• ベストアンサー
  • 困ってます

悪天時に羽田新コースの悪天用経路を飛行しない危険性

お世話になります。 国土交通省によると、羽田空港の「悪天」で南風時のC滑走路着陸経路は、練馬区から新宿区内にかけては、下記国交省ホームページの経路図上のオレンジ色(黄色)でラインで示されているように、桜台駅上空(練馬区)から新江古田駅西側、落合駅西側(新宿区)の上空を経て新宿駅の西側の上空を飛行することになっています。 また、この南風で悪天時の新到着経路については、地上からの精密な誘導電波を利用するILS進入を実施しています。 「練馬区上空における南風時の新飛行経路」(「羽田空港のこれから」国土交通省) https://www.mlit.go.jp/koku/haneda/international/pdf/20191216_08.pdf 「新宿区上空における南風時の新飛行経路」(「羽田空港のこれから」国土交通省) https://www.mlit.go.jp/koku/haneda/international/pdf/20191216_05-2.pdf 一方、本日5月16日(土)15時頃から18時頃まで羽田空港や新宿区、豊島区等都内中心部の天気は降雨で降水量は6mm程度で「悪天」、風向は南から南南東でした。 本来なら、「悪天」なのでILS進入を採用している悪天用経路(上記経路図のオレンジ色(黄色)の経路)を飛行するほうが安全です。 しかし、実際はかなりの飛行機が「好天」用経路(小竹向原駅東側の上空から中井駅東側の上空を経て新宿駅西側の上空に至る経路。経路図ではピンク色の経路)を飛行していました。 この経路では人工衛星を利用する進入方式(RNAV方式)を利用しているので、ILS進入を採用している「悪天」用経路に比べて危険性が増すのではないかと思います。 そこで、次の事について教えて下さい。 1)明らかに悪天なのに、ILS進入を採用している「悪天」用経路を飛行しないのは、どのような理由があるのでしょうか? 2)悪天時にRNAV方式を採用している「好天」用経路を飛行する危険性は、「悪天」用経路を飛行する場合に比べて、どの程度増すのでしょうか? お手数ですが、教えて下さい。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数93
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

専門家ではありません。 航空機の運航についてお詳しいですね。 ↓こんな天気で着陸するのはILSがないと無理ですよね・・・ “4K ILS Cat II - Boeing 737 night landing in dense winter fog” https://www.youtube.com/watch?v=f546pl8J3Jw 素人考えですが・・・ >1)明らかに悪天なのに、ILS進入を採用している「悪天」用経路を飛行しないのは、どのような理由があるのでしょうか? 航路が混んでしまい、ILS侵入を採用している経路を使わないで侵入させても良いほど悪天候の程度が軽かったと管制官が判断した? 上空待機で、燃料が少なくなってしまい、そうせざるを得なかった。 YoutubeとかでILS使わない航路で難しい着陸を実行したとかがありますので、やはり、非常時ではないでしょうか・・・ とかでしょうか ”もし、DA(DH)やMDAでRunwayやその関係の物(Runway Enviroment)が見えない場合は、即座にMissed Appraochを行います。  その場合は、左上に書かれているコースを飛行して、安全を保ちながら、出来るだけ早くATCに伝え、ATCからの指示を待ってください。” http://www.cfijapan.com/study/html/to199/html-to150/146d-altitude.htm (CFI Japanから画像引用) “FDA名古屋→花巻 悪天候でILSの無い南側からの難着陸” https://www.youtube.com/watch?v=GMx0UkNLSHQ “飛行機は霧の中に着陸できるの?” https://www.youtube.com/watch?v=QrLA8yVhnBk >2)悪天時にRNAV方式を採用している「好天」用経路を飛行する危険性は、「悪天」用経路を飛行する場合に比べて、どの程度増すのでしょうか? 悪天候の度合いだと思うのですが・・・ 実際にILS侵入を使わず事故にあった航空機の例などを見ると、やはり、危険度はかなり上がるのではないでしょうか? ”アシアナ航空機の広島空港での着陸失敗事故。広島空港は精度の高い計器着陸装置(ILS)を備えている空港ですが、アシアナ機はこれを使わずに着陸して事故を起こしました。” https://tabiris.com/archives/ils/ (フライトシュミレーターですが) ”またILS進入を開始する時点で地上の視程が限度以下だと進入開始の許可が出ません。” http://naoyafujiwara.cocolog-nifty.com/fssim/2012/12/ils-9595.html ”Prepar3D PMDG B777-200LR 【FMCやILSを使わない方法で着陸】” https://www.youtube.com/watch?v=ZgRT0FdWRT8 ”※RNAV仕様に従った航行とは、航空機が搭載する高機能なFMS(航法用機上コンピューター)等により、自機の位置を算出し任意の経路を飛行する航法であり、地上施設(VOR/DME等)の配置に左右されることのない柔軟な経路設定が可能な運航方式です。飛行経路設定時の物理的制約が大幅に緩和されます。” https://www.mlit.go.jp/koku/15_bf_000343.html ”RNAV運航方式 RNAV(Area Navigation:広域航法)運航方式は、従来の「地上航法施設からの電波を受信し、電波発信源に向けて飛行する方式」とは異なり、「GPSを含めた電波を利用して 自機位置を測位し、地上の施設配置にとらわれることなく飛行コース等を設定して飛行することができる方式」のことです。この方式によって、飛行ルート設定時の物理的制約 が大幅に緩和されるようになります。” https://www.mlit.go.jp/koku/15_bf_000379.html ”ILSの概要 ILS (Instrument Landing System:計器着陸装置) 着陸のため進入中の航空機に対し、指向性のある電波を発射し滑走路への進入コースを指示する無線着陸援助装置です。” https://www.mlit.go.jp/koku/15_bf_000401.html ”視界不良でも着陸できる 旅客機は着陸するとき、パイロットの腕頼みで滑走路に進入していくわけではありません。天候などの条件にもよりますが、基本的には計器着陸装置(ILS)を使います。ILSとは、着陸進入中の航空機に対し、指向性のある電波を発射して、滑走路への進入コースを指示する無線着陸援助装置です。簡単にいえば、電波誘導装置です。” https://tabiris.com/archives/ils/ こちらも参考に! 「航空機」「自動操縦」に関する質問と回答 https://okwave.jp/searchkeyword?word=%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F%E3%80%80%E8%87%AA%E5%8B%95%E6%93%8D%E7%B8%A6 良い方向に進みますように! 参考になれば幸いです。

参考URL:
http://www.cfijapan.com/study/html/to199/html-to150/146d-altitude.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

kanekaneto様 大変詳しくご回答いただき、ありがとうございます。 ご紹介いただいた情報等をしっかり読ませていただきます。 なお、5月はコロナの影響で国際線のフライトはかなり休止になっていて羽田空港着陸のフライトはかなり少なく、航路は混んでいなかったと考えられます。 また、羽田新ルートの「南風時:C滑走路到着(好天時)」を飛行する飛行機は、国内線の場合、関西や九州等西側から飛行してくる飛行機がほとんどのようです(Flightradar24を見ていると)。 これらの飛行機は西側から東京湾またはその南側の太平洋の上空を通り、半時計回りに千葉県、埼玉県、板橋区、練馬区、新宿区等の上空を経て羽田空港に着陸しています。 すなわち、飛行距離としてはかなりの遠回りしていることになります。 もし、燃料の不足が予想される場合、わざわざ遠回して埼玉県や板橋区等の上空を経由するのは危険です。 したがって、悪天候時に「好天」用経路(「南風時:C滑走路到着(好天時)」)を飛行したのは、燃料不足が原因ではないと考えられます。

関連するQ&A

  • 羽田空港・新ルートの「超遠回り」は必要でしょうか?

    お世話になります。 1)羽田空港の新ルートのうち、「南風時:C滑走路到着(好天時)」の実際の飛行経路を時々、Flightradar24で見ています。 ※「南風時:C滑走路到着(好天時)」は国土交通省作成の飛行経路図においてピンク色のゾーンで記載している経路。 https://www.mlit.go.jp/koku/haneda/international/new.html 2)その結果、次のことがわかりました。 a)このC滑走路に到着する国内線の飛行機は、基本的に関西、中国、四国、九州、沖縄方面等から来る飛行機である。 b)これら飛行機は、基本的に羽田空港南側の東京湾上または君津付近の上空を通過し、反時計回りに船橋市付近(千葉県)→川口市付近(埼玉県)→小竹向原駅付近(練馬区)→中井駅東側付近(新宿区)→新宿駅西口→渋谷区→港区→品川区→羽田空港を飛行している。 添付の図は、7月上旬のある日の実際の経路を示したFlightradar24の画像の一部。 c)国交省では15時から19時の間、南風で晴天時に飛行すると説明しているが、南風でない時、強風や降雨の時でもしばしばこのルートを飛行している。 3)この新ルートでは、添付図でも分かるように、関西方面等から飛行してきた飛行機は、羽田空港の近くを飛行していながら、わざわざ埼玉県の川口付近まで行き、そこで大きく南西に旋回し、さらに小竹向原駅付近(練馬区)で南側に旋回しまた新宿駅西口付近で南東へ旋回し北参道駅上空付近から羽田空港に向かってほぼ直線的に飛行しています。  この川口市から羽田空港に至るルートは、国交省作成の各エリアの飛行経路図でも記載されています。 https://www.mlit.go.jp/koku/haneda/international/new.html 4)この経路は、飛行可能な範囲に制限があるとはいえ、極めて遠回りすぎるのでないかと思います。 また、すでに指摘されているように、住宅地を長時間飛行するために騒音や落下物、飛行機事故の危険があります。 さらに燃料費は安いとはいえ、燃料の無駄であり地球環境を悪化させるものです。 5)ついては、次の事について教えて下さい。 a) 関西や九州等から飛行している飛行機が、羽田空港近くを飛行しながら、埼玉県の川口市まで飛行して戻ってくる現在の「超遠回り」は必要なのでしょうか? b)この「超遠回り」は安全や環境上、どの程度の問題があるのでしょうか? c)南風時、北側から羽田空港に着陸するにしても、もっと狭い範囲で旋回、飛行して着陸することは、できないのしょうか? それとも、飛行機の安全や環境面等の点から難しいのでしょうか? お手数ですが、教えて下さい。

  • 羽田新ルート飛行の計画と実際の経路のずれ

    お世話になります。 羽田空港の新ルートのうち、新宿区の北西エリアにおける「南風時:C滑走路到着(好天時)」の飛行経路について、国交省が公表している経路図(図ではピンク色)と、Flightrader24における表示の経路、実際の経路(地上や建物屋上から確認)を比較しました。 その結果、次のことが分かりました。 1)Flightrader24における表示の経路は、国交省が公表している経路図(図ではピンク色)のゾーンのほぼ中央になっている。 2)実際の経路は、国交省が公表している経路図(図ではピンク色)のゾーンの中央より東側へ100m以上ずれて飛行することが多い。 一方、経路図(図ではピンク色)のゾーンの中央や西側を飛行することが極めて少ない。 この違いを確認したく、国土交通省東京航空局の東京空港事務所の環境関係の部署に対して、まず下記の項目を質問しました。 ・実際の飛行経路を確認している否か、 ・そもそも国土交通省を経路図の中央を飛行するように計画したはずである。  また、GPSには誤差があることは広く知られている。  よって、実際の飛行経路と国土交通省の計画とのずれを確認し、  このずれをできるだけ少なくするように、航空管制官が飛行機を誘導することが必要ではないか。 これらについて、国交省は飛行機からのGPSで飛行経路を確認しているだけで、実際の飛行経路を確認してはいないとのこと、また、ずれを考慮した管制については無回答でした。 そこで、次の事について教えてください。 1)飛行機の運行において、GPSのデータのみで飛行機の経路を確認すればいいのでしょうか?  地上の建物等構造物との位置関係を含め、実際の経路を確認する必要はないのでしょうか? 2)航空管制官は実際の経路ではなく、GPSデータを基に管制していれば、飛行機の安全性が確保できると考えているのでしょうか? すいませんが、ご回答をお願いします。

  • 羽田新ルート上の実際の経路を記録する方法

    お世話になります。 羽田空港の南風時の新ルートの経路は、国土交通省がホームページで公開しています。 この経路のうち、C滑走路到着ルート(南風、好天時:C滑走路到着)はピンク色のゾーンで表示されています。 (新宿区内の親飛行経路) http://www.mlit.go.jp/koku/haneda/international/pdf/20191216_05-2.pdf 当方関連建物はこの計画経路(ピンク色のゾーン)の中央位置から東側約130m離れたところにあります。 このルートを飛行する実際の経路を建物屋上からみていると、Frightrada24では上記ゾーンのほぼ中央位置を飛行していることが表示されていますが、実際はこのゾーン中央位置から東側約130m離れた当方関連建物の真上付近を連続、または頻繁に飛行しています。 (好天時、当方関連建物屋上から北側は1km以上、東西方向は200mほど離れた飛行機を目視できます) 当方関連建物から半径200m程度の範囲の実際の飛行経路を確認、記録したいのですが、Frightrada24では機器の誤差等により上記の通り表示経路と実際の経路が100m以上の差があり利用することが難しいと考えています。 ついては、当方関連建物から半径200m程度の範囲の実際の飛行経路を比較的容易に記録する良い方法がありましたら、教えて下さい。 よろしくお願いします。

  • 羽田空港から古河駅までの経路を教えて下さい。

    結婚式で7月に茨城県古河市へ行きます。 宇都宮線に乗れば良いことはわかったのですが、羽田空港からの経路がわかりません。 熊本から参ります。古河駅までの経路を教えて下さい。 どなたか宜しくお願い致します。

  • 八丁堀駅から羽田空港への経路について

    16:00に東京での用件を終え、17:55発の飛行機に乗ろうと思っています。 東京初心者なので時間ギリギリっぽいのがとても不安なのですが、何とか間に合うでしょうか? (ちなみに上記便が最終なので時間の変更はできません) (1)八丁堀―東銀座―泉岳寺―京急蒲田―羽田空港(47分) (2)八丁堀―人形町―泉岳寺―京急蒲田―羽田空港(51分) 上記どちらかの経路で羽田に向かおうと思っているのですが 乗換の難易度はどちらも変わらないのであれば少しでも早い(1)を選ぶべきでしょうか? また、八丁堀駅で羽田空港までの連絡乗車券は購入できるかについても教えてください。 (1)の場合、東銀座で「京急空港線」という電車に乗れば羽田まで一気に行けますか? その際、改札を一度出る必要はあるのでしょうか?ホームで乗換えるだけでOKですか? お恥ずかしいレベルの質問ばかりで申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願い致します。

  • 羽田空港~和光市駅のわかり易い経路

    このたび、田舎から羽田空港~和光市駅を往復します。 一人で、東京方面に行くのは初めてのため、緊張しています。 土地勘がまったくないため、わかりやすさ優先の場合、どの経路が一番簡単でしょうか? お勧め経路をご教授ください。 切符の購入もできるだけ少なくしたいので、Suikaカードだけですむとよりよいのですが。

  • 飛行機の経路

    葛飾区、江戸川区近辺の環状7号線あたりの上空を、頻繁に旅客機が飛んでます(おおよそ北から南)。 これは成田空港発なのでしょうか?それとも羽田空港着なのでしょうか?

  • 羽田空港から横田基地まで、車以外の交通手段・経路を教えてください。

    羽田空港から横田基地まで、車以外の交通手段・経路を教えてください。

  • イギリス・ロンドンまでの飛行時間

     イギリス・ロンドンにご旅行したことのある方への質問です。  成田空港、または、羽田空港から直通でイギリス・ロンドンまでの飛行時間はおよそどのくらいでしたか、教えていただきたいです。  よろしくお願いいたします。

  • 羽田空港を利用する外国人について

    学校の授業で、羽田空港の国際線を利用する外国人客数の割合を調べることになりました。 主に、中国人や韓国人が割合を占めると思うのですが、それの統計を羽田空港や国土交通省のHPを調べたのですが、上手く探せませんでした。 これらの情報が掲載されているページを教えてください。よろしくお願いします。