解決済み

国民国家という形態がなくなったら次はどのようなかた

  • 困ってます
  • 質問No.9533160
  • 閲覧数73
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 14% (29/207)

国民国家という形態がなくなったら次はどのようなかたちで世界は成り立つでしょうか?宗教?人種?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

ベストアンサー率 57% (3315/5813)

 いやあ、宗教も人種も、国家としてまとめるのは無理でしょう。

 もちろん、宗教や人種を口実に強権を得て、気に入らないヤツをドンドン殺していけば別でしょうけども。

 げんに、同じ宗教でも内乱をやって殺し合っているのですから、なにをかいわんやです。教祖様が亡くなって時代が立つにつれて分解が進むでしょう。

 人種も、宗教や住む場所が違うと分かれています。

 例えば、アラブ人とユダヤ人など遺伝子レベルで言えば同族に近いはず。聖書でも、それぞれの民族の初代は、兄弟とされていた(親は同じ)ではなかったかと思います。

 近親相姦でもし続けないかぎり、人種は分かれていきます。

 では、次に来るのはなにか。

 SF映画にすでにありますが、財力国家が最有力かと思います。

 すでにアメリカの自治体で出現しているのですが、金持ちだけが一定の場所に集まって塀をつくり、独自の警察(保安官?)や消防組織をもってしまっています。自分たちだけで道路や病院などの施設を整備し、福祉システムを作り、自分たちだけで運営しています。

 自分たちと同じ税金を収められない人は、中に入れない。

 日本では地方自治体は作れませんが、アメリカでは条件を満たせば独立した自治体(一番小さいヤツ?)を自分たちだけで作れるのです。

 貧乏人は、穴の開いた道路や、ゴミが回収されない旧市街にとり残される、という状況が発生しています。

 アメリカの金持ちたちは、カネを負担することのない人たちが、平等平等と主張して、自分たちがお金を出して維持している便益を平然と受けることにウンザリしているのです。

 これが現在のアメリカ国家の態度にも反映して、国連への負担金支払いを拒絶する態度になっています。一人前に口を出すならカネも出せ、と。

 先頃は、難民がドイツ人を殺したとか、ドイツ人相手に傷害事件もおこしているとかで反難民の動きも高まっていますが、難民の流入制限も、もとは同じ発想かもしれません。

 働きたくないなら働きたくない者どうしで生きて行けよ、俺たちは俺たちで生きるぞ、というわけです。「カネのある者はカネを出せ、知恵ある者は知恵を出せ、力ある者は力を出せ、カネも知恵も力もない者は辞表を出せ」とどこだったかの首長が当選後に役人に向かって言ってた。

 これがSF映画になると、質問者さんも見た事があるかもしれませんが、洗練された裕福な人たちやそれに従順な貧乏人たちが住む星と、金持ちに反抗的な貧乏人たちが住む猥雑で汚い星に分かれることになっています。

 ま、映画なら、貧乏人たちが金持ち星の住人(貴族)に反抗し、苦労の末貴族たちを破滅させ、平等社会を実現するという、観客にはカタルシスがおきるストーリーなので大入り満員になるのですが、現実社会ではどうなるでしょうか。


 あとは、宇宙人が登場すれば、全地球人が協力しないと破滅するような状況になれば、統一国家が成立するでしょう。
お礼コメント
Hikari0875

お礼率 14% (29/207)

分かりやすくこんな質問に回答いただいてありがとうございました!
投稿日時 - 2018-09-15 14:45:16

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.3

ベストアンサー率 24% (343/1397)

他カテゴリのカテゴリマスター
宗教こそが世界の紛争のほとんどですから、宗教でまとまることは絶対ないでしょうね。
現在世界を牛耳じる金持ちたちの計画は、人種で言えばアフリカは絶滅させる。
中国やインドなどの人口を削減し、地球の資源を金持ち・エリートが支配する世界を作り始めています。
形態の違う共産主義ですね。
彼らが言うには、世界人口を10億程度にしたいみたいです。
そのための格差社会なのですから。
実現できれば、世界政府が出来上がり、AIやロボットが働き、それを使用してる金持ちに仮想通貨が支給される。
そういう召使がいない下層階級は死ぬだけです。
世界政府なのですからそれに歯向かうものは通貨も打ち切られ、従うだけの奴隷国家になります。
もはや999やガンダムの世界ですよ。
宗教や人種ではなく、一部に支配され自由も失いながら生きていく、奴隷国家。
それを模索してるのが世界の金持ち、ユダヤ金融マフィアの計画ですよ。
  • 回答No.2

ベストアンサー率 20% (1891/9416)

社会 カテゴリマスター
国民国家はいろいろな経過があって19世紀に誕生した国家の形態です。それが生まれた経緯は無秩序な戦争による荒廃です。国民国家はそれなりの世界的秩序を実現しました。それが別の形態に移り変わるにはそれなりの理由と経緯が必要です。おそらく一時的に世界が大混乱するような経過を辿るでしょう。19世紀と違って軍事技術が発達しているので、地球が壊れるような大混乱(核戦争)を招くでしょう。人口が激減し、国家が意味をなさなくなる状況で、次の国家形態(おそらく国家がなくなる状況)が生まれるでしょう。国民国家にも欠点はありますが、人類は辛抱強く使っていくしかありません。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集

ピックアップ

ページ先頭へ