• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

量子力学は暗記せざるを得ない?

 量子力学の概念が理解できません。というのも、方程式の中に確率が入っていたりと、これまで学んできた物理学と矛盾する点があり、考えても分からない点があるのです。量子力学は理解するというよりは暗記せざるを得ない 学問なんでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数512
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6
  • shiara
  • ベストアンサー率33% (85/251)

 私の個人的な見解ですが、人類は量子力学を理解することはできない思います。物質は粒子であって波でもある、などと説明されて、理解できる人間はいないのではないでしょうか。それでも、量子力学は非常に有効な理論です。なぜかといいますと、物理学全般に言えることですが、物理学が扱うものは、最終的には客観的に数量化できるものだからです。途中で波動関数のような訳のわからないものも出てきますが、最終的に人間と自然界を結ぶのは、固有値とか期待値といった、客観的に数量化できるものです。そのため、人類は量子力学の成果を役立てることが出来るのです。途中で出てきた訳の分からないものは、本当のところは誰も理解できないのです。ですから、逆に考えれば、その訳の分からない部分は、自分なりに解釈して、自分が納得できればそれで良いのです。量子力学を学ぶときは、この訳の分からない部分をいかに自分流に解釈するか、それを楽しむのが良いと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど、むやみに理解しようとせずに、発想を変えて、理解できない部分を自分なりに楽しむといった考え方もありですね。  ご回答ありがとうございます。

その他の回答 (5)

  • 回答No.5
  • nzw
  • ベストアンサー率72% (137/189)

>これまで学んできた物理学と矛盾する点があり、考えても分からない点があるのです。 解析力学はマスターされましたか?もしまだなら、 解析力学を学習して、それから離散的固有状態の系に おける量子力学を勉強して、最後に連続状態の系を 考えて、シュレーディンガー方程式の導出をしてみれば 暗記ではなく、各項の意味が少しはわかると思います。  高校でニュートン力学と前期量子論を習って、大学の 教養部でシュレーディンガー方程式を天下り式に与えら れるということが多く、その場合混乱することが多いの ですが、上に書いた流れで学習すればそれなりに親しみ をもてますよ。  残念ながら、大学で物理学を専攻しない場合には、 なかなかこういう学習の仕方をする機会がないんです よね。  なお、私は日常的に量子力学を使っていて、各項が なぜそういう形に導出されたかはわかるのですが、 重ねあわせ状態とか波束の収束とか、そういうものを イメージとして捉えられるのか?と言われれば答えは 否なんですけどね。そういう意味では、わけわからん というのは確かですが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>>解析力学はマスターされましたか? 正直なところ、解析力学って何?といったレベルです。時間があればやってみたいですね。 >>なお、私は日常的に量子力学を使っていて、各項が なぜそういう形に導出されたかはわかるのですが、 素晴らしいですね。やはり日常的に使って慣れている方は導出ができるようになるんでしょうか。 >>重ねあわせ状態とか波束の収束とか、そういうものを イメージとして捉えられるのか?と言われれば答えは 否なんですけどね。そういう意味では、わけわからん というのは確かですが。 そうなんですよね。私もそういった概念を理解できないんです。まあ、これから勉強していきますが。 ご回答ありがとうございます。

  • 回答No.4

もし、質問者さんが量子力学しか通用しない世界に生まれたとすると、量子力学が分かるのは当たり前になるはずです。 そして、ちょっと変わった一部の人間だけが、役に立ちそうもない「ニュートン力学」を研究をしているでしょう。 量子力学が理解できれば、自動的に「ニュートン力学」も理解できます。(量子力学の中にニュートン力学が含まれています) 私は、量子力学を先に教えて、後からニュートン力学を教えたほうが、理解しやすいと考えています。 その場合、教える側の先生(特に、小・中学生の先生)は、今の何倍も苦労すると思いますが・・・ なお、「あなたはどんな人」で、専門家を選んでいるのは、「自称・ 専門家」の意味で、正式な卒業証書は何も持っていません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 そういった世界にいるとそんな感じになるんでしょうかね。想像もできないですが^^; >>量子力学が理解できれば、自動的に「ニュートン力学」>>も理解できます。(量子力学の中にニュートン力学が含>>まれています) そうなんですか。初めて聞きました。数式を眺めてみます。  ご回答ありがとうございました。

  • 回答No.3
  • Rossana
  • ベストアンサー率33% (131/394)

量子力学を使って電子デバイスなどの材料を創っている分野の大学教授が言ってました。 「私は量子力学は未だに理解できない。」 でも、量子力学の理論をそのまま適用すればほとんどすべての実験結果とぴったり一致するそうです。 だから、No.2さんの言うように慣れるのがいいのでは、量子力学は「習うより慣れろ」では。 数式の羅列に負けない強い意志もいると思います。 量子力学を本当に極めた人ならもしかして理解してるかもしれませんね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>>量子力学は「習うより慣れろ」では。 >>数式の羅列に負けない強い意志もいると思います。 確かに、理解できなくとも、「慣れる」とそれを応用することができそうですね。  また、数学の知識も要りますね。数学は科学における言葉みたいなものですから、こちらも勉強していきたいと思います。  ご回答ありがとうございました。

  • 回答No.2
noname#175206
noname#175206

Josquinさんの仰る通りなのですが、私なりにコメントしてみると、「自分の常識の範疇に量子力学を呼びつけることはできないので、自分のほうから近づき慣れるしかない。」ということではないかと思います。 誰の言葉だったか忘れたのですが、「量子論が理解できたと思えるのなら、それは量子論をわかってない証拠である。」だそうです。 私も趣味で物理を勉強していますが、自分が知らないことを学ぶのですから、わからなくて当たり前と言えるでしょう(量子力学に限らず、解析力学とか統計力学とか未だに「???」だらけです)。 ただ、「暗記しかない。」と思うと進歩がないと思います。「慣れる」と「暗記」は似て非なるもので、違いは勉強していて「あ、そうか!」のあるなしかと思います。 「あ、そうか!」が来てくれるまでは、我慢です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>>ただ、「暗記しかない。」と思うと進歩がないと思いま>>す。「慣れる」と「暗記」は似て非なるもので、違いは>>勉強していて「あ、そうか!」のあるなしかと思います。 >>「あ、そうか!」が来てくれるまでは、我慢です。 確かに「暗記」では進歩がありませんよね。「慣れ」るように頑張りたいと思います!

  • 回答No.1
  • Josquin
  • ベストアンサー率30% (771/2492)

ニュートンの運動方程式は考えてわかりましたか? 現実に合うから使われているだけで、思考だけで導けるものではありません。 量子力学も同様です。 前に質問の回答にかいたのですが(下記URL)、 小出昭一郎著「量子論」「量子力学〈1〉」(裳華房 基礎物理学選書) は他の本に書いてない歴史的なこと、量子論の考え方などが書いてあり、参考になると思います。

参考URL:
http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=985963

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 ニュートンの運動方程式は何故かすんなりと受け入れられたのですが、量子力学は???な感じなんです。単に勉強不足かもしれませんが。  参考URLも参照させて頂きたいと思います。  ご回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 量子力学の入門書を教えて

    最近、どうしても量子力学の世界を知りたいと思うようになりました。 物理学は高校で習った程度で、しかも、あまり得意ではありませんでしたが、こんな私でも理解出来そうな、量子力学の世界を易しく書いた入門書があれば教えていただきたく思います。 どうぞ、よろしくお願い致します。

  • 量子力学の非論理について

    四つの力を統一する統一理論の構造は 論理構造でないと いけないように思うのです。論理構造ですと 今までの物理理論が包含され あるいは今までの論理(数学など)との整合性がとれ 自然科学(物理学はその基礎)は論理で表明された ことの証明になると思うのです。 しかし、ご存知のように量子力学は論理構造ではありません。排中律、無矛盾律になってないのです。矛盾を含んだ構造は 非論理特有の任意のシステムが追加され証明されるのです。ところがある条件下では量子力学に従ったと考えられる物理現象が観測再現されており 工学的応用、あういは物理学的応用は 幅広いものです。将来はもっと広がると思われます。 自然科学は論理構造で説明されなければならない というシナリオからは 量子力学は発展途上の物理学となります。 一方、再現性など工学的、実用的に問題なければ物理学として問題ない のではないか、必ずしも論理構造の物理学でなくても いいのではないか、という説もあります。この場合は 非論理であっても再現性などを重要視する 物理学を 再検討、再構築(量子力学をベースにした)する必要がある と思われます。その延長には自然科学の見直しまで含まれます。今 見直しが されつつあるとは思われませんが。 さて 上の議論を踏まえての質問ですが 量子力学は非論理物理学として確立されたものと考えていいのでしょうか、あるいは 論理に従う形になるべきものでしょうか。ご指導よろしくお願いします。

  • 量子力学の学習について

    私は生命科学系の学科に所属していて、4月から2年生になります。 2年生で量子力学の内容を前提にしたような授業があると聞いたので、平行して自分で量子力学の勉強をしていきたいと思っています。また1年の時に物理を教えてくださっていた教授に伺ったところ、やはり生物系であっても物理学は理解していた方がいい、と言われたことも理由の一つです。 そこで、実際に使ってみて良かった、分かりやすかった参考書などがあったら教えてください。読み物的なものより、式の導出や意味について説明してくれているようなものが望ましいです。私は物理がとても苦手なのですが、できればしっかり理解したいと思っています。ちなみに、1年の化学の授業で量子論について少しだけ学びました(といってもあまり理解できてはいませんが…)。 また、これは同じ生命科学系に進んだ方にお聞きしたいのですが、物理学はどのくらい深く勉強したほうがいいのでしょうか?研究に関わる事になった時、物理学の考え方はやはり必要になってくるのでしょうか? 長くなってしまってすみません。 どうぞよろしくお願いします。

  • 高校生で量子力学

    クリックありがとうございます。 私は現在高校1年生です。 先日、ちょっとしたきっかけで量子力学に興味をもち、 その少し前から物理という学問に興味をもちはじめました。 そこで、インターネットで色々と量子力学についてのサイトをあさってみたところ、簡単に(外枠だけかもしれないですが)説明してあるサイトをみつけそのサイトを一通り読み、そしてもっと理解を深めたい、と思いました。 しかし、私の高校では物理の履修は2年生からで今はまったく物理の知識がありません。 これを切欠に、物理も2年生になる前に勉強してみたいな、と思い始めました。 そこで、皆様のアドバイスを頂きたいのです。 物理を独学(いずれは履修するのですが)するにあたって、初心者むけの参考書を教えて頂けませんでしょうか。 また、量子力学を少しでも理解するためには高校物理の範囲は全て網羅してからでないと難しいのでしょうか? アドバイスよろしくお願いいたします。

  • 【量子力学を一言で言うと?】困ってます!

    量子力学を一言で言うとどうなるでしょうか? 門外漢なのでまったくわからず困っています。 今までに得た表面的な知識で考えてみると、 量子力学とは「多数の世界が共存する???」 なんだか、変なことになってしまいました。 どうか、もっともシンプルな言い方で教えてください。 (長くなっても結構です) また、ニュートン以来の古典力学に対してアインシュタイン/ ボーア/シュレディンガーなどの物理学はなんと呼ぶのでしょう? 最後になりましたが、20世紀最大の発見は一般相対性理論と、 量子力学でよろしいのでしょうか? 教えてください。 よろしくお願いします。

  • 量子力学とは?

    こんちわ。 物理の基礎的を勉強しているものです。 ボーアの理論とか,シュレーディンガーの方程式とか,いろいろ出てきているのですが。どうも,読みにくくてつらいです。 物理学全体の体系を理解していないので,何を勉強しようとしているのかも分からないのだと思います。 そこで,先に進むきっかけとして,量子力学とはなんなのか?何が目的なのか?教えていただけると非常にありがたいです。 例えば,原子中に含まれる電子の存在状態を説明するもの?程度の答えを期待しております。最終目標が分かれば,独学できると思っていますので。 この質問自体,変なことを言っていると思いますが,御手柔らかに・・・

  • 量子力学における状態について

    よく量子力学の本で"波動関数は量子力学的状態を表す"とありますが,"量子力学的状態"というのはどういうことなのでしょうか? Wikipediaでは"量子状態"の方で載ってありましたが,"すべての物理量の測定値が一定の確率分布をもつような仕方で系が準備されているとき、その系の状態を指してある量子状態という"とありました.

  • 量子力学を学ぶために

    量子力学を学びたいのですが、 1.必要な物理の知識 2.必要な数学の知識 は何でしょうか? できれば、理学部の物理学科で講義されているレベルを覗いてみたいです。 ・普通の国立大では、何年生くらいで講義があるのでしょうか ・量子力学を勉強するのに、相対性理論の知識は必要でしょうか? ・ぶっちゃけ、量子力学と相対性理論、どちらが面白い、というか興味深いものか、素人向けの開設をお願いします。

  • 量子力学の世界における「1+1=2」は?

    みなさんこんにちは。 連休突入ですね。 私はこの連休中に日頃の疑問を一気に解決したいと考えております。 これはその第一弾! 本題に入る前にまず、私の物理学レベルを明らかにしておきましょう。 「確かフラミンゴの法則ってあったよね? あれって、右手だっけ、左手だっけ? えっ!フレミング!? あ、そうなの。でも、問題はそこじゃない!右手か、左手か!? ええっ!どっちもあるの??そう……」 というレベルです。お分かりいただけますでしょうか。つまり、何の知識も無い。 そういった私が問います。 「量子力学の世界ではあらゆる事象が確率でしか表せない」と聞きました(情報元はたぶんTV番組)。 では、「1+1=2」はどうでしょう? これも確率でしか表せないのでしょうか? もしそうだとすると、とんでもない事が起こると思います。 「1+1=2」が、ある確率でしか正しくないとすると、 確率の計算そのものがあやふやになってしまう、いや不可能になってしまうと思うのです。 こうなると、 「あらゆる事象が確率でしか表せない」 どころか、 「何がどうなるのやら、まったく分かりませんわ。アヘアヘアヘ…」 となるのでは??? 「アヘアへ~」はさておき、 このような混乱が生じない理屈として、 私は一つの見解を見つけました。 それは、 「1+1=2を計算する者は、量子力学の世界の外に立っているので、 量子力学の確率論に巻き込まれない」 というもの。 コレってあってますか? おそらく見当違い(どころじゃない)と思いますが… 蛇足) 私がこのような疑問を持つにいたった最初のきっかけは、 迂闊にも「哲学カテゴリ」に足を踏み入れてしまったことからです。 そこから数学を考え、「1+1=2」を考え、こちらに行き着いたのです。

  • 量子力学

    量子力学 理学は専門ではないのですが興味から朝永振一郎さんの量子力学上・下を読んでみました。とりあえずなぜシュレーディンガー方程式があの式になるのかはなんとなく分かった気になったのですが、結局、歴史的には実験結果と理論で偶発的に波動方程式を発見したという理解で良いのでしょうか?理学関係の方教えてください。ちなみに角運動量とスピンはまだ読んでません。