• ベストアンサー
  • 困ってます

コンプレックスを受け入れるか、解消のため努力するか

社会的地位や経済力と幸福の関係性 社会的に地位が高い人の方が惨めな気持ちがなく、幸福度も高いのでしょうか? 私はフリーターで、現在の地位にコンプレックスを感じております。 社会的地位が低いと ・良質な人間関係を築けない ・惨めな思いをし続ける このような考えになってしまっています。 本来であれば、社会的地位を高める努力をするべきなのですが、それにはそれ相応の苦痛が伴うため、恐怖で決断ができなくなってしまってきます。 それと同時に、辛い思いをするくらいなら、自分ができる仕事で慎ましく生きるのも選択肢の一つなのではないかと最近考えています。 過去、プログラマーに転職するため、勉強に励んでいたところ、無理がたたって体が動かなくなり、そのまま実家に帰り、今は少し回復してアルバイトをしていますが、そこから何か行動を起こすということが極端に怖くなってしまいました。 しかしそれでは私の中のコンプレックスが消えることなく、ずっと苦しみ続けるのではないかと不安になります。 私は幼い頃から勉強も大してできませんでしたし、運動も苦手で、友達は2人程度。ヒエラルキーで言うところのおそらく最底辺にいました。なので劣等感が強いです。 普通に外で仲良くしている人や、成果を出している人を見ると、胸が苦しくなり、辛くなり劣等感を感じます。 おそらく他者との比較がこの苦しみを生み出していると思うのですが、人と比較することや承認欲は人間の本能だと思うので、これを消し去るのは不可能なんじゃないかと思っています。 コンプレックスを解消するために、今以上の地位を確立するために動くことが最も良い方法なのかもしれませんが、そう言うコンプレックスや承認欲にしたがって動いた人間に限って破滅の道をむかえそうでとても怖いです。 でも現状維持は現状維持で劣等感という地獄を見続ける。 つまりどちらに転んでも地獄を見ることになる。 こんな思考になってしまっています。 社会的地位にコンプレックスを感じている人、またはそれを乗り越えた方がいれば、これから具体的にどう行動していけばよいか教えて頂きたい所存です。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数38
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
noname#246720

悩んでおられますね。 確か別のスレッドでも解答させて頂いたように思うのですが、こちらでも失礼します。 そういったお悩みは、おそらく学歴や資産の有無に関わらず、誰でも持っているものだと思いますよ。 他の質問サイトでは、嘘か本当かわかりませんが「年収1000万で貯蓄も数千万あるが、子供の教育費として足りるか不安で子供を持ちたくない」といった投稿を見たことがあります。 そもそも、世界的な水準で見れば日本に生まれただけでも飛び抜けた勝ち組だという話もありますよね。 とは言え、人間が向上心を持ち続けるのはコンプレックスがあるからこそです。 現状に満足しきっていたらそれより上はないです。 しかし世の中に対する見方を正すことは必要かもしれません。 色々な方に勧めているのですが、「行き詰まったら図書館の本を片っ端から全部読む」を実践してみてください。 最初は各カテゴリの本を数冊ずつでも構いません。 児童書から専門書まで全部読んでいくと、世の中がわかってきます。 質問者さんのような方は、最初は自己啓発コーナーを全部読んでみるのも良いかもしれません。 不思議なもので、自分の内面の知識が増えていくと周囲の人間の種類も変わってきますよ。 悩みがあって、それを克復しようと苦悩する人は、数年後に必ず磨かれています。 学歴や運動能力とは全く関係ないです。 学歴があっても人間として微塵も尊敬に値しない人間って本当に多いですよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 劣等感への対応方法の違いを分ける心理

    たとえば容姿にコンプレックスを持っているとします。ある人はファッションや髪型などを工夫し直接劣等感を克服しようとします。別の人はお金や社会的地位を手に入れて容姿の事はオブラートして間接的に劣等感を覆い隠そうとします。この二者の違いを教えてください。

  • 劣等感?コンプレックス?変えるには?

    昨日、同じような質問をしたのですが、明確に質問できなかったのでもう一度お願いします。 心理学を学んでいた方、専門家の方にお聞きしたいです。 主人の事です。 主人はとにかく人に頼るのが嫌いです。 なぜなのかを知りたくてネットで調べていました。 すると、劣等感を持っているとそう考えることが多いという内容のページを見つけました。 主人は数年前に、自分は人よりも劣っていると感じている、というような事を言っていました。 なので、人に頼りたくないのは、劣等感を持っていることが関係しているのだと思いました。 しかし、劣等感を持っている人は、それを克服しようとすると書いてありました。 主人には、その劣等感を克服しようという向上心がないように感じます。 なので、劣等感ではなくて、コンプレックスに近いものなのかなと思います。 劣等感とコンプレックスの違いはとても曖昧のようですが、劣等コンプレックスと呼ばれるものなのかなと考えています。 劣等感ではないのに、なぜ頼りたくないのか・・・。やっぱり劣等感??うーん。どちらでもいいですその辺は。わからないので。 ここで質問なのですが、 ・主人にもう少し周りに頼るようになってほしいと思っています。劣等感、もしくは劣等コンプレックスを持っていることが頼りたくない原因だとしたら、それを減らすために、コンプレックスを弱める?ために、妻としてどう接していけばいいですか? ・その劣等感、もしくは劣等コンプレックスを克服する事が出来れば、主人に向上心は湧くのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 何もない自分 承認欲求 劣等感

    劣等感や、ネガティブな内面、モチベーションについて 私は昔から劣等感が強く、それと同時に周りから認められたい、自分の存在を世に知らしめたいという承認欲もとても強いです。 今の自分を受け入れるためにブッタの考えや、瞑想、認知行動療法などを1年ほど続けてきましたが、未だにふとした瞬間、承認欲や劣等感が湧き上がってきます。 こうなると、承認欲や、劣等感を満たす、軽減するには、権力や地位を手に入れて、周囲から認められる以外満たす方法はないのかと思ってしまい、苦しくなります。 現在21歳男で、高卒のフリーター、地位も学歴もお金も友達も一人もいません。自信を受け入れてくれる場所も仲間もいません。 仲間も地位も金も何もない時、人間は他人がいなくても、自分を受け入れたり、好きになることができるんでしょうか? また、皆さんならこういう状況の時、どうしますか?

その他の回答 (4)

  • 回答No.4

そりゃ現状を変えて上に行こうと思えば当然、何らかの努力は、ほぼ誰でも必要で具体的に方法を聞いたからと言って行動しなければ、その可能性すら無いわけで、でも、あなたは「何か行動を起こすということが極端に怖くなってしまいました。」とか「それ相応の苦痛が伴うため、恐怖で決断ができなくなってしまってきます。」とか思ってるんだから人に聞いても無理なんじゃないですか? 例えば、庭に柿が、なっています。あなたは家の中に居ます。どうしても、その柿が食べたいです。家の中で指をくわえて待っていて柿は食べられますか?という話です。何らかの行動をしなければ得られないということです。 指をくわえて待っていたら、その柿は誰かに取られたり、腐って落ちたりします。(いつの間にか、あなた自身は変わらず、年を取るだけ。 今は守ってくれる家族が居るかもしれません。それが親なら、普通に考えて、あなたより先に動けなくなったり、亡くなったりします。) 何もしないということは、そういうことです。 私は、何も出来ませんが、何か良い方法は有りませんか?と言っても、あなた自身が行動しなければ、何も変わりません。 それに、これだけの文章で、あなたの状況は、判りません。 御自分で考えて1つ1つ、やっていくしか無いと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

>社会的地位を高める努力をするべきなのですが、それにはそれ相応の苦痛が伴うため、恐怖で決断ができなくなってしまってきます。 これって具体的にどういうことを指しているのかを教えていただけないでしょうか。 いや、どうもね、ピンとこないのです。「社会的地位を高める努力に伴う苦痛」って。例えば年収を上げるためになにかスキルを身につけようとすると勉強しなきゃいけないですから、ある種の苦痛は伴いますよね。「それが嫌だから努力ができない」といわれたら、それはただのだめ人間じゃないですか。 あと質問者さんはかつてプログラマーの勉強をしていたということですが、その勉強って楽しかったですか? いえね、社会人の勉強って基本「楽しい」はずなのです。勉強するとスキルや知識が身についてそれが仕事に反映されることになるなら、大変だけど楽しいって部分があるし、だからこそ頑張れるものでもあるのだと思います。「一級建築士試験に合格すればビルの設計ができる」「司法試験に合格すれば弁護士になって年収が上がる」そういう希望があるから働きながら勉強するのは大変だけど頑張れるわけです。 質問者さんは、なぜプログラマーを目指したのでしょうか。漠然と「プログラマーになればなんか希望が見えるのではないか」と始めてしまった部分はなかったでしょうかね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • qwe2010
  • ベストアンサー率19% (1759/9070)

社会的地位、それが高いからと言って、優れている人とか、社会的貢献が高いかとは言えません。 自分の欲望を優先していて、つまらない人は多いです。 自分で働いて食べていけるのなら、コンプレックスを抱える必要などないと思います。 みんな対等でしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

できることを丁寧にやっていくというのが私の自戒の言葉ですが、だれにでもいえないかなと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 恋愛コンプレックスや 青春コンプレックスって

    恋愛コンプレックスや 青春コンプレックスって ほんと一生つきまとう 地獄の苦しみよな 解消したくてももうあの頃は 戻ってこないわけだしな? 自己に対する劣等感は消えずに膨張し続けて、無駄にプライドばかりが増大し、どんどん泥沼にはまって抜け出せなくなる そもそも成功する人間は 成功する頃には女なんて 興味なくなってるというか その時に女にモテても 素直に喜べないと思う 一番苦しくて辛いときに 女に相手にしてもらえなくて 自力でそれを乗り越えたのだから、今更感が半端ないだろうし素直には喜べないんじゃないだろうか 構築されたプライドは そう簡単には崩れない たぶん若いときに いい恋愛経験を育めなかった人間というのは一生その後悔と劣等感が呪縛のように付きまとい苦しみ続けるだろうよな? おれ自身がそうだ

  • 年収1300万で週80時間弱の労働で孤独な人間の行く末

    彼の学生時代をよく覚えている。彼は容姿に対する劣等感を原動力にして孤独に勉強していた。授業の合間も全く他人と会話することなく一人で黙々と勉強していた。彼のこの勉強に対する熱心さは劣等感以外にも将来お金と社会的地位を手に入れることで現状は変わるという期待も大きく寄与していたのであろう。彼はいろいろ苦労したようだが何とか比較的高い収入と社会的地位の高い職業についたようである。しかし不幸なことに彼の苦労は決して報われること無く、彼を待ち受けていたのは更なる孤独であった。勤務は非常に過酷であり、訴訟などのリスクにも怯えている。プライベートも今まで通り孤独である。しかし彼は奇妙なことにこちらの方が心理的に楽なようである。彼は自由で何もしなくてよい時間が非常に苦手なようである。彼は常に何かに追われている生活が好きらしい。つまり彼は自分の感情を意識するのが苦痛なのであろう。彼の心はまさに砂漠のようである。彼が求めているものはまさしく愛である。彼は社会的には成功したようだが心理的には赤ん坊と同じなのではなかろうか? 違いは赤ん坊のように素直にねだれないということのみである。彼はどうすれば救われると思いますか?

  • 劣等感・コンプレックス

    17才の高校生です。どうしても気になって眠れないので、投稿させていただきました。 質問の内容は「人間の感じうる劣等感の中で最大のものは何なのか?」ということです。 私の意見を述べさせていただきますと、間違いなく「容姿」に関するものだと思っております。 例えば、学歴コンプレックスであれば、それを感じるのは人に出身大学を聞かれた場合や、履歴書を書く場合に限られます。友人や恋人との日常的な関係の中で学歴コンプレックスを抱くことはそうそうないと思います。 また、特定の何かが苦手であることに対する劣等感に関しても、例えばスポーツが苦手であっても、ふだんからあまりスポーツをしない環境で生活していれば、別段自己嫌悪に苛まれることもありません。 しかし、容姿に関するコンプレックスの場合は、生きている以上、常にそれと戦い続けなければなりません。自分の顔にコンプレックスがある人は、目覚めると同時に「あァ、私は今日もこの醜い顔を曝して夜まで過ごすんだわ。」と感じ、太っている人は、道を歩くときでも「今すれ違った人、俺のこと見て嫌そうな顔してたな。気持ち悪いと思ったんだな。」と感じます。 つまり、自分の精神と身体を分離する術がない以上、容姿に関するコンプレックスからは一時たりとも逃れられないのです。 おわかり頂けたでしょうか? 要するに、 ●「容姿コンプレックス」 自分が生きている以上、24時間365日感じ続けなければならない。 ●それ以外 特定のシチュエーションにおいてのみ感じてしまう。 という違いです。この観点から、容姿に関するコンプレックスはほかのコンプレックスとは比べ物にならないくらい重いものだと思うのですが、何しろ人生経験未熟な若者です。是非年上の方々のご意見伺いたく存じます。

  • 劣等感に基づいてついた嘘がクラス全体に広まって自分のコンプレックスが丸

    劣等感に基づいてついた嘘がクラス全体に広まって自分のコンプレックスが丸わかりになって恥ずかしすぎて自分の姿をさらすのがいやで仕方がない また、うそをついてまで自分の劣等感を隠そうとするとは相当他人を意識していることも見て取られ自意識過剰な人間だとみなされている。どうすれば心の平安が得られますか?

  • 過去のコンプレックス

    婚前交渉をしたことを後悔しています。周りの人を見ると、本当か嘘か、経験人数が一人と言える余裕があるように見えます。 それに引き換え私は・・・と、過去の行動を悔やんでしまいます。 男性との間にあったこと(いやらしい発言をされた、など)がある誰かの言葉でフラッシュバックして、劣等感を持ってしまいます。私は最低な女だと。 せめて、過去の経験から来たコンプレックスをなくしたいです。忘れるいい方法はあるのでしょうか。

  • コンプレックスしか抱けない

    私は自分自身にコンプレックスばかり抱いていて非常に苦しいです。 毎日憂鬱なことばかり考えていて、辛いです。 何か作業するにしても、リーダーシップがうまいわけではなく、何かすごい能力を兼ねているわけでもありません。勉強でも他人にないか教えられるような得意な分野もありません。また人間関係でもみんなから好かれるようなタイプではなく、会話も下手だしどちらかというとただいるだけという感じです。どんな人でもひとつくらいは他人に誇れる・頼れるものがありますが、私には何もありません。他の人に頼られませんし・・。 最近本当にいつまでもこんなままなのかな?と思ってしまいます。なんとか一つ一つ直したいと思って努力しようと思うのですが、具体的な対策が考え付かないし、直そうとしている以外の部分のコンプレックスを感じる状況に出くわして、そっちを先に直したほうがいいのかところころ矛先を変えたりして、直りません。 勉強だけはなにかひとつを打ち込めばその分野では他人より長けられると思うのですが、なにを勉強しようという動機付けもないため努力が続きません。元々集中力もないし、努力もできないというのもだめな人間の典型的要素ではあるのですが・・・。 本当に憂鬱で仕方ありません。こんなところで書き込んでいる暇があったら何かしろと思うかもしれませんが、自分自身では考え付きません。 劣等感を感じない、自分の優れた能力の身に着け方、 努力を持続させる方法、なんでもいいので助けてください・・・。

  • 不細工な人間の勉強に対する執念は異常である

    劣等感が強いので他人が知らないことを知っておきたいという欲求が強くて仕方がないのだろう。心理的に健康な人間にとって彼は単に勉強熱心な人間に映るだろう。しかし彼を動かしているものは知的欲求ではなく、他人を出し抜くことによって感じられると信じている自分の存在価値である。逆に言えば彼にとって勉強こそが自分の存在価値になっており「彼自身」はもはや無くなってしまっている。したがって彼は勉強で他人に優越できている間は心理的に安定だが、それができなくなると彼は心理的に危機におちるだろう。そのため彼は必死で勉強し、社会的地位を求め名誉を求めるのであろう。しかし彼の心は満たされることは無いであろう。彼に必要なのは心のふれあいである。しかし彼の心理状態では非常に困難である。彼は非常に強い劣等感のため必死で自分自身を隠そうとし、必死で模範的な人間を演じようとしている。彼自身の心は当然悲鳴を上げているだろう。当然周囲の人間も彼が無理をしていることに気づき気を遣うだろう。どうすれば彼は救われますか?

  • 皆さんのコンプレックスを教えてほしい。

    ご覧いただきありがとうございます。 アンケートに近い内容かもしれませんが恋愛カテへの投稿をお許しください。 酷なタイトルかもしれませんが「皆さんのコンプレックスを教えてほしい」です。 皆さんは「コンプレックス」をお持ちでしょうか? 私はコンプレックスを持っており、考え過ぎてしまい深く落ち込む事が多々あります。 しかし、「コンプレックスなんぞ人それぞれ。その悩みを他から見ればどうってことない」聞く事もあります。本当にそうなのか知りたいのです。 そういう私のコンプレックスは・・・ 『26歳にもなって彼女が出来た事が無い。』 『学生時代に片思いが一つも実らなかった。』 という二つです・・・。 この二つがものすごくのしかかり、時には無価値感を覚えたり・・・。ああ、情けない・・・。 特に街中の学生カップルを見ると劣等感を覚える始末・・・。 皆さまからすると「気にし過ぎ」でしょうか? コンプレックスは人に教えにくいと思います。出来る範囲で結構ですのでお教えください。

  • 劣等感が強くて落ち込んでます。。

    受験、就職で挫折ばかりの人生が続き、何も成し遂げられないまま28歳になってしまいました。それでも昔の自分はプライドが高く、いずれ成功できると根拠のない自信を持っていたのですが、最近は仕事、恋愛などいろんなことがうまくいかず、自分の限界を知って将来を悲観しています。 一方、旧友はみな優秀で社会的地位の高い仕事に就き、どんどん結婚していきます。そんな現状で劣等感はますます強くなり、毎日ため息をつくばかりです。 転職回数が多いため、たとえ経験を積んでもこれ以上のキャリアアップ転職は難しいこと、夜間の大学院で勉強したくても残業が多くて通学できないこと、本当にやりたいことを追うには歳をとりすぎていること・・・。 結局、現状が一生続くんだなと思うと本当にやりきれません。プライド、劣等感を捨て、今いる会社で最大限努力する道が最善だとわかっているのですが・・。どのように自分を納得させればよいでしょうか?

  • コンプレックスに悩まされます。

    初めまして。 僕には軽度の運動障害があります。 普通に生活はできるのですが、過去・現在ともにろくなことがなかったため、そのことに非常に負い目を感じています。 4年前、昔の彼女と付き合ってた頃、彼女は僕の欠点を全て受け入れてくれていました。 けど、幸せな彼女との境遇の差に引け目を感じて、距離を取ってしまった結果、破局してしまいました。 現在、好きだった人との関係も、彼女に負い目を感じたせいで、自ら壊してしまいました。 こんな自分が嫌で、嫌で仕方がありません。 コンプレックスを克服できるよう、自分磨きは常に怠っていないつもりですが、一向に出口が見えません。 苦しいです。 どうしたら、劣等感を克服して、女性と普通に付き合えるようになるでしょうか? 助言をお願いします。