• 受付
  • 困ってます

転職活動について

  • 質問No.9701410
  • 閲覧数74
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数4

お礼率 100% (4/4)

人生相談カテゴリと迷ったのですが転職カテゴリにて失礼します。

社会人2年目の24歳です。
国立の4大を卒業し地元の企業に就職しましたが、仕事内容が合わず、入職し半年も経たない頃から転職を考えるようになりました。(就活時の私のリサーチ不足で、絶対に合わないからやりたくないと避けていた仕事内容がある会社に就職してしまったためです…。)
働き続ければ意識も変わるかも、と暫く働き続けてみたものの転職したい気持ちは消えず去年の4月から転職活動を始めましたが、仕事しながらではどうにも進まず、ほとんど応募にすら至ることなく1年弱経ちました。
転職活動についてネット検索をしても、友人知人に聞いても、「絶対に働きながら転職活動をした方がいい」という答えが返ってきます。勿論、私自身それが一番良いということは重々承知しているのですが、この1年弱を省みても、この先仕事を続けながら転職活動しても今と変わらない状態が続くのではないかと思えます。
そのため、辞めたいという気持ちを抱えながら今の仕事をしつつ中途半端に転職活動するくらいなら、すっぱり辞めてから転職活動に専念した方が良いのかもしれないと最近は考えるようになりました。
転職活動は若い方が有利とも言いますし、このダラダラ状態が続いたまま年齢を重ね、本当に転職が出来なくなってしまうのが怖いです。
ですが、周りの反対を押し切って「仕事を辞めてから転職活動する」というリスキーな道を選ぶのも怖くて、迷い続けています。

仕事を辞めて転職活動をする場合、実家暮らしなこともあり金銭面では今のところ問題はありません。ただ「無職の空白期間」が面接で影響することを思うと一歩踏み出せずにいます。
また、繰り返しになりますが、仕事を続けながら転職活動した方がいいことも重々承知しています。
ですが、今の中途半端な状態を打破するためにも、出来れば「仕事を辞めてから転職活動すること」について、アドバイスをいただければと思います(特に、転職活動を経験したことがある方、中途採用を担当したことがある方にご回答いただければ幸いです)。

回答 (全4件)

  • 回答No.4

ベストアンサー率 21% (7/32)

在職したままと辞めてからの両方の転職活動の経験があります。

一言で言うと、「辞めたい理由」と「辞めた理由」というのは似て非なるものということです。
辞めたいと思っている段階では、現職に不満があってその解決をしたいんだろうな、という認識で双方話が進みますが、辞めてしまうと「その仕事を続けられない余程の理由があってのことなのだろうか」と捉えられ、そこまでして転職したい理由とは何かということになりハードルが上がってしまうのです。
ですので、誰が聞いても納得するような客観的な。理由がない限り、出来るだけ辞めない方がいいと思います。
お礼コメント
wavewave02

お礼率 100% (4/4)

ご回答ありがとうございました。
とても参考になりました。
改めて考えてみようと思います。
投稿日時:2020/01/16 20:41
  • 回答No.3

ベストアンサー率 32% (6115/18597)

他カテゴリのカテゴリマスター
一番失敗するケースの転職ですね。
嫌いだからやめると言うのですから。

嫌いだけどその仕事を覚え切ってからやめると言うのなら、まだ、この仕事をしたということ、内容を理解して居る。という知識と実績というものが残るのでまた、次につながりますが、嫌いだからやめるという人には何も残りませんから、ゼロと同じです。
ゼロで辞めるわけですから、まあ、最悪な状態となりますね。

仕事を完全に覚えた上で、合わないので転職をするのならまだわかりますが、嫌いで転職するという人で、転職が成功という人とは会ったことはありません。
そういう人はほぼ皆、前の会社に残っていた方が良かった。と、言いますからね。
お礼コメント
wavewave02

お礼率 100% (4/4)

回答ありがとうございます。
参考になりました。
投稿日時:2020/01/16 20:39
  • 回答No.2

ベストアンサー率 24% (392/1613)

転職を何度もしているものです。
転職は年収アップとキャリアアップが目的です。
仕事しながら転職活動をしてきました。
今は40代で、外資系企業で中間管理職をしています。
技術部隊で、中途採用もしています。

あなたの場合、そもそも自分の持っているスキルと
希望条件が転職マーケットで合っているのかもわからないですよね?

それを探るために、仕事しながら転職したほうがいいでしょうね。

働きながら転職活動をする理由は、他にもいくつかあります。

1)すぐに自分の希望する条件の働き口が見つかるかどうかわからない
2)希望の働き口に採用されるのかわからない
3)希望の働き口でいつから働けるかわからない

例えば、仕事は何でもいいと言えば、
仕事を探すのも採用も簡単です。コンビニでバイトすればいい。

もし、あなたのスキルを使い、あなたの希望する職種や
給与がかなわない場合、転職活動が長期化する可能性があります。

中途採用でも、ブランクの期間があるのはマイナスとみなすことが
多いです。その間はスキルがアップデートされていない、仕事に
従事していなかったらすぐに戦力になるのかなど、
採用側は気にしますね。
会社や、部署、スキルなどによりますが。
お礼コメント
wavewave02

お礼率 100% (4/4)

ご回答ありがとうございました。
とても参考になりました。
もう一度自分のスキルについて見つめ直してみます。
投稿日時:2020/01/16 20:42
  • 回答No.1

ベストアンサー率 50% (355/710)

転職 カテゴリマスター
 複数回の転職経験があります(何の自慢にもなりませんが)。
 その経験から言えば、やはり「働きながら転職活動した方がいい」になりますね。

 仕事を辞めてから転職する場合、一番厄介なのは『どうしても焦ってしまう』事です。
 貴方の場合、経済的には無職期間でも何とかなる環境のようですが、それでも空白期間が長期化する懸念が出てきたり、あるいは親御さんからプレッシャーをかけられたりと、やはり転職時に心穏やかではいられないものです。
 そうなると結局転職先に対して妥協するようになります。希望の条件ではないけれど、希望の職種ではないものの、まあ無職よりはいいか・・・という妥協です。
 その結果がどうなるかについては一概に言えませんが、こうした選択は往々にして良くない結果を生むものです。
 ちなみに私も最初の転職については、退職後に転職活動をしました。その結果については、私の転職経験が『複数』という事から察してください。

 結局、転職活動というのは運と機会が全てです。
 貴方がどんなに優秀であっても、企業が募集していなければ採用されようがありません。また妥協して転職した直後に理想的な求人があった場合、そこから再度転職するのは極めて困難です。
 社会人2年目であれば転職タイミングとしては特に悪印象でもないですが、一度転職して、1年以内の再転職は結構厳しいです。「すぐに辞める人」という最悪のイメージになりかねません。出来れば転職後、3年程度は様子見したいところでしょう。
 そう考えると、今の貴方が転職で失敗してしまうと、次のチャンスは27~8歳くらいになってしまうわけですね。
 在職しつつ、焦らず理想的な求人を待つべき、という理由の一つです。
 
 働きながらだと中々転職活動が進まない、という事ですが、複数の転職サイトに登録しておき、週に1度程度巡回するだけでもかなり違いますよ。
 また自分で探さなくとも、勝手に案件を探してくれるので転職エージェントもお勧めです。
 少なくとも「ほとんど応募にすら至ることなく1年弱が」というのは、転職先を探す方法論レベルで失敗している気がします。
 まずはその辺りを見直してみて、半年なり1年なり、一定の期間を定めて在職しつつの転職活動を行ってみては如何でしょうか。
お礼コメント
wavewave02

お礼率 100% (4/4)

ご回答ありがとうございます。
ご自身の経験を踏まえた的確な回答、とても参考になりました。
もう一度よく考えてみようと思います。
投稿日時:2020/01/16 20:43
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ