• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

That 's just how love

That 's just how love is. この文に使用されているhowの意味は、 Cambridge Dictionaryより抜粋した、 in a way/in many ways B2 used to say that you think something is partly true: In a way his behaviour is understandable. に当たるのでしょうか? 上記の例文を分解すると、 That is just how. Love is in that way. なので、in a wayの意味が使われていると考えて良いのでしょうか? また関係副詞は、 前置詞+whichに変換する事が可能な為、 The way she looks という句も The way in which she looksと書き換えが可能であり、 (inが適当な前置詞かどうかは分かりません) この句から、関係代名詞を取り除くと She looks in that way.となり、 最初の例文と同じ様に、 この句のthe wayも in a way/in many waysの意味で使用されていると 考えて良いのでしょうか? 長分かつ、不明な文章で申し訳ないです・・・

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 英語
  • 回答数5
  • 閲覧数67
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
  • Nakay702
  • ベストアンサー率81% (8773/10785)

eieio257さんの、「That's just how love is に how you do something:「(~する)方法、仕方」の意が含まれていると考える事が出来ません」というご疑問に対する答え方を再考しました。あまり変わり映えしないかも知れませんが、お送りします。 例えば、辞書などによくin one's opinion「~の意見では」というような説明がありますね。このone'sはいわゆる所有格の代表形ですので、「実用に際しては、この位置に適宜my, your, his, their, Taro's…などを入れて使いなさい」という意味ですよね。 そこで、how you do somethingについて考えると、このyouの位置には適宜he, she, they, people, someone, something…などを入れ、doの位置にはdoのほかにbe, have, love, make…などを入れて考えてよいという意味であり、またsomethingの位置には、動詞が他動詞である場合にその目的語に当る事物や事柄を表す語を入れて使い、自動詞である場合には省略してよい、というように拡大解釈するための雛形・代表形なのです。 したがって、これは状況や必要に応じて、例えばhow one does something「人が何かをどのようにするか」、how something is done「何かがどのようになされるか」、how you are「あなたはどのようにあるか」、how something is「何かがどのようにあるか」…のように置き換え・解釈することが想定されている説明表現なのです。 ということで、一定条件のもとで実に様々に変形して解釈することができますが、最後の例how something isをさらに展開して、how something is →how love is「愛がどのようにあるか」という表現にまで敷衍できる、ということになります。 辞書の説明は、どこまで広げて解釈できるか、ということがあいまいで難しい問題ですね。辞書の説明を「的確に読み取るための1つの盲点」と言えるかも知れませんね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

度重なる補足に対応して頂き、本当にありがたい事です。 ですが、それだけではなく、英語という枠組みを越えて辞書の捉え方、考え方まで説明、解説して下さり、本当にありがとうございます。感謝の言葉しか言えず、本当に申し訳ないです。(この無駄に多い感謝の言葉が回答者様に回答のプレッシャーを感じさせてしまっていたら申し訳ないです。本当にお時間がある時に回答して頂くだけで、本当の本当にありがたいですから。)

その他の回答 (4)

  • 回答No.4
  • Nakay702
  • ベストアンサー率81% (8773/10785)

再々々度「質問者からの補足」を拝見しました。 >その様な考え方をしても That's just how love is に how you do something:「(~する)方法、仕方」の意が含まれていると考える事が出来ません。 ⇒以下のとおり、まず外堀から埋めるような手順でお答えします。 一般に、be動詞は、1. 《繋辞》(「―は~である」のように、A=Bの関係を表す)として用いられますが、2a. 《所在》(「―は~にある・いる」のように、ある・いる場所を表す)や、2b. 《存在の仕方》「―は~のように(~のような仕方で)ある・いる」を表す)としても用いられます。ということで、お尋ねのThat's just how love is.のisは、用法2b.です。つまり、この場合のbe動詞は存在動詞「存在の仕方」を表しています。 一方、how you do somethingという、語義説明におけるdoは《動詞の代表》ですから、この中にはbeも含まれていることになります。ということは、how you do somethingの「(~する)方法、仕方」という対訳説明は、「(~としてある・いる、~のようにある・いる)仕方、あり方」というバリエーションも含むことになります。 ということで、再度That's just how love is.を直訳すれば、「それは、まさに恋がどのようにあるかというあり方である」→「それは、まさに恋のあり方そのものである」となりますね。あとは前便と同じように、後者の訳をもう少し自然な日本語にすれば、「まさにそれが恋のあり方だ」となって、和訳としてお示しの「恋なんてその様なものだ」とよく似た表現になりますよね。 これでご疑問は晴れましたでしょうか。説明が下手ですので、まだ疑問や不明点が残るかも知れませんが、その節はどうぞご遠慮なくコメントなさってください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>>これでご疑問は晴れましたでしょうか。説明が下手ですので、まだ疑問や不明点が残るかも知れませんが、その節はどうぞご遠慮なくコメントなさってください。 今回に限らず、いつも分かりやすい説明で本当に助かっています。むしろここまで親切に対応して下さっているのに、自分の理解力が及ばず本当に申し訳ないです。 とはいえ、今回の説明で少し光明が見えた気がします。 >>how you do somethingという、語義説明におけるdoは《動詞の代表》ですから、この中にはbeも含まれていることになります。ということは、how you do somethingの「(~する)方法、仕方」という対訳説明は、「(~としてある・いる、~のようにある・いる)仕方、あり方」というバリエーションも含むことになります。 これから関係副詞(the way)howが出現する度に、 この考え方・説明を意識して取り組みたいと思います。そうすれば、自然に理解、納得出来る様になると思います。 質問だけではなく、三度の補足にも対応して頂き、本当にありがとうございました。いつも本当に感謝しています。

  • 回答No.3
  • Nakay702
  • ベストアンサー率81% (8773/10785)

再々度「質問者からの補足」を拝見しました。 >上記を踏まえると、 That's just how love is それはほんと愛の手段、方法だ。と 意味不明な和訳になってしまうのですが、このhow(the way)が手段、方法の意だと どうすればその様に捉えれるでしょうか? ちなみに和訳は「恋なんてその様なものだ」と訳されているのですが、私的にはこの和訳を方法・手段の意と捉える事が出来ません・・・ちなみに(the way)howの関係副詞は、how you do something:「(~する)方法、仕方」の意味でしか使用されないのでしょうか?wayの他の意味で使用される事はないのでしょうか? ⇒wayの他の意味としては、「流儀、しきたり、風習・習慣」といった意味合いを表すことがあります。しかし、こう考えたとて、お尋ねの疑問が解けるわけではなさそうですね。 ところで、今はじめて気づいたのですが、eieio257さんが最もお知りになりたいことは、That's just how love is. がどうして「恋なんてその様なものだ」と訳されるか、ということですよね? それでしたら、切り口を変えて、次のように考えてみましょう。つまり、「直訳・逐語訳からたどってみる」という手口です。 すなわち、That's just how love is.を直訳すれば、「それは、まさに恋が(そうで)あるところのあり方である」→「それがまさに恋のあり方というものである」となりますね。(この場合のjust「まさに~、ぴったり~」というような意味です)。 そこで、後者の訳「それがまさに恋のあり方というものだ」をもう少し自然な日本語にすれば、「それが恋のあり方/あり様そのものだ」となって、和訳としてお示しの「恋なんてその様なものだ」と似た表現になりますよね? これで、何とかご疑問が晴れるとよいのですが、いかがでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

再度の補足対応ありがとうございます。 >>すなわち、That's just how love is.を直訳すれば、「それは、まさに恋が(そうで)あるところのあり方である」→「それがまさに恋のあり方というものである」となりますね。(この場合のjust「まさに~、ぴったり~」というような意味です)。 そこで、後者の訳「それがまさに恋のあり方というものだ」をもう少し自然な日本語にすれば、「それが恋のあり方/あり様そのものだ」となって、和訳としてお示しの「恋なんてその様なものだ」と似た表現になりますよね? これで、何とかご疑問が晴れるとよいのですが、いかがでしょうか。 すみません・・・。その様な考え方をしても That's just how love is に how you do something:「(~する)方法、仕方」 の意が含まれていると考える事が出来ません。 手段と方法の意味について調べましたが、 下記のサイトで記載されている様な意味が、 和訳からは読み取ることが出来ません・・・。 この和訳はむしろ(the way)howを、 前置詞likeの~ような similar to or in the same way as someone or something: という様な意味を読み取ってしまいます。 ですが、That's just how love is. のhowは how you do something:「(~する)方法、仕方」の意味 で使用されているんですよね?それが理解出来ないのです。どうしても和訳からはその意が含まれていると考える事が出来ません。 再度長文で申し訳ありません。 手段・方法の意味についてのサイト https://chigai-allguide.com/%E6%89%8B%E6%AE%B5%E3%81%A8%E6%96%B9%E6%B3%95/

  • 回答No.2
  • Nakay702
  • ベストアンサー率81% (8773/10785)

「質問者からの補足」を拝見しました。 >とすると、That's just how love is. この文において先行詞the wayは何の意味となるのでしょうか? Cambridge Dictionary出典のhow you do something:の意味ではないですよね? 手段・方法の意を表しているとは思えませんし・・・ 今回のThat's just how love isの先行詞the wayは Cambridge Dictionary出典だと、どの意味に当たるのでしょうか? ⇒以下のとおりお答えします。 That's just how love is. のhow*も、前便で書いたThat's the way she looks. のthe way*も、Cambridge Dictionary出典の用例中のa way, ways, the wayも、すべて同じhow you do something「(~する)方法、仕方」という意味です(なお、*については、後の注をご参照)。 ・Cambridge Dictionary出典の用例とその訳 I must find a way to help me.  「私は自助の方法を見つけなければならない」。 We looked at various ways of solving the problem.  「私たちは、その問題を解く幾つかの方法を調べた」。 It was the way that she told me that I didn't like.  「私が嫌いなのは、私に対する彼女の(命令口調の)話し方だ」。 *注:関係副詞と先行詞の関係(「特に」以下にご注目!) 関係副詞when, where, how, whyの先行詞は、the time when ~「~するとき」, the place where ~「~するところ」, the way how ~「~する方法・仕方」, the reason why ~「~する理由」のように、決まった語がくることが多いので、よく省略される。特に、the way how ~では、のthe wayかhowかのどちらかを言わないのが普通である。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

補足返信ありがとうございます。 また何度も補足し、申し訳ありません・・・。 >>That's just how love is. のhow*も、前便で書いたThat's the way she looks. のthe way*も、Cambridge Dictionary出典の用例中のa way, ways, the wayも、すべて同じhow you do something「(~する)方法、仕方」という意味です(なお、*については、後の注をご参照)。 上記を踏まえると、 That's just how love is それはほんと愛の手段、方法だ。と 意味不明な和訳になってしまうのですが、 このhow(the way)が手段、方法の意だと どうすればその様に捉えれるでしょうか? ちなみに和訳は「恋なんてその様なものだ」と訳されているのですが、私的にはこの和訳を方法・手段の意と捉える事が出来ません・・・ ちなみに(the way)howの関係副詞は、how you do something:「(~する)方法、仕方」の意味でしか使用されないのでしょうか?wayの他の意味で使用される事はないのでしょうか? 何度も長々と申し訳ありません・・・。 お時間が許す時に対応して頂ければ幸いです。

  • 回答No.1
  • Nakay702
  • ベストアンサー率81% (8773/10785)

ちょっと込み入って分かりにくいかも知れませんが、以下のとおりお答えします。 >That's just how love is. この文に使用されているhowの意味は、 Cambridge Dictionaryより抜粋した、 in a way/in many ways B2 used to say that you think something is partly true: In a way his behaviour is understandable. に当たるのでしょうか? 上記の例文を分解すると、 That is just how. Love is in that way. なので、in a wayの意味が使われていると考えて良いのでしょうか? ⇒そう考えないほうがいいと思います。 確かに、(1) That's just how love is.のhowに代えて、(2) the way ~「~する方法・仕方、~風」という言い方で、wayを使うことはありますね。the way how ~とすることもできますが、このhowは関係副詞で、先行詞はthe wayですね。これに対し、(1) の場合のhowも関係副詞ですが、先行詞を持たない「独立用法」です。意味「まさにそれが愛の方法です」は同じです。 一方、in a wayは、「ある点で、ある意味で」という意味の慣用句です。ということで、この2つのwayは、(もちろん語源は共通ですが)別ものと見なしておくほうが、分かりやすいと思います。 >また関係副詞は、 前置詞+whichに変換する事が可能な為、The way she looks という句も The way in which she looksと書き換えが可能であり、(inが適当な前置詞かどうかは分かりません この句から、関係代名詞を取り除くと She looks in that way.となり、 最初の例文と同じ様に、この句のthe wayも in a way/in many waysの意味で使用されていると 考えて良いのでしょうか? ⇒はい、そう考えていいと思います。 (3) She looks in that way.のin that wayは、in a wayとよく似た構造ですが、慣用句でなく、訳文「彼女はそんな風に見える」から分かるように、(2)と同じ意味です。したがって、(3) はThat's (the way) how she looks.としてもほとんど同じ意味になります。 カッコ内のthe wayはあってもなくても同じです。また、That's the way she looks.のように、逆にhowを省略してthe wayだけを残しても、同じ意味「彼女はそんな風に見える」になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

いつも丁寧な回答ありがとうございます。 >>確かに、(1) That's just how love is.のhowに代えて、(2) the way ~「~する方法・仕方、~風」という言い方で、wayを使うことはありますね。the way how ~とすることもできますが、このhowは関係副詞で、先行詞はthe wayですね。これに対し、(1) の場合のhowも関係副詞ですが、先行詞を持たない「独立用法」です。意味「まさにそれが愛の方法です」は同じです。 一方、in a wayは、「ある点で、ある意味で」という意味の慣用句です。ということで、この2つのwayは、(もちろん語源は共通ですが)別ものと見なしておくほうが、分かりやすいと思います。 とすると、That's just how love is. この文において先行詞the wayは何の意味となるのでしょうか?Cambridge Dictionary出典の(https://dictionary.cambridge.org/us/dictionary/learner-english/way_1) how you do something:の意味ではないですよね? 手段・方法の意を表しているとは思えませんし・・・ 今回のThat's just how love isの先行詞the wayは Cambridge Dictionary出典だと、どの意味に当たるのでしょうか?

関連するQ&A

  • 前置詞つきの句の名詞的用法について

    前置詞つきの句の名詞的用法では前置詞句は主語や補語になっても目的語にはならないのでしょうか? 目的語にもなるのならできれば例文もお願いします The best way to see many places is on a bike.補語として働いている場合 Across the field is the nearest way.主語として働いている場合

  • 関係副詞howについて

    浪人生です。英語の質問をさせていただきます。 参考書を読んでいると、関係副詞は前置詞+whichの形を前提にする場合のみ用いられると書いてありました。 There is a linguistic dirrerence in how subjects can be expressed in English and Japanese. 上の文章のhowはなんの前置詞+whichがhowになったのでしょうか。

  • in the same way that human being areの構造

    But is this computer really intelligent in the same way that human beings are? という文の関係代名詞thatの中はhuman beings are inとならなければ、human beings are the same wayという意味が分からない文になって、おかしくないですか? wayは先行詞howを取らないので、関係副詞のthatではないですよね? それともin whichなどは取り得るので、thatもあり得ますか? それとも、wayは副詞的目的格でinは省略できるのでthat以下の2回目のinは省略されたと考えられますか? ここで副詞的目的格について質問なんですが、 in the same wayという熟語のwayは副詞的目的格なのに何故inが付いてるんですか? 副詞的目的格というのは、前置詞はつけてもつけなくても どちらでもいいんですか?

  • 関係代名詞のthatとwhich, whomの違い

    なぜ関係代名詞のthatは、whomやwhichと違い、前置詞の直後に置くことはできないのですか? 〇 This is the city in which I was born. × This is the city in that I was born. 〇 He is the actor to whom Ann sent a fan letter. × He is the actor to that Ann sent a fan letter. という風に、なぜthatは前置詞の直後に置いてはいけないのですか?その理由を教えて下さい。

  • thatの用法について

    学校で出された問題なのですが、私の回答はどこかが間違っているそうなので、教えてください、よろしくお願いします。 次の(a)、(b)のthatの用法を答えなさい。 But those who see the actual painting often come away with a strange feeling (a)that Mona Lisa looks alive in a way (b)that earlier portraits did not. 私の回答は、(1)のthatは接続詞で、(2)も接続詞だとおもうのですが、どうでしょうか?? また、これらのthatの詳しい用法も教えていただけると、うれしいです よろしくお願いします。

  • 関係代名詞thatが指すもの

    It is how we use the lights that matters という文があるのですが howを関係副詞と見た場合、thatがかかってるのはなんですか? howをthe way in whichにばらして、the way にかかっていると考えたのですが、 それだとこの1文に関係代名詞が2つあることになってなんだか気持ち悪い気がします…

  • Be動詞の後に前置詞句がくるときの文型は?

    She is on the stage./Many birds are in the forest.など、Be動詞の後に前置詞句がくるときの文型はSVCなのでしょうか?前置詞句は補語ということになるのでしょうか?She stood on the stage.のときの文型はSVということから、不安になったのですが、ご存知の方があればご教授ください。

  • I want it that way.の文型

    バックストリートボーイズのI want it that way.の文型がわかりません。 私の疑問点は、 1、that wayはよくある、前置詞inが省略された副詞句なのか?(例:I'll Do It My Way.) 2、それともただのthat(形容詞)+way(名詞)なのか? というものです。 もし仮に1ならば、I want it in that way.となりただの第三文型です。 しかし意味的には、私はそれを、そのように、欲しい。とわかりにくい文になってしまいます。 もし2ならば、that wayに前置詞がついていないので、第五文型と考え、 私はそれがそのようであって欲しい。という訳になりますが、wantの第五文型は、I want you to have a rest.のような、to不定詞がつくものだと考えていたので疑問が残ります。それとも、I want it (to be )that way. というto beが省略されたものでしょうか(I like my steak juicy.のような感じでしょうか)? 一応推測としては、2が正しいような気がするのですが、確信がもてないので詳しい方お願いいたします。

  • that is why ~の文

    That is why ~. の文は, (1)That is why ~ (2)That is the reason why ~.      ※先行詞を省略しないで。 (3)That is the reason for which ~.  ※that不可。前置詞+thatがダメだから。 そこで,(4)は,普通ではないでしょうけど,出来るのですか? (4)That is the reason that ~ for. ※前置詞を後ろに残して,関係代名詞thatを使う。 どうなのでしょうか?

  • 関係副詞について教えてください

    以下の解説をお願い致します。 (1) I know the reason why he was late. =I know the reason for which he was late. 関係副詞が前置詞+関係代名詞で書き換えられるのはわかるのですが、 この問題ではなぜfor which で書き換えているのでしょうか? (2)This is how (=the way) I learned English. =This is the way in which I learned English. これは、how が関係副詞なのですよね…?howを前置詞と関係代名詞に置き換えるのではなく、the wayにしているのはどういうことになるのでしょうか。 また、(1)と同じくなぜin whichで書き換えているのでしょうか。 その考え方を教えていただければと思います。 (3)Human being will be able to travel in space some day. =The day will come when many people being can travel in space. この文は文法的にどうなっているのでしょうか。beingがなぜその位置にあるのかよくわかりません。 初歩的なことがわかっていないかもしれないのですが、 解説をしていただければ嬉しいです。 よろしくお願いいたします。