• ベストアンサー
  • 困ってます

旋盤での芯押しセンターについて

いつもお世話になっております 今回、直径30mm、板厚1.5mmのパイプの外周をNC旋盤で外径加工をして板厚1.2mmにします。 そのときに長尺なので芯押しセンターを使って加工しています 今は内径に合う段付きストレートブッシュを作りパイプに嵌めてから芯押しをしていますが、 材料の購入先やロットによって内径に誤差があり、ガタのあるブッシュだと精度が出ないのでブッシュを作り直しています パイプの芯押しをする時はどのようにされてますか? テーパーだとパイプの端まで削る時に邪魔になりバイトの干渉が起きます 理想は芯押しをして力がかかると内側で広がる内締めチャックのような構造だといいんですが。 振れ止め機能はないのでセンター押しで加工したいです 皆様の力をお借りしたいです 宜しくお願いします 素材はアルミの6000系 長さは400~500mmです 内径は材料の押し出し公差なので加工はしません 他のパイプ部品のインナーになるため外周のみの加工です

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 旋盤
  • 回答数8
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.8
noname#230359
noname#230359

再出、 > パイプ端面から芯押しセンター距離が離れる程ブッシュがずれてしまい芯が出ませんでした なら、対策内容が合っていたら、          ┃┃    ┃┃ ← パイプ         ┃┃    ┃┃        ┃┃ /\ ┃┃        ┃┃/  \┃┃              ┃┃    ┃┃ ← ブッシュ効果で、ガタがある部分         ┃┃    ┃┃        ┗╱     ╲┛ ← テーパー部分で、上述ガタをなくする         ╱      ╲               ╱       ╲    当然ですが、パイプ自体の        └─┐   ┌─┘    曲がり(反り)やそのねじれ          │   │      は、矯正する必要はあります その後に、センタ穴カットと同様に、端面カットにて規定長さとする。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (7)

  • 回答No.7
noname#230359
noname#230359

スプリングコレットを使用するのが一般的と思います。 下記参考になれば幸いです。 ---------- (帝国チャック・ACトークロックコレット&アーバー) http://www.teikoku-chuck.com/bkup/japanese/pa_312.htm http://www.teikoku-chuck.com/product/design03.html ----------

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

こういうコレットにつばをつけるといけそうな気もしますね 試作を作ってみます ありがとうございました

  • 回答No.6
noname#230359
noname#230359

“ブッシュ”タイプのテーパー形で、ガタを吸収できる程度の物では駄目でしょうか? “テーパーだとパイプの端まで削る時に邪魔になりバイトの干渉が起きます”ですが、 端面を削るわけではないのでしょう。 テーパーの外径をパイプ外径か、マイナス公差いっぱいの外径にすれば、理論的には 問題は無い筈ですが。 如何でしょうか?以前、加工専用機の芯押し台は、そのスペックで製作しましたよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

パイプ端面から芯押しセンターの距離が離れるほどブッシュがずれてしまい芯が出ませんでした もう少し改良してみようと思います

  • 回答No.5
noname#230359
noname#230359

イマオのクランプシステムまでご存じで 質問者さんの力量があれば良さそうな 治具の製作がば可能でしょう(手間隙の問題)。 ぜひともフィードバックを期待します。 傾聴に値しないとは言いませんが、 仕事をうけるうけないを質問者さん へ意見するのは如何なものかと。 加工現場の状況をしっかり把握する のも設計の仕事。 勿論、設計へ意見、提案するのは、 現場の役目。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

”今は内径に合う段付きストレートブッシュを作りパイプに嵌めてから芯押しをしていますが”のブッシュにスプリングコレットのようにスリットを入れれば、”理想は芯押しをして力がかかると内側で広がる内締めチャックのような構造だといいんですが”になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そう言われればそうですね

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

(1)と同感。請けない方がよかったのでは >他のパイプ部品のインナーになる 類似市販品は引抜だけなのでは。開発や応急での切削も自社自部門なら覚悟もできるが、依頼仕事では事情がバレたら意欲無くす。。印刷ローラーなどで精密切削するのは必要あってでコストも覚悟。 >材料の購入先やロットによって、、、 継続性が疑問なので、治具の出来映え、加工コストを追求するのもいかがかと。 現方式でよいのでは。 >仕事自体は10年以上は続く見込み 引抜ママの無加工、またはセンタレスが本筋。工法の選択がヘン。 旋盤挽ではコスト合いません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

加工自体は問題なくできるのであとは工数削減をしたかったのです 外には出せない事情もありまして… 仕事自体は10年以上は続く見込みなので少しでも工数が下げられればと思いました

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

イマオのサイドロックIDクランプあたりはいかがでしょうか。 拡張ストロークは直径で0.1~0.2くらい、同芯度不明ですが買ってからちょっと削るだけで対応可能と思います。 テーパープランジャをいじれば芯押し台で開閉というのも可能な気はします。 イマオのボールロックシステム的な物を自作するのもありですがワークとのあたりとかが問題になりそうです。

参考URL:
http://www.imao.co.jp/catalog/categoryviews/?categorycode=$WHSGNC,$WHS&category=$901185&page=1 http://www.imao.co.jp/bal

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます サイドロックIDクランプはまさに理想に近い形ですが、少々お高いのがネックです それと、サイドクランプの部分が大きくても削れないと思うので干渉が懸念されます 分解しての加工は考えてみようと思います

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

長尺がどれほどなのか素材が何なのかわからないからなんとも。 内外径公差や幾何公差もどうなんでしょうか。 加工としてのアドバイスを求めるには不足だと思います。 うちなら薄肉で公差がうるさいなら受けない、もしくはセンタレスパイプを調達します。 回答者さん、(5)さんへ 決してこんな仕事を請けるなとは言うつもりはまったくないです。 すでに納入実績があるものならばなおさらです。 ただ情報がないままの回答として、もし初ロットであるなら一番怖いのは 図示されていない真円度・円筒度・真直度、表面粗さなどがあとから問題になってくる事です。 過去パイプの絵を描けば理論的にそうなるものだと主張されるお客さんも少なからずおられたので老婆心ながら失礼しました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

申し訳ありません書き忘れてました 素材はアルミの6000系 長さは400~500mmです 内径は材料の押し出し公差なので加工はしません 他のパイプ部品のインナーになるため外周のみの加工です 公差は+0/-0.2です 公差は緩いですし、加工自体はできるので蹴るわけにはいきません ただこの芯押しの効率を上げるための知恵が欲しかったんです 材料も支給材なので変えるわけにはいきません ですが、今後に生かしたいと思います ありがとう°ざいました

関連するQ&A

  • 芯押のスベリについて教えて下さい

    現在、旋盤で細物を加工していますが、荒加工が終了した時点で、芯押しをはずすと加工物先端の同芯度が径で最大0.1程ふれてしまいます。よく見るとセンタ-ドリルの加工形状がロ-リングセンタ-を押して荒加工をすることによって変形してしまっています。実際これはしょうがないことなのでしょうか。それとも変形をおさえることができるのか判断にこまっています。詳しい方どうかご教授をお願いします。加工ワ-クはHPM38で問題の個所はφ32.0から先端でφ5.6からφ15.0の長さが100.0mm位まで切削しているところで、段々の形状になります。センタ-ドリルはφ1.0のものを1.5mm入れています。芯押は油圧を使っていて圧力は12kg/c?です。芯押しの圧力の強さも影響するのでしょうか。その辺も詳しい方ご教授をお願いします。

  • 長尺軸加工のテーパー改善方法。

    お世話になります。 長尺軸の加工について質問なのですが、 外径加工の時にどうしてもテーパーがついてしまいます。 材料 丸棒、s45c 寸法 Φ170、3000L 3000Lの材料をチャック、センターで固定し、 振れ止めを、チャック側より1000Lの所に入れています。 加工箇所が振れ止めからセンターの合間の2000Lとなります。 加工をすると、センター側と、振れ止め側で、0,8程の差があります。 (1)センター穴がズレている。 (2)振れ止めの位置がバランス悪い。 (3)材料の自重が重くセンター(心押台)がズレている。 この辺りが原因なのかな?とおもうのですが、 この様な時はどうすれば真っ直ぐ加工出来るのでしょうか? お忙しいとは存じますが、よろしくお願いいたします。

  • NC旋盤で芯押し台を使用した加工について

    お世話になります。 NC旋盤で芯押し台を使用した加工について、 質問をお願いいたします。 本日、鉄の鋳物(材質は特殊で、失念してしまいました)を治具と芯押し台を使用し加工したところ、 治具の受け面側の径は歪みがないのに 芯押し台に近い径は歪みが出てしまい 測定する箇所によっては 公差外になってしまうという現象が 起きました。 また公差はφ33−0.019〜-0.032 真円度測定機で測った形状は 対角2点が膨らみ、対角2点が凹んでいる形状でした。 膨らんでいるところは公差上限、 凹んでいるところは公差下限でした。 加工方法ですが、 ①締め板を付けた状態で、芯押し台側の端面を切削→センタードリル→芯押し台設置→締め板撤去 ②抑えが芯押し台のみで、治具側端面と径の荒加工と仕上げ加工 という加工です。 現象が起きてから 以下のことを試しました。 ①芯押し台の圧を下げる →歪みが悪化した ②芯押し台の圧を上げる →歪み変わらず ③主軸の回転を下げる →歪み変わらず ④仕上げの取り代を少なくする →歪み変わらず この加工自体いろいろと問題が あることは承知の上です。 別の加工方法に移る前に なぜうまく加工がいかないのか いろいろ試しても考えてもわからなかったので ご質問させていただきました。 ぜひご教示いただければ幸いです。 よろしくお願いいたします。

  • 固定振れ止めの使い方

    初めて質問します。宜しくお願いします。 大日金属製 DLG-SH63×1500 にて旋盤加工を行っている見習い中の者です。 普段はフランジ形状の製品しか加工していないのですが、今回初めて φ150×L500のFC200のパイプを加工することになりました。 その際、固定振れ止めを使うのですが芯だしがうまくいかず、内径が楕円形になってしまい、内径交差φ100+0.05×L40が加工できません。 センター押した状態では0.02ぐらいの振れが外した状態では0.2程度振れてしまいます。 どなたか、固定振れ止めの精密な芯出し方法を教えていただけませんでしょうか?

  • 旋盤加工の治具について。

    技術をご覧の皆さまこんにちは。 今回も皆様のお力、知恵を貸して下さい。 NC旋盤加工の治具についてご教授お願いいたします。 加工物 アルミ引き抜きパイプ5000番系 材料寸法 外径φ50.0mm 内径φ40.0mm 長さ133mm 上記の材料を外径φ40.6mm 長さ128mmの部分まで加工しなければなりません。 残り5mmの部分は削らずにφ50mmのままです。 このように薄く加工するためにはどのような治具が必要ですか? 治具を製作してくれる場所も教えていただけたら幸いです。 精度はどの部分も+-0.1です。 内径は引き抜きのまま使用したいです。 説明不足な点が多々ありますが、皆様の知恵をお貸し下さい。 お忙しいとは思いますがよろしくお願いいたします。

  • 芯押し台と主軸の芯ずれ

    前回、リーマー加工の穴拡大について質問させていただいた者です。前回はとてもご丁寧な回答を迅速にちょうだいし、感謝しております。今回はその続きで質問します。 先ほど、旋盤の主軸にダイヤルゲージを取り付けて、芯押し台のテーパー部の出口を測ってみました。やはり、上下方向に0.55mm(ダイヤルの振れは1.1mm)もずれていました。主軸よりも芯押し台の芯の方が低くなっています。 旋盤の芯押し台はこんな程度のずれがあるのでしょうか? 私の旋盤固有の問題なら、ベッドの状態が良くないこともあり、買い換えを健闘したいと思います。 素人なので、旋盤の個体差等、分かりません。 教えて下さい。

  • 固定振れ止めの芯出し方法

    よろしくお願いいたします。 固定振れ止めの芯出しの方法についてお尋ねいたします。 外径100(外径削り済み)、長さ3000の材料で、真ん中に固定振れ止めを付けます。 チャック側と、心押台側の芯出しは、0~0.02以内で入っています。 この状態で固定振れ止めのローラーをあてているのですが、どう調整しても0.05くらいは振れてしまいます。 ダイヤルゲージを固定振れ止めの右側(心押台側)に付けて見ています。 ローラー三点の押し加減を押したり緩めたりして調整しても、0.05の振れがゼロにはならず困っております。 (ダイヤルの目盛りでいいますと、0~0.05の間を指していて、 ローラーを調整しても、例えば0.03~0.08の間を指していて、実質0.05の振れが変わりません。) 固定振れ止めの正確な芯出しの方法をご教授お願いいたします。 ダイヤルのあてる位置や、ローラーの締める順番やコツなどありましたらどうかよろしくお願いいたします。

  • 内面研削の芯だし

    内面研削を担当しております。 今月から全長700外径260内径140クラスの重量物を加工することに なりました。この様な振れ止めを必要とする重量物はどのようにして芯だし をしたらよいのでしょうか。 たとえダイヤルゲージの振れがおさまっても振れ止め側がチャック側よりも 下がって回転しているせいか、振れ止め側で振動が発生します。 ちなみにチャックは四つ爪です。

  • 製缶品の芯合わせ

    ・内径φ1500mm・板厚9mmの円筒両端に75高さ  厚み25mmの  フランジを設定します。   ・フランジは左右(両端)にあります。 ・フランジ内径φ1500mm、円筒内径と同じです。 ・円筒とフランジ接合は印籠加工します。  フランジ側に円筒が差し込めるよう段を削り  込みます。 ・円筒とフランジ接合は溶接です。 ・円筒から直角に接するフランジ部は隅肉溶接、  印籠部の円筒とフランジ部は開先溶接します。 ・フランジおよび円筒内径を機械加工します。  ここを「機械加工面」と呼びます。  (溶接部分も含めて削る) ・溶接後のフランジの外面寸法は約1700mm です。 ・上記の機械加工はフランジと円筒を溶接した  後に行います。 ・材質はSUS304です。 ・<質問>  …両端フランジの機械加工は大きな   旋盤(?)で行うのですが   左右フランジ「機械加工面」の   「芯」を合わす加工は可能でしょうか?   またその方法を教えて下さい。 宜しくお願い致します。

  • ローレット掛けで難問・・・。

    ローレット掛けで困っています。sus304で長さ575mmにモジュール0.5の駒でφ31.8~φ31.9の外径仕上がりのローレット掛けの要求図面が来ました。 試しに一本やってみましたが、芯押し側よりチャック側の外径が0.3mmほど 太くなりました。仕上がり具合もセンター側の方が良く有りません。この様な径でこんな長さのローレット掛けは今まで経験有りませんでした。芯押し側が逃げているのでしょうが、あらかじめ逃げの分を芯押し台をずらしたほういいのか、振れ止めを用いて掛けたほうがいいのか(ワークの形状上振れ止めも最後までは無理です。)今、悩んでいます。どなたか長尺物のローレット掛けの この様な問題を解決された御経験のある方、アドバイスお願い致します。