締切済み

高周波焼入れに付いての疑問

  • 困ってます
  • 質問No.9578980
  • 閲覧数280
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 84% (16/19)

鋼球(SUS440C)を1050℃程度に加熱したいのですが、その方法として高周波焼入れと同じ方法が出来ないかと思いました。添付作図の通りセラミック製の円筒パイプの中に鋼球を置いてセラミック筒の外から高周波コイルを巻いて加熱したら、と素人考えて思いました。一般的な高周波焼入れはコイルと処理対象物の間にはなにも有りませんが、今回の様にセラミックが中間に介在しても鋼球を加熱する事は出来るのでしょうか?(もちろんセラミックも高温になる事は問題は有りませんが)

回答 (全4件)

  • 回答No.4

ベストアンサー率 60% (162/267)

[技術者向] 製造業・ものづくり カテゴリマスター
高周波誘導加熱の原理は、高周波の磁力で対象物を加熱することです。セラミック管は磁力に対して全く影響を与えないので、何も置かない場合と同等に加熱できるのは間違いありません。
とはいうものの、誘導コイルとワークピースの距離が離れれば、磁気的な結合度が減少するので、加熱の効率が低下することを想定した方が良いと思います。
磁気的な結合度を確保するには、熱的及び機械的な強度が許す限り、セラミック管の径及び肉厚を小さくして、誘導コイルと鋼球の径の差を小さくすることです。また、鋼球は隙間を作らないように密に並べておくことが肝要と思います。
お礼コメント
0267

お礼率 84% (16/19)

ありがとうございます。
具体的な注意事項のアドバイスありがとうございます。
投稿日時 - 2019-01-21 08:57:39
  • 回答No.3

ベストアンサー率 52% (652/1236)

製造業・ものづくり カテゴリマスター
問題はセラミックではなくて鋼球の寸法
10mmなのか?100mmなのか?
まさかの1mm以下なのか?
http://www.spc.co.jp/products/ih/information.html
http://www.jeh-center.org/induction_genri.html
http://www.best-system-t3.com/about/theory.html
http://www.photon-cae.co.jp/technicalinfo/05/001.html

高周波加熱の原理から1mm以下の鋼球の加熱は可能なのか?
まぁ一粒だけでなく100粒くらいの塊ならなんの問題も無いでしょうけれど
添付図から推測すると10mm程度なので大丈夫かなとは思うが


↓では誘導加熱じゃあないみたい
http://www.satotekkou.co.jp/technical/process-6
お礼コメント
0267

お礼率 84% (16/19)

ありがとうございます。
失礼しました、10mmです。
投稿日時 - 2019-01-21 08:55:20
  • 回答No.2

ベストアンサー率 36% (67/183)

もちろん可能ですよ。
でもセラミック管に接触を許すならヒーター加熱でもいいんじゃないかな。

ガスとか流すのでなければ、セラミックは樋状で良いのでは?
加熱の時のアウトガスや不純物剥がれで管内汚れると思いますよ。
お礼コメント
0267

お礼率 84% (16/19)

そうですね。
やはり窒素ガスを入れた方が良さそうですね。
投稿日時 - 2019-01-21 08:47:11
  • 回答No.1

ベストアンサー率 22% (3918/17459)

他カテゴリのカテゴリマスター
 
ごく一般的な高周波加熱の方法ですよ
http://www.spc.co.jp/products/ih/case.html
るつぼの中に金属を入れてるつぼの周囲から高周波加熱し金属を溶融する写真が載ってるでしょ。
 
お礼コメント
0267

お礼率 84% (16/19)

ありがとうございます。
投稿日時 - 2019-01-21 08:43:54
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ