• 締切済み

量子力学についていくつか教えてください。

量子力学について最近興味が沸き、勝手に勉強しているものです。 いくつか教えてください。 1 量子は波動性と粒子性の両方を併せ持ちます。粒子であることの定義は「位置と運動量を持つ」ということで正しいでしょうか? 2 質量があってもなくても量子は光速で進みますか? 3 光子は質量がないのに運動量を定義できるのはなぜですか? 4 コペンハーゲン解釈によると、光の波動性は「光子の存在確率の波」である で正しいでしょうか 5 「存在確率の波が光速で空間を伝播する」時、その媒体は何なのでしょうか?古典物理では電磁波の媒体は電磁場だとおもうのですが。

みんなの回答

  • ddtddtddt
  • ベストアンサー率56% (172/307)
回答No.2

1.  #1さんより。 >粒子とは「何らかの物理的性質を示す空間上の点」である。 そこに実体があろうとなかろうとかまわない。  物理の数式を数学的に操作する時にはそうなんですけど、物理的にはそこに、粒子のようなものを想定するわけですよね。粒子を扱う力学において「暗黙に」仮定される粒子という物理的実体の運動がわかったとは、その粒子の全ての瞬間の位置と運動量がわかった事なので、「位置と運動量を持つ」事が、粒子であることの「暗黙の」定義になります。しかし量子力学では、それら2つがあいまいになります。 2.  #1さんより。 >相対論により禁止されている。 もし質量のある物質が光速で進めば、その物質の運動エネルギーはどれだけ質量が小さくても「無限大」になり、理論も宇宙も破綻する。 物理法則は無限大を嫌う。  その通りです。ただ一言追加すれば、確率波と量子は別物です。確率波は超光速で収縮しても問題ありませんが、確率波の観測後に知りうる量子という実体は、質量が0でない限り光速以上では移動できません。 3.  運動エネルギーを持つからです。運動エネルギーと運動量は、同じ物理的実体の運動能力を、距離を基準に測ったか、時間を基準に測ったかの違いだとも解釈できます。測ってるものは同じです。だいぶ古典的な言い方ですが・・・(^^;)。 4.  第二量子化(場の量子化)との関連で言うと、イメージとしては正しいと思いますよ。第二量子化の具体的詳細は、自分はほとんど知りませんけれど・・・(^^;)。次に続きます。 5.  さっきも言いましたように、確率波と光子(量子)は別物です。光子の確率波を何らかの方法で観測した後、知れるのが電磁場という光子の挙動です。では「超光速でも動けるような確率波とは何か?」、という問題には、現在のところ決着がついていません。でも確率波を計算すると、「すべては想定内の確率」という結論が出るんですよね(^^;)。  もう一つ電磁波の媒体についてですが、「電磁波に媒体はない」というのが現在の(暗黙の)見解だと思います。だから電磁波の媒体は、電磁場ではありません。電磁波=電磁場です。  あまり注目されませんが、電磁波,電磁場を独立した一つの物理的実在と認めさせたこと、「場」とは目にも見えないし触れもしないし、直接的に重さを測る事すらできないが、それでも物理的実在と認める事ができるという事実を認識させたこと、それはアインシュタインの隠れた功績です。  従って粒子(質点)が勝手に飛んでって伝わるように、電磁場も勝手に波打って伝播します・・・(^^;)。  この世界って、センスオブワンダーの塊ですよね?(^^)。

  • head1192
  • ベストアンサー率20% (159/779)
回答No.1

1. 粒子とは「何らかの物理的性質を示す空間上の点」である。 そこに実体があろうとなかろうとかまわない。 2. 相対論により禁止されている。 もし質量のある物質が光速で進めば、その物質の運動エネルギーはどれだけ質量が小さくても「無限大」になり、理論も宇宙も破綻する。 物理法則は無限大を嫌う。

関連するQ&A

  • 電磁波と量子力学的な確率の波

    初めて質問させて頂きます。 只今量子力学を勉強中の学生です。 大抵の教科書で、初めの章に光の波動性と粒子性、電子の粒子性と波動性について述べられ、 粒子と波の性質を併せ持つ点でこれらは似ている、といった話がされています。 電子にとっての波動性というのが、波の振幅の自乗がその存在確率を表す、というところはなんとなく理解したのですが、 ではそもそも本の冒頭で語られている光の波動性とは何なのか? と疑問に感じました。 光は水面に起こる波に例えられるように、電磁場が空間の各点で振動することによって伝播する波である、と自分は理解しています。 長くなりましたが、お聞きしたい質問は、 この電磁場の波と、量子力学的な確率の波はどこで接点を持つのでしょうか? ということです。 勉強の途中ですので、もし上に示した私の理解に間違いがあればご指摘下さい。 知識不足で申し訳ありませんが、何卒よろしくお願い致します。

  • 量子力学において、

    量子力学において、 光子は粒子ではなく、波である とありますが、 そもそも波ってなんでしょう? 粒子じゃない波ってどういう波?

  • 電磁波と量子力学の波について

    今まで僕は電磁波というと、 例えば光子の波動関数の絶対値^2が、その状態に存在する確率であり、同じ状態のフォトンが多数集まって結果的に波動関数^2の形を作り、たまたま光子の波動関数が縦波だったので電磁波は縦波として伝わるのだと思ってました。これは間違いでしょうか? つまり電磁波と波動関数(マクスウェル方程式から出てくる関数)と光子の波動関数(シュレディンガー方程式から出てくる関数)は全くの別物なのでしょうか?それとも何か関係があるのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 量子力学

    2つ質問があります。 (1)粒子の0≦x≦Lの範囲に制限された一次元の運動は波動関数 ψ(x)=Csin(πx/L) で記述される。 ここでCは規格化定数である。 粒子が次の範囲にある確率を求めよ。 1)L/2≦x≦L 2)L/4≦x≦3L/4 これの答えは両方1/2で合ってますか?解答がないのでわからないのですが。。 間違っているとしたらどのように解けばいいのでしょうか? (2)量子化とはどういうことを言うのでしょうか? たとえば、 運動量pの量子化→pハット=-ihバー∇ ハミルトニアンHの量子化→Hハット=pハット^2/2m=(-ihバー∇)^2/2m=-hバー∇^2/2m のようにすることが量子化ということですか?

  • 量子力学の問題

    -L/2<=x<=L/2 (L>0)における質量mの自由粒子の量子力学的運動を考える。 波動関数は周期的境界条件を満たすとする。 運動量の間隔dpの中にある運動量の固有状態の数はほぼいくらになるか? ただし、Lは十分大きく、したがってdp>>2π(h/(2πL))であるとする。 この問題が良くわかりません。Lが十分大きいのだから固有状態は連続スペクトルになると思うのですが、固有状態の数はどのようにもとめたら良いのでしょうか?どなたかよろしくお願いします。

  • 宇宙線の波長は何故測定されるのですか?

    よく実験で空から到来してくるμ粒子やτ粒子の波長を測定したりしますが、測定する粒子は一つなんですよね?しかも波長というのは量子力学で出てくる波動関数(確率波)の波長なわけですよね?存在確率の強度を表す波が何故測定されるんですか? 僕の今の感じでは 粒子の存在確率は波で表される。 しかし実際は粒子は一つで通り道も一つ。 つまり一定の運動量で直進している。 運動量がわかれば波長もわかるが直接波長を測定することはできない。 どこがまちがってますか? よろしくお願いします。

  • 電磁場の量子化

    (1)電磁場を量子化するさいに、電磁場を波束の集まりに分解してエネルギーを2次形式で表現します。このさいの数学的な変形は理解できるのですが、これの物理的な意味がよくわかりません。このハミルトニアンの表現は電磁場を無数の光子の集まりと考えているのでしょうか、それとも波束ベクトルの集まりとかんがえているのでしょうか。 (2)電磁場を量子化するさいに、ハミルトニアンを用います。このとき、運動量と位置の演算子が定義されますが、この量子化された運動量や位置は電磁場を構成する光子のものですか、それとも電磁場のものなのですか。 どちらかだけでもよいので、解説どうかお願いします。

  • 量子もつれについて

    光子が増えるのはどういうわけでしょうか? 光子を1つビームスプリッターにぶつけると、波が二手に分かれて光子がどちらの波に存在するか分からなくなるらしいのですが、観測すると収縮が起きて光子はどちら側にあるにせよ確認できますよね。 でもこのとき確認できる光子は1こだと思うのです。 量子もつれの実験では光子を1つビームスプリッターにぶつけるとどういう訳か2つに増えていました。エネルギーが50%の光子が2こになり、それらが量子もつれ状態になっているそうです。 しかし私の理解ではビームスプリッターで別れた光子は50%の確率でどちらか側に1つあるだけで数は増えませんでした。1つしかないものはもつれようがないと思いました。 これは私の理解が間違っていて矛盾を抱えることになっているのだと思います。わかる方いらっしゃれば訂正していただけないでしょうか。よろしくお願いします。

  • 電磁場の量子化

    電磁場を量子化すると、光子数演算子が出てきます。たとえば調和振動子の場合なら、生成演算子は波動関数がひとつエネルギーが上の軌道に移った、と考えられるのですが、量子化された電磁場の場合はエネルギーがhwの光子がひとつ増えたた考えます。ここで疑問なのですが、その増えた光子はそこからくるのでしょうか。また光子が増えた分どこかの光子がなくなるのですか?

  • 量子力学

    つまらない質問かもしれませんが、あまり聞いたことがないので、思いついた疑問があります。 まず、マクロの運動は、特殊相対性理論によって説明されます。日常生活では光速に近いという状況はないので(電波などは除く。)、近似的にニュートンの運動方程式で充分ですが、相対性理論で低速から光速(高速)まで説明できます。 今度は逆にミクロの世界では、量子力学が支配しています。でも、量子力学が必要になるのは、素粒子などを扱うときだけです。マクロの世界までは拡張できないというところまではよく聞きますが、その途中というのはなでないのでしょうか? 例えば、不確定性理論では、電子一個の位置と速度は同時に知ることができないといいます。しかし、野球のボールなら測定できます。この途中のどこかに閾値があると思うのですが、違いますか? マクロの物質をどんどん細かくしていくと、どこかで相対性理論が成り立たなくなり、ここから先は量子力学。この境目はどうなっているのでしょうか? 頓珍漢な質問かもしれませんが、宜しくお願いします。