• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

宗教の意味

質問ですが親が昔から宗教に・・・ まあよく言えば信仰しているのですが 私はその意味が良く分かりません 昔から宗教・宗派の決り文句として「信じるものは救われる」と言いますが信じていて騙されている時代です今は! 一体宗教の意味とはなんでしょう? 個人的には失礼ですが催眠や暗示にかかってるとしか思えません よき教えといえば確かにそれっぽいのも見かけますが、しかし実際にそれを守ってる人が何人いるでしょう?私は昔から親に宗教云々と聞かされきたからもしかしたら私が宗教を嫌煙するような体質になったのかもしれません しかし宗教のあり方を早い話あなたは良い人間に なれと言っているなら他人をその宗教に誘ったり 教えを聞かせると言うのは良い人間の することでしょうか?まあ全てがそうだとは言いませんが 長年考え続けて今だに答えがわかりません 宗教の存在する意味とはなんでしょう? 尚カテゴリ違いなら的確なカテゴリをご指摘ください

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数12
  • 閲覧数144
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • ougen
  • ベストアンサー率21% (74/347)

私も今の新興宗教のあり方に疑問を抱いている一人です。 日本は昔、神道(神社系)があり、その教えは全てのものに感謝する。(私はそうとらえています) 例えば、このPCを作ってくれた方に感謝する。今のこの時間を与えてくれる主人に感謝する。など等です。 そこから、教えというものが生まれてきて、インドから中国、そして日本に伝来したのが、仏教です。 仏教は正しい教えを広める人達の集まり。(私はそうとらえています) 人それぞれで、その教えが正しいと感じる人。そうで無い人。 そうで無い人が、また新しい宗派を作り広める。 それが現代の新興宗教まで来ていると思っています。 ですから私の場合は、自分教を信じ、色々な宗派の良いと思った教えを、自分で守り、神は自分の中に存在する。 寺等にある仏像は、ただの石や木。 形あるものに、すがり付きたい人が作った物だと思っています。(何だかバチがあたるかな?) これはあくまで私個人が思っている事で、他の人が読み気分を害したなら、ごめんなさい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 排他的ではない宗教・宗派

    排他的ではない宗教と宗派、 近しい信仰心等、 御経験談や知識の範囲でお教え頂けますとさいわいです☆ アンケートです☆

  • 複数の宗教を同時に信仰してる人っているのでしょうか

    ふと思ったのですが、キリスト教と仏教、イスラム教とヒンズー教、みたいに複数の宗教宗派を同時に信仰してる人っているのでしょうか。 日本人みたいに曖昧に複数の宗教の行事をやっている、というのではなく、意識的に宗教組織に所属したり、信仰してる人限定で。 とある仏教関係の宗教家が「どんな神を拝んでもいい。その信仰に誇りがあれば」というような言葉を残しているのを聞いたことがあります。また、神道系の武術の伝承者でありながらキリスト教の神父をやっている人もいたりします。 ならば、「私はキリストや聖書の教えを信じていますが、同時に釈尊の教えも素晴らしいと思うので悟りも目指しています。そしてその手段として神道の修行も取り入れています」なんて人もいる気もするのですが、どうなのでしょう? 釈尊の教えは聞いた限り、特定の神への信仰は含まれていませんし、あくまで個人の悟りを開くための哲学のように感じます。 ならば仏教とキリスト教は別に矛盾しない気がするのですよね。宗派にもよるかもしれませんが。アッラーのほかに神はなし、って言ってるイスラム教は難しそうですが。 そういう風に複数の宗教の同時信仰って実際やってる人はいるのか? また、同時信仰ってどう思いますか?

  • いろんな宗教について

    現在、特定の宗教に対して信仰心を持っていません。 理由は、どれもこれもうさんくさいと感じるから。 しかし、教えてグー(OK WEB)でいろいろ読んでいると、自分は宗教に対して誤解があるんじゃないかと思うようになってきました。何だか、食わず嫌いみたいで・・・。 そこで、ちょこっと宗教について知ったほうがいいんではないか(学問的な意味で)と思い、本を探しています。が、ネットで調べてみたら、ヒット数が多すぎてよく解りませんでした。 知りたい事柄は ・現在、世界で多くの信仰者がいる宗教について、どんな宗教があるのか ・それらはどういうもので、どういう歴史があるのか ・それらの、派生宗教、宗派にはどういうものがあるのか。その特徴など。 ・その他いろいろ ・新興宗教については不要 宗教に対する知識はほぼ皆無なので、いわゆる「○○入門」のようなものがイイかと思うのですが、一冊でいろいろな宗教について知ることが出来る本で、おすすめなものを教えてください。

その他の回答 (11)

  • 回答No.12
  • SCNK
  • ベストアンサー率18% (514/2762)

宗教とは、理屈抜きに信じることです。そして人生の全てを捧げることです。だから騙されるなんていうこと自体がおかしいのです。 良いか悪いかなどという問いもありえません。信じているのなら、良いしかありえない筈です。 人間は結局、何かを信じずにはいられないのでしょう。その一つの形が宗教です。 利益を求めることも本来はおかしいのです。見かえりを求めないのが本来の信仰であり、帰依です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.11
  • dollar
  • ベストアンサー率33% (63/190)

信仰を持たない無神論者です。といっても初詣などの神道・仏教行事には人並みに参加しますが。 深すぎますね・・・。この場では結論の出ない問題だと思います。 原始時代に宗教は必要不可欠でした。これは誰しもが認めるでしょう。 現代で必要かと言われると難しいですね。 ある新興宗教の信者で、輸血を認めないために手術できず亡くなった、というのが大きな波紋を呼びました。 人を救うために生まれたはずの宗教が人を殺してしまっては、本末転倒です。宗教戦争については言うまでもありません。 「沈黙」という小説があります。 江戸前期、キリスト教禁制下の日本における信者弾圧の拷問を取りあげた小説です。どんな苦しんでも、神は沈黙したまま何もしてくれない。棄教すれば助かるのに、それができない。人を救うはずの宗教が、弾圧のために人を不幸にしていくという矛盾をついた、陰惨な小説です。宗教とは何なのか、という問題は先人も多く悩んできた問題なのです。 興味がおありなら、「沈黙」ですとか、その他の宗教評論をお読みになってみてはいかがでしょうか。間違っても「宗教の本」は読まないで下さい。「宗教学の本」を読んで下さいね。まあわざわざ注意しなくても新興宗教は嫌悪されてらっしゃるだろうから大丈夫だとは思いますが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.10

すみません、追加です 下記のこと、他人の信じていることを否定するために考えているわけではありません むしろ、否定する必要などないだろう、という考えになったのだということで・・。 余裕のなかった頃は、親からの説得をとてもうるさく感じましたが、「この人たちからすれば当然なんだ」とうけとめられるようになり、親にも穏便に返事ができるようになりました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.9

私は日本のいわゆる新興宗教に入って活動していました。 親が信仰していて、自然に自分も信じるようになったのですが、 数年前に、教義に矛盾が見えてやめました。 やめる際も、今もいろいろ考えています。 自分が信じられないものを信じている人たちと論争したりもしました。 今は、自分が、他人が信じているものを否定できるほどの哲学も知識も人生経験もないのだと、・・やっとわかった、というところです。 やっとスタート地点というところです。 宗教の定義や、宗教に求めるものは人それぞれでなので、一概に言えませんが、 一面には、「生きている意味を問う」という面があると思います。 その答えが、数年、考えただけでわかるものとは思えません。 わたしもライフワークにして考えています。 考えるというよりは今は知識を集めているというところですね。宗教全般の本も集めていますが、コーランを読んでみたり、法華経を実際に読んでみたり。 人の考え方にも基本となるものなので、信じなくても、知識として知るだけでも・・かなり面白いので、興味があるならそのあたり自分でも読んでみられるようお勧めします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.8
  • keeps
  • ベストアンサー率18% (25/132)

私はある宗教(世界3大宗教のひとつ)を信じていますが、宗教でもっとも重要なのは、「精神的安定」が得られるという点にあると思います。世の中には苦しいことがおおくありますが、宗教は「発想の転換」を促します。すると、それまで耐えがたかったことがそれほど苦しく感じなくなる、というのを私は体験しました。「苦しみの軽減」というだけでも、宗教の存在理由はあると思います。 また、費用のそれほどかからない(年に千円から数千円程度)教団も多数ありますので、「宗教でだまされる」という体験は、よっぽどのことがないかぎり、ありえないと思います。 宗教は、深く勉強しないとよくわからないものですので、一度何らかの宗教を勉強されてはいかがでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.7
  • ozisan
  • ベストアンサー率11% (154/1340)

個人的見解です。 宗教とは、神や仏によって生かされる事。 信仰とは、神や仏に身をゆだねる事。 布教とは、良い教えを広める事。 あなたにとって宗教は、良いか悪いかではなく、 自分にとって、役に立つかたたないかで判断するべきです。 あなたの信仰している宗教の、本質を知らないうちに、 疑問を持つのは多分、役に立ってない事だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6
  • katyan
  • ベストアンサー率9% (201/2029)

宗教というのは心の支えとなるもの どこかの宗教グループに入ることと区別したほうがいい 個人的に宗教観は「あなたは良い人間になれ」というのではなく信じていく過程で変えられていくものだと思う

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5

参考にしてください。問題は二つあると思います。第一は、人間に限らずあらゆる存在物はいわば上からの支えと下からの支えの二つによって支えられているということです。たとえばテーブルを例に挙げます。テーブルはそれを作った人や使う人が存在するから存在しているから存在しているわけですが、材料がなくても存在できません。つまり上からの人と下からの材料のふたつの間で安定して存在できるのです。ところが人間だけはなぜか上からの支えが無いように思われるわけです。下かからの支えは自分の体ですが上からの支えは簡単には分かりません。しかし上からの支えがなければ人も安定して存在できないのは原理的なものです。そこで必要になるものが宗教なのだと思います。本来は自分さえ安定すればよいのですが、人はやはり同じものによって上から支えられていると思うほうが安心できます。あなたにしても宗教という名を持たなくともあなたを上から支えているものを何か持っているはずです。もし上からの支えは必要ないと思っているとすればそれは又別の意味で問題かもしれません。長くなりますからこれで止めます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
  • a-sa
  • ベストアンサー率17% (29/169)

私の考え方ですが宗教というのは主に二つの要素からなっていると思います。一つは神秘的な要素、もう一つは哲学的な要素です。 宗教が特に重要な意味を持つのはこの哲学的な要素だと思います。 哲学といっても小難しい考えをするのではなく単純に自分はどういう心がけで生きていくべきだろう。というようなものです。例えば人に恩をうけたら返すべきだ、というようなものでもいいです。それを「なぜならば…」と考えていくのも哲学だと思います。 哲学がなぜ大事なのかというとまた浅学な私では説明しきれないのですがひとことでいうと「哲学してみれば分かる」です。 これだけは言っておくと、立派な人、というのはおそらくたいていの人がそういう哲学をしていると思います。 そして質問者様が不審に思うのはそれとは別の神秘的な要素なのだと思います。 簡単に言うと理屈になっていない部分です。 たしかにこの点に関しては科学的に否定されるようなことを真実のように言ったりする側面が宗教にはあります。そしてこの神秘性ばかりを盲信することは洗脳であり、危険なことだと思います。 しかし、宗教にはこの側面がとても大切なのです。哲学とは理屈で考えるものです。しかし人はどう生きるべきか、ということは理屈だけでは説明しきれないものがあるからです。たとえばなぜ人を殺すべきではないのか、と問えばなぜなら命は大切だからと答えることができるかもしれません。しかし、それじゃあなぜ命は大切なの?といわれると、これは説明が非常に難しいです。これを説明するのが宗教の力であり役目である、と私は思います。 つまり根本的な価値観は神、などのようなもので説明されそこから様々な理論を発展させて「人はどう生きるべきか」を考えるのが宗教であるということです。 「信じるものは救われる」とは宗教の教えを守って生きていくことで、簡単に言えば誇りたかく、胸を張って、自分の行いを正しいと言って生きていける、ということだと思います。 天国や神様が実際に存在するかは別としても、自分が正しいと思う生き方をしている人間は死ぬときまで胸を張って生きていくことが出来ると思います。これが救われるということの意味だと思います。 だから、どう生きていくべきかを考えずにただひたすら信じる信じると言っている人は、本当に宗教の教えを守っていることにはならないと私は思います。 ご両親が洗脳されているのか、それとも生きるべき道を見つめているのか、それは質問者様が判断なさってください。 偉そうなことを長々と失礼しました。 未熟なために言葉足らずな部分や理論的な欠陥などが多々あるやもしれませんが私の言いたいことを理解してくだされば幸いです。 最後に、以上のことからもカテゴリは哲学に入れたほうがよろしいかと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

あくまで個人的意見ですが、宗教は ・人に道徳を守らせるための方便 ・死や病気、事故などの理不尽さに「とりあえず」理由をつけるための道具 ・感謝や謙虚さなどを学ぶためのテキスト ・危機的状況でストレスをやわらげるためにする現実逃避 というものだと思っています。 だから私は「信じるものは救われることもあるけど、それに期待すると人間としてダメになる」と本気で信じています。 ここから本題(善良な宗教を前提にしています) あなたは少し単純化しすぎていませんか? [信じる / 信じない]という二値論理で人間は動いているわけじゃないでしょ。 原理主義的な信仰を持っている人以外は「なんとなく信じている」とか、「嫌いな所があるけど、それ以外は信じている」という状態ではないでしょうか。 信仰を持っている=催眠や暗示にかかってる人と言えなくは無いかもしれないけど、うまくバランスをとっている人がほとんどで、狂信的な人ばかりじゃありません。 また、教えに背く(=道徳に反する)行為をすると、少しくらい罪悪感を感じるようになるのでは? 罪悪感を感じたら、次から少しは行いを改めようとするのでは? これが存在意義では不足ですか? >他人をその宗教に誘ったり教えを聞かせると言うのは良い人間のすることでしょうか? これに関しては「中学生がタバコを吸っていたら注意する」とか「買ってみたら良かったので知人に勧める」といった善意の延長線上にあるものではないでしょうか。 嫌がっているのにしつこくやられると鬱陶しい(しかも善意だから始末が悪い)のは確かですが。 宗教といえども、知恵の集合です。 理性的にそれに接し、それに使われることの無いようにしていれば、良いのではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 宗教について教えて下さい。

    宗教について教えて下さい。 世界中には様々な宗教がありますよね、 なんで人間には宗教が必要なんでしょうか? 一応、我が家も一般的な宗派はありますが、 個人的には「無宗教」です。 宗教を否定してるわけではなく、 人にはなぜ宗教が必要なんでしょうか? たまにかんたんな宗教の教えの本とか読むと「なるほど~、うまいこというなぁ~」とか「おもしろいなぁ~」とか思うのですが、 私の印象としては「人が人としての道」の様なものを、はずさずに生きてくよう、 教えてる印象があります。 しかし、昔に宗教のせいで起きた戦争がありましたよね。 宗教というものがよく分からないから私は「無宗教」なのかもしれません。 分かりやすく説明すると、「宗教」とはなんでしょうか? そして世界中には様々な宗教が存在してますよね。 皆、同じ人間なのに、生まれた国、または家柄で宗派が変わってきます。生き方まで変えてしまいます。 決して否定してる訳ではなく、 皆、同じ人間なのに、なぜ世界中、または日本だけでも沢山の宗教が存在するのでしょうか? 「人、皆、それぞれ」だけではなく、遺伝子的に生まれた時から絶対的な「何か」を本能的に必要としているのでしょうか? デリケートな内容の質問ではありますが、ずっーーーーーと疑問に思っていました。 何かの宗派の方でも、無宗教の方でも、どうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m。

  • 恋人の兄弟の宗教って気になるものですか

    先日兄の恋人から電話がかかってきた時のことです。 なんとなく名前は知っていましたが、面識がまったくないので突然電話がかかってきたことだけでもびっくりしました。(携帯番号調べたのでしょうか^^;) なんてことない世間話をし、その延長線上で特定の宗教を信仰しているのかということを聞かれました。 私は宗教に関して意識したことがなく、毎日仏壇にご飯とお線香を供えるくらいなので先祖代々の仏教の宗派を信仰していると言いました。 兄本人の信仰している宗教が気になるのだったらまだ話はわかるのですが、私に電話までしてきて聞いてきたのでそこまで気になるものかな?と少々気になりました。私自身は恋人がいたとしても恋人の兄弟の宗教は気にならないのでこの行為の意味がよくわかりません。何か意味はあるのでしょうか。また普通気になるものでしょうか。 ちなみにその宗派はよくないとなぜか批判されあまりいい気分はしませんでしたが(^^;

  • 宗教は必要な物だと思いますか?

    みなさんにとって宗教は必要な物だと思いますか? 私は宗教が大嫌いなんです。 創○学会に限らず、宗教って絶対に周囲の人を巻き込みますよね? それに根拠のないことを言って来たりします。 私の親戚でもいます 「あの家の息子が家庭内暴力を起こすのは水子の霊が供養されてなくて 彼に取り付かれているからだ」「うちの宗教に入信すれば100%供養できる、家庭内暴力はなくなる。間違いない」と・・・ 知人に対して言ったそうです。 それで知人に入信させたそうですが、知人の息子は今でも家庭内暴力が続いてるそうです。 どこの宗教でもこうやって入信させようとするんでしょうね。 私からして見れば宗教って気持ち悪いです。 なんであんなに熱心になって信仰できるのでしょうかね? それに、宗教やってる人って自分の宗派が一番だと思って 他の宗派をボロカスにけなして罵倒しますよね。 私はあれが大嫌いなんです。 実際、「私はキリスト教が嫌い、意味がわからない。賛美歌なんかで人が幸せになんかなれるのかよ、あれは血に染まった宗教だ」と散々けなしていました。呆れました。 人を不安に陥らせ弱みに付け込んで金儲けする 宗教ってどこもそんな感じなんですよね。

  • なぜ、どの宗教も多くの宗派に分裂したの?

    キリスト教、仏教、イスラム教などの巨大宗教は、無数の宗派に分裂していますね。 そのどれもが、自分たちが一番正しいやり方と信じていると思います。 そこで、感じるのですが、開祖が教えを始めた時には、当然、真理はたったひとつしか無かったはずなのに、時間が経つにつれて、どうしてこんなに無数の宗派に分裂するようになったのか、分りやすくお教え下さい。 たとえば、日本国憲法のように、それぞれの経典の文面が意味不明だとか、まるで反対のようにも解釈できる、といった理由でそうなったんでしょうか? もし、開祖の考え方はこれだ、と何らかの方法で立証できれば、原点に戻ってどの宗教もたったひとつの宗派にまとまるでしょうか? たとえは変ですが、もし100ある宗派の内、開祖の考えと同じである宗派が一つあるとすれば、残る99の宗派は、開祖を冒涜した事になるのでしょうか?  たとえば、開祖の名をかたって、信者を誤った道へ導いたという理由で? もしそうなら、どの宗派の信者も、真に開祖の教えに基づいているという確率は1%しかない、という結論になってしまうのですが ・・・ また、開祖の教えは、数学の定理と同じで、真理はひとつしかなく、それ以外は間違い、という考え方で良いでしょうか? 私自身、特定の宗教の信者ではないのですが、宗教というものをどう考えたらいいか、自分の考えをまとめたいと思いますので、宜しくお願いします。

  • 宗教について

    私の相談にしっくりくるカテゴリーが無いので、こちらで相談させていただきます。 宗教の善し悪しに関する思いは千差万別だと思いますので、宗教名は伏せて相談しますが、夫婦で宗教の違う方はいらっしゃいますか?その場合、冠婚葬祭や行事などで不都合やトラブルがあると思うのですが、どう乗り越えていらっしゃるのか教えて下さい。私の場合は、私は無宗教でなんとなく、このまま普通にお葬式でお経をあげてお墓に…なんだったら子供に迷惑かけないように、お寺で永代供養してもらおうなんて考えでしたが、嫁ぎ先の親が信仰熱心で遠まわしに常々勧誘されて気が重いのです。無宗教だったらいいじゃないかと思われるでしょうが、強制が嫌なのです。それに、信仰するとなると、時間も経済的にも多少制限を受ける事になり、それも苦痛です。上手く回避する方法があれば教えて下さい。お願いします。

  • 宗教が戦争を生むのか

    閲覧ありがとうございます。 私が現在、26年間生きてきて、物心ついてからいままで、世界で戦争が止んだことがありませんでした。 小さなころ、ベルリンの壁のニュースを聞き、戦争を不思議に思ったものです。 でも高校などで世界史を勉強して、あらゆる時代・場所で人間の争いがありました。26年なんてものじゃない。 そして、私が出した答えが題のとおりです。 人が争いを止められないのは、その中に変えがたいお互いの真理が根ざしている、つまりは思想信条が関係していると思います。 日本には八百万の神々への信仰、先祖信仰など昔から信仰があり、例えば元日は初詣に行き、葬式は僧侶に来てもらうなど、よく考えればちぐはぐなことですが「普通」と捉えられます。 しかしキリスト教や仏教(日本で広まっている主な宗教と考えあげています)のように、「宗教」に対しての偏見が強いです。 なぜ善い部分は認め合い、取り入れて生きられないのか。 こんな狭い日本でさえ。 悲しくなります…。 政治家が堂々と犯罪を犯す。 それに目を向けている人は何割か。 マスメディアは世の中を、流行を、思考を「洗脳」していることを、気付いているのか。 どう生きたいか。 何をもって、善か悪かを判断するのか。それが信仰によるのではないか。 こんなこと、話題にするのは「重い」と煙たがられる世の中。 哲学を嫌煙するのが今の世の中…というか私たち若い世代です。 ストライキだらけだったろうが、昭和の日本はまだ人間が「生きていた」のでしょう。 宗教とは何なのか。 今、日本人に必要なものは何なのか。 私は、差違を認め、関係を育む、大きな意味での「包み込む愛」ではないかと思うのです。

  • 義母の宗教について

    一年前に旦那と結婚しました。 付き合ってるときから知ってはいたのですが義母はある宗教を信仰してます。 私は高校時代に,仲の良かった友人が実親からの過剰な宗教勧誘を苦に自殺をはかり,輸血をすれば助かったものの親の宗教の教えで輸血は許されないとされ結局友人は亡くなりました。 それ以来私自身宗教に対するイメージはひどく自分は死ぬまで無宗教で通そうと思いました。 義母の信仰している宗教は調べてみると,勧誘がひどかったり,お金が必要だったり,集会が頻繁にあったり,何かを強要したり…というようなものではないようです。 しかし先日初めてその場所に連れていかれ正直気が狂いそうでした。 普段は本当にいい義母で 嫌いだと思うこともほぼないです。旦那にも相談したところ 「俺も行けって言われるから行くだけで実際は嫌だし,なにも信仰してないよ。お前の友人の話も親に言ってあまり無理矢理連れ出さないでくれって言ったんだけどな…」と少々困っていました…。なによりも春には我が子が産まれるのでその子だけは そうゆうところに連れていきたくないのです…。 義母は自分が若い頃から信仰していてすごく救われたから まわりのひとにもそうなってほしいと切実に願い家族に勧めてるそうですが家族はほぼみんな無視してる感じです。悪意があるようには見えないのですがね。 ちなみに将来は旦那とともに義両親が営んでいる少し大きな会社を継ぐつもりなので 義母との関係が悪くなることは避けたいのですが… はっきりと自分の口から嫌だと伝えるべきですかね??

  • 姉との溝(新興宗教)

    長年、姉は新興宗教を信仰しています。 それは仏教系の宗派だったのですが、信徒の団体があまりにも好き勝手なことをして総本山に破門されました。信徒の団体は総本山とは完全決別した状態です。信仰するのだったら総本山の教えに従うのが当然だと思うのですが、姉は、信徒の団体を崇拝しています。そんな姉と心の溝を感じてしまいます。似たような御体験をされた方はいらっしゃいますか?

  • 宗教の意義についてです。

    大震災より来月で1年!…。大規模災害が世界的に続いてます。世間では又、大きな災害が起きるのでは?…と噂や憶測がなされ議論されてるとも聞きます。 1面、被災者やその関係者始め心有る方々は宗派や国を越えて無宗教の方々も平和や安穏、無事故、健康、長寿、又、冥福と復興、繁栄…を真剣に祈ってる筈です。 然るに何故、その願いは通じず新たな災害や戦争や飢餓、貧困…が続くのか?…、祈りが足りないのか?…、祈る対象外が違うのか?…、祈るだけ無断なのか?…、無駄なら何故、宗教は出来たのか?…、 そもそも釈尊1人が解いた教えが何故、沢山の宗派を生むのか?…。 宗教は反戦平和を掲げて祈る筈が何故、宗教間の争いが絶えないのか?…。 国内でも同じ本尊を拝みながら相争ってるのは何故か?…。 無宗教の方々は何に向かって何を信じて祈るのですか?…。 各家々の先祖に祈る人が居ますが祈りの対象がバラバラで祈りがバラバラでも願いは叶いますか?…。 宗教とは何ですか?…。 只の弱い心の拠り所、気休めだけですか?…。何の力も無い人間が作り出した架空の存在ですか?…。 その為にキリストは、釈迦は…宗教を作ったのですか?…。 とある宗派の様に無差別テロで何人もの無実の人々を殺す様な最低な宗派が有るのなら最高の宗派や教えは何ですか?…。 私含め人々の大半が何故宗教に無知なのでしょうか?…。 その意義と価値を解り易く教えて下さい。 反戦平和や無事故、健康、長寿…を叶えて下さる教えは有るのですか?…。 被災者や苦しむ庶民の為にも教えて下さい。 反戦平和や災害が起こらない様に祈っても何故、立て続けに災難や争いが絶えないのでしょうか?…。 何卒、宜しく御願い致します。

  • 宗教と信仰心と人間の関係

    宗教って、人間のためにあるもので、 人間が宗教のためにあるわけじゃないですよね? 歴史的に海外でも日本でも殉教者っていますし、 宗教がらみの戦争は、今も(? )昔も数限りなく。 信心や宗教的理想のために、覚悟の上での殉教はともかく、、 わたしの思いですが、 本来、自然な信仰のあり方は、信じる人が幸せに 心穏やかに過ごせるよう、 ストイックに走らず、 他者(異教徒含め)も自分も平和に共存していける、 そんなものではないかと思うのです。 人間が、神様のために死んだり迫害されたりする、 それじゃあ、人間のために宗教があるのではなく、 宗教に、人間がお仕えしてるみたいです。 政治も国家も法律も、人間や他の生きものや、 環境等のためにあるのであって、 宗教も同じだと思います。 自然災害を神の怒りと思わざるを得なかった昔ならともかく、 今は、何かを生けにえにしたり、 人間が宗教の犠牲になる必要なんて、ないと思うのです。