• 締切済み
  • 困ってます

羽田新ルート飛行の計画と実際の経路のずれ

お世話になります。 羽田空港の新ルートのうち、新宿区の北西エリアにおける「南風時:C滑走路到着(好天時)」の飛行経路について、国交省が公表している経路図(図ではピンク色)と、Flightrader24における表示の経路、実際の経路(地上や建物屋上から確認)を比較しました。 その結果、次のことが分かりました。 1)Flightrader24における表示の経路は、国交省が公表している経路図(図ではピンク色)のゾーンのほぼ中央になっている。 2)実際の経路は、国交省が公表している経路図(図ではピンク色)のゾーンの中央より東側へ100m以上ずれて飛行することが多い。 一方、経路図(図ではピンク色)のゾーンの中央や西側を飛行することが極めて少ない。 この違いを確認したく、国土交通省東京航空局の東京空港事務所の環境関係の部署に対して、まず下記の項目を質問しました。 ・実際の飛行経路を確認している否か、 ・そもそも国土交通省を経路図の中央を飛行するように計画したはずである。  また、GPSには誤差があることは広く知られている。  よって、実際の飛行経路と国土交通省の計画とのずれを確認し、  このずれをできるだけ少なくするように、航空管制官が飛行機を誘導することが必要ではないか。 これらについて、国交省は飛行機からのGPSで飛行経路を確認しているだけで、実際の飛行経路を確認してはいないとのこと、また、ずれを考慮した管制については無回答でした。 そこで、次の事について教えてください。 1)飛行機の運行において、GPSのデータのみで飛行機の経路を確認すればいいのでしょうか?  地上の建物等構造物との位置関係を含め、実際の経路を確認する必要はないのでしょうか? 2)航空管制官は実際の経路ではなく、GPSデータを基に管制していれば、飛行機の安全性が確保できると考えているのでしょうか? すいませんが、ご回答をお願いします。

noname#244859

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数211
  • ありがとう数7

みんなの回答

  • 回答No.5
  • a4330
  • ベストアンサー率24% (943/3777)

  >飛ぶ日により、また便によって、飛行する経路がばらつくのが一般的だと考えられ得られます。 飛行機の運行を理解してない様ですね。 風の向きでアプローチ方向を決めます。 だから貴方が気にしてる所を飛行機が飛ぶときは風向きは同じです。 風が逆から吹いてる時はその空路を飛ばない。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

a4330様 ご回答、ありがとうございます。 当方が言及している「南風時:C滑走路到着(好天時)」は、国交省が「南風の時に飛行機が飛行すること、北風の時はこの経路は飛行しないことを説明している」こと、ならびに実際も南風の時に飛行し北風等の時にあ飛行しないことは理解しています。 当方が言及しているのは、「ほぼ南風」等の時に実際に「南風時:C滑走路到着(好天時)」を飛行している経路のことです。 例えば、風向が南南東等の時でも、当該地点付近の実際の飛行経路はほとんど変わっていません。

関連するQ&A

  • 羽田新ルート上の実際の経路を記録する方法

    お世話になります。 羽田空港の南風時の新ルートの経路は、国土交通省がホームページで公開しています。 この経路のうち、C滑走路到着ルート(南風、好天時:C滑走路到着)はピンク色のゾーンで表示されています。 (新宿区内の親飛行経路) http://www.mlit.go.jp/koku/haneda/international/pdf/20191216_05-2.pdf 当方関連建物はこの計画経路(ピンク色のゾーン)の中央位置から東側約130m離れたところにあります。 このルートを飛行する実際の経路を建物屋上からみていると、Frightrada24では上記ゾーンのほぼ中央位置を飛行していることが表示されていますが、実際はこのゾーン中央位置から東側約130m離れた当方関連建物の真上付近を連続、または頻繁に飛行しています。 (好天時、当方関連建物屋上から北側は1km以上、東西方向は200mほど離れた飛行機を目視できます) 当方関連建物から半径200m程度の範囲の実際の飛行経路を確認、記録したいのですが、Frightrada24では機器の誤差等により上記の通り表示経路と実際の経路が100m以上の差があり利用することが難しいと考えています。 ついては、当方関連建物から半径200m程度の範囲の実際の飛行経路を比較的容易に記録する良い方法がありましたら、教えて下さい。 よろしくお願いします。

  • 悪天時に羽田新コースの悪天用経路を飛行しない危険性

    お世話になります。 国土交通省によると、羽田空港の「悪天」で南風時のC滑走路着陸経路は、練馬区から新宿区内にかけては、下記国交省ホームページの経路図上のオレンジ色(黄色)でラインで示されているように、桜台駅上空(練馬区)から新江古田駅西側、落合駅西側(新宿区)の上空を経て新宿駅の西側の上空を飛行することになっています。 また、この南風で悪天時の新到着経路については、地上からの精密な誘導電波を利用するILS進入を実施しています。 「練馬区上空における南風時の新飛行経路」(「羽田空港のこれから」国土交通省) https://www.mlit.go.jp/koku/haneda/international/pdf/20191216_08.pdf 「新宿区上空における南風時の新飛行経路」(「羽田空港のこれから」国土交通省) https://www.mlit.go.jp/koku/haneda/international/pdf/20191216_05-2.pdf 一方、本日5月16日(土)15時頃から18時頃まで羽田空港や新宿区、豊島区等都内中心部の天気は降雨で降水量は6mm程度で「悪天」、風向は南から南南東でした。 本来なら、「悪天」なのでILS進入を採用している悪天用経路(上記経路図のオレンジ色(黄色)の経路)を飛行するほうが安全です。 しかし、実際はかなりの飛行機が「好天」用経路(小竹向原駅東側の上空から中井駅東側の上空を経て新宿駅西側の上空に至る経路。経路図ではピンク色の経路)を飛行していました。 この経路では人工衛星を利用する進入方式(RNAV方式)を利用しているので、ILS進入を採用している「悪天」用経路に比べて危険性が増すのではないかと思います。 そこで、次の事について教えて下さい。 1)明らかに悪天なのに、ILS進入を採用している「悪天」用経路を飛行しないのは、どのような理由があるのでしょうか? 2)悪天時にRNAV方式を採用している「好天」用経路を飛行する危険性は、「悪天」用経路を飛行する場合に比べて、どの程度増すのでしょうか? お手数ですが、教えて下さい。

  • 羽田空港・新ルートの「超遠回り」は必要でしょうか?

    お世話になります。 1)羽田空港の新ルートのうち、「南風時:C滑走路到着(好天時)」の実際の飛行経路を時々、Flightradar24で見ています。 ※「南風時:C滑走路到着(好天時)」は国土交通省作成の飛行経路図においてピンク色のゾーンで記載している経路。 https://www.mlit.go.jp/koku/haneda/international/new.html 2)その結果、次のことがわかりました。 a)このC滑走路に到着する国内線の飛行機は、基本的に関西、中国、四国、九州、沖縄方面等から来る飛行機である。 b)これら飛行機は、基本的に羽田空港南側の東京湾上または君津付近の上空を通過し、反時計回りに船橋市付近(千葉県)→川口市付近(埼玉県)→小竹向原駅付近(練馬区)→中井駅東側付近(新宿区)→新宿駅西口→渋谷区→港区→品川区→羽田空港を飛行している。 添付の図は、7月上旬のある日の実際の経路を示したFlightradar24の画像の一部。 c)国交省では15時から19時の間、南風で晴天時に飛行すると説明しているが、南風でない時、強風や降雨の時でもしばしばこのルートを飛行している。 3)この新ルートでは、添付図でも分かるように、関西方面等から飛行してきた飛行機は、羽田空港の近くを飛行していながら、わざわざ埼玉県の川口付近まで行き、そこで大きく南西に旋回し、さらに小竹向原駅付近(練馬区)で南側に旋回しまた新宿駅西口付近で南東へ旋回し北参道駅上空付近から羽田空港に向かってほぼ直線的に飛行しています。  この川口市から羽田空港に至るルートは、国交省作成の各エリアの飛行経路図でも記載されています。 https://www.mlit.go.jp/koku/haneda/international/new.html 4)この経路は、飛行可能な範囲に制限があるとはいえ、極めて遠回りすぎるのでないかと思います。 また、すでに指摘されているように、住宅地を長時間飛行するために騒音や落下物、飛行機事故の危険があります。 さらに燃料費は安いとはいえ、燃料の無駄であり地球環境を悪化させるものです。 5)ついては、次の事について教えて下さい。 a) 関西や九州等から飛行している飛行機が、羽田空港近くを飛行しながら、埼玉県の川口市まで飛行して戻ってくる現在の「超遠回り」は必要なのでしょうか? b)この「超遠回り」は安全や環境上、どの程度の問題があるのでしょうか? c)南風時、北側から羽田空港に着陸するにしても、もっと狭い範囲で旋回、飛行して着陸することは、できないのしょうか? それとも、飛行機の安全や環境面等の点から難しいのでしょうか? お手数ですが、教えて下さい。

  • 回答No.4

頭上を飛んでいる飛行機が真上なのか、真上から少しだけずれているのかを目で見て判定するのはとても難しいです。 最近の飛行機は脚を降ろすと、真下の地上を撮影することができますので、そのビデオ画像で確認するか、実際に客席から見ればかなり正確な位置を知ることができるのではないでしょうか。 どうしても地上から測定したいなら、昔、船で使っていた「六分儀」を使うことをお勧めします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

rmpk4197様 詳しいご回答をいただき、ありがとうございます。 教えていただいた方法を検討させていただきます。

  • 回答No.3
  • suiton
  • ベストアンサー率20% (892/4303)

質問者様は、実際の飛行経路をどのように把握されているのでしょうか。 上空数百m以上上空の飛行機位置を、どのような根拠で正確に把握しているのか補足願います。 まさか、自分の頭上の真上を飛行しているなどという、目視で把握されているわけではないですよね。 もし、そうであればGPSの値のほうがはるかに正確です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

suiton様 ご回答ありがとうございます。 国交省によると、この付近の飛行高度は1,000mで、経路図の幅は中央からそれぞれ130m程度です。 東端の真上から、ゾーンの中央を飛行する飛行機は約7度の位置、ソーン西端の位置は14度の位置になります。 何もない野原で頭上の飛行機をみれば、この程度の誤差は分からかもしれません。 ただ、狭い道路沿いに並ぶ地上の中層ビルの外壁等との相対的位置を見ると、ソーンの東側か西側を飛行していることはおよそ確認できます。 中層ビルの外壁が10度以上も傾斜していることはないと思います。 このほか、当方の屋上からはこのC滑走路着の飛行機のほか、これより西側の経路を飛ぶA滑走路着陸の飛行機も見えます。 また、西武新宿線の中井駅付近では、中井駅から東側へ100m程の処がゾーンの中央ですが、そこから東側400m以上離れた下落合駅付近を飛行することも時々、見かけます。

  • 回答No.2
  • ts0472
  • ベストアンサー率42% (3173/7444)

関係者ではないですが 航空機の種類までは確認できないのかな? >航空管制官が飛行機を誘導することが必要ではないか 状態を知らせる事はできても 誘導は出来ない に尽きるでしょう 海外の航空会社が大半 守られなければどうする? 発着を拒否する? 守らない航空会社を閉め出す? 報復で拒否した航空会社の国から利用拒否されたらどうする? 国内政治でも同じ 何か決めて全て上手く行った例ってある? 真実を告げて実現しなければ国の利益や国交に問題が出る事 予定は空想でしかなく 外れたら想定外にすれば済む 政治ってそんなもんでしょ 国民の安全を確保していては外交はできない ルートを外れたら撃ち落される ミサイルがロックオンされる可能性があれば 便数は減っても守られるかも知れない

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ts0472 様 詳しいご回答をいただき、ありがとうございます。 参考にさせていただきます。 なお、Frightradar24をみていると、現在、この経路を飛行している飛行機は、関西や九州から飛行しているJALやANA等国内便がほとんどです。

  • 回答No.1
  • a4330
  • ベストアンサー率24% (943/3777)

  飛行中の100mのズレなんて飛行機にとってゴミでしょ。 飛行機の翼の幅は50~80mあります 風の影響を受けて空中を飛んでるのだから自分自身の幅くらいはずれますよ  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

a4330 様 ご回答、ありがとうございます。 言われる通り、風等の影響により飛行機が飛行機自身の幅くらいずれることは理解しています。 それなら、飛ぶ日により、また便によって、飛行する経路がばらつくのが一般的だと考えられ得られます。 しかし、飛行する日は、同じ7便ほどの飛行機が連続して同じような経路を飛行している状況です。

関連するQ&A

  • 日航123便の飛行経路について

    1985年8月12日、群馬県上野村に墜落した123便の飛行経路についての質問です。 当時、私は埼玉県新座市に住んでおり、事故当日の夕刻に上空を低空(とはいっても3000mくらいの高度はあると思いますが)で緩やかに左右に旋回しながら飛ぶジャンボ旅客機を目撃しました。 その飛行機は墜落した123便でしょうか?? 普段、新座市上空はかなり高い高度で飛行機が飛んでいるのを見ることはありますが、旅客機の主翼についてる標識灯が見れるほどの高度で飛ぶ飛行機はあの時以来見たことがありません。 事故から20年以上も経ちましたが、ずっと気になっており、犠牲になった方も多いことから誰にも聞けずにおりました。 123便の事故に詳しい方、回答をお待ちしております。 123便は所沢の管制塔(正式名称は知りませんが)に捉えられ、交信していたとのことですので、新座市上空も通過したのではないかと個人的には思っております。 どうぞよろしくお願い致します。

  • 航空管制について質問です

    1・羽田など大きな空港はレーダー誘導が行われていると思うのですが、管制官の画面には実際どの様な情報がでるのでしょう?今現在のスピード(IAS?)も表示されるのでしょうか? 2・たまにニュースで聞くのですが、飛行機がどんな場合でも緊急事態を宣言すると、到着後に乗務した方々又は関係者は国土交通省の担当者から事情聴取など必ずうけるのですか?

  • 自家用操縦士の学科試験を受けたい。

    自家用操縦士の学科試験を受けたい。 いますぐ勉強を始めたいのですが、教材、テキスト、参考書、問題集、過去問など、まったくわからないので教えてください。現在持っているのは「AIM-J」と「TAKE OFF 安全飛行への招待」という本だけです。あと、国土交通省のHPに3,4年分の過去問と回答が公表されていましたので、参考にしたいと思います。 ほかに試験勉強に役立つ教材を教えてください。 よろしくお願いします。

  • こんなドローン開発要望(将来は人が搭乗)

    こんなドローン開発要望(将来は人が搭乗) 個人的な夢ですが(私は開発のスキルはないので、提案だけしておきます。) 私は社会に役立てばいいと思っているので、お金は要りませんし、提案だけしておきます。 ドローンのバッテリーの持続時間が飛躍的に向上し、携帯電話キャリアなどや航空交通管制部が、 管制連携し、 個人の所有するドローンも携帯キャリアやMVNOも含み、航空交通管制部も全て飛行情報を一元管理し、 緯度・経度・高度・飛行速度・バーティカル速度など、民間旅客機や貨物機や軍用機やドローンも全て一元管理にて管制を行ない、 個人でも撮影飛行や運送飛行を自由に航空交通管制部にフライトプランを提出せずとも、 自動的に全ての飛行物体が自動操縦出来るようにすれば、 便利な社会になると思います。 Amazonでもここまでは高度なサービスではありませんが、実験サービスとしてドローンを使った即配サービスをアメリカの一部で行っていますね。 GPSなど何種類かの衛星(準天頂衛星も含む)からの情報をドローンや飛行機などが個々に、即時計算したり、 航空交通管制部もドローンの管制を管理して、 ドローン単体の計算に不足があれば、それを補うデータをIDで紐付けされた各ドローンにアシストデータとして送信し、 旅客機などとの衝突を未然に防ぐようにすれば良いし、 例えばテロ対策として、 政府機関や空港や軍事施設などの重要度の高い所には近づけないまたはその近辺からは上昇出来ないようにするなど、 双方向通信にして安全性を担保すれば良いと思います。 例えば、ドローンの飛行は現在のようにGPSに頼らずとも、 または携帯キャリアのネットワークに頼らずとも、 全飛行物体にIDを付与し、GPSのような衛星から飛行経路などを指示し常時飛行状況を計算しながら、飛行機とドローンなどが衝突しないようにすれば、 個人でも、自由にドローンを飛ばせるのようになると思います。 航空交通管制部が「京」などのスーパーコンピューターを管制利用すればいいと思います。 京が噂どおりの素晴らしい能力を自ら、証明・はっきすることで実力が発揮されます。 今こそ「「京」」の実力を世界へ向けて発信するべきです。 本当に良い機会と思います。 ドローンの飛行高度も空港から半径9km以内は上空150mまで、それ以遠は上空250m迄などと、 ケチな事を言わず、一般的な旅客機の限界高度40,000フィートまで上昇出来るようにしてもらえば、いいですね。 免許制度により空撮者の夢を壊さないでほしいです。 例えば、個人で大手家電量販店で購入した、ドローンを店頭にてIDを航空交通管制部に登録し、 自由にいつでも自分の好きなルートで荷物を相手の所まで届けられるようになれば素晴らしいですね。 ただし好きなルートと言っても、 旅客機やヘリコプターなど事前にフライトプランをインターネットから事前に航空交通管制部へ登録された機体の飛行を優先し、 それらの飛行を邪魔しないようにとの範囲内で自由に飛べ回れるようにすれば、 例えば、遠く離れた家族が東京に嫁いだ娘宅へ、沖縄の実家の両親が畑で採れた野菜や或いは魚介類を段ボールに詰めて、 ドローンの積載装置部分に格納して、インターネットから航空交通管制部のサーバーにそのドローンのIDやパスワードやフライトプランを提出し、航空交通管制部がそのプランを「京」が即座に次の計算つまり、日本領空を飛行中の全飛行体とのニアミスを起こさないように、飛行のクリアランスを出し、直ぐに目的地まで飛んで行き届ける事が出来るようにすれば、 物流革命になり、トラックの事故や排ガス問題なども大幅な減少が見込まれるかと思います。 受け取り側(個人や会社など)からの受け取り時間変更も、航空交通管制部が担うようにして、飛行速度や出発時間などのあらゆる飛行方法も自動計算し、自動飛行すれば最高です。 素人の送り側・受け取り側双方からインターネットから航空交通管制部にアクセスして、飛行制限空域を避けながら、荷物が届くようになればいいですね。 最終的には人間が乗れるようになれば素晴らしい事です。海外への飛行には、各国にイミグレーションエリアを設定し、事前に各国の航空交通管制部がイミグレーションを兼任し、 そのエリアで入国が許されれば、そこから先のエリアに飛行して行けるようにすればいいです。 入国が許されなければ、イミグレーションエリア以外へは、着陸出来ないようにすればいいです。 以上、私の壮大な夢でした。 皆さんはどう思われますか?

  • Flightradar24の水平位置の誤差(精度)

    お世話になります。 時々、羽田空港の新ルート上を飛行する飛行機の実際の経路(ほぼ北側から南側の羽田空港方面へ着陸)と、Flightradar24のマップに表示される経路を比較しています。 その結果、同じ地点で実際の経路は、Flightradar24のマップに表示される経路より東側(経路の直角方向)へ150mから200mの位置になっています。 この現象は、かなり頻繁に発生しています。 ついては、次のことについて教えて下さい。 1)Flightradar24では、この程度の誤差は一般的に発生するのでしょうか。 2)この誤差は、どのような原因で発生するのでしょうか。 3)Flightradar24以外に、実際の飛行機の経路をもう少し精度よく確認できるソフト等があるのでしょうか。 お手数ですが、ご回答をお願いします。

  • 航空機同士が接近したときの対策手順

    今週火曜日放送「ガイアの夜明け」の中で、 客を乗せて飛行訓練していた飛行機のコックピット(JAL機)が撮影されていました。 その飛行機は新千歳行きだったと記憶していますが、管制官から「前方に離陸した航空機あり」という旨の無線があり、雲で視界が悪い中、機長と訓練生が一緒に目視でその飛行機を探していました。 結局飛行機は見つかったのですが、私は飛行機に詳しくないので視界が悪いのに見つけられなかったらどうするのかと思わず驚いてしまいました。 いくつか質問があります。 1.このような事態はどのくらいの頻度であるのでしょうか?(1回のフライトで1回くらいはあるとか)ちなみにコックピットからの映像を見ると、飛行機全体の塗装からANA機であることがかろうじて確認できるほどの大きさでした。 2.もし目視で見つからなかったらどうするのでしょうか? 3.TCASという装置があるそうですが、この装置はこのような場合は使わないのでしょうか? 回答よろしくお願いします。

  • 地図とGPSはどこまで当てにできるのか?

    添付の図は国土地理院の地図です。北方面から釣り登ってきて赤線部分に到達。そこから私は登山道を目指して斜面を登りました。左下の縮尺は100m。 川岸から登山道までごくわずかな距離に見えたので斜面をどんどん登って行きましたが全然それらしき場所に着きません。GPS地図で確認すると登山道をとっくに越えたことになっています。迷った?と思い引き返してもやはり登山道はありません。 結局川まで戻って川沿いで北方面に帰りました。 後で現場に詳しい人に聞くと川岸からはかなり登らないとダメで実際的に目指すようなルートではないとのことです。 となると地図が間違っているか、GPSが間違っているか、現場が変わってしまっているかと考えざるを得ません。複数の要因があるかもしれません。 今後同じような目に会わないためにどうすればいいのでしょうか?よろしくお願いします。

  • 飛行ルート

    前から気になっていたのてすが飛行機の国際線で日本の旅客機が北朝鮮の上空を通過することはあるのですか? 例 地図を見ると東京から北京への最短ルートは北朝鮮上空を通過します。でも北朝鮮の国を考えると北朝鮮に撃ち落とされる危険があるのではと思います。 そういう可能性があるかもしれないので日本の飛行機は北朝鮮の上空を飛ばないようにしているのですか? 詳しく方がいれば教えていただけたらと思います。

  • 飛行ルートについて

    数ヶ月前に千葉県船橋市に引っ越してきました。 船橋上空は旅客機がいろいろな高度、方向に飛んでいきます。 (いろいろと言っても、数種類に特定されますが。。) そこで、「この方向はどこへ行く飛行機かな?」と疑問に思い インターネットで旅客機の飛行ルートを調べてみましたが 見つけることが出来ませんでした。 どこかに旅客機の飛行ルート図などが記載されたHPがありましたら 教えて下さい。 よろしくおねがいいたします。

  • ブラジルまでの飛行経路

    ブラジル、サンパウロまで行くのに、ヨーロッパ周りかアメリカ周り どちらが良いか