• ベストアンサー
  • 困ってます

心押しが焼け摩れました・・

先日、新規導入したオークマの複合旋盤を立ち上げる事になったのですが 心押しでの加工一発目で見事心押し(ローリングセンター)の先端を焼け摩れさせてしまいました・・ 今まで小径の自動旋盤と汎用旋盤しか社内になかったので恥ずかしい話NC旋盤のノウハウがありません。以下の状況から焼け摩れの原因となるものがあれば教えてください。 #使用# *オークマMULTUS B-300  *北川 8インチパワーチャック *二村機器(EAGLE STARS)RST5-301(ローリングセンター) #ワーク# *SUS304センターレスΦ20.0X697.0 #加工内容# *Φ20.0→Φ19.9に加工。(全体) *側面溝、1.5?巾が120.0?間隔で5ヶ所(深さ片側1?)。 #備考# 成形生爪で30.0?くわえ込み(底当たり)把握力1MPa 。 ローリングセンターの推力1.0KN 。 センター穴の60°テーパー面 約2?。 切削速度、約120m→50m(びびりの為) 回転数  s2000→s800 送り   F0.08→F0.04 チップ 外径 京セラ サーメットR0.2    溝 サンドビック コロカット *チャッキング時にワークの振れは根元、先端、共に0.02~0.03でした。 ワークが長い為か軽切削にも関わらず条件を落としてもびびりっぱなしでした。あと焼け摩れと同時に当然センター穴も焦げて変形し、ローリングセンターも熱を帯びていました(温かい程度)。 切削条件が速すぎるのでしょうか?

noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数408
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
noname#230359

はじめまして。 Φ20で長さが697mmもあるんですね。 まずビビリですが、径に対して長さが約35倍あるのに仕上げシロが片肉0.05mmしかないのが原因だと思います。 細くて長いワークは仕上げシロが多いほうが安定します。 理由は、仕上げシロが少ないと、刃先がワークを多く切削している箇所とほとんど切削していない箇所が出てきてワーク弾かれているのに似た状況になり振動が起きてビビッてしまうのです。 なぜ削りシロが多い箇所と少ない箇所が出てくるのか? ワークが細長いために、センターを押して主軸を回すと縄跳びの縄のようにたわむからです。 常に一定以上の仕上げシロがあれば刃先が安定してビビリは改善されると思いますが、今度は仕上げたワークの先端と中間点の径がかなり違ってきます(溝も同じです)。 たわみが少ない先端は太く、たわみが多い中間点は細くなってしまうからです。 困りましたね・・・(^^; 僕の経験からですが、多少の継ぎ目(1/100~3/100mm程度)があっても問題が無ければワークの突き出しを半分にして2回に分けて仕上げてはどうでしょうか? 片側を仕上げたらひっくり返して反対側を仕上げるやり方です。 僕もここまで細長いワークを切削したことはありませんが、細長いワークは2回に分けて仕上げています。 次にセンター先端の焼け付きですが、ワークが長いからセンターの推力を上げるとたわむし推力を上げないと空回りして焼けてしまうんですよね。 これも上のアドバイス同様突き出しを短くすることによって推力を強くしてもたわみにくくなるので改善されるかも知れないです。 ワークの把握力が1Mpaとありますが、センターワークで加工するときは1.5~2Mpaに上げてもう少ししっかり掴んでもいいと思います。 長物は旋盤の泣きどころ、ピーターのように主軸の根元で削りながらワークが進んで行けばいいんですけどねぇ(苦笑) 以上、長くなりましたが僕の経験からアドバイスいたします。 余談ですが、僕が現在手がけているワークはΦ110の長さ400mmでSCM調質材です。 これの長手250mmまでをΦ64まで仕上げてM64のオネジを切り、先端をミーリングで6角に割るのですがセンターの推力は5KNで焼け付きはありません。 チャックの把握力は20Mpaです。 因みにバー材の加工時はΦ20だと25~30Mpaです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そういえば fineさんと同じような事を社内の年輩の汎用旋盤士が加工前に言っていたのを思いだしました。新機のNC機だからとちょっと安易に考えていました。 やはり基本は同じですね。 Φ22.0からの削り出しで側面溝を境に半分ずつのとんぼ加工でやってみようかと思います。 有難う御座いました!

関連するQ&A

  • 複合加工機での角材用生爪成形

    複合加工機を使用して、角材(100角)を加工したいと考えております。 四本爪ではなく三つ爪で生爪を四角にする際の成形方法で悩んでおります。 チャックサイズは8インチです。 ワークサイズ 100角×200L 生爪サイズ 巾38×100L チャックを正面からみてワーク(角材)を「□」になるようにするか「◇」に なるようにするか決めかねております。 生爪を巾広タイプにすべきかも悩んでおります。 チャックサイズと生爪サイズの関係上、「□」になるように成形するとワークの3辺チャッキングとなり不安定かと思っております。 また、「◇」になるように成形すると1頂点と2辺のチャッキングになりますが、生爪の取り付けボルトの座繰り穴まで削るのでワークが生爪にあたる部分が少なくなり不安が残ります。 皆さんは角材用の生爪成形をどのようにされているのかアドバイスをいただければ幸いです。

  • 仕上げ加工

    以前投稿されているのを見て加えてお尋ねします。全長80mm、旋盤チャック掴み代12mm(Φ65)、先端から40mmをΦ10(d9)に仕上げる加工で、ハイスでは時間がかかってしまいます。と言う投稿に対して、サーメットが良いと言う皆さんの意見でしたが、サーメットでの切削条件を教えて下さい。

  • まるもんの、治具を切削しています。心押ししていま…

    まるもんの、治具を切削しています。心押ししていますが、100mmで、0.05狂う。 丸棒を削っていますが、先端を30mm(φ) 100mm後部は、30.05あります。 芯押ししています。旋盤は、12年もので、新しいほうです。 どうして、くるうのかな?よろしくアドバイスお願いします。 ちなみに、樹脂を削ります。 アドバイスありがとうございます。 さて、旋盤は、8号レースくらいです。やや大きいです。センター心押しなしで、 ピックゲージで測定しました。それからセンター押しでの測定後です。 そしたら、0.05の差がでました。よろしくお願いします。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5
noname#230359

*二村機器(EAGLE STARS)RST5-301(ローリングセンター) の仕様が確認できません。 以下が、“二村機器株式会社”のサイトです。 http://www.futamurakk.co.jp/ さて、 ? 先ず、使用機器の仕様を確認して、使用条件に合っているか確認する ? 次に、回答(4)さんの記述にある内容を確認する   簡単には、加工の前に手で軽く廻せなければNGです 原因は、?の要因が大きいと考えます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

サイトの中に RC WDC BRC LC の4つの種類の中のRCをクリックするとRSTのセンターがあります。 表から見ると2500minまで大丈夫なようです。 正直、手で廻すと重いです。同業者の方に見てもらう機会があったので確信がもてました! 有難う御座います!

  • 回答No.4
noname#230359

直接の原因は可能性として、 ・心押し圧が弱過ぎた →ライブセンタとワークの間に十分な摩擦力が発生せず、センタがワーク表面を滑る ・心押し圧があまりにも強過ぎた/心押し台の減速が不十分でセンタが勢いよくワークにぶつかった →軸受けがロックしたり損傷したりしてセンタが供回りしなくなる ・主軸の加速力が強過ぎた →ワークとセンタとは摩擦力でしか結合していないため、あまりにも急速に加速するとセンタが追随できなくなる ・ワークのセンタ穴と軸心の不一致 →センタがこじられるため回り難くなる ・センタ穴とセンタの角度差が大き過ぎた →接触面積が小さくなるため結合力が小さくなる ・センタ穴の面粗度があまりにも悪過ぎた →実質的な接触面積が小さくなるため結合力が小さくなる などが考えられます. 複合要因の可能性も少なくありません. 可能性を一つ一つ潰していくしかないでしょう. なお、センタの件からは逸れますが、質問に記載された条件は、 18-8オーステナイトステンレス鋼という被削材を考えると過酷だと言えます. まず、外径旋削の削り代があまりにも小さいため、刃先の食い付きが悪く、 被削材を押し潰す様なかたちになりたがります. 片肉0.05mmでは、相当切れ刃が鋭利でないと刃が被削材に食い付きません. 送りも小さいため、加工硬化の最も著しい層を延々と削り続ける事になり、 切れ刃が滑りたがる事でビビリを誘発します. 一般にオーステナイトステンレス鋼は、切り込みや送りが低過ぎると余計に厳しくなるんです. それを踏まえると決して「軽切削」ではないですね. 切り込みが極端に小さい時点で十分に「難切削」です.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

切り込み量と心押しの周り具合が少し重いという2点が原因として考えられるような気がしてきました。304材質は皆さん嫌いますもんね・・ 上記の6つのアドバイスを参考にさせていただきます! 有難う御座います。

  • 回答No.2
noname#230359

汎用旋盤もNC旋盤のセンターの使い方に違いはありませんが 確認必要なことは ?ライブセンターが手で軽く回るか ?センターを空で前進したときの押ししろが十分あるか ?刃物がセンターに干渉していないか ?センターとセンター穴角度が一致しているか ?押し圧力は問題なさそうですね ?押した状態でワークとセンターに合いマークをマジックで付けた後、主軸を回して停止、そのときに合いマークがずれていなければ切削抵抗が影響しています 焼き付くということはワークとセンターの抵抗、摩擦が生じているということですのでこの辺を確認してください

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

センターを手で回すと少し重い感じです。これが原因でしょうか? あと合いマークは早速試してみます!

  • 回答No.1
noname#230359

ローリングセンターの先端は超硬ですか? センタードリルはいくつのを使われて、60度の面の径はいくつですか? 汎用旋盤のノウハウは持っておられると思われるので、汎用旋盤で加工してみて切削条件を決めればいいのでは。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

先端は超硬でセンター穴径は約Φ4.0ぐらいです。 おっしゃる通り汎用も一つの手ですね。いろいろ試して見ます!

関連するQ&A

  • 両センター加工について

    二村のワークドライビングセンターを使って、両センター加工をしてみようと思いますが、1.芯がずれなくて加工できるらしいですが、両センター加工はどういう状況で使うのかいまいち分かりません。2.よく仕上げ加工のみで使う加工といわれますが、溝入れや外径ネジ切りは出来るのでしょうか。ご教授宜しくお願い致します。 

  • センター穴ドリルの切削条件

    NC旋盤に詳しい方是非ご教授ください。 材質SCMのワークに3mmのセンター穴ドリルを加工する際の、切削条件を教えてください。

  • センタを押すためのセンタドリル加工

    素材がビビルのでセンタ押ししたいのですが、 素材がチャック貫通穴に通らない場合どうしたらいいのでしょうか。 素材切断面に何もせず回転センターでそのまま押す。 回転センター先端形状のメスのボスを作りそれを間にかませ押す。 ポンチを打って回転センターで押す。 本当はチャッキングした状態でセンタ加工→センター押しがいいのでしょうが、 今はそのやり方ですがセンタ加工時に結構ビビリます、、、 仮にポンチ打ってチャッキングしてセンタが大幅にずれて そのまま無理矢理回転センター押し付けたりしてもいいのかどうか、、、 ご助言賜りたく。。。

  • 複合旋盤の芯押しについて

    複合旋盤を使用していますが知識が無く困っています。 サブスピンドル仕様で芯押し台は付いていないのですが サブ側にセンターを爪で掴む、チャックに取り付けるなどは出来るものなのでしょうか。 可能な場合、どのような製品のセンターを、どう取り付けるのでしょうか。 詳しく教えていただけると非常に助かります。 (機械 OKUMA MULTUS チャック 北川8インチチャック)

  • 旋盤加工について

    大雑把な質問ですみません。片方が爪にてチャッキングで片方が芯押し台の旋盤と両方がチャッキング出来る旋盤のメリット、デメリットを教えて下さい。加工物は鉄で、2メートル、φ350、端から端まで加工有り。よろしくお願いします。

  • 旋盤の遠心力に対するテールセンターの負荷について

    工作機械の設計のお仕事をしています 旋盤でワーク重量に対してローリングセンターのラジアル方向の負荷を検討しているのですが ワークの形状にもよると思うのですが仮に只の棒材を回転させるだけのことを考える場合主軸とテールの同芯がしっかり出ているとすれば遠心力による負荷はないと考えてもよろしいのでしょうか テールセンターへのラジアル方向の負荷は加工時の切削モーメントや複雑な形状のワークでの遠心力を検討すればよろしいのでしょうか よろしくお願いします

  • 8インチのNC旋盤でそれより大きなワークの作業は…

    8インチのNC旋盤でそれより大きなワークの作業はできますか マザックのSQTユーザーです。チャックは8インチですが 試作品の切削で困っております。アルミのワークなんですが2種類あってひとつが200φ もうひとつが240φです。小さいほうを加工のだんどりして生爪を削ってみると どうも8インチでは200φの大きさがMAXのようでした。 それでも生爪はチャックからセレーション部が10ミリくらいハミ出してしまって ツールセッター出すのが怖いくらいです。 もうひとつの240φの外径部分をかませるにはどうやったらよいでしょうか 生爪の形状 その他テクニックがあればぜひ教えてください。 またその場合 外形バイトなどはXストロークを超えることはないでしょうか その場合もなにか対策があれば教えてください。 ちなみに10インチのチャックは持っておりません。

  • 芯押のスベリについて教えて下さい

    現在、旋盤で細物を加工していますが、荒加工が終了した時点で、芯押しをはずすと加工物先端の同芯度が径で最大0.1程ふれてしまいます。よく見るとセンタ-ドリルの加工形状がロ-リングセンタ-を押して荒加工をすることによって変形してしまっています。実際これはしょうがないことなのでしょうか。それとも変形をおさえることができるのか判断にこまっています。詳しい方どうかご教授をお願いします。加工ワ-クはHPM38で問題の個所はφ32.0から先端でφ5.6からφ15.0の長さが100.0mm位まで切削しているところで、段々の形状になります。センタ-ドリルはφ1.0のものを1.5mm入れています。芯押は油圧を使っていて圧力は12kg/c?です。芯押しの圧力の強さも影響するのでしょうか。その辺も詳しい方ご教授をお願いします。

  • 内径5?への内溝加工(フライス)

    お世話になります。 タイトルに書きましたが、フライスにて穴内径への溝加工が出来ないか考えております。 ワーク形状は四角です。 一応旋盤はありますので最悪4つ爪チャック、バイトにて内溝の加工はできますが、他の穴位置の関係上より「ワークのチャックをしなおさずに出来れば」と考えております。 フライス盤にロータリーテーブルを付けて加工するしかないのでしょうか。 他にありましたらご教授ください。 尚、穴ですが、内径5ミリ深さ10に対し、溝径7ミリ幅2ミリで、穴入り口より2ミリの位置に掘り込みます。 宜しくお願いいたします。 みなさまの回答に対してお礼申し上げます。 フライスではNCでないと無理と理解しました。 旋盤で加工いたします。

  • 心押台を使っての加工方法

    全長が100~150mmほどあり、ツメでつかめる長さが10mm以下しかないワーク(丸棒)の加工をすることになりました。 そうなると心押台を使わないと加工が難しいと言うか、無理だと思います。 しかし、実際にどういう手順で加工すればいいのかよくわかりません。 同業者の人に尋ねると、「前もって、しっかりとワークをつかめることのできるツメでつかんで、両側の端面を仕上げて、センタ穴も開けておく」とのことでした。 そうしないと全長が出ない、合わないと言われ、確かにそうだと思いました。 が、それだけだと実際に加工する時に使用するツメでつかんだ時に振れてしまい、端面のセンタ穴を心押台で押そうとしても、センタ穴と心押台の先端が合わないと思います。 端面だけではなく、外径のツメでつかむ部分も仕上げるというか、黒皮は削っておかなければいけないと思いますが、どうなのでしょうか。 実際に加工するときに使うツメは、仕上がったワークの形状から考えると10mm程度しかつかめないので、その点は変更できません。 自分の考えでは、 1.しっかりとつかめるツメで片側の端面と、外径10mm以上を仕上げる。 2.最初に使用したツメとは別のきっちりと成型したツメで、上記の加工したワークをつかみ、反対側の端面を仕上げて、センタ穴も開ける。 3.実際に加工する時に使用するツメに換えて、それも成型して振れないようにして、それから実際に外径などを加工していく。 と、このような流れでいいのでしょうか? 何か無駄があるような気がするのですが、この手順でいいのでしょうか。