• 締切
  • 困ってます

TOEIC(600点前後)の勉強法について

  • 質問No.9519120
  • 閲覧数145
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0
TOEIC600点前後のものです。リーディングが200後半、リスニングが300前半で、リスニングの方が多少は上です。
TOEIC対策にかなりの時間を割いているに関わらず、前回からの試験から点数が数十点しか伸びませんでした。
英語の勉強の量も時間も前回に比べ、かなり増えたのですが
同じような勉強法をしても結局は同じような結果になってしまうと思うので、もし、同じくらいの点で伸び悩んでいたが突破した方がいましたら、改善方法をお教えいただけると幸いです。
ご指導お願いします。
(ここに書いた受験は1月、4月、6月のものになります)

前回(4月まで)の勉強法:
- TOEIC IPテストを受験
- 主な勉強法は「公式 TOEIC Listening & Reading トレーニング リスニング編」のわからない単語を調べ、あとはひたすら頭から何も見ないで音読できるようになるまで暗記する
- リーディング対策は何もしていない

4月以降の勉強法:
- TOEICの通常のテストを受験
- 主な勉強法は「公式 TOEIC Listening & Reading トレーニング リスニング編」のわからない単語をアプリに入れて暗記し、本文はひたすら頭から何も見ないで音読できるようになるまで暗記する
- 上に加えて「公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 3」のわからない単語を暗記アプリに入れ、毎日暗記する
- その他、skype英会話を毎週5時間以上実施

回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 51% (389/749)

とりあえず、今まではリスニングに注力されてきたので、次回はリーディング、特に文法やイディオムに関わる穴埋め問題を頑張ってみてはどうでしょうか?
単語の丸暗記と同じ要領で700~800点をターゲットにした参考書、問題集を一つ選んでそれで勉強してみてください。
もう一つは長文です。こちらは試験テクニックです。長文は全部読む時間がまだ無いかも知れません。前半の穴埋めが反射的に出来るようになると全部読んでも余裕がありますが、迷いながら埋めていくと長文を読み切る時間がないでしょう。それをあらかじめ織り込んで次の方法で長文を試してみて下さい。
1)問題文と選択肢を読む。
2)選択肢を選ぶ理由となるところを長文から探す
3)通常、2つは簡単に違うことが判りますが、最後に引っかけなどがあります。これは悩まず直感で解答。ただし、問題用紙に軽く点でもつけてマークを入れておきます。
4)最後にマークのものをマークを消しながら確認します。

リスニングの後半もリーディングの長文と同じで先に選択肢を読めると正解率があがります。ただし、読む速度が十分でないと読んでいる時にリーディングが始まると慌てるので本末転倒になります。また、聞きながら読むのも止めるべきです。(それが出来るなら聞いてからでも大丈夫)

点数を上げるのが目的なら、こういうテクニックを書き並べた参考書やサイトが沢山あります。英語を勉強するなら不要ですが、点数が必要なら600点取れるならこれまで時間をかけて努力をされているようなので、同じ気持ちで対策をうまくやれば800点以上が望めると思います。(公式にはこのようなテクニックは書いていなかったと思います) Good Luck!
お礼コメント
noname#236236
skydaddy様、すごく詳しい内容をありがとうございます。お礼が遅くなってすみませんでした。
文法の本はintermediateレベルのものを一冊やりましたが、TOEICには準拠していないので、これだけでは対策できないのかもしれません。
700点以上に絞った単語帳はいろいろありましたが、まだ参考書は見つかっていないので、大きな書店に行くときに探したいと思います。
また、試験テクニックもありがとうございます。点を単純にあげたいというよりは英語力をつけて点をあげたいという意図の方が強いです。
ただ、点を挙げる目的があった方が勉強をダラダラするよりは集中してできそうですので、攻略法を考えるようなやり方もときにはありかもしれません。
まずはこの点数台での基礎固めを頑張りたいと思います。
投稿日時:2018/07/20 14:14
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ