• 締切済み
  • 困ってます

2等辺三角形に内接する円の面積と底辺

AB=AC=1である2等辺三角形ABCに内接する円の面積を最大にする底辺の長さの求め方で、自分の解き方の間違いがわからないので質問します。 内接円の半径をr、底辺の長さをx(x>0)として、∠B=∠C=θ(0<θ<π/2)とおくと、3角形ABCの面積は2通りにあらわせ、△ABC=(1/2)*(1+1+x)*r,△ABC=(1/2)*1*x*sinθ この2つからr=(x*sinθ)/(x+2) 内接円の面積は、π*r^2からr^2が最大のとき最大となる。f(x)=r^2={(x*sinθ)/(x+2)}^2 と置いて、f'(x)=sin^2θ*(4x/(x+2)^3)となり、0<θ<π/2からsin^2θ>0より、 4x/(x+2)^3=0を解こうとしてもx>0から4x/(x+2)^3>0となり、f'(x)=0となるxは求められません。 sinθを使ったのが計算間違いの理由かと思うのですが、定数として扱ってはいけない 理由がわかりません。どなたか間違いを指摘してください。 解説では、内接円の半径をr。底辺の長さを2xとして、3角形の3辺の条件から |1-1|<2*x<1+1から0<x<1、 3角形ABCの面積の1つめは、(1/2)*√(1-x^2)*2xとし、2つめは(1/2)*(1+1+2x)*r,、2つからr={x*√(1-x^2)}/(1+x)を導き、 f(x)=r^2=(x^2-x^3)/(1+x)、f'(x)=-{2x*(x^2+x-1)}/(1+x)^2 、f'(x)=0となるxは0<x<1から x=(√5-1)/2 あとは増減表を書いて、x=(√5-1)/2のとき面積は最大となる。 底辺のながさは2x=√5-1でした。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数1308
  • ありがとう数6

みんなの回答

  • 回答No.6

No.5です。補足(蛇足?)です。 1.内接円の半径rを角ABC(θ)で表す形は一つだけではありません。 r(θ)=cosθ・tan(θ/2)    =(2cos^2(θ/2)-1){(sin(θ/2)/cos(θ/2)}    =2cos(θ/2)sin(θ/2)-{(sin(θ/2)/cos(θ/2)}    =sinθ-tan(θ/2) コサインと半角のタンジェントとの積は、サインと半角のタンジェントの差になるということです。こちらの方が、微分の計算は少し楽かもしれません。もちろんこれは見かけの違いだけで、答えは同じになります。 2.タンジェントの半角ということで、tanθ/2=tとしたパラメータ表示で考えることもできます。   tan(θ/2)=t とおくと、cosθ=(1-t^2)/(1+t^2) だから   r(t)=t(1-t^2)/(1+t^2) tで微分すれば r'(t)=-(t^4+4t^2-1)/(t^2+1)^2 r'(t)=0 として解くと、t^2=√5-2 以下は同様です。 3.この問題の図形的な意味を考えると興味深いものがあります。三角形の面積は(三角形の周長)×(内接円の半径)/2 ですから 内接円の半径は2×(面積/周長)です。つまりこの問題は、等辺の長さが1である2等辺三角形において、周長に対する面積の比が最大となる場合を求めていることになります。仮に周長が一定であれば、内接円の半径が最大=三角形の面積が最大で、正三角形のときであることは明らかですが、この問題では2等辺の長さは一定(1)であるものの底辺の長さxは不定で周長が変化します。 この問題では、内接円の半径が最大となる場合の底角θ≒51.8度ですから、底辺の長さが変えられる2等辺三角形においては、正三角形よりも少し押しつぶしたような三角形のところまでは、「周長の増加より面積の増加の方が効いている」ということです。なお、面積が最大となるのは、もちろん直角2等辺三角形となる場合で、面積は1/2、周長は(2+√2)なので内接円の半径は(√2-1)/2≒0.2929です。ちなみに正三角形では面積が√3/4、周長は3なので内接円の半径は√3/6≒0.2887です。(最大値は0.3002くらいです。)下の図でこの3つの場合を比較しています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

図形的な意味を考えた解説、図を使った説明。いろいろありがとうございます。

  • 回答No.5

xとθには関係があるので、どちらかにそろえる必要があります。 また質問者様の解法でもグラフ(図)を活用すると計算が楽です。 下の図のように座標軸を定め、角ABC=θ とします。 二等辺三角形が成立する条件より0<θ<90度です。 内接円の中心をDとすると、内心は三角形の角の2等分線の交点なので、 Dは角ABCの2等分線:Y=(tan(θ/2))(X+x/2)とY軸との交点です。 したがって内接円の半径をrとすると、r=(tan(θ/2))(x/2) 。 またx/2=cosθ より x=2cosθ だからこれを代入すれば r=cosθ・(tan(θ/2)) で、これをr(θ)とすると、 r(θ)=cosθ・(tan(θ/2)) θで微分すると r'(θ)=-sinθ・tan(θ/2)+cosθ・1/2cos^2(θ/2)    =2cos^2(θ/2)-1-1/(2cos^2(θ/2)) r'(θ)=0 として変形すると、 4cos^4 (θ/2)-2cos^2(θ/2)-1=0 これをcos^2(θ/2)について解くと cos^2(θ/2)=(1±√5)/4 cos^(θ/2)>0 (∵0<θ<90度)より cos^2(θ/2)=(1+√5)/4 で、r'(θ)の正負からr(θ)の増減を考えると このときr(θ)は最大値をとり、内接円の面積πr^2も最大となる このときcosθ=2cos^2θ-1=(√5-1)/2 だからx=2cosθ=(√5-1) なおこのときr=(√5-1)(√(√5-2))/2≒0.3002 (下の図はこの最大値に極めて近い状態)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

tan(θ/2)が出てきて驚きました。数学の問題の解き方は、いろいろあると思いしらされました。お返事ありがとうございます。

  • 回答No.4

再度、誤記あり。 △ABC = r+x(r/2) = r*{1+(x/2)} = r*(1+cosθ) △ABC = sinθ*cos(θ)    ↓ 等置 r = r(θ) = sinθ*cosθ/(1+cosθ)  ↓ r'(θ) = [ {cos^2(θ)-sin^2(θ)}*(1+cosθ) + sin^2(θ)*cos(θ) ] / (1+cosθ)^2 = [ {cos^2(θ)-sin^2(θ)} + cos^3(θ) ]/(1+cosθ)^2   ↓ 分子 = {cos^2(θ)-sin^2(θ)} + cos^3(θ) = {2cos^2(θ)-1) + cos^3(θ) ]   

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳細な計算ありがとうございます。

  • 回答No.3

>底辺1高さrの3角形の面積r/2で、△ABC = r+x(r/2)だと思います。 当方の錯誤でした。 内接円の半径をr、底辺の長さをx(x>0)として、∠B=∠C=θ(0<θ<π/2)とおくと、3角形ABCの面積は2通りにあらわせ、 △ABC=(1/2)*(1+1+x)*r, △ABC=(1/2)*1*x*sinθ この2つからr=(x*sinθ)/(x+2) △ABC = r+x(r/2) = r*{1+(x/2)} = r*(1+cosθ) △ABC = sinθ*cos(θ)    ↓ 等置 r = r(θ) = sinθ*cosθ/(1+cosθ)  ↓ r'(θ) = [ {cos^2(θ)-sin^2(θ)}*(1+cosθ) + sin^2(θ)*cos(θ) ] / (1+cosθ)^2 = [ {cos^2(θ)-sin^2(θ)} + cos^3(θ) ]/(1+cosθ)^2   ↓ 分子 = {cos^2(θ)-sin^2(θ)} + cos^3(θ) = {2cos^2(θ)-1) + cos^3(θ) ] u=cos(θ) とおくと、   ↓ r'(θ) の零点 u^3+2u^2-1=0 u=0.618034 2u=1.236068   

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お返事くださり、ありがとうございます。

  • 回答No.2

>自分の解き方…    ↓ 一例でも… △ABC = 2r+x(r/2) = r*{2+(x/2)} = r*(2+cosθ) △ABC = sinθ*cosθ/2    ↓ 等置 r = r(θ) = sinθ*cosθ/(4+2cosθ)     ↓ r'(θ) = [ {cos^2(θ)-sin^2(θ)}*(4+2cosθ) + 2sin^2(θ)*cos(θ) ] / (4+2cosθ)^2 = [4{cos^2(θ)-sin^2(θ)} + 2cos^3(θ) ]/(2+cosθ)^2   ↓ 分子 = 4{cos^2(θ)-sin^2(θ)} + 2cos^3(θ) = 2[ {2cos^2(θ)-1} + cos^3(θ) ] u=cos(θ) とおくと、   ↓ r'(θ) の零点 u^3+2u^2-1=0 u=0.618034 2u=1.236068   

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

三角比だけで計算できるんですね、xとsinθを用いたものは、どちらか一方だけに直せないかを考えれるようにしたいと思います。

質問者からの補足

底辺1高さrの3角形の面積r/2で、△ABC = r+x(r/2)だと思います。 178-tall さんの書いた通りに計算していくと、同じ答えになりました。

  • 回答No.1

あなたの考え方では、 xとθは独立に動ける訳ではなく、xとθとの間も関係がありますね? AからBCに下ろした垂線の足を考えると、x/2 = 1 * cos(θ)の関係が常に成り立ちます。つまり、(sin(θ))^2 = 1-(x^2) / 4 の関係で、xとθの関係が束縛されます。 f(x) = {(x*sinθ)/(x+2)}^2 というあなたの考え方の式で、展開すると(sin(θ))^2が出てきますから、上の関係式を代入するとxだけの式になりますね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

cosθをxを使って表し、sin^2θ=1-cos^2θに代入すれば、xだけの式になりました。xとθの間に関係があるか、これからは注意したいと思います。

関連するQ&A

  • 円に内接する三角形の面積が最大のときの三角形の形の証明

    【問題】 平面上の点Oを中心とし半径1の円周上に相異なる3点A、B、Cがある。 三角形ABCの内接円の半径rは1/2以下であることを示せ。 rが最大のときは円の面積が最大。そのときの三角形ABCは正三角形だと 予想できるのですが、証明の仕方がわかりません。 わかる方教えてください。お願いします。

  • 半径r(定数)の円に内接する三角形の面積の最大化です。

    半径r(定数)の円に内接する三角形の面積の最大化です。 説明が十分かどうか自身がもてません…orz 底辺を定めると高さが最大の時に面積が最大となるので、内接三角形の頂点は底辺の中心にあり、二等辺三角形になる。円の中心を内側に含む内接三角形を考える。 中心から底辺までの長さをx(0=<x<r)として、高さはx+rで表される。 さらに、中心から底辺の一端に補助線を引くと高さx、斜辺rの直角三角形ができる。 三平方からこの三角形の底辺は√(r^2-x^2)であり、これを2倍すると内接三角形の底辺=2√(r^2-x^2)となる。 ∴S=(x+r)2√(r^2-x^2) , S>0…(1) の極値について考える。s>0よりSが最大⇔S^2が最大なので、 s^2= f(x)について考察する。 f(x)=(x+r)^2 (r^2-x^2)=(x+r)^3(x-r) f'(x)=3(r+x)^2-(x+r)^3=2(r+x^2)(r-2x) ∴実数の範囲ではx=r/2 の時、極値を取る。 f''(x)=4(r(x-1)-3x^2) f''(r/2)=-r(r+4)<0 , (r>0) なので極大である。 以上よりx=r/2でS^2は最大値であり、又Sも最大値である。 (1)に代入して、S=(3√3/4)r^2である。 という感じで不備はないでしょうか? 宜しくご指導願います。

  • 三角形の二辺と面積から内接円の半径を求める

    三角形の二辺(15、13)と面積(84)から内接円の半径の求め方を教えてください。

  • 三角形と内接円の問題

    △ABCとその内接円があり、内接円と辺BC、CA、ABとの接点をそれぞれD、E、Fとする。 (1)AF=x、BD=y、CE=zとする。△ABCの面積Sと内接円の半径rをx、y、zで表せ (2)Iを内接円の中心とする。  P=(AB・BC・CA)/(AI・BI・CI)の最小値を求めよ。 x、y、zを正の数とすると不等式 (x+y+z)/3 ≧ xyzの三乗根 が成り立つことは用いてよい。 という問題に取り組んでいます。 (1)はヘロンの公式を利用して、 S=√(xyz)(x+y+z)、r=√(xyz)/(x+y+z) と一応なりました。 (2)なのですがAI、BI、CIなどをそれぞれ三平方の定理をもちいて出して代入してみると複雑でうまく計算できませんでした。何かいい方法はありませんでしょうか 回答いただけるとありがたいです。 宜しくお願いします

  • 円に内接した三角形の面積

    半径√2 の円に3角形ABCが内接しており、∠BAC=90°です。 3角形ABCの面積をSとするとき、Sのとりうる値の範囲を求めなさい。 三平方の定理を使うのでしょうか?・・・

  • 内接三角形の面積

    円に内接している三角形の面積の求め方について教えてほしいです。 円に内接している三角形をABCとおき、円の中心OからBCに垂線をおろし、 その交点をH、距離をt、そして半径をrとする。 このとき、三角形の面積は1/2×2√(r^2-t^2)×(r+t)でいいのでしょうか? (r+t)についてどのような三角形のときにも応用できるかどうかが いまいちよくわからないので教えてほしいです。よろしくお願いします。

  • 三角形の面積【数I】

    △ABCの三辺の長さをそれぞれ7,5,4とするとき (1)△ABCの面積Sを求めよ。 (2)△ABCの内接円の半径rを求めよ。 (3)最小辺に対する高さhを求めよ。 解き方がさっぱりです。 ご回答よろしくお願いします_(_^_)_

  • 内接円の面積 等比級数

    内接円の面積 等比級数 閲覧ありがとうございます。 手詰まりしてしまったので質問させていただきます。 一辺の長さが1の正三角形ABCの内接円をO1とし、O1に外接し、辺AB、ACに接する円をO2、O2に外接し、辺AB、ACに接する円をO3とする。 以下同様にして、円O1、O2、O3、…、On、…を作る時、円の面積の総和を求めよ。 (画像があります) ヘロンの公式を使い、O1の半径(√3/6)、O1の面積(π/12) までわかりましだが、 O2以下をどうすればよいのか、 どのような等比級数となるのがわかりません。 解説よろしくお願いします。

  • 線分ABを直径とする円の円周上に三角形ABCの内接

    線分ABを直径とする円の円周上に三角形ABCの内接円の半径が最大となるように点Cをとる。 このとき、三角形ABCは二等辺三角形になりますか?

  • 三角形と内接円・内心

    三角形ABCにおいて、AB=7、BC=3である。この三角形の内心をIとする。AIの延長と辺BCとの交点をDとし、BIの延長と辺ACとの交点をEとする。4点C,E,I,Dは同一円周上にある。 1)角BCAの大きさ及び、線分CAの長さを求めよ。 2)BDの長さ及び、BI*BEの値を求めよ。 3)三角形ABCの内接円の半径を求めよ。 以上が問題です。三辺や二辺+一角が与えられた内接円関連の問題は解いたことがあるのですが、条件が二辺ではどのようにしたらよろしいでしょうか?