• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

SBI証券のidecoについて

まったくの初心者で、このたび、idecoに加入しようと思っています。その手続きの中に「加入者掛金配分設定届」(セレクトプラン)という書類がありますが、その内容について、どう設定すればいいのかわかりません。 そこで、お尋ねします。この書類は、必ず、何らかの配分割合を設定しないといけないものですか?それとも、設定(記入)しない場合でも、運用会社で、何らかの方法で運用されるのですか?私の場合、安定した方法(低リスク)で加入するには、どうすればいいでしょうか?ちなみに私はサラリーマンで、加入期間は残りわずかです。ご経験者、ご専門の方のご指導、よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数5
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました!

関連するQ&A

  • iDecoは月五千円や1万でも意味ありますかね??

    月収14万円の障害者がiDeCoをやる意味ありますか? 所得税および住民税が非課税の方は、 iDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金)に加入しても 所得控除による節税効果はありません。 (`・ω・´)? 基礎控除と医療控除、障害者控除などを足すと 住民税や所得税かからないんですよね、イデコの控除を使うまでもなく ということは所得控除によるメリットは自分の場合はないということですよね。 運用益は非課税と受け取るとき非課税というのがいまいちどのくらいすごいかわからないのですが、これは重要ですかね? これだけでやる意味あるでしょうか? 自分は今、41歳なので、65歳まで運用できるから24年間ですよね。 月5000円ずつ拠出するとして 24年間で144万を運用することになりますよね? 200万ぐらいになるものでしょうか? 200万になるというのは相当難しいのでしょうか? それともある程度現実的な目標でしょうか? アドバイスよろしくお願いします。(・´з`・) 月1万ずつ拠出するとすると、 24年間で288万を運用することになりますよね。 (`・ω・´) 24年運用で340万ぐらいになりませんかね? 144万や288万を運用して幾らぐらいにできますかね、確率からいって それほどばくち打たずにある程度手堅く行くとしてどのくらいの 額はまぁ見込めるのでしょうか? ----------------------------------------------------------------------------------------- iDeCoには、 (1)掛金(積立金)は全額所得控除の対象となり節税効果が期待できる、 (2)運用益は非課税、 (3)受け取るときは公的年金等控除などを利用できるという 3つの税制優遇があります。 https://www.matsui.co.jp/ideco/advice/profit/ iDeCoのお話をしていると、 「今毎月3万円積み立てしているので、iDeCoに月1.2万円は移して、 残り1.8万円だけ定期預金で積み立てていけばいいんですよね」 というような声が聞かれます。 これは税制優遇の点では「○」ですが、 将来の生活資金形成の観点では「×」です。 今やっている積み立ては、子どもの学費準備であったり、 住宅購入資金準備であったり、何かの目的があるはずです。 そこから月1.2万円積立額を減らしてしまえば、 老後が豊かになった分、将来子どもの学費などの不足が生じるだけです。 今加入している個人年金保険などを解約してiDeCoの掛け金に回すというのも あまりお勧めできません。保険を中途解約して元本割れになっては今までの 積み立てはマイナスになってしまいますし、 今からiDeCoでゼロから積み立てた分しか将来には残せないからです。 つまり、 「今ためているお金はそのままに、iDeCoにも追加で拠出するお金を確保する」 という意識が必要になってきます。 それには節約が必要ということです。 iDeCoに関する本が書店にたくさん置かれていますが、 税制優遇や運用テクに紙幅を割いてはいても、 節約についてページを割いている本はあまり見受けられません。 月1万円メドに削ってみる あなたの家計の収入が今年の1月から増えたのなら、 それをiDeCo掛け金とすればいいでしょう。 そうすれば生活は変えずに老後の貯金に回せます。 しかし多くの人は、月収は変わらないと思いますので、 節約をしてiDeCoの積立金を確保するしかありません。 方法は2つです。1つは「固定費」の削減、もう1つは「日常生活費」の削減です。 https://style.nikkei.com/article/DGXMZO11863880Z10C17A1000000/

  • 投資商品で価値があるのはidecoのみ?

    最近、新しく銀行口座を作ることになる機会があり、いろんな銀行のシステムを個人的に学習しました。 証券口座を併設すると、キャンペーンが広がったり することから、証券口座についても調べました。 そのつながりで投資商品などもチェックしていたことから、投資商品を利用しようか考える日々が続きましたが、なんとも素人はやはり手を出さないほうがいいかという結論になりました。 投資関係に詳しい人に伺いたいのですが、素人が手を出していいのは idecoの定期預金プランくらいでしょうか? 運用商品でなく、定期預金にしておけば、ペイオフ対象になりますし、その点からも元本は保障されます。 他に素人でも手を出してみてもいいのがないかと調べましたが、 積立nisa=楽天全世界式インデックスファンドというものが評判がいいので、これに預けておけば安心かなと思ったのですが、専門家の見解で投資できるスタイルが制限されている面があることから、普通のnisaのほうがいいとも言えるそうで、素人向けではないとの見解でした。 ドルコスト運用方法も万能ではないという意見もあります。 ロボアドバイザー=基本的にほっておけばいいだけということで、まさに素人向けではありますが、実際に試している人の運用結果を見ると、順調にあがってたと思いきや、一時的に元本割れを起こしたりなど、なんとも安心できるおまかせではない模様。 そうなると、idecoは積み立てた分が控除になりますので、 手数料がかかりますが、年収200万以上の人なら、恩恵があるそうです。

  • iDeCoの手続きが棚ざらし状態です。

    iDeCoの加入を考えて金融機関から申込書類を送付してもらったところ、手続きを進める前提として勤務先による記入が必要でした。そこで、自分の名前住所マイナンバーを記入した書類を10月初め頃に勤務先の上長へ渡しました。 ところが、12月中旬の現在になっても書類は戻ってきません。上長に状況を問うと、司法書士(??)のところで滞っているとか......。これでは年が明けてしまいます。 会社記入欄に必要情報を書き込むだけ、と思っていたのですが、そんなに時間のかかる手続きなんでしょうか? どなたか、会社あるいは司法書士(??)の尻をたたく、具体的な方法をご存知ありませんか?

  • 小金の資金運用

    はじめまして。ごくごく普通のサラリーマンです。 小遣いが少なく、こつこつためる低リスク低配当 の投資はないか探しております。 運用資金は10~20万ほどです。 日中は携帯電話にて 夜は自宅でネットにアクセスするくらいの 時間はあります。 少しでも増やす為の努力はしますので、 お勧めの運用方法を教えてください。

  • 教育資金と老後資金運用について

    先日、FPより長期の資金運用であれば、投資信託より定額積立の変額年金保険 (アリコ北斗七星II)が良いと勧められました。 いろいろ聞かされて、その気になったんですが10年以上おきっぱなしにしないと 利益にならないと聞いています。運用期間は15年から25年です。 もちろん、そのつもりです。 私の配分を検討した結果、 期待収益率8.1%、運用コスト2.8%、実質期待収益5.2%、標準偏差±11.5% 私も素人なのである程度、FPや運用会社にコストを払ってでも運用したほうが 安心します。8%の期待収益率に対し、年5%の期待収益が妥当かどうか? 私は、FPに騙されているのでしょうか??丸々鵜呑みにして良いものか解らず 教えてください。 あと、FPから変額年金保険に加入した場合、その会社が倒産したら、私の資金は どうなるんでしょうか??

  • 投資信託・医療保険の保障

    お世話になります。 資産運用方法について、いろいろ考え始めたのですが、ちょっと不安に思っていることがあります。 銀行の普通預金に貯金した場合、預金保険制度のおかげで金融機関が倒産しても1000万とその金利まで保護されていると認識しております。 ですが、投資信託および医療保険を購入している際に、以下の事象が発生した場合、掛金はゼロになってしまうのでしょうか。それとも銀行の普通預金と同様に預金保険制度みたいな制度で、ある程度は掛金が保障されるのでしょうか。 (1)投資信託の運用会社が倒産した場合 (2)投資信託の販売会社が倒産した場合 (3)医療保険の保険会社が倒産した場合 どなたか御教示いただきたく存じます。 よろしくお願いいたします。

  • 運用プランについて相談させてください

    会社倒産により、企業型から個人型の401Kに 変更する事になりました。 皆様のご意見をお伺いしたく相談させてください。 再就職は契約社員で何とかクチはありましたが 借金があり、月々の生活も厳しい状況です。 もちろん、わずかな預貯金も数年後には無くなる可能性大です。 毎月の掛金は、正直厳しいですが掛けないで 運用していくとなると手数料ばかりがかかり 残高がマイナスになるだろうなと思ったので、 当面は毎月5000円掛けようかと検討しています。 自分なりに考えてみたプランは 今まで企業型で運用していた残金分を 北海道銀行一部解約可能型スーパー定期(5年)50% 野村トピックスインデックスオープン 20%  東京海上セレクション・日本債券   10% すみしんDC外国株式インデックスオープン 10% 三菱UFJ外国債券オープン 10% 毎月の掛金を債券もしくは、 北海道銀行一部解約可能型スーパー定期(5年)として 運用しようかと考えてます。 もし、皆様やご家族の方が私のような立場になった場合、 下記のプランの中から、どのプランをどの位で 運用しようと思いますか? 自己責任において運用していきたいと思いますので どうか、アドバイスを宜しくお願い致します。 【預金】 北海道銀行一部解約可能型スーパー定期(5年) 【国内株式】 野村アセットマネジメント トピックスインデックスオープン(確定拠出年金向け) 大和住銀DC日本バリュー株ファンド 【国内債券】 東京海上セレクション・日本債券 【外国株式】 すみしんDC外国株式インデックスオープン 【外国債券】 三菱UFJ外国債券オープン(確定拠出年金型) 【バランス型】 三菱UFJライフセレクトファンド(安定型) 三菱UFJライフセレクトファンド(安定成長型) 三菱UFJライフセレクトファンド(成長型) ドイチェ・ライフ・プラン30 ドイチェ・ライフ・プラン50 ドイチェ・ライフ・プラン70 ダ・ヴィンチ

  • 28歳既婚サラリーマンの保険内容

    生命保険に加入するにあたり、自分なりにプランを考えてみましたが、専門家の方のご意見をいただきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。 家族環境:28歳既婚男性サラリーマン、ゆくゆくは子供が1~2人欲しい。妻は専業主婦。 ・長期所得サポート保険 月額15万円・60歳まで、掛金1770円 ・ガン保険(アフラック21世紀がん保険)     掛金3039円 ・医療保険   継続2日以上1日目から1万円・手術10~40万円・連続120日・通算730日・60歳払済、掛金6710円  掛金の合計金額 11519円 子供が生まれると決まったら、 ・収入保障保険 月額15万円・60歳まで、掛金5000円位 を追加しようと思っています。 プランを立ててみて、想像していた以上にお金がかかるなぁと言うのが実感です(1万円切るかなと思っていた)。このくらいの保証を求めたら、このくらいの保険掛金が妥当なのでしょうか? 医療保険は60歳払済が良かったので、MAXやエバーは考えませんでした。アフラックのほうが良いでしょうか?もっと、「ここをこうすべき」とか、アドバイスは有りますか? どうぞよろしくお願いします。

  • この金利が低い現在では、定額終身保険には入るべきではない?

    我が家は夫(37才・サラリーマン)と妻(私・33才・現在無職)の二人暮し、子供の予定なし、です。 私が死んでも夫は経済的には困らない(楽になる?)はずなので、60歳までの払込で、保険期間は終身の医療保険を探しています。 最初は「定額の終身保険」を考えていたのですが、いろいろ調べてみると、このタイプの保険は運用利率が固定されているので、金利が高い時代に入った場合の掛金が安い、金利が低い時代に入った場合掛金が割高、とのこと。 となると、現在のような超低金利時代には入るべきではない保険タイプかと思い始めました。 「積立利率変動型終身保険」はどうかなと思ったのですが、保険屋さんに提示された提案書には、最低利率(そのプランでは)2%はよいとしても、3%だったら、4%だったらと、良い場合の提案書を出してくれるのですが、高利回りの運用を約束してくれているわけでもありませんよね。しかも掛金が高く設定されがち、とのこと。メリットとしては「1月単位で運用結果が最低保障額を上回った場合、死亡保障と解約返戻金が増えるし、 一度積立てられた分は減らない」というのがあるのですが。 しかも↑の「積立利率変動型終身保険」はインフレ対応に絶大な効果があるわけでもないようなので、 インフレ対応のできる「変額保険(終身型)」も今勉強の途中です。 本当にいろんな保険があって正直困惑しているのですが、今回おききしたいこととしてはこうです。↓ 「この金利が低い現在では、定額終身保険には入るべきではないでしょうか?」 「だとしたら、今は解約返戻金の高い保険、もしくは低解約返戻金型の保険に入っており、いざ金利が高くなってから定額終身保険に入るというのはどうでしょうか?」 の2点です。 ダラダラと書きましてわかり辛かったとは思いますが、どうぞアドバイスよろしくお願いします。

  • マンション購入時の資金調達のお尋ね

    マンションを購入すると税務署からその資金調達方法を確認するための「お尋ね」なる書類が来ると聞きました。これは、結構な割合でくるのでしょうか、きわめてまれなケースなのでしょうか。来るとすればどのような人、あるいは購入方法の場合に来るのでしょうか。この「お尋ね」では何を回答する必要があるのでしょうか。根掘り葉掘り細かく追求されるのは嫌だなと思っています。別にやましい事は無いつもりなんですが。(^^ゞ