• ベストアンサー
※ ChatGPTを利用し、要約された質問です(原文:iDeCo掛け金の所得税控除は節税ではありません?)

iDeCo掛け金の所得税控除は節税ではありません?

このQ&Aのポイント
  • iDeCoの掛金拠出による所得控除は節税ではなく課税の繰り延べです。
  • iDeCoの特徴はお金を支払い、年金に移すことであるため、節税には当たらないと考えられます。
  • iDeCoの確実な節税効果は運用益の非課税のみです。

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • q4330
  • ベストアンサー率27% (768/2787)
回答No.1

iDeCoの掛け金を「年金」として受け取るなら税金繰り延べといえる 年金は所得税がかかるからね でも掛け金を「退職金」として受け取ると退職所得控除が大きいので無税で受け取れる可能性は高い、この場合なら節税といえる 退職所得控除は勤続年数が20年を超えると 800万円 + 70万円 × (勤続年数 - 20年) 例えば勤続40年なら 800万円 + 70万円 × (40年 - 20年) 800+70×20=2200万円 2200万円控除されます

tasukete2018
質問者

お礼

回答ありがとうございます。 自分の場合はいまのまま継続勤務したとして 18年か20年ぐらいなので 退職金控除は800万ぐらいの枠を確保できるのでしょうか? 退職金控除というのは勤め先から退職金を貰わない場合でも勤続年数で控除する枠がもらえるというようなものなのですか?(´・ω・`) その場合だと自分の場合最大で800万ぐらいの 計算になるのですが、、、(´・ω・`) https://www.resonabank.co.jp/nenkin/ideco/column/how-to-receive.html

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

その他の回答 (1)

  • f272
  • ベストアンサー率46% (8173/17472)
回答No.2

他人の書いた文章を転載する許可はもらっているのでしょうか?もしそうでなければ,勝手なことをしてはいけません。引用と言うにはあまりにも分量が多いです。 書いてあることは,特におかしなことが何もありません。

tasukete2018
質問者

お礼

すみません、気をつけます。 (´・ω・`)

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • iDecoは月五千円や1万でも意味ありますかね??

    月収14万円の障害者がiDeCoをやる意味ありますか? 所得税および住民税が非課税の方は、 iDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金)に加入しても 所得控除による節税効果はありません。 (`・ω・´)? 基礎控除と医療控除、障害者控除などを足すと 住民税や所得税かからないんですよね、イデコの控除を使うまでもなく ということは所得控除によるメリットは自分の場合はないということですよね。 運用益は非課税と受け取るとき非課税というのがいまいちどのくらいすごいかわからないのですが、これは重要ですかね? これだけでやる意味あるでしょうか? 自分は今、41歳なので、65歳まで運用できるから24年間ですよね。 月5000円ずつ拠出するとして 24年間で144万を運用することになりますよね? 200万ぐらいになるものでしょうか? 200万になるというのは相当難しいのでしょうか? それともある程度現実的な目標でしょうか? アドバイスよろしくお願いします。(・´з`・) 月1万ずつ拠出するとすると、 24年間で288万を運用することになりますよね。 (`・ω・´) 24年運用で340万ぐらいになりませんかね? 144万や288万を運用して幾らぐらいにできますかね、確率からいって それほどばくち打たずにある程度手堅く行くとしてどのくらいの 額はまぁ見込めるのでしょうか? ----------------------------------------------------------------------------------------- iDeCoには、 (1)掛金(積立金)は全額所得控除の対象となり節税効果が期待できる、 (2)運用益は非課税、 (3)受け取るときは公的年金等控除などを利用できるという 3つの税制優遇があります。 https://www.matsui.co.jp/ideco/advice/profit/ iDeCoのお話をしていると、 「今毎月3万円積み立てしているので、iDeCoに月1.2万円は移して、 残り1.8万円だけ定期預金で積み立てていけばいいんですよね」 というような声が聞かれます。 これは税制優遇の点では「○」ですが、 将来の生活資金形成の観点では「×」です。 今やっている積み立ては、子どもの学費準備であったり、 住宅購入資金準備であったり、何かの目的があるはずです。 そこから月1.2万円積立額を減らしてしまえば、 老後が豊かになった分、将来子どもの学費などの不足が生じるだけです。 今加入している個人年金保険などを解約してiDeCoの掛け金に回すというのも あまりお勧めできません。保険を中途解約して元本割れになっては今までの 積み立てはマイナスになってしまいますし、 今からiDeCoでゼロから積み立てた分しか将来には残せないからです。 つまり、 「今ためているお金はそのままに、iDeCoにも追加で拠出するお金を確保する」 という意識が必要になってきます。 それには節約が必要ということです。 iDeCoに関する本が書店にたくさん置かれていますが、 税制優遇や運用テクに紙幅を割いてはいても、 節約についてページを割いている本はあまり見受けられません。 月1万円メドに削ってみる あなたの家計の収入が今年の1月から増えたのなら、 それをiDeCo掛け金とすればいいでしょう。 そうすれば生活は変えずに老後の貯金に回せます。 しかし多くの人は、月収は変わらないと思いますので、 節約をしてiDeCoの積立金を確保するしかありません。 方法は2つです。1つは「固定費」の削減、もう1つは「日常生活費」の削減です。 https://style.nikkei.com/article/DGXMZO11863880Z10C17A1000000/

  • (個人型・企業)確定拠出年金と退職所得控除について

    通常、勤続年数に応じて退職所得控除を計算するのですが、iDeCoの場合は積み立てでお金を拠出した期間をこの勤続年数とみなして計算すると思います。では、60歳で退職という前提で30年務めて1500万の退職金があったとします。(1500万には確定拠出年金は含まない)また、確定拠出年金の加入期間も30年とします。 20年超なので 800万+70万×(X-20年)=1500万 控除があると思います。 退職金だけなら控除額がちょうど一緒なので、一時金として受け取っても税金は掛からないかと思います。 しかし、確定拠出年金の方は500万溜まっていた場合、合算して計算するのではみ出る500万円に対しては課税対象になるかと思います。 さてここで疑問です。 質問1 イデコや確定拠出は非課税を謳っていますが、他に退職金があり一時金で受け取った場合非課税枠を超える可能性が高いので、決して非課税ではないのではないか? 質問2 運用益等が非課税と言っているが、そもそも再投資型の投信で利益確定しない限りは一般の投信も非課税と言える。60歳で受け取るときに運用益部分が非課税となるわけではないなら、これは決してメリットとは言えないのではないか? 質問3 上記の例で、55歳で早期退職して1000万円の退職金を一時金としてもらい、非課税の範囲だったとします。一方、企業型確定拠出年金は退職後、イデコとして運用を継続し、60歳で500万円溜まったとします。この500万を一時金として受け取る際、どのような税金がかかるのでしょうか?(企業型確定拠出年金+イデコの合計加入期間は30年とします)退職金の非課税枠を1000万円の退職金をもらう時につかっているので、勤続年数(実際は加入年数)は5年として退職金控除の計算をするのでしょうか?

  • 確定拠出型年金個人型(iDeco)について

    確定拠出型年金個人型ですが、(1)税金の控除、(2)利息、運用益の非課税、(3)受け取り時の年金控除、退職所得控除、の3点がメリットとして挙げられることが多いようです。 しかし、(3)の受け取り時の年金控除、退職所得控除は「もともとの資産をiDecoに拠出しなければ(タンスにでもしまっておけば)、特に税金がかかることはなかったわけで、メリットというよりは(1)(2)と相殺して考えるべきマイナス要因(手数料と同じく)だと思うのですが、間違っているでしょうか。

  • 退職所得控除について

    個人型確定拠出年金(イデコ)の加入検討をしています。 定年退職時(60歳)に入ってくるお金を全て一時金で取得するとして 以下の場合、退職所得控除により全額控除され税金はかからないのでしょうか? 勤続年数:37年 退職金     :約800万円 確定給付企業年金:約100万円 イデコの積立元本:約200万円(運用益は0と仮定) 合計:約1,100万円

  • イデコについて

    現在、53歳、会社員です。今からイデコを開始して60歳まで投資信託を考えています。イデコは途中で止められないとのことですが、例えば55歳で退職をして、その後、定職につかなかった場合ですが、60歳の非課税期間が終わる前で売却を考えております。定年まで会社で働いていれば所得税など、節税になりますが、55歳で退職をした場合、60歳まで投資信託ができるメリット以外に何かメリット、デメリットはありますか? 教えてください。宜しくお願いいたします。

  • iDeCoの受け取りについて

    iDeCoに受け取りついてです。 iDeCoは一時受け取りは退職金控除があるため、節税になるとのことですが、退職金を2000万円もらえるとしたら退職金控除の恩恵を受けることが出来ないと思います。 年金受け取りにすると節税要素は薄いとのことですし、、、 上記のことから退職金を2000万円もらえる企業に勤めている25歳会社員の場合、iDeCoを活用するメリットは低いという認識で間違いないでしょうか?

  • 定期でiDeCo!!止めたほうがよいでしょうか?

    自分は精神障害者で現在、無職です。 年内に再就職を考えていて、大体年収ベースで180~240万ぐらい もしかすると手取りで150万ぐらいになる可能性もありますが、 概ね200万円ぐらいの手取り額を想定しています。 所得税の障害者控除が27万円、基礎控除が38万円で 200万で課税所得が135万 150万で課税所得85万 で所得税が5%なので 200万(課税所得135万)で6.75万円 150万(課税所得85万)で4.25万円 かかります。これに住民税が教えて頂いた額を参考にさせて頂くと 5000円ぐらい。 iDeCoに加入し定額預金をした場合、 月1万円を積み立てる場合、1年間に6000円の税額控除が 受けられます。 口座手数料が1年間に2000円かかるので 差し引き1年間に12万円積み立てる定期を行うと 年間4000円(月334円)得になります。 しかし、iDeCoは60才まで途中解約できない定期になるので 途中でこのお金が必要になった場合の心配があります。 しかし、現在、使う予定がない銀行に普通に預けている預金が あるので、このお金をiDeCo定期に入金し直すだけで 年間4000円の利益を生むと考えると検討の余地があるかとも 考えています。 不確定要素の、両親や自分の体調や家計になにかあり、一円でも多く お金が必要になる場合がないか?ということと 仕事が続かず失業した場合に無職になり税金を収めない場合 手数料がかかり税金の還付のメリットが生かせず マイナス運用になってしまうことが心配です。 しかし、仕事を続けた場合、 仮に月々の積立額を2万円まで増やせるので そうした場合、 年間1万円の節税が出来ます。 定期預金に預けているお金は今のところ老後資金としてためているため 使う予定はありません。 定期預金を積み立てかえるのみなのでこのお金の月々の積立額を 1万円から2万円にしても現在の生活に特に影響がないです。 仕事も就職できたら続ける予定なので、 就職したらiDeCoに加入するメリットがあるようにも思います。 止めておいた方が良いでしょうか?

  • iDeCoのマイナス面?

    iDeCoって大きなマイナス面もあるなと思ったのですが、どこのHPもそのことが書かれていないので質問させてください。 iDeCoは、一時金として受け取る場合は退職金所得控除、年金として受け取る場合は公的年金等控除がありますが、範囲をこえるとあたりまえですが課税されると思います。 公的年金とは違いiDeCoっては加入は個人の自由で、感覚的には投信を長年買って、60歳を超えてから受け取るので将来元本割れリスクもあるわけです。 ここで質問です。 これ、受け取り時に元本割れで損している状態でも、受取額が控除の範囲を超えていたら課税されるんですよね?上限も決まっており、高額な積立はできないのでほとんどの人は課税対象にはならないのかもしれませんが、自分で支出した年金が目減りした上に、受け取り時にさらに課税されることも想定されるってことですよね?

  • 早期退職後の所得の計算と所得税住民税に関して

    早期退職後にかかる出費として所得税、住民税、国民健康保険の支払額を試算しております。以下の場合、年間の所得、所得税と住民税の納税、国民健康保険の支払額について教えていただけると幸いです。 まず、退職後は一切就労せず投資信託の取り崩しのみの収入(65歳以降は年金も加えて)で生計を立てていこうと考えております。現在の支出を鑑みると平均して年間で700万円ほど取り崩す必要があります。仮に、保有している投資信託から毎月60万円、年間720万円を取り崩した場合、720万円のうちの運用益(仮定として720万円のうち200万円が運用益だとすると)に20.135%課税されおよそ677万の所得を得ることになるのでしょうか。また、住民税と所得税の納税は取崩しの際の課税20.135%で完了しており、その他に収入が一切ない場合は別途納税する必要はないのでしょうか。 例えば、資産を投資信託ではなく銀行預金として保有していた場合、年間720万円引き出したとしても所得は0円なので、所得税はかからず、住民税、国民健康保険の支払いは最低額で抑えられると思います。 投資信託取り崩しの場合、運用益に対して税金がかかり所得と見なされるのは理解できますが、元本(上の仮定でいうところの520万円)は預金と同じような扱いとなり所得には含まれないということにはならないのでしょうか。つまり、運用益のみに基づいて住民税、所得税、国民健康保険が決定されるということにはならないのでしょうか。 以下お尋ねしたい点をまとめましたのでご回答お願いします。 ① 投資信託取り崩し時にかかる税金は取崩し額のうちの運用益分のみに課税されるのか ② 投資信託の取り崩し以外に一切の収入がなければ、所得税と住民税は取り崩しの際に納税する分だけでいいのか ③ 税金を差し引いた取り崩し額(元本+運用益)が年間の所得となるのか、それとも取り崩し額のうち元本分は年間の所得に含まれないのか

  • iDeCoについて

    iDeCoについての質問なのですが、iDeCoは老後だけを考えた制度という考えで大丈夫でしょうか? iDeCoで掛け金と運用益が控除されますか、今現在で控除されても結局掛け金などは60歳以降じゃないと戻ってこないので、上記の考え方で合ってますでしょうか?

このQ&Aのポイント
  • 筆まめver.29オールシーズンアップグレード・乗り換え版をsouucenextから購入し、コンピューターが壊れて初期化しました。再インストール方法を教えてください。
  • 筆まめver.29オールシーズンアップグレード・乗り換え版をsouucenextから購入して、ダウンロード画面は表示されますが、ダウンロードをクリックしても何も始まりません。旧バージョンでの再インストール方法を教えてください。
  • 筆まめver.29オールシーズンアップグレード・乗り換え版をsouucenextから購入し、製品登録も確認できますが、サポート期間が終了しているため再インストールはできないのでしょうか?再インストール方法を教えてください。
回答を見る