兼元 謙任のプロフィール

@kanekaneto 兼元 謙任
ありがとう数4,645
質問数20
回答数4,131
ベストアンサー数
1364
ベストアンサー率
90%
お礼率
100%

みなさんが「互い助け合い」をしていただきながら、物心両面の幸せを引き寄せられるように、みなさんと質問と回答を一緒にさせていただき、一人でも多くの方が助かるよう願い行動して参ります。

  • 報酬付き

    今いる地域の地域限定ポイントが届かない

    今年3月から静岡県から富山県に引越しました。昨年8月まで富山にいた時届いていた北陸限定15%クーポンが届かず静岡県限定のクーポンが届きます。富山のスギ薬局をマイ店舗に登録済み、静岡のチェックは外しています。また、静岡に引越した時も北陸限定クーポンが届く逆の現象が続くのですが、対応をお願いします。 ※OKWAVEより補足:「スギ薬局ポイント」についての質問です。

  • 報酬付き

    間取り

    家作り 間取りについて質問。 平屋35坪程度で、北道路。 玄関は北東方向。 主寝室1部屋 子供部屋2部屋を作ります。 そこで質問です。 ①玄関から近い東側に主寝室を配置し、 西側に子供部屋2部屋を配置。 ②寝室、子供部屋共に西側に配置。 その間は廊下があり。 参考例は写真の通り。 いずれも真ん中にリビングや水回りがあります。 どちらがいいのでしょう? プライバシーの確保は断然、東西に分けるのが良いかなとも思いつつ、でも玄関から近いところに寝室があるから、寒い、空調の聞いた西側に寝室、子供部屋をまとめた方が良いということも聞きました。 皆様ならどちらがいいと思いますか?

  • 報酬付き

    MusicFabでダウンロードする方法がわからない

    MusicFabでダウンロードする方法がわからない MusicFab上で audibleにログインしてタイトルを押したのですが 解析という物が始まりません。 タイトルを押してもアマゾンの別ページに飛ぶだけです アマゾンのサイトを見ているだけの状態です このアプリケーションはインストールするだけでは使えないのでしょうか? さらに何かプラグインのような物をインストールする必要があるのでしょうか? 無料版でも3本までダウンロードできると聞いています

  • 報酬付き

    16週3日目エコー性別判定

    現在妊娠16週3日目になります。 そろそろ性別わかるくらいかなと思い先生に聞いてみた所まだ半々との事でした。 私的には動画最長におまた部分から玉袋みたいなものが写ってるので男の子かなとおもうのですが、、 エコー動画の一部をスクショしたので皆様のご意見をお聞かせください。 ※OKWAVEより補足:「妊娠」についての質問です。

  • 報酬付き

    コミュ障・人間不信を卒業する方法

    「コミュ障・人間不信を卒業する方法」 お世話になります。大学4年の女です。 この度はタイトルの通り、コミュ障・人間不信を卒業するためのアドバイスや喝をいただければと思い、質問を投稿させていただきます。 気持ちを吐き出す形になってしまうかと思いますので、恐らくかなりの長文になります。もしお時間が許すのであれば、お付き合いいただけますと幸いです。 私は、コミュ障・極度の人間不信です。 以下に今までの私の人生と、今現在の考えを書きます。 家庭環境があまり良くなく、父と母は仲が悪いため口を利かない、些細なことでも大声で怒られる、話しかけても無視をされる、そんな環境で育ちました。そこでは、いかに怒られないか、どうすれば認めてもらえるのかだけを考えて過ごしていたため、小学生ながら相手の機嫌を窺ったり、自分の個性を押し殺す可愛げのない子に育ちました。また、家庭のストレスから、顔の毛(眉毛やまつ毛)を抜いてしまう癖がついてしまい顔面がおかしくなってしまったり、慣性が人とかなりズレてしまいました。 そして、顔も中身も他と変わっていた私は、小学校でいじめを受けました。今思えば、当然だったように思います。上履きをバケツの水に沈められたり「顔面深海魚」と呼ばれたり、これらの出来事は私の自己肯定感を底辺まで突き落とすには十分でした。 そして中学校に入ってからは、いじめは受けなかったものの、クラスメイトからは相手にされず、空気として扱われるが時々聞こえるように悪口を言われる、というポジションになりました。そして、義務教育を終えるころには、私は完全に人を嫌いになっていました。そして、「他人は自分を傷つけるものだ」と認識し、自己防衛のために人との関りを極力絶つようになりました。(眉毛とまつ毛は毛根が頑張ってくれたお陰で生えました) 高校に入って1年目は、運よく「頭が良くてお堅い」というイメージを持たれて謙遜される以外は何事もなく、比較的穏やかな生活が送れていました。しかし、2年生に上がってクラス替えがあり、信頼できる友達に誘われて5人グループに入りました。最初は仲良くできていたつもりだったのですが、単に気に食わなかったのか、上辺で合わせているのが見破られたのか、奇数が良くなかったのか、原因は分かりませんがハブられるようになりました。そして、そのグループはクラスで幅を利かせていたらしく、クラスの多くの人がそれに便乗して冷たい態度を取るようになりました。何より、珍しくできた「信頼できる友達」に裏切られたのが悲しくてたまりませんでした。(ただ、この出来事によって、相談に乗ってくれる良い友人に出会えたことは、唯一の幸いでした。) そうこうしている内に、コロナ禍が到来します。正直、私にとっては大変都合が良く、嬉しかったのを覚えています。(コロナで辛い思いをされた方には申し訳ありません...)そして、ほとんどオンライン授業でサークルにも入らず、友人もろくにできないまま2年を終えました。その間、就活を控えた私は「このままではいけない」と思い、日商簿記1級に独学で合格したり、人見知りを改善すべくあえて派遣アルバイトを初め、毎日初対面の人と関わる機会を設けたりしました。その甲斐があってか、多少自分に自信を持つことができ、また、高校生くらいからの人に攻撃的にそして冷たく当たる癖を直し、ニコニコと多少物腰柔らかく接することができるようになりました。そしてこれにより、なんと大企業の経理に内定をいただいてしまいました。面接では言葉を盛ったり嘘をついたりはしませんでしたが、コミュニケーションの面ではかなり頑張って取り繕ってしまったため、私がコミュ障で人間不信な人だとは見抜かれなかったようです。それどころか「人柄が良い」「感じが良い」など過大に評価されてしまったようです。 そして先日、内定者の懇談会がありました。これが、私が「変わらなければいけない」と思うきっかけとなりました。これまで極力人との関りを絶っていた私ですが、こればかりは避けられないと思い参加しました。他の参加者の方は、名門大学所属の方ばかりでエピソードも華々しく(留学、旅行、サークルなど)、何より「人生を、人との関りを楽しんでいる」感じがにじみ出ていました。羨ましかったですし、同時に自分が情けなく思えました。そして、自身が無いのは一瞬で見抜かれ、ろくに会話に入れず空気になってしまいました。「癒し系だよね」とだけ言われましたが、かなり気を遣っていただいてその表現に落ち着いたのかと思います。 それまで自分は、会計分野の専門知識を高めれば、仕事で活躍出来て、そうすれば楽しく生きていける、と思っていました。安直すぎて、文章を打っている今も恥ずかしいです。ですので、休日は税理士試験の簿財の勉強をしていました。ですが、懇談会を経て、今私のすべきことは「お勉強」ではない、と気づきました。私に足りないのは、人間力なんだと、人間力に溢れた方々と交流して、今更気が付きました。そして、その方たちはサークルに入ったり友人と過ごしたり、人と関わることによってそれを育んでこられたのだろうなと思いました。それに対して私は、「家庭環境が悪かった」「いじめられていた」と過去の出来事を言い訳に使って無理だと決めつけ、人との関りを避けてきました。殻に閉じこもって、おまけにその殻に棘を生やして、全てを他人だけのせいにして被害者面して生きてしまいました。本当に恥ずかしいです。今まで派遣アルバイトで少し変わりましたが、それも表面的な部分のみで、根本的には何も変わっていませんでした。人が嫌いだったのが、今は人と話すのは下手ですが楽しいと思っています。ただ人への恐怖心は変わらずあります。 精神的には疲弊しましたが、大切な事に気付くことができたため、懇談会に参加してよかったと思っています。そして、私には大学生活があと1年だけですが、残っています。人よりだいぶ出遅れましたが、今からでも自分を変えたいと思っています。こんな人生を辿ってしまった私でも、今から頑張れば変われるでしょうか。 取り合えず何か始めようと思い、大学主催の問題解決プログラムに応募しました。チームで協力して1つのことに取り組むことによって、人と関わる成功体験を得て、自信に繋げられると思ったためです。 また、他にもすべきことを考えてみたのですが、何せ今まで人と関わることから目を逸らして生きてきたため、全く思い浮かびません。何か良い方法はありませんでしょうか。心がけなどでも結構です。やれることはやりたいと思っています。 やはり長文になってしまいましたが、ここまでお読みいただきまして、本当にありがとうございました。何を聞きたいのか、ただ話を聞いてもらいたいのか、よく分からない文章になってしまい恐縮です。よろしければ、コミュ障・人間不信を卒業するためのアドバイスをいただけますと幸いです。厳しいお言葉も覚悟しております。 それでは、よろしくお願いいたします。