• 締切済み
  • すぐに回答を!

普通旋盤1級

現在下記のような工程でやっているのですが、打ち切りギリギリくらいになってしまいます。 どこか時短できそうなところがないかアドバイスお願いします。 書いてありませんが、回転センターは使用しています。 支給材料②をチャッキング メス端面、外径荒削り トンボしてチャッキング ナット端面、外径荒削り ナット端面、外径仕上げ ローレット ナット内径荒削り、仕上げ ナット面取り 切り落とし メス内径荒削り ナットをチャッキング 幅20に端面を仕上げる ねじ切り 支給材料①をチャッキング オステーパー側外径荒削り トンボしてチャッキング オスねじ側全長荒削り オスねじ側外径荒削り 溝荒削り 外径、端面仕上げ 溝中仕上げ、仕上げ 倒れ確認部捨て加工 面取り ねじ切り ナット確認 偏芯 偏芯部中仕上げ、仕上げ (ここまででだいたい2h20minくらいです) トンボしてチャッキング つば仕上げ 端面仕上げ 外径仕上げ テーパー加工 (この間にメスの粗熱をとっておくをとっておく) メスをチャッキング 外径、端面仕上げ 内径仕上げ テーパー下穴仕上げ テーパー加工 テーパー奥端面仕上げ つば仕上げ 内径面取り 偏芯 偏芯部中仕上げ、仕上げ 偏芯部奥端面仕上げ 偏芯部面取り トンボしてチャッキング 端面仕上げ 外径仕上げ 面取り

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 旋盤
  • 回答数3
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.3

https://et.kyushu-u.ac.jp/index.php/report/essay01/ こんなのかな 一番大きい径で仕上げ  真ん中の溝まで ねじのほうから製作 仕上げ 真ん中の溝も仕上げる ひっくり返して 一番大きいところで心出し テーパのほうを仕上げる 段替えは2回

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございます。 メス内径荒加工に時間がかかっているのですが、送りはどれくらいまで上げても大丈夫でしょうか。シャンク径φ20超硬スローアウェイのボーリングバイトを使用しています。 現在の切削条件 S560 F0.15 キリ穴φ20を加工するのにS560は遅くはありませんか?S700〜S800がなくS560の次がS1000になってしまいます。

  • 回答No.2

図面がないからわからんが ひっくり返しすぎ 段替えすればするほどお金をどぶに捨ててるだけ

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • ohkawa3
  • ベストアンサー率57% (922/1592)

工程を文字情報として書き出していらっしゃいますが、 製作する品物の、形状、寸法、寸法公差などの情報がないと、どの工程を時短することが適切なのか、回答が難しそうに思います。 また、ご自身で時間がかかりすぎているとお感じなのはいずれの工程なのでしょうか? スレッドを改めて、図面をご提示いただけないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • NC旋盤の加工方法について

    現在職業訓練で勉強中です。NC旋盤での加工の経験はありません。そこで質問です。 見本のようなものを作りたいのですが、トンボ(ひっくり返す)を最小限で作りたいです。 ワークはS45Cの炭素鋼で黒皮があります。 φ69側(左)がつかみしろで、15mmあります。生爪は10mmです。 寸法はφ70×45です。内部は段差のある凸型の空洞です。←この部分の加工でトンボ バイト類は外径荒・仕上げ、内径荒・仕上げ(止まり穴、ボーリング)、外径ねじ、ドリルです。 僕が考えた方法は 1.外径荒仕上げG71、C2面取りもG71で行う(ねじ部分はつかめなくなるから放置) 2.端面切削45→40にするG72 3.ドリル 4.内径バイトで小さい方の穴を広げる 5.トンボ(ねじの部分をつかむ) 6.大きい方の穴を広げる→R面取り?→トンボ 7.ねじ切削 以上です。

  • NC旋盤の加工精度について

    直線のパイプの内径をR面取り加工していますがR面取りが均一ではなく偏芯しています。 パイプ自体の偏芯もあると思いますが、NC旋盤のチャッキングによる偏芯はどのくらいあるのでしょうか。チャックは3点のコレットです。 また、旋盤の精度についての規格はあるのでしょうか。 よろしくお願いします。

  • エアーチャックと油圧チャック

    以前エアーチャックでチャッキングしていたものを油圧チャックでチャッキングして加工したら歪みが大きくなりました。 シリンダーの圧力同じだと把握力は変化するものなのでしょうか? 素材は材質SPCCで外径Φ40ツバ厚3mm部に端面加工、内径Φ33部を内径チャックです。

  • 小径パイプ状の部品の面取加工

    径の小さいパイプ状の部品に面取り加工(内径側)をしたいのですが、どうやって加工しようか悩んでおります(いかんせん物が小さいので(--;))。 ・材質:真鍮 ・外径/内径:0.8/0.4mm(丸棒から削り出しでチャッキングの為に捨てボス?が付いてます) ・面取り角度:パイプ中心軸に対して20度程度 「テーパー状になったドリルなら加工できるかなぁ」と探してみましたが、テーパードリルで検索すると、テーパーシャンクドリルばかり出てきてしまいまして。 エンドミルならテーパーの物が見つかったのですが、エンドミルはドリルの様な使い方をしても良い物なのか分かりません(--;)。こういう場合はやはり市販の工具では加工は難しいのでしょうか? こういう加工を行う工具等御存じの方がいらっしゃいましたら教えてくださると助かります(個人で入手可能ならオーダーメイドでも結構です)。

  • NC旋盤のZ軸補正の出し方について。

    NC旋盤のZ軸補正について質問です。 オークマのフラット型NC旋盤「LS-30N」を使用しています。 外径荒削りでZ軸がプログラムの指令値以上に削れるのは食いつきが良いからでしょうか? ワークの右端面を基準にZ原点を決めているのですが、素材から外径荒削りバイトで1ミリほど削り、そこを仮のZ原点として0設定し、刃物補正のZ軸補正数値も「0」にしています。 外径仕上げバイトの刃先と仮のZ原点に紙を噛ませて「0.05」と演算して補正を出し、仕上げ寸法となるZ軸の原点を仮の原点から加算して加工してます(仮の原点が5で仕上げ寸法まで5ミリなら-5.0と加算)。 プログラムで端面荒削りをZ0.1と指令して、仕上げバイトでZ0と指令しているので0.1ミリは取り代がある筈ですが加工後の差を見ると0.03~0.05しか仕上げ代が無いです。 外径荒削りバイトの食いつきが良い訳じゃなく、単純に補正の正確な出し方が出来ていないと思いますか? 長文ですが、回答いただけたらと思います。

  • nc旋盤の加工について

    職業訓練中のNC旋盤初心者です。 材料はS45Cのφ70×45で片方の15mm分黒皮を汎用旋盤で削りφ69にし、C1の面取りをした状態です。←意図は分からない。 はめあいも含めた全工程(プログラム)を教えてください。 僕の考えた工程 1.ネジ側(予定)をつかむ(写真を180°反転したていで説明します。 2.まず、45mmから40mmに短くする。(G71、荒・仕上用バイト) 3.左側から外径のC1の面取り、まっすぐ左に進んで反対側の面取り、5mm切削   までをG71。 4.スローアウェイドリル?(チップがついている)で25mm穴をあける。 5.内径をチャック側のC1まで一気にG71。←この時点ではめあい公差のプログラム方法   が分かりません。座標で指示するのかなぁ…?+0.025? 6.一旦外して計測←3点計測して平均を出し、40mmに対しての誤差をワーク原点   に設定する?←説明が難しいです。 7.ここでトンボして反対側の外径R5から加工(G71)ネジ(G94)終わり。   以上のような工程でよろしいでしょうか?修正点とはめあい部分の加工方法を教えて   頂ければ幸いです。 工具情報(外径バイト荒仕上げ、内径バイト荒仕上げ、ドリル、ねじ用バイト) 面取り用はない。

  • S45Cの調質について

    S45C、φ180長さ100の丸材に調質HRC25±5を行った場合、芯までHRC25±5になっているのでしょうか? 自分でも調べたり聞いたりしましたが、芯までは入らないとの結果に至りました。しかし、上司が、いつも頼んでいる熱処理屋に聞いたところ、芯まで入って、応力除去できているとの回答だったそうです。 旋盤加工で1工程、2工程共に端面取り代は3ミリ、中はφ80ぐらいで貫通、1工程側内径にφ120 0~+0.04程度の公差があります。 外径はφ170まで削ります。 1工程で加工した外径φ170をチャッキングして2工程側外径をφ110長さ65ほどまで削ります。 加工後、1工程内径φ120+0.02で加工した部分が0.05~0.08大きくなります。外径φ170も同じくらい大きくなります。 2工程で断続加工が入るので変形しているのか、調質に問題があるのか解らず困っています。 ご返答お願いします。 以前S45Cで加工した時はこんな風にはなりませんでした。 他の会社では荒加工して仕上げ代2~3ミリ残した状態で調質、その後仕上げているようでした。

  • NC旋盤 微細加工について

    シンコム A20を使用し、φ0.5全長1.5mmのピンを加工しようとしているのですが、うまく加工できません。 問題点としては、 面取りの形状不良  幅0.3mmの溝入れチップを使用して面取りを取りにいっているのですが、逃げてしまいうまく面取りが取れていない。 背面チャック時のワークの変形  1.3mm部をチャッキングしているのですが、チャック傷が付いてしまいます。 チャック圧に関しては、ギリギリ掴める位にセットしているつもりです 突っ切り時、外径にカエリが発生  面取りが上手くいってないからなのか外径にカエリが発生してしまいます。 突っ切りに関しては4500回転、送りF0.005 チップ幅は1.5mmを使用しています。 現状の問題点や注意点などアドバイスを 頂けたら幸いです。 宜しくお願いします。

  • 旋盤加工をマシニングで

    いつもお世話になります。 現在FCD500の外径と内径加工、端面加工を旋盤にて行っていますがモデルが変わるとのことです。 そこで皆さんに教えて頂きたいのですが、現在の品物よりも加工径が大きくなり、加工長も長くなります。 一回り小さい現在の品物でもチップ寿命が短いのに大きくなるとさらに寿命が悪くなるのが目に見えて分かります。仕上げ加工のみマシニングで行いたいと思うのですが。 チップは1点で削っています。 2枚刃とか3枚刃のエンドミルを作りマシニングでヘリカル切削は可能でしょうか?公差は±0.01で面粗さは6Z以下です。 また、奥に逃げ溝がありますがこれもマシニング加工可能でしょうか?下図X軸とZ軸の角です。R0.4で深さが端面より0.5mm逃がし溝を入れます。 その後0.5mm逃がしを入れた所からXプラス方向、Zプラス方向へ0.5 30度の角度をつけます。外径加工です。 他にも何かありましたらお願いします。皆さんの知恵を貸して下さい。 | ------

  • NC旋盤での心押し軸を使った長細物加工

    NC旋盤を使いはじめて半年の初心者です。師匠がいないので本やパソコンなどで覚えたので変な質問をしてしまうかもしれませんが宜しくお願いします。 NC旋盤でS45Cの外径Φ10内径Φ2長さ200Lの材料を加工します。 まず、外径Φ4の30mmのストレート部があり先っぽを内径0.4R外径0.6R加工しました。 そのあと、心押し軸を使いワークを145mmぐらいだしてストレート部の後ろからテーパにΦ10長さ142mmまで加工したいのですが外径ホルダがあたった瞬間ストレート部が折れてしまい加工できません。 荒加工で片肉1.0mmから0.5mmまで試したのですが折れてしまいました。細すぎるのもありびびりもひどく今のところお手上げ状態です。 チップは日立のDNMG150408-AEを使っています。 わかりにくい説明で申し訳ないですが何卒ご教授ねがいます。