• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

エプソン px1700F インク汚れ 取れない

  • 質問No.9640031
  • 閲覧数96
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 50% (1/2)

エプソン px1700F の複合機を使用しています。
クリーニングをしても印刷時のインク汚れ(ブラックのみで最初の1cm程度)が直りません。

ギャップやノズルのチェックは問題ありません。

印刷はA3サイズ普通用紙に高精細品質、はみ出し量普通で印刷しています。

インクも変えたばかりで、少し前までは問題なく印刷出来ていました。

改善方法がございましたら、ご教授くださいませ。

※OKWAVEより補足:「EPSON社製品」についての質問です。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 54% (1393/2546)

ヘッドが走るレーンの下のスポンジにインクが染みこんでたりしません?
そうならキッチンペーパーなどで時間かけて吸い取ってください。他にもインクが付着してる場所があるかもしれません。

後継のPX-M5041Fを使ってましたが、A3フチなし印刷で自分もトラブって紙が汚れるようになったことがあります。スポンジはインクでべったりでした。

汚れはなんとかなったのですが、他にも不明点があり修理に出して見てもらいました。その時EPSONに言われたことは、普通紙でフチなし印刷はインクを吸った紙が歪んでトラブルが起きやすいのでNGということでした。

ご参考まで
お礼コメント
sio_m

お礼率 50% (1/2)

お返事ありがとうございました!
スーパーファイン紙をきれいにフチなし印刷したく普通紙と設定して印刷しているのですが、ご連絡いただきました方法を試しても完璧には汚れが取りきれず、フチありで印刷しました。
フチありなら1回できれいに印刷出来ました。
仕事で必要な書類だったため、迅速にご回答くださいまして助かりました。
ありがとうございました。
投稿日時:2019/07/29 10:47

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 71% (1678/2344)

プリンター・スキャナー カテゴリマスター
>クリーニングをしても
これはヘッドクリーニングのことを指していますか?
であれば、
ヘッドクリーニングはあくまでもインクの噴射口の清掃であって、
基本的に「インクが出ない時」の対処法です。

今回のように、印刷物に汚れが付く、という場合は、
用紙搬送経路に何らかの原因でインクが付着してしまい、
それが紙に付着する、という仕組みで発生しているので、
対処法が異なります。

添付画像の下側茶色い部分が汚れ、でしょうか?
通常の汚れの再付着とは明らかに異なる汚れ方
「かなり規模が大きいし、均等幅に汚れが付いている」に見えます。

>少し前までは問題なく印刷出来ていました。

現象がおきた直前に、何かトラブルはありましたか?

たとえば写真用紙など表裏がある用紙のセットを間違えて、
インクを吸収しない裏面に印刷した、などで、かなりの量のインクを
用紙搬送経路に付着させたとしても、このような付き方はせず、
用紙端だけ均一でなく、不均一に付着したり。
その後の面の部分にも引きずるようなインクの付着が見られるのが自然です。

この用紙端のみ「明らかにインクで塗る動作をした」ように見えるのですが、
他の画像データを印刷しても同様の汚れ方(用紙端のみ均等幅に汚れ)に
なりますか?
ならない場合は、この特定の画像データになにか異常がある可能性。
なる場合は、プリンタードライバーとファームウェアが最新かどうか、
まずは確認してみた方が良いでしょう。

まずは本体側のソフト環境を固めた上で、
汚れの付着原因を調べた方が良いと考えますので、
プリンタードライバーとファームウェアの更新は
Windows
https://www.epson.jp/dl_soft/readme/27349.htm
Mac
https://www.epson.jp/dl_soft/readme/26290.htm
から、EPSON Software Updaterを導入して起動し、
「必須のアップデート」にリストアップされるものは全て適用しておいてください。

まずはここを固めた上で、汚れの付着原因を絞り込んでみましょう。

ちなみに、インクを替えるときにスキャナ部分を持ち上げますが、
そこから目視できる範囲で、
下から用紙を支える部分にインクの付着が目立つ場合で、
そこを拭き取るおつもりならば、
絶対に【キッチンペーパーのような毛羽立ちがある素材はNG】です。
微細な毛羽立ちは、ヘッドの目詰まりを誘発する大敵です。
不織布など、毛羽立ちやホコリが出ない素材を用いることが鉄則で、
かつ、内部のグリスなどを誤って拭き取らないように、
慎重に作業することが必要です。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ