締切済み

そけいヘルニアの病院選び

  • 困ってます
  • 質問No.9517638
  • 閲覧数125
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 73% (406/552)

右のそけい部と右の睾丸の張り痛が続いています。
見た目には腫れた感じはありません。
ただ寝ている以外、ずっと張った感じで不快です。

初めての経験で病院選びはどうしたらよいのでしょうか?

とりあえず、近所の内科胃腸科で超音波での検査は可能ということで
今度の土曜に行ってきます。
そこで自宅から近所の病院を紹介してもらったほうがいいのでしょうか?

それともネットで鼠径クリニックの専門クリニックがよいのでしょうか?

ネットで色々調べると術後がかなり痛いとのコト。
恥ずかしながら50代で、かなり不安でビビっています。

よろしくお願いいたします。

回答 (全3件)

  • 回答No.3

ベストアンサー率 37% (385/1016)

ANo2です。盲腸の手術で切るところの少し下が鼠経ヘルニアの起こる場所です。会陰部は陰嚢と体の付け根部分です。
鼠経ヘルニアの発生部位がもっこりしていないのなら泌尿器科を先に受診するほうが正解に早くたどり着けそうな感じです。
補足コメント
aaaaaaaaaa1

お礼率 73% (406/552)

説明していただきありがとうございます。
確かにtakochann2さんのご意見も考えられますね。
冷静さを失っておりました。
ありがとうございます。
投稿日時 - 2018-07-13 21:06:44
お礼コメント
aaaaaaaaaa1

お礼率 73% (406/552)

その後
昨日、触診していただきました。
ヘルニアが出る穴は小さく、可能性は低いとのこと。
ただ張り痛があるので、来週MRIを受ける事になりました。
投稿日時 - 2018-07-15 09:50:47
4つの行動でOK-チップをためよう
  • 回答No.2

ベストアンサー率 37% (385/1016)

鼠径ヘルニアの症状ではないですね。立位でおなかに力を入れると鼠径部が出っ張ります。臥位では戻るので痛くないことが多いです。
膨隆なく痛むことはないです。(肥満で気づかないことはありえますが)
睾丸痛ならば慢性前立腺炎の方がありそうです、ならば泌尿器科です。
部位は鼠径部ではなく会陰部では?
補足コメント
aaaaaaaaaa1

お礼率 73% (406/552)

場所は鼠径部と睾丸の奥(?)からだとの接続部分?(すいません言い方がわかりません)
投稿日時 - 2018-07-12 22:59:39
  • 回答No.1

ベストアンサー率 48% (159/331)

下腹部にポコッと腫れた感じが無いのなら、ヘルニア(脱腸)ではないのかも。睾丸の張りが有るのなら細菌等による感染も疑われますが、点滴からの抗生剤投与で済みます。睾丸の腫れは(ヘンな病気ではなく)「どこかからバイ菌が体内に入って、そけい部で炎症を起こした」というだけの事です。

ですが、『寝ていると痛みがない』という点で、「ヘルニアなのかなー」という疑いも有ります。まずは、近隣の内科を受診して、血液検査で炎症傾向をみて、下腹部のレントゲンを撮ってみてから判断するしかないでしょう。術後(切った後)は、誰でもそこそこ痛いものです。「スッゴイ痛み」を想像してたら、「あ、こんなもん?」という場合もあります。また、痛み止め(服薬)もあるので、大丈夫ですよ。
補足コメント
aaaaaaaaaa1

お礼率 73% (406/552)

昨日、触診していただきました。
ヘルニアが出る穴は小さく、可能性は低いとのこと。
ただ張り痛があるので、来週MRIを受ける事になりました。
投稿日時 - 2018-07-15 09:50:17
お礼コメント
aaaaaaaaaa1

お礼率 73% (406/552)

早速のお返事ありがとうございます。
そうですね。いまの時点では私の勝手な思い込みで鼠径ヘルニアだと。
まずは近所で調べてそれから考えます。
ネットで検索しすぎて頭の中が「鼠径ヘルニア」「痛み!」になっていました。
投稿日時 - 2018-07-12 21:26:59
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
同じ症状や状況になったことある!あなたの知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ