• 締切済み
  • すぐに回答を!

血統と家統両面で途絶えた。の意味を教えてください。

(⇩) この下記の URL の『林学斎』の wikipedia のページによれば、 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9E%97%E5%AD%A6%E6%96%8E https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9E%97%E5%AD%A6%E6%96%8E 明治39年(1906年)7月14日に死去。享年74。子がいなかったために、羅山以来の林大学頭家の家系は学斎をもって断絶した。なお、羅山の血統的家系についても学斎の死から113年前の寛政5年(1793年)の林錦峯の代で既に断絶しており、林大学頭家は血統と家統両面で途絶えた。 と書かれています。 この「林大学頭家は血統と家統両面で途絶えた。」というのは、林大学頭家は、どうなってしまったという事なのでしょうか? 林大学頭家は血統と家統両面で途絶えた。というのは、林大学頭家はどうなってしまったという事なのかを教えてください。 【参考】 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9E%97%E5%AD%A6%E6%96%8E 明治39年(1906年)7月14日に死去。享年74。子がいなかったために、羅山以来の林大学頭家の家系は学斎をもって断絶した。なお、羅山の血統的家系についても学斎の死から113年前の寛政5年(1793年)の林錦峯の代で既に断絶しており、林大学頭家は血統と家統両面で途絶えた。

noname#245212

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数23
  • ありがとう数5

みんなが選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • ngwaver
  • ベストアンサー率27% (190/679)

そのままの意味では? 血統が途絶えた 実子がいない 家統が途絶えた 実子も養子もいない

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 『家統が途絶えた。』とは、どういう意味か?

    (⇩)この下記の URL の『林学斎』の wikipedia のページの『生涯』​の部分によれば、最後の方の文章に、 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9E%97%E5%AD%A6%E6%96%8E https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9E%97%E5%AD%A6%E6%96%8E 明治39年(1906年)7月14日に死去。享年74。子がいなかったために、羅山以来の林大学頭家の家系は学斎をもって断絶した。なお、羅山の血統的家系についても学斎の死から113年前の寛政5年(1793年)の林錦峯の代で既に断絶しており、林大学頭家は血統と家統両面で途絶えた。 と書かれています。 この、一番最後の部分の、 「林大学頭家は血統と家統両面で途絶えた。 」の内の、「血統が途絶えた。」の意味はわかるのですが、「家統が途絶えた。」の意味がわかりません。 「家統が途絶えた。」とは、どういう意味なのでしょうか? 「林大学頭家は血統と家統両面で途絶えた。 」の内の、 「家統が途絶えた。 」とは、どういう意味なのかを教えてください。 【参考URL】 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9E%97%E5%AD%A6%E6%96%8E 明治39年(1906年)7月14日に死去。享年74。子がいなかったために、羅山以来の林大学頭家の家系は学斎をもって断絶した。なお、羅山の血統的家系についても学斎の死から113年前の寛政5年(1793年)の林錦峯の代で既に断絶しており、林大学頭家は血統と家統両面で途絶えた。

  • 「家統で途絶えた。」の意味を教えてください。

    (⇩)この下記の URL の『林学斎』の wikipedia のページの『生涯』​の部分によれば、最後の方の文章に、 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9E%97%E5%AD%A6%E6%96%8E https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9E%97%E5%AD%A6%E6%96%8E 明治39年(1906年)7月14日に死去。享年74。子がいなかったために、羅山以来の林大学頭家の家系は学斎をもって断絶した。なお、羅山の血統的家系についても学斎の死から113年前の寛政5年(1793年)の林錦峯の代で既に断絶しており、林大学頭家は血統と家統両面で途絶えた。 と書かれています。 この、一番最後の部分の、 「林大学頭家は血統と家統両面で途絶えた。 」の内の、「血統で途絶えた。」の意味はわかるのですが、「家統で途絶えた。」の意味がわかりません。 「家統で途絶えた。」とは、どういう意味なのでしょうか? 「林大学頭家は血統と家統両面で途絶えた。 」の内の、 「家統で途絶えた。 」とは、どういう意味なのかを教えてください。 【参考URL】 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9E%97%E5%AD%A6%E6%96%8E 明治39年(1906年)7月14日に死去。享年74。子がいなかったために、羅山以来の林大学頭家の家系は学斎をもって断絶した。なお、羅山の血統的家系についても学斎の死から113年前の寛政5年(1793年)の林錦峯の代で既に断絶しており、林大学頭家は血統と家統両面で途絶えた。

  • 「血統と家統両面で途絶えた。」とはどういう意味か?

    (⇩)この下記の URL の『林学斎』の wikipedia のページの『生涯』​の部分によれば、最後の方の文章に、 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9E%97%E5%AD%A6%E6%96%8E https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9E%97%E5%AD%A6%E6%96%8E 明治39年(1906年)7月14日に死去。享年74。子がいなかったために、羅山以来の林大学頭家の家系は学斎をもって断絶した。なお、羅山の血統的家系についても学斎の死から113年前の寛政5年(1793年)の林錦峯の代で既に断絶しており、林大学頭家は血統と家統両面で途絶えた。 と書かれています。 この、一番最後の部分の、 「林大学頭家は血統と家統両面で途絶えた。 」 とは、どういう意味でしょうか? 「林大学頭家は血統と家統両面で途絶えた。 」の、 「血統と家統両面で途絶えた。 」とは、どういう意味なのかを教えてください。 【参考URL】 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9E%97%E5%AD%A6%E6%96%8E 明治39年(1906年)7月14日に死去。享年74。子がいなかったために、羅山以来の林大学頭家の家系は学斎をもって断絶した。なお、羅山の血統的家系についても学斎の死から113年前の寛政5年(1793年)の林錦峯の代で既に断絶しており、林大学頭家は血統と家統両面で途絶えた。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

 「血統」は辞典に載っていますが、「家統」は載っていませんので、血統という言葉を参考に、パラレルに考えて、  家統とは、「林家」が代々勤めてきた「儒官、朱子学研究を中心とした学者職」の連続のことであろうと思われます。  血統 "も" 絶えたのであれば「実子はいなかった」ということであり、「家統が絶えた」ということならば、家を護るための養子を取らなかったか、とった養子がそれまでの仕事を引き継がず、例えば神主になったり、刀鍛冶をやり出した、ということだろうと思われます。 -----  源頼朝の血統は、三代「実朝」で絶えましたが、源家が勤めた征夷大将軍の職は京都の親王(貴族も?)によって受け継がれました。  同様に、林羅山の血統は『林錦峯の代で既に断絶して』、それまでの林羅山の子孫がやっていた仕事(儒官等)は、学斎の家(姓は林?)が引き継いでいたのでしょう。  ところが、明治39年(1906年)7月14日学斎が死ぬことで、儒官等の仕事を行う人がいなくなった(=家統が絶えた)、ということだろうと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • tzd78886
  • ベストアンサー率14% (2215/14932)

本人の直系だけが絶えたのではなく、きょうだいの子孫も絶えた場合に限り「血統が絶えた」と表現することもあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 『家統が途絶えた。』 の意味を教えてください。

    (⇩)下記の URL の “林 学斎(はやし がくさい)” の wikipedia のページによれば、 【林学斎】 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9E%97%E5%AD%A6%E6%96%8E https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9E%97%E5%AD%A6%E6%96%8E “林学斎” の「生涯」の部分の説明によれば、 明治39年(1906年)7月14日に死去。享年74。子がいなかったために、羅山以来の林大学頭家の家系は学斎をもって断絶した。なお、羅山の血統的家系についても学斎の死から113年前の寛政5年(1793年)の林錦峯の代で既に断絶しており、林大学頭家は血統と家統両面で途絶えた。 と書かれています。 「明治39年(1906年)7月14日に死去。享年74。子がいなかったために、羅山以来の林大学頭家の家系は学斎をもって断絶した。」 「林大学頭家は血統と家統両面で途絶えた。 」 というのはどういう意味なのでしょうか? 「林大学頭家は血統と家統両面で途絶えた。 」 という文章の意味が良く解りません。 (特に、「家統で途絶えた。」の意味が解りません。) 「林大学頭家は血統と家統両面で途絶えた。 」 という文章の意味を教えてください。

  • 「家統で途絶えた。」の意味を教えてください。

    (⇩)この下記の URL の『林学斎』の wikipedia のページの『生涯』​の部分によれば、最後の方の文章に、 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9E%97%E5%AD%A6%E6%96%8E https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9E%97%E5%AD%A6%E6%96%8E 明治39年(1906年)7月14日に死去。享年74。子がいなかったために、羅山以来の林大学頭家の家系は学斎をもって断絶した。なお、羅山の血統的家系についても学斎の死から113年前の寛政5年(1793年)の林錦峯の代で既に断絶しており、林大学頭家は血統と家統両面で途絶えた。 と書かれています。 この、一番最後の部分の、 「林大学頭家は血統と家統両面で途絶えた。 」の内の、「血統で途絶えた。」の意味はわかるのですが、「家統で途絶えた。」の意味がわかりません。 「家統で途絶えた。」とは、どういう意味なのでしょうか? 「林大学頭家は血統と家統両面で途絶えた。 」の内の、 「家統で途絶えた。 」とは、どういう意味なのかを教えてください。 【参考URL】 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9E%97%E5%AD%A6%E6%96%8E 明治39年(1906年)7月14日に死去。享年74。子がいなかったために、羅山以来の林大学頭家の家系は学斎をもって断絶した。なお、羅山の血統的家系についても学斎の死から113年前の寛政5年(1793年)の林錦峯の代で既に断絶しており、林大学頭家は血統と家統両面で途絶えた。

  • 林大学頭家は、完全に消滅したという事なのか?

    林大学頭家は完全に消滅してしまったという事なのでしょうか? (⇩)この下記の URL の『林学斎』の wikipedia のページの『生涯』​の部分によれば、最後の方の文章に、 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9E%97%E5%AD%A6%E6%96%8E https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9E%97%E5%AD%A6%E6%96%8E 明治39年(1906年)7月14日に死去。享年74。子がいなかったために、羅山以来の林大学頭家の家系は学斎をもって断絶した。なお、羅山の血統的家系についても学斎の死から113年前の寛政5年(1793年)の林錦峯の代で既に断絶しており、林大学頭家は血統と家統両面で途絶えた。 と書かれています。 明治39年(1906年)7月14日に死去。享年74。子がいなかったために、羅山以来の林大学頭家の家系は学斎をもって断絶した。なお、羅山の血統的家系についても学斎の死から113年前の寛政5年(1793年)の林錦峯の代で既に断絶しており、林大学頭家は血統と家統両面で途絶えた。 という事は、 明治39年(1906年)7月14日の林学斎の死去をもって、林大学頭家は、完全に消滅してしまったという事なのでしょうか? 明治39年(1906年)7月14日の林学斎の死去をもって、林大学頭家は、完全に消滅してしまったという事なのかどうかを教えてください。 【参考URL】 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9E%97%E5%AD%A6%E6%96%8E 明治39年(1906年)7月14日に死去。享年74。子がいなかったために、羅山以来の林大学頭家の家系は学斎をもって断絶した。なお、羅山の血統的家系についても学斎の死から113年前の寛政5年(1793年)の林錦峯の代で既に断絶しており、林大学頭家は血統と家統両面で途絶えた。

  • 林大学頭家は完全に消滅したのか?

    (⇩)この下記の URL の『林学斎』の wikipedia のページの『生涯』​の部分によれば、最後の方の文章に、 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9E%97%E5%AD%A6%E6%96%8E https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9E%97%E5%AD%A6%E6%96%8E 明治39年(1906年)7月14日に死去。享年74。子がいなかったために、羅山以来の林大学頭家の家系は学斎をもって断絶した。なお、羅山の血統的家系についても学斎の死から113年前の寛政5年(1793年)の林錦峯の代で既に断絶しており、林大学頭家は血統と家統両面で途絶えた。 と書かれています。 明治39年(1906年)7月14日に死去。享年74。子がいなかったために、羅山以来の林大学頭家の家系は学斎をもって断絶した。なお、羅山の血統的家系についても学斎の死から113年前の寛政5年(1793年)の林錦峯の代で既に断絶しており、林大学頭家は血統と家統両面で途絶えた。 という事は、 明治39年(1906年)7月14日の林学斎の死去をもって、林大学頭家は、完全に消滅してしまったという事なのでしょうか? そうなのかどうかを教えてください。 【参考URL】 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9E%97%E5%AD%A6%E6%96%8E 明治39年(1906年)7月14日に死去。享年74。子がいなかったために、羅山以来の林大学頭家の家系は学斎をもって断絶した。なお、羅山の血統的家系についても学斎の死から113年前の寛政5年(1793年)の林錦峯の代で既に断絶しており、林大学頭家は血統と家統両面で途絶えた。

  • 「昌平坂学問所」幕府直轄の日付について

    ウィキペディアその他の情報では、二つの日付に分かれています。 ----------------- ■事例1.1798年1月17日(寛政9年12月1日) 寛政9年(グレゴリオ暦1798年1月17日) - 湯島聖堂の管理を林家から幕府に移し昌平坂学問所と改称。 http://ja.wikipedia.org/wiki/12%E6%9C%881%E6%97%A5_(%E6%97%A7%E6%9A%A6) ■事例2.1798年3月4日(寛政9年1月17日) 寛政9年(グレゴリオ暦1798年3月4日) - 湯島聖堂を「昌平坂学問所」と改称し、同時に幕府の直轄とする。 http://ja.wikipedia.org/wiki/1%E6%9C%8817%E6%97%A5_(%E6%97%A7%E6%9A%A6) 湯島聖堂を「昌平坂学問所」と改称し、同時に幕府の直轄とする。 ------------------ ウィキペディア側の単純な勘違いだと思います。 どちらが正しいのか教えてください。

  • マルクス・アントニウスの祖父ルキウス・カエサルは、ユリウス・カエサルとどれくらい近い親戚でしたか?

    こんにちは、お世話になります。 現在、歴史フィクションの洋書、コリーン・マクロウ著の「Anthony and Cleopatra」を読んでいます。 その本でで、アントニウスのことをカエサルの縁者だと書いて有ったので、ウィキペディアで調べたら本当に、 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 母・ユリアはユリウス・カエサルの縁戚に当る家柄であった。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%8B%E3%82%A6%E3%82%B9 と書いて有りました。 そこで、どれくらい近い血縁関係にあったのか興味が湧いたのですが、自分で調べたネット情報では、かなり薄い血縁関係なのか、カエサルの家系図にアントニウスが出てきません。出てきても、小オクタビアと結婚した事と、 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E3%82%AA%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%82%A2 http://en.wikipedia.org/wiki/Julio-Claudian_family_tree 母ユリアが、ルキウス・カエサル(Lucius Caesar(執政官 90, 監察官 89 ))の娘だった事位です。 http://en.wikipedia.org/wiki/Mark_Antony このルキウス・カエサル何者なのか?さっぱり分かりません、同名の人もいて、検索も大変です。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%82%AD%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%82%A8%E3%82%B5%E3%83%AB どれ位近いの血縁関係だったのか、教えていただけますか? よろしくお願い致します。

  • 種姫は本当に徳川家基の正室になる予定だったのか?

    徳川宗武の娘で、松平定信の同母妹である種姫は、本当に11代将軍になるはずだった徳川家基の正室にする事を意図されていたのでしょうか? 徳川宗武の家系 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%B3%E5%B7%9D%E5%AE%97%E6%AD%A6#.E5.AE.B6.E7.B3.BB 種姫 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A8%AE%E5%A7%AB 本当に種姫は徳川家基の正室になる予定だったのでしょうか? またその場合、もし家基が亡くならずに11代将軍になっていたとしたら、家基と種姫の間にできた男子が、長男でなかったとしても12代将軍になっていたでしょうか? 德川将軍家は代々、正室の皇室や公家の血が次の将軍に入らないようにしてきましたが、もし種姫が正室であれば、正室の子に皇室や公家の血が入ることはありません。 その場合は、種姫の産んだ男子が、長男でなくても12代将軍になっていたでしょうか?

  • 酒井氏忠や忠勝等の左衛門尉酒井家の幼名は小五郎か?

    (↓)この下記の URL の “酒井氏忠” と “酒井忠勝 (左衛門尉系第2世)” の wiki のページには、 “酒井氏忠” のページでは、 「新井白石の『藩翰譜』によれば、広親の子の一人である氏忠が通称を初め小五郎・将監、後に左衛門尉としている。」 “酒井忠勝 (左衛門尉系第2世)” のページでは、「忠勝は幼名小五郎、通称を左衛門尉を名乗ったと『藩翰譜』には記す。」 と書かれていますが、 藩翰譜は、wiki のページによれば、「短時日に完成されたもので事実の誤呈があり、白石自身のちに補訂を加えた。」 「藩翰譜の出典だが、本文中に「ある人のいう」「一説にいう」などの伝聞調の記述が見られ、また白石の『折たく柴の記』には、「諸家の事共、尋ね究めて」と記載があり、藩翰譜が伝聞に基づくものであることがわかる。そして他の史料を引用している記述は見られないことから、新井白石が伝聞に基づいて、独自の主観で編纂したものと思われる。家系図においても、『寛政重修諸家譜』で大幅に修正を加えると、ほとんど改修となってしまうと記載されている。」 と、“藩翰譜は信ぴょう性に欠ける” という様な事が書かれているのですが、それでは、 酒井氏忠が、「広親の子の一人である氏忠が通称を初め小五郎・将監、後に左衛門尉としていた。」という事や、 酒井忠勝 (左衛門尉系第2世)が、「忠勝は幼名小五郎、通称を左衛門尉を名乗った。」 という事は、他の資料でも書かれていたりして、信ぴょう性ははっきりとあるのでしょうか? 教えてください。 酒井 氏忠(さかい うじただ) https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%85%92%E4%BA%95%E6%B0%8F%E5%BF%A0 酒井 忠勝 (左衛門尉系第2世)(さかい ただかつ) https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%85%92%E4%BA%95%E5%BF%A0%E5%8B%9D_(%E5%B7%A6%E8%A1%9B%E9%96%80%E5%B0%89%E7%B3%BB%E7%AC%AC2%E4%B8%96) 藩翰譜 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%97%A9%E7%BF%B0%E8%AD%9C

  • 藩翰譜の“左衛門尉系酒井家の幼名は小五郎”の信憑性

    (↓)この下記の URL の “酒井氏忠” と “酒井忠勝 (左衛門尉系第2世)” の wiki のページには、 “酒井氏忠” のページでは、 「新井白石の『藩翰譜』によれば、広親の子の一人である氏忠が通称を初め小五郎・将監、後に左衛門尉としている。」 “酒井忠勝 (左衛門尉系第2世)” のページでは、「忠勝は幼名小五郎、通称を左衛門尉を名乗ったと『藩翰譜』には記す。」 と書かれていますが、 藩翰譜は、wiki のページによれば、 「短時日に完成されたもので事実の誤呈があり、白石自身のちに補訂を加えた。」 「藩翰譜の出典だが、本文中に「ある人のいう」「一説にいう」などの伝聞調の記述が見られ、また白石の『折たく柴の記』には、「諸家の事共、尋ね究めて」と記載があり、藩翰譜が伝聞に基づくものであることがわかる。そして他の史料を引用している記述は見られないことから、新井白石が伝聞に基づいて、独自の主観で編纂したものと思われる。家系図においても、『寛政重修諸家譜』で大幅に修正を加えると、ほとんど改修となってしまうと記載されている。」 と、“藩翰譜は信ぴょう性に欠ける” という様な内容が書かれているのですが、それでは、 酒井氏忠が、「広親の子の一人である氏忠が通称を初め小五郎・将監、後に左衛門尉としていた。」という事や、 酒井忠勝 (左衛門尉系第2世)が、「忠勝は幼名小五郎、通称を左衛門尉を名乗った。」 という事は、他の資料でも書かれていたりして、信ぴょう性ははっきりとあるのでしょうか? 上記の内容に関して、藩翰譜は、信ぴょう性はきっちりとあるのでしょうか? 教えてください。 酒井 氏忠(さかい うじただ) https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%85%92%E4%BA%95%E6%B0%8F%E5%BF%A0 酒井 忠勝 (左衛門尉系第2世)(さかい ただかつ) https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%85%92%E4%BA%95%E5%BF%A0%E5%8B%9D_(%E5%B7%A6%E8%A1%9B%E9%96%80%E5%B0%89%E7%B3%BB%E7%AC%AC2%E4%B8%96) 藩翰譜 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%97%A9%E7%BF%B0%E8%AD%9C

  • 血統について

     タイキポーラの2007  http://db.netkeiba.com/horse/2007103239/ とゆう馬がいます。  まだ馬体も緩く、いつデビュー出来るかはわからないのですが 教えて頂きたいのは、ノーザン系とかネアルコ系とかの(すいませんよくわからないもので)合わせてよくなる純粋な血統だけでいくといいんでしょうか?とりあえず、5代前までは、クロスはないです。  よろしくお願い致します。