• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

サブゲーム完全均衡?

展開型ゲームを示され、サブゲーム完全均衡を求めよと、 また、ゲームの戦略性を表現し、 ナッシュ均衡をもを求めよと、 さらにそれぞれの均衡について、ベイズ均衡になりうる かどうか説明せよという問を出されました。 ただ、僕が勉強しているテキストには展開型ゲームの 簡単な説明までしか記述されていません。 質問そのものがほとんど分からなくて (ナッシュ均衡のみかろうじて分かるかな?) 困っています。 標準型ゲームに変換することも出来るのでしょうか? そうしたらナッシュくらいは自分で出せそうなのですが… 実例とまではいかないまでもどなたか 説明していただけないでしょうか?                                                                                                                                                        

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数1959
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

サブゲーム完全均衡はbackwards inductionで求めて、展開型を戦略型(=同時手番ゲーム、標準型ゲーム)に書き換えて普通にNash均衡を求めろってことじゃあないでしょうか。 ベイズ均衡…以下は勉強不足で分りません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が遅くなり大変申し訳ありませんでした。 今となってはすでに解決しているのですが、 ベイズ均衡以前についてはご解答どおりのようです。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 完全均衡とナッシュ均衡の違いって?

    完全均衡とナッシュ均衡の違いって? 「ゲーム理論」(岡田章)を読んでいるのですが、4章にある完全均衡というのが何なのかよくわかりません。 あるゲームAが持つサブゲームがAそのものしかない場合、完全均衡とナッシュ均衡は一致するとのことですが、これは一体どういうことでしょうか?「ナッシュ均衡であるけど完全均衡でない」や「完全均衡であるがナッシュ均衡ではない」という場合もあるということでしょうか?

  • ゲーム理論 

    恥ずかしながら追試ということになってしまいそうなので、期末試験問題を復習しようと考えています。 そこで皆様に解説と回答をお教えいただきたく、質問させていただきます。 以下の文章の正誤を応えよ (1)「後出しじゃんけん」のようなゲームはゲームの木で表現すると、手番の時間的推移がわかりやすく理解しやすい。 (2)ゲームの木を使って表現するとき、同じ情報集合に含まれる意思決定節からは必ず同じ数の枝が出ていなければならない。 (3)男女のジレンマゲームは各プレイヤーが支配戦略を一つずつ持っている。 (4)協調の失敗とは、タカハトゲームのように相互に利益をもたらす戦略の組がナッシュ均衡として実現されないことをいう。 (5)すべての情報集合に意思決定節が一つしか含まれていない情報構造のゲームを、完全情報ゲームという。 (6)囚人のジレンマゲームを逐次手番でプレイすれば、ジレンマを解消できる。 (7)ナッシュ均衡はすべてのプレイヤーが単独で戦略を変更するインセンティヴを持たないことを保証するだけであり、複数のプレイヤーが協力して戦略を変更すれば互いに利得を改善できる可能性がある。 (8)ナッシュ均衡の中にプレイヤーのから脅しによって成立すると解釈できるものが含まれるのは、戦略の組み合わせが均衡経路外に対しても最適反応であることが必須だからである。 (9)いわゆる「ペナルティキック」ゲームには純粋戦略のナッシュ均衡は存在しない。 (10)混合戦略のナッシュ均衡において行動Aと行動Bをランダムに選択しているプレイヤーが、どちらか一方の行動だけを選択する純粋戦略に変更しても、そのプレイヤーの期待利得は変わらない。 自分の回答は ○、×、×、○、×、×、○、○、○、× でした。 特に5~10がよくわからないです。解説と回答よろしくお願いします。

  • 純粋戦略ナッシュ均衡について

      D    E    F A(4,4) (0、0) (7,0) B(0,0) (1,1) (0,0) C(0,7) (0,0) (6,6) (プレイヤー1の利得、プレイヤー2の利得) A,B,Cはプレイヤー1の選択、 D,E,Fはプレイヤー2の選択であり、 プレイヤー1と2が同時に独立に選択する場合の、純粋戦略ナッシュ均衡はどうなるのでしょうか? 何冊かテキストのゲーム理論の部分を読んでみましたが、いまいち純粋戦略ナッシュ均衡とはなんなのか理解できないので、どなたか教えていただけると助かります。 問題には、純粋戦略ナッシュ均衡を全て挙げよと書いてあるのですが、ナッシュ均衡は、相手の選択を所与のものとした場合に、他の選択肢を選んでも、利得が増えることのない選択のことですよね? 一つのゲームにいくつもあるものなのでしょうか? 素人な質問ですみませんが、よろしくおねがいいたします。

  • ミクロ経済学

    経済学の問題です。 よろしければご教授ください。 二人のプレイヤーA,Bによる同時手番ゲームを考える。二人の戦略空間は等しく、Si=[0,a],(i=A,B)で与えられる。プレイヤーiが戦略(sA,sB)から得られる利得を ui(sA,sB)={a-sj if si>sj ={1/2a-1/2sj if si=sj ={0 if si<sj とする。ここでaは正の実数とする。 以下の問いに答えなさい。 1) (a/2,a/2)はナッシュ均衡か否かを理由とともに説明しなさい。 2) (a,a)はナッシュ均衡か否かを理由とともに説明しなさい。 3)支配戦略均衡は存在するかどうか答えなさい。存在する場合は支配戦略均衡を全て求めなさい。また存在しない場合は理由を説明しなさい。 ○利得の数式の意味から分かりません。

  • ゲーム理論

    N 人のプレイヤーによる次のようなゲームを考える(N ≥ 2).各プレイヤーにはまず最 初に 1000 円が与えられる.各プレイヤーは,これを保持する(R)か,募金する(C)かを同時 手番で選択する.募金されたお金は合計して 2 倍に増額された後,Rを選んだかCを選んだかに関 わらず,すべてのプレイヤーに均等に山分けされる. 1.一般に N ≥ 3 のとき,ナッシュ均衡になる戦略の組をすべて明らかにしなさい. 2.なぜ 1.で述べた戦略の組はナッシュ均衡になるのか.「支配戦略」という言葉を用いて,直 観的に説明しなさい. 3.このゲームを実際に被験者にプレイさせる実験を行うと,必ずしも1.のようなナッシュ均衡の 戦略がとられないという結果がしばしば観察されるという。実験の結果がナッシュ均衡 に一致しないとすれば,それはなぜだと考えられるか.自分の考えを述べなさい. 以上です。1.は3人以上のプレイヤーのナッシュ均衡の考え方、表記の仕方がわからず苦戦しています。2.は支配戦略=相手がどの戦略できても最適である戦略、という言葉を1.を踏まえた上でどう使えばいいのかわからずにまた苦戦中、3.はおそらくフリーライダーの話でせめていけばいいのかな、と思いながらもどう書けばいいのかわからない状態です。 どうかお力添え頂ければと思います。よろしくお願い致します。

  • ゲーム理論

    数学のテキストの中に、ゲーム理論を扱う部分があり、そこに性比ゲームが出てきました。が、どういうゲームの設定なのかが解説されておらず、いきなり式を展開されて、よく理解できません。 一般的に、性比ゲームというのはどのようなルールの下で行われるゲームなのでしょうか?漠然とした質問ですみません。 それと、いくつかの純戦略をある割合で混合した戦略を用いるゲームで「最適反応はいくつかの純戦略を必ず含む」「強意のナッシュ均衡が存在する場合、それは純戦略である」とあったのですが、それは何故ですか?

  • テストのミクロがわからなくて困っています。助けてください。

    個人A,Bがそれぞれ2種類の戦略を持つゲームの利得行列が    B,1   B,11 A,1 (3,3) (0,4) A,11(4,0)(1,1) この小()は大()で、一まとまりになっていなす。 で与えられている。但し、(a,b)は、個人Aの利得がaで個人Bの利得がbであることを意味する。 (1)戦略11は個人A,Bの支配戦略であることを示せ。 (2)このゲームのナッシュ均衡をすべて求めよ。 (3)このゲームは囚人のジレンマと呼ばれる状況になっていることを説明せよ。 この問題を、どうか教えてください。お願いします。

  • 非ゼロサムゲームでのミニマックス戦略??

    恐らく私の理解が全然なっていないが故の勘違いだと思うのですが、 多くの参考書では「ミニマックス戦略が非ゼロサム時には適用できない(ゼロサム前提)」とうたっているのは何故か、について、素朴な疑問です。 下記は中小企業診断士試験 経済学の平成18年第13問です。 ttp://kanauka.o-oku.jp/6_keizaigaku/kakomon/h18/11-15.html 設問1はナッシュ均衡を、設問2はミニマックス戦略について、それぞれ問うています。 私の理解では(間違っていたらご指摘をお願いします) ナッシュ均衡 →ゲームにおいて、相手の出方に対して自己利益最大となる手を選び、双方の戦略が均衡したとき(そしてその均衡した戦略が全員にとって望ましいものでないときを特に「囚人のジレンマ」と呼ぶ) AがA1をとったらはBがB3をとり、BがB3をとったらAはA2をとる。そしてAがA2をとったらBはB3をとる。ったらA1をとる・・・ ミニマックス戦略 →【ゼロサムゲームのとき】を前提に、相手がこちらの損害が損害が最大(利益が最小)となる手を常に選んでくると仮定して、その中でこちらの損害が最小(利益が最大)となる手を選ぶ と理解しています。 しかしながら上記のような設問2では、 ゼロサムゲームではないにもかかわらず、ミニマックス戦略をとった場合は・・・という問いになっています。 これは一体どういうことでしょうか。 下記のようなサイトにその説明らしき文を見つけましたが、いまいち理解できません。 上述の過去問に沿ってわかりやすいご説明をいただけたらうれしいです。 よろしくお願いします。 ttp://www.ne.jp/asahi/village/good/GameTheory.htm

  • ナッシュ均衡を求める練習問題について

    現在、武藤滋夫氏の著書、「ゲーム理論入門」を呼んでいます。 練習問題でどうしても納得のいかない部分があったので、分かる方がいましたら解説をしていただきたいと思い、質問させていただきました。 練習問題の概要は以下の通りです。 ------------------------------- 1.A、B両氏が協力して100万円の儲けを得た。 2.それぞれの取り分は、お互いが欲しいと思う金額(100万円以内)を書いた紙を第三者に提出して決めることにする。 3.もし、両者の希望額の合計が100万円に満たない場合、それぞれは希望額を受け取る。余った金額は福祉団体へ寄付する 4.もし、両者の希望額の合計が100万円を超えた場合、全額福祉団体へ寄付する。 問い)2人はそれぞれどれだけの金額を書けばよいか。この状況を戦略形ゲームとして表現し、純粋戦略でのナッシュ均衡をすべて求めよ。 ----------------------------------- それに対して、僕は以下のように解答しました。 -------------------------------------- Aの書いた金額をx、Bの書いた金額をyとすると、 Aの利得 = x ( x + y <= 100)       0 ( x + y > 100) Bの利得 = y (x + y <= 100)       0 (x + y > 100) となる。 Bの書いた金額yを固定すると、Aの利得が最大になるのは x = 100 - y の時であり、同様にAの書いた金額xを固定すれば、 y = 100 - x が Bの最大の利得である。 つまり、x + y = 100 となる(x, y)の組であれば、A,Bどちらも最適反応戦略であり、ナッシュ均衡である。 --------------------------------------- しかし、本書の解答には、この均衡の他に (x, y) = (100, 100) がナッシュ均衡であると書いてあります。 なぜこの組がナッシュ均衡になっているのかがわかりません。 分かる方がいましたら、ぜひ解答をお願いします。

  • 急いでます!お願いしますm(__)m

    早速ですが、下の問題が全くわかりません。 分かる範囲で構いませんので、解き方、考え方等、御教授頂ければ幸いです。 長文・駄文ですみませんm(__)m 問 次の手順に従って論証を行い、クールノー寡占ゲームのNash均衡を求めよ。ただし、 逆需要関数:P(X)=max{a-bX,0}、 費用関数:C(x)=cx、a>c>0,b>0とする。 (1)プレーヤーの利得を戦略の関数として表せ。 (2)Nash均衡においては、利鞘はマイナスにはならないことを示せ。 (3)Nash均衡においては、利鞘は0にならないことを示せ。 (4)Nash均衡においては、a-c-byi>0であることを示せ。ただし、yi=X-xiとする。 (5)Nash均衡においては、xi=(a-c-byi)/2bであることを示せ。 (6)Nash均衡においては、x1=x2=…=xnであることを示せ。 (7)Nash均衡における戦略をa,b,c,nの関数として示し、それがNash均衡であることを証明せよ。