• 締切済み
  • 暇なときにでも

旋盤加工について

大雑把な質問ですみません。片方が爪にてチャッキングで片方が芯押し台の旋盤と両方がチャッキング出来る旋盤のメリット、デメリットを教えて下さい。加工物は鉄で、2メートル、φ350、端から端まで加工有り。よろしくお願いします。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 旋盤
  • 回答数3
  • 閲覧数214
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

両チャックの機械は両方に主軸機能がありセンター押しできるチャックになってます。チャックを開いてセンターで押した状態でチャックした部分を削ります。ワークを反転せず一回の加工で完了できます。 φ350で可能かどうかはわかりませんが。 と、このような旋盤もあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

チャックを開いてセンター押しできる機能が両側共にある機械があるのですか?確かに反転せずにすむので大変便利と思います。それは加工物を下ろさずにチャッキング状態からセンター押しをしてチャックを開くという一連の動作は可能なんでしょうか?機種名、メーカー等何か分かる物があれば教えて下さい。

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

1.チャッキングしたところは削れない>両方掴むと両方削り残しが出る 2.ただし内径からチャッキングするなら外径は全長に渡って加工可能 だだしそれならJIGを考えた方が安そう 3. 1の工程を考えると芯押し側はセンターでも工程数は変わらないのでは? 4.このワークのサイズなら振れ止めが必要 5.センター、チャックどちらにせよ芯押し台の剛性が重要 ベアリング容量、クイルの直径~長さ 等

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

内径からのチャッキングは難しいのでやはり、削り代が残る事がネックですね。ありがとうございました。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

これから、購入するのですか? それでしたら、芯押し台ありが、良いのでは? 振れ止めも、必要かと思いますが? メリット、デメリットは、使用方法で、違ってくると思います。 両方に、それが存在すると、思いますが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。今はセンター芯押しの旋盤があり、両チャックに改造等の思案をしている段階です。

関連するQ&A

  • 汎用旋盤の偏心加工について

    汎用旋盤の加工についてお聞きしたいのですが 図1の加工物を偏心加工して図2のようにしたいのですが、内径の振れは少し小さくなるのですが図3のように90°ズレた感じになってしまいます 芯押し台の先端で刃先の高さ目視調整、その刃先に合わせてダイヤルの高さ目視調整して芯出ししてます 原因として(大げさに描いてますが) (1)刃先が加工物の中心より上下している(図4) (2)芯出しするダイヤルが加工物の中心より上下している(図5) (3)(1)(2)の両方 (4)加工中に加工物が動いている といったことが考えられると思うのですが、 どれが原因でしょうか?

  • NC旋盤の加工精度について

    直線のパイプの内径をR面取り加工していますがR面取りが均一ではなく偏芯しています。 パイプ自体の偏芯もあると思いますが、NC旋盤のチャッキングによる偏芯はどのくらいあるのでしょうか。チャックは3点のコレットです。 また、旋盤の精度についての規格はあるのでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 旋盤によるリーマ加工について

    現在、旋盤を使用して鋳あがり品の元穴を広げる加工を行っているのですが、要求精度が厳しいためリーマを使用しています。 この鋳あがり品というのが曲面で構成されている為、チャッキングが不確かな部分があり、時折芯ずれが起きてしまい、加工を失敗してしまいます。 そこで、チャッキングについてはもちろんなのですが、工具のホルダーの方である程度芯ずれを吸収してくれる(元穴にならって送りをしてくれる)「フローティングチャック」とういものがあると聞いたのですが、一体どのようなものなのでしょうか? また、そのフローティングチャックを取り扱っているメーカーをご存知のようでしたらご紹介いただきたいのですが教えていただけませんでしょうか? よろしくお願いします。

  • NC旋盤で芯押し台を使用した加工について

    お世話になります。 NC旋盤で芯押し台を使用した加工について、 質問をお願いいたします。 本日、鉄の鋳物(材質は特殊で、失念してしまいました)を治具と芯押し台を使用し加工したところ、 治具の受け面側の径は歪みがないのに 芯押し台に近い径は歪みが出てしまい 測定する箇所によっては 公差外になってしまうという現象が 起きました。 また公差はφ33−0.019〜-0.032 真円度測定機で測った形状は 対角2点が膨らみ、対角2点が凹んでいる形状でした。 膨らんでいるところは公差上限、 凹んでいるところは公差下限でした。 加工方法ですが、 ①締め板を付けた状態で、芯押し台側の端面を切削→センタードリル→芯押し台設置→締め板撤去 ②抑えが芯押し台のみで、治具側端面と径の荒加工と仕上げ加工 という加工です。 現象が起きてから 以下のことを試しました。 ①芯押し台の圧を下げる →歪みが悪化した ②芯押し台の圧を上げる →歪み変わらず ③主軸の回転を下げる →歪み変わらず ④仕上げの取り代を少なくする →歪み変わらず この加工自体いろいろと問題が あることは承知の上です。 別の加工方法に移る前に なぜうまく加工がいかないのか いろいろ試しても考えてもわからなかったので ご質問させていただきました。 ぜひご教示いただければ幸いです。 よろしくお願いいたします。

  • 大至急教えてください。

    汎用旋盤で、円筒研削盤などで使う両センタの治具を作製してます。 何度やっても精度がでなくて困ってます。 やり方は、三ツ爪チャックで丸棒をチャッキングして60度に加工し、 芯押し台には、回転センタを付けてやっています。 何度やっても10ミクロンくらい振れてしまいます。 どなたか教えてください。よろしくお願いします。

  • 木工旋盤加工で毎回、複雑な形を掴むにはどうしたら良いでしょうか?

    木工旋盤加工で毎回、複雑な形を掴むにはどうしたら良いでしょうか? 木材を手で切断して形の違う6角形とか、5角形とか、8角形とか、にします。 1辺の長さとか太さもそれぞれ違う形の物を旋盤で丸く加工します。 同じ形のものはありませんが、旋盤で固定して丸く加工したいです。 どうやって芯を中心になるようにして掴めばよいでしょうか? 初心者ですのでよろしくお願いします。 また、4爪で掴んで加工すると、芯があっていないのか、回転センターをあてていますが 少し、テーパーになってしまいます。 テーパーにならないように丸い棒をつくるにはどうしたらよいでしょうか?

  • 縦旋盤芯ぶれについてMILLAC33

    最近縦旋盤を立ち上げた者です、会社で初の縦旋盤と言うことで聞く人がいません。機械はOKUMA MILLAC 33T です。 旋盤加工で生づめを削ったあと、ワークチャッキングして旋盤主軸ロック➡ミーリング加工に入ろうとしてテスターで芯が出てるか見てみたらx0.04ほどずれていました。 ?と思い旋盤主軸ロックフリーにして削った生つめの芯ぶれを見たらまったく振れてませんでした。 おそらくミーリング主軸と旋盤主軸の芯が出てないと思い、機械の仕様書を調べていたら、(芯づれx0.02y0.02)と書いてありました。 これでは旋盤加工からそのままミーリング加工に移ったときに芯づれしたまま加工してしまいますが皆さんはどのような対策をとっていますか?分かりづらいかと思いますがご教示お願いいたします。

  • タップ、ダイス加工

    旋盤でタップやダイスでのネジ加工をする方法がわかりません。実際のネジ切り時には芯押し台にドリルチャックを取り付けて主軸のワ-クに押し付けるのだと思うのですが、送りはどうすればいいのでしょうか?またM6とかM4などだとタップがすぐ折れてしまいそうに思うのですが、良い方法を教えてください。

  • 旋盤での芯押しセンターについて

    いつもお世話になっております 今回、直径30mm、板厚1.5mmのパイプの外周をNC旋盤で外径加工をして板厚1.2mmにします。 そのときに長尺なので芯押しセンターを使って加工しています 今は内径に合う段付きストレートブッシュを作りパイプに嵌めてから芯押しをしていますが、 材料の購入先やロットによって内径に誤差があり、ガタのあるブッシュだと精度が出ないのでブッシュを作り直しています パイプの芯押しをする時はどのようにされてますか? テーパーだとパイプの端まで削る時に邪魔になりバイトの干渉が起きます 理想は芯押しをして力がかかると内側で広がる内締めチャックのような構造だといいんですが。 振れ止め機能はないのでセンター押しで加工したいです 皆様の力をお借りしたいです 宜しくお願いします 素材はアルミの6000系 長さは400~500mmです 内径は材料の押し出し公差なので加工はしません 他のパイプ部品のインナーになるため外周のみの加工です

  • NC旋盤について

    NC旋盤について皆様の意見を聞きたいのですが、当社は小さなボルトメーカーです。 最近は加工物が多く3D以上(中には10D位)芯押しも出来ない品物もあって加工時間と加工精度の両立が難しくなっています。 そこで、串刃型のNC旋盤の導入を検討しているのですが高松の単能機やタレット式のNCと比べて加工時間や精度的なものはどうなんでしょうか? 加工条件は取代は1.0~3.0mm位 交差は+-0.1mm 材質は鉄・ハイテン系・ステンなど色々です 数量も10本~2000本位で納期物も多くあります。工程は材料を切断してから加工するので、BAR材からではむりです。 僕個人の考えで押し通していいのかどうか、皆様の意見お待ちしております。