解決済み

事故の相手方のドライブレコーダーの記録

  • 困ってます
  • 質問No.9609680
  • 閲覧数215
  • ありがとう数24
  • 気になる数0
  • 回答数15
  • コメント数0

お礼率 86% (102/118)

追突事故を受けて、相手側と主張が食い違っています。
当方は前方の黄色信号で停止しようと減速したところ、後続車に追突されました。
軽いむち打ちになって苦慮しています。

相手方は、当方が青信号で突然急減速したと主張しています。
ただ、当方のドライブレコーダーは前方のみで、かつ衝撃も大きくはなかったので、ドライブレコーダーは自動でとまらず、当時の画像は上書きされてしまっています。

このような場合、相手方の画像の提供を求めることはできるでしょうか。
裁判にでもなればできるのかもしれませんが、いまのとのろそこまでは考えていません。

手だてがあるかどうか、ご教示願います。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.12

ベストアンサー率 16% (218/1360)

>今後の相手の出方によっては保険会社の弁護士相談に進めることも考えます。

そうなんですね。
保険会社のサービスで相談できるのなら、事前に相談だけでもしておいた方が良いですよ。

選択肢に入れるにあたって、いくら費用がかかって、いくら相手からとれるのかは非常に重要だと思います。

>ただ、契約上あくまで相談のサービスなので、どこまで手を動かしてくれるのかは限界もありそうです。

相談のサービスならば、一時間5000円の相談料が無料になる程度と考えた方が良いと思います。


>ここでいただいた材料をもとに、まずは仮差し押さえの可否などの相談から始めることを検討してみます。

相談する場合、重要な内容は下記のものだと思います。

1.あなた自身が何を目的とするのか。
2.事故の状況
3.訴訟費用について
4.現実的な損害賠償請求額
5.相手が支払いに応じない可能性が高いこと。

これらの情報で弁護士が選択肢を提案してくれると思います。

必ずあなたがとられてしまうのは、お金と時間です。
必ず必要となるお金と時間を使って、支払われるかわからないお金を支払わせようとしているのが、今やろうとしていることです。ご参考まで。
お礼コメント
momijinohappa

お礼率 86% (102/118)

重ねてありがとうございます。
相手にダメージを与えたいという訳ではなく、こちらのダメージは回避したいというところです。なので、時間とお金をつぎ込むのは避けたいです。
投稿日時 - 2019-04-24 22:03:31

その他の回答 (全14件)

  • 回答No.15

ベストアンサー率 17% (122/698)

電話で確認しました。
前を走っていたバイクに過失はないと。
全ては後ろのトラックの過失であると。
  • 回答No.14

ベストアンサー率 38% (222/581)

他カテゴリのカテゴリマスター
>相手方は、当方が青信号で突然急減速したと主張しています。
相手側の主張は、道交法上では認められませんね。信号機の青色の意味は「進め」ではありません。「進んでもよい」が正解です。仮に青信号だろうと、交差点は注意して進まなければなりません(交差点内停車を未然に防ぐためにも)。この定義からして、相手側の理屈はおかしいです。質問者様としては、「青だっただろ!」と言われても「だから何なんですか?青だと進まなければならないんですか?」と返答しても問題ありません。

他の回答者も仰っておりますが、質問にもある事故の場合は後続車の前方不注意が原因であり、質問者様に非は一切ありません。要するに、安全な車間距離を保っていなかった事にも原因があると思います。
信号機の色が黄色であれ、青色であれ、後続車の過失には変わりはないかと思います。

ちなみに、この様な事故にならない為にも普段から気を付ける事として歩行者用信号機を注意すると良いかと思います。
交差点に入る100m手前くらいで歩行者用信号機が点滅し始めたら、無理な加速はせず徐々に減速するのが良いかと(ブレーキは使わない)。信号機が青でも歩行者用信号機が赤ならば、ブレーキを使って緩やかに減速する。※中には歩行者信号が赤になっても、青が数秒続く交差点もあるので全部に当てはまるわけではありません。
一般世間の道路事情を見ていると、みなさんブレーキの踏み方が急すぎる傾向があります(ブレーキングポイントが遅すぎる)。運転している本人は急なブレーキと思っていないと思いますが、自動車が停まった時に身体が後ろに持って行かれる感じがあるなら、急ブレーキと言っても良いと思います。

普段から軽くアクセルを踏む・軽くブレーキを踏む様な癖をつけていけば、アクセル・ブレーキの踏み間違いによる急発進も少なくなるかと思います。
お礼コメント
momijinohappa

お礼率 86% (102/118)

ありがとうございます。
正直に言うと、歩行者の信号が点滅し始めたら早く通り抜けようと思ってしまうタイプです。(苦笑)
ただ、事故のときは黄色になったので無理はしなかったのですが、それを急ブレーキといわれて困惑しています。これまで回答いただいたような反論ものれんに腕押し、いい加減強制力のある手段はないものかと悩んでいるところです。
投稿日時 - 2019-04-24 22:11:41
  • 回答No.13

ベストアンサー率 17% (122/698)

追突に関してはあなたの過失は0です。
警察でもそれははっきりしています。

私も、車の陰にいたバイクが私の車の前を急に横断し、停車した結果、
私が急ブレーキをかけ、後ろの車が私とバイクにあたった件で、
「バイクが悪いのではないか?」と確認したところ、
後ろの車が100%過失だと言われました。
お礼コメント
momijinohappa

お礼率 86% (102/118)

ありがとうございます。
私もそう思うのですが、警察は過失割合には関与しないというスタンスです。
投稿日時 - 2019-04-24 22:05:20
  • 回答No.11

ベストアンサー率 16% (218/1360)

>まだ同じようなやりとりを続けると考えただけでうんざりです。というのを敵が狙っているとすれば、あらためてふんどしを締め直さなければ、と。

同じ事を繰り返すのは無駄なので止めるべきです。
効果がないことを続けるほど無駄なことはないので、目的を明確にした方が良いと思いました。

自分の損害を最小限におさめるのなら、自分の保険を使って補償を受ける。

相手のダメージを最大にしたいなら、裁判と言わず仮差し押さえから見当すると良いです。実際に可能かどうかは弁護士に相談です。

金は出すから最大限相手にダメージを与えたいとなれば、協力してくれる人は沢山いますよ。
お礼コメント
momijinohappa

お礼率 86% (102/118)

ありがとうございます。
今後の相手の出方によっては保険会社の弁護士相談に進めることも考えます。ただ、契約上あくまで相談のサービスなので、どこまで手を動かしてくれるのかは限界もありそうです。ここでいただいた材料をもとに、まずは仮差し押さえの可否などの相談から始めることを検討してみます。
投稿日時 - 2019-04-24 07:17:50
  • 回答No.10

ベストアンサー率 16% (218/1360)

質問を読み返させて頂き再回答です。

>このような場合、相手方の画像の提供を求めることはできるでしょうか。

>手だてがあるかどうか、ご教示願います。

こちらにお答えします。

求めることは出来ますが、応じる義務が相手にはありません。

相手が個人でも保険会社でも言えることは同じです。

警察に逮捕されるものが刑事事件で、それ以外の争いは民事事件になります。

事故は犯罪ではないので民事事件になります。
民事事件は、話し合いでの解決が出来ない場合に裁判と言う手段があります。

調停は話し合いの手段のひとつです。

例えどんなに相手が間違っていようとも、相手が話し合いに応じない場合は、裁判をするしかありません。

さらに言うと、裁判で判決が出れば義務が生じますが、それでも支払わない相手もいます。

そうなった場合に、相手の財産を差し押さえる事で回収になりますが、差し押さえにも金がかかります。

差し押さえられるものは、相手の所持する財産と給料です。

財産を差し押さえるには所持している事実やその財産がどこにあるのか知る必要があります。

給料を差し押さえるためには勤務先がどこだかわからなければ出来ません。

そもそも相手に財産がなく無職となれば、何も差し押さえることは出来ません。

また、これらを調べるためにも金がかかりますが、その費用について全額請求できるかと言うとそれも出来ません。
弁護士費用に関しても同じです。

結果的に何かしらの被害者が、十分な補償を得られることはなく、泣き寝入りが基本です。

保険に加入して、大きな損失を予防するしか方法がないのが現実です。

最悪な仕組みですが、日本では民事裁判の賠償金が全体的に安い上に確実に回収する術もないので、諦めた方が良いと思います。

だから交通事故の話では、相手が保険に入っているのか、自分が保険に入っているのかが状況説明として非常に大切です。
お礼コメント
momijinohappa

お礼率 86% (102/118)

ありがとうございます。
やはり相手方に不利な証拠を出させるというのは現実的ではないですね。
まだ同じようなやりとりを続けると考えただけでうんざりです。というのを敵が狙っているとすれば、あらためてふんどしを締め直さなければ、と。
投稿日時 - 2019-04-23 21:43:06
  • 回答No.9

ベストアンサー率 29% (5345/18165)

他カテゴリのカテゴリマスター
後方からの追突(世間一般でいうところのオカマを掘られたというやつ)なら、相手側の過失割合100なので、画像がうんたらかんたらも信号も関係ないです。

ドライバーは危険回避のために急ブレーキを踏む権利があります。そして後続車は、もしかしたら前方車両が危険回避のために急ブレーキを踏むかもしれないということを前提に安全な車間距離を保つ義務があります。
ですから相手は質問者さんが黄色信号だっただろうが青だっただろうがブレーキを踏んでも追突しない距離を保たなければならず、それを保っていなかった時点で負けなのです。

ですから「そちらの車間距離のミスの事故です。不満なら裁判をしてください」でオーケーです。
お礼コメント
momijinohappa

お礼率 86% (102/118)

ありがとうございます。
本当にそれで終わらせたいです。
投稿日時 - 2019-04-23 18:56:39
  • 回答No.8

ベストアンサー率 16% (218/1360)

当事者だから言えないとは思いますが、

追突なんて、自分の車の制動性能と自分の反応速度、前方の車両との車間距離の把握ができていれば起こらない。

突然減速ねぇ
物理的に突然減速することしか不可能ですけど、その相手は何言ってるんでしょうね。

車の減速までの動きの移り変わりは

加速
加速
加速
速度一定
速度一定
減速

このように変わるので、絶対に突然しか減速になりませんね。

減速の前に減速合図と言うのがある場合に限り突然ではなくなりますが、その合図のやり方そいつは知ってるのかな?

ポンピングブレーキがそれに当たると言えば、間違いではないが義務じゃない。

安全な車間距離を取るのは義務でそれが出来ていないのは相手。

既に事故後なんでしょうけど、警察がいる目の前でハッキリそれを主張し相手にも認めさせる。

まぁ、認めなくても警察は法律に従うだけなので、事実関係が確認できればあなたの味方です。

何を争う必要があるのかわかりませんが、そんな輩と話しても時間の無駄だと思いますので、保険会社に任せれば良いと思います。
お礼コメント
momijinohappa

お礼率 86% (102/118)

ありがとうございます。先にも書きましたが、なかなか理屈通りにはいきません。
投稿日時 - 2019-04-23 18:55:07
  • 回答No.7

ベストアンサー率 19% (1557/7924)

どのような理由があっても、追突したほうが100%悪い。

基本的にあなたが青信号で止まったから、過失があっると主張するのなら、相手側が自分の主張を正当化するための証拠を提出する必要があり、
あなたには、それをする必要はありません。

つまり画像の提出を求める必要はないのです。
お礼コメント
momijinohappa

お礼率 86% (102/118)

ありがとうございます。
私もそう思っているのですが、なかなか理屈通りにはいかないようです。
投稿日時 - 2019-04-23 18:53:01
  • 回答No.6

ベストアンサー率 23% (2033/8811)

今後の為にもマイクロSDカードを容量の大きい製品に取り替えましょう。
事故があったら電源ケーブルを抜く習慣をつけましょう。
  • 回答No.5

ベストアンサー率 35% (143/398)

社会 カテゴリマスター
質問者様の保険に、弁護士特約があれば
それを使い、弁護士に後方車両の映像を見てもらう。

民事調停を申し立てる。
お礼コメント
momijinohappa

お礼率 86% (102/118)

ありがとうございます。
民事調停がどのようなものか勉強してみます。
投稿日時 - 2019-04-23 18:51:13
14件中 1~10件目を表示
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

ピックアップ

ページ先頭へ