の硬度換算表という意味ではありません。)例えば、鉄、ステンレス鋼、アルミ、銅、真鍮などの硬度の差が一目でわかるような一覧表です。知りたいレベルは「鉄はアルミよりも何倍硬い」程度です。非金属編もあると助かります。

  • アルミの歯車

    歯車の材料にアルミ(A5056.A2017等)を使用する場合の問題点を教えて欲しいのですが。 既製品のカタログにはほとんどアルミの歯車は載っていませんが、焼付き等の重大な問題があるからなのでしょうか。 樹脂では強度が弱く、鉄や真鍮では重過ぎるので出来ればアルミの歯車を使用したいと考えています。

  • アルミの歯車

    歯車の材料にアルミ(A5056.A2017等)を使用する場合の問題点を教えて欲しいのですが。 既製品のカタログにはほとんどアルミの歯車は載っていませんが、焼付き等の重大な問題があるからなのでしょうか。 樹脂では強度が弱く、鉄や真鍮では重過ぎるので出来ればアルミの歯車を使用したいと考えています。

  • 日本は「人」が資源なのよ

    アラビア諸国は石油が豊富ですが、 この調子で世界中が消費し続けたら、 何年ぐらいで使いきってしまうのでしょうか? アメリカで暮らしていますが、 アラブ系の方は、お金持ちがほんと多いですよね。 彼らを見るたびに 資源がある国は違うなあ。と感じ、知人に愚痴を こぼしたら、日本は「人」が資源なのよ。 と説得されました。

  • リサイクル資源の価値レート

    リサイクルの最適化について考えています。 リサイクルの目的ですが、省資源と廃棄物の削減の二つがあると考えますが、今回は省資源という側面にについての考え方に対する質問です。 リサイクルの対象として木屑、廃プラスチック、紙などいろいろあります。しかし、現実にはリサイクルするためには別のマテリアルが消費されます。 では、最も節約しなければならない資源は「石油」であることは間違いないはずです。しかし、実際は石油以外のマテリアルを再資源化するために石油を消費しています。たとえば、木屑のリサイクルについて考えてみると、木屑の収集運搬にはガソリンを消費します。次に再生工場では、電気や燃料を使用し、結局は石油を消費します。また、その結果排気ガスという気体の廃棄物が発生します。ここで知りたいことは、「100Kgの木屑をリサイクルするためには何Kgの石油を使うことが許されるのか?」ということです。化石資源はつくるのに何億年もかかります。一方木屑は植林すれば数十年で再生できます。50Kgでしょうか5Kgでしょうか? ここで、質問ですが、リサイクル対象となる資源を何らかの形で価値レートをつくることができないでしょうか?為替のように木屑100Kgは、石油10Kgの価値というように表現できれば、このレートを使って、リサイクルの最適化システムをつくることができるのではと考えています。 経済価値ではなく、環境価値ですので取引がないので為替のように自動的に決まることはないのですが、誰がどうやって決めるかということになるのですが、誰かいい方法を思いつく方教えてください。 PS: 考えているとリサイクルをするためには、石油を使ってはいけないような気がしてきました。収集運搬は燃料電池車、(水素は風力発電もしくはソーラーシステムを使って製造)。工場の運転は全て自然エネルギーを動力原とする。というのが理想の姿かと思います。

  • 廃棄パソコンから有用資源は回収しているのか

    回収しているのなら、回収したカネで費用を負担すれば良いですから回収してないのでしょう。 もし回収していないのならば、私は自分でPCをバラして分別ゴミ回収に出そうと思っています。そうすればプラスチックは可燃物ゴミとして出せば助燃材になりそうだし、鉄枠やアルミの冷却フィンはそれぞれ資源として回収されます。銅線などは分別の項目があったかどうか分りませんが。 ちなみに、私の住んでいる町では可燃物ゴミは(安いですが)カネを払った専用の袋で出します。鉄、アルミなどの資源ゴミは無料です。 PCをバラして分別ゴミ回収に出そうと思っている私の考えは間違いですかね。