• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

薄肉リング加工

外径φ235f6 内径φ220(0~+0.1)長さ44の薄肉リング形状品の旋盤加工を 検討しています。 素材はSTKM13Aφ241.8×t18×L220程度から5個取り(突切り)を考えてますが 類似品加工の実績上、扇状形状の爪を製作しパイプの変形がないよう チャッキング(三ツ爪外張り)しても切り離し後の製品は真円とならず ±0.2程度はひずんでしまいf6公差は無理なのではないかと予想します。 パイプ素材の残留応力等の影響もあるのではないかと考えておりますが 焼鈍すればよくなるのか? 材料取り、チャッキング等に問題あるのか? 同様な製品の旋盤加工している方アドバイスありましたら宜しくお願いいた します。 ちなみに旋盤は8inchのNC旋盤、20個程度の単発生産で予算が決まっている のであまりコストはかけられません。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 旋盤
  • 回答数2
  • 閲覧数909
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

RB利です 当方でも薄肉リングは外径?20から外形?4000くらいまで の製作は良く行います 質問にあるように内外径をH7、h7などに仕上げた後、 突っ切りを行うことを数多くテストしました 突っ切り部ダウンカット、焼鈍等考えられる方法で仕上げ加工後 突っ切りを行ったのですが 必ずひずみます これは突っ切り前には突っ切り部で応力がバランスしていたものが 切り離しでアンバランスになり必要な真円度が確保できないと思います したがって仕上げ後の突っ切りは生産性が良いのですが 薄肉の場合で精度が必要は場合は必ず突っ切り後 別な工程で仕上げ加工を行っています そのときのチャック方法はひずみの出ない方法を その都度とっています(回答1の方の方法も行います) 解決策にならず申し訳ありません 2次加工を工夫してコストをかけない方法を検討ください 追記 荒加工後ひずみを抜くために2日ほど放置してから仕上げ加工を行っています (コストと時間との兼ね合いですが アニール、焼鈍ができる場合は荒加工後  処理を行います)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

丁寧なご回答ありがとうございます。 突っ切りの影響、荒加工後ひずみを抜くために2日放置というのは 参考になりました。 やはり、別工程が必要なようですね、問題はチャッキングの方法…

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

取り付けJIGを作るのが良いように思います 把握するのに爪をいくら扇型にして面積を増やしても動きは(力がかかるのは)3方向ですから 全周に拡大する(もしくは絞める)物が必要です うちだと内径を先に仕上げて内張のJIGを制作し外径仕上げて落としていきます ヒントはテーパーの組み合わせのJIGでチャッキングですね 外側 筒状で内径がテーパー 一部をカット 内側 筒状で外形が外側と同じ角度のテーパー 組み合わせて内側を外側に入れることにより拡張させる  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のご回答ありがとうございました。 内周全周把握のテーパーの組み合わせのJIGというのは まだ、頭に浮かびませんが、少し考えて見ます。 中央部をテーパーにした内径寸法の円盤を分割し 中央部を逆テーパー で閉める…? ありがとうございました。 これを参考にチャレンジしてみます。

関連するQ&A

  • リング加工について

    旋盤で、外径210、内径170、厚さ29の黒皮のパイプ材(S45C)で、 外径200、内径180厚さ27のリングを、三爪のパワーチャックで 加工したいのですが、圧を限界まで下げて加工しても どうしても歪んでしまいます。三爪のパワーチャックでは、加工できないのでしょうか? 何かいい方法があったら教えて下さい。ちなみに真円度が0.04です。

  • 薄肉パイプの加工

    薄肉のパイプを加工できるところを探しています。材料はSUS304で外形φ27 内径φ25H7長さは125ほどあります。端面にはφ60肉厚6のフランジがつきます。これを一体加工したく考えています。またフランジがある側の端面から45までの内面はRy0.4を確保したく考えています。当然最後にホーニング加工が必要と思いますが。この薄肉のパイプ形状の物を加工出来るところが当方の関連工場ではありません。どこか良いところあればご紹介ください。

  • 加工後の製品の歪み

    はじめまして。現在、弊社で加工をしている製品の結果に関してご教授願います。素材はSTKM13Aで寸法が426φ×45T×155L焼鈍有りで完成品寸法が420φ×33T×146.5Lとなります。旋盤加工後に内径を測定をするとチャッキングした際の歪みが0.05、チャックを外すと最大0.2まで楕円状に歪みます。2ヶ月前にも同じ加工をしたのですがここまで歪が酷くありませんでした。現場作業者に問いただしたところ今までと加工手順等に変更はなく従来通り加工しただけと回答がありました。考えられる原因を教えていただけませんか?。宜しくお願いします。

  • ステンレスの薄肉パイプ加工について

    いつもお世話になります。 今回、薄肉のステンレスパイプにエグリ加工をすることになりました。 直径が40mmぐらいで、板厚が1?無いぐらいなのでそのままの加工は難しいらしく、中に鉛を詰めた状態で加工するそうです 薄肉のパイプをエンドミルで加工した時に剥がれたり破れたりしないかが心配ですが、加工に対してのアドバイスをいただきたいです また、エグリの形状が歪なのでマシニングにて加工しようと思いますが、切削液(水溶性)に鉛が溶けたりして害になることはありませんか?

  • 旋盤でφ38厚み3.5mmの端面加工の平面度が出…

    旋盤でφ38厚み3.5mmの端面加工の平面度が出ない!!! 旋削加工でφ38厚み3.5mmのワークを三爪チャックでクランプし端面加工すると、端面の平面度が良くありません。三爪なので3点当りになると考えていたのですが、真円度計で平面度を取ると、楕円形状になっていました。 チャック圧を最低に設定したり、粗仕上げに加工を分けたり、爪当りを変えたりと色々やって見ましたが、なかなか5μ以下に改善する事が出来ませんでした。 薄肉のワークの歪が出ないような加工方法のアドバイスを頂けないでしょうか。よろしくお願いします。

  • 精密薄肉パイプ加工

    STKM12Aパイプ材Φ219.5内径203.0 長さ90MMを 外形217.4内径208.0 長さ88mmに仕上げます。 t4.5mmの公差は、±0.1mm 今は、外形に特殊な爪っを作り加工していますが、どうしてもひずみが、出てしまいます。 内径もひずみが出てしまいます。 加工に、なにかいい手立てはないですか 今は、最初に外形加工ほぼ外形がすっぽり隠れてしまうチャック爪製作し加工をしています。外形加工後 寸法±0.4ぐらい 内径も前面が当たるように爪を作り制作しています。 加工後±0.4ぐらい もっと精密に加工がしたい、簡単な加工方法が、もしあれば教えてください。

  • 内径加工時、キズがついてしまいます。

     いつもお世話になっております。 STKM400のパイプ材(φ50×φ35×135)をボーリングバーでφ45まで広げていきます。(L=39) 面粗度はうるさくないので、荒、仕上げは一本で加工しております。 この加工中におきる仕上げ面のキズに困っております。 加工後、φ45 0.+0.039の栓ゲージにて検査をするのですが、少しでもキズあるとゲージが入りません。 キズの種類はムシれたり、白くなったりします。 条件はV=200~250 F=0.2~0.25 チップは住友のTPMTのSUブレーカーです。 加工後、キリコはぱらぱらになるのですが、ワークの中にかるく詰まってる感じです。 6インチの旋盤なのですがワークが奥まで入らないので、高爪を加工し、ストッパーになるような形状にしております。 キズの原因はキリコだと思うのですが、どなたかキズが減るような良いアドバイスをよろしくお願い致します。 今の爪の形状ですと、キリコが奥から出にくいので、ストッパー径の部分の径を広げようと思っております。

  • 旋盤加工について

    大雑把な質問ですみません。片方が爪にてチャッキングで片方が芯押し台の旋盤と両方がチャッキング出来る旋盤のメリット、デメリットを教えて下さい。加工物は鉄で、2メートル、φ350、端から端まで加工有り。よろしくお願いします。

  • 材質ADC12形状Dφ87dφ83L120の内径…

    材質ADC12形状Dφ87dφ83L120の内径加工真円度問題 タイトルにある筒形状のアルミダイカスト品の片側8mm程度を旋盤三爪チャックでクランプ(ワークL120mmで爪掴み代8mm)し、反対側からL95mm程度内径加工をしているのですが、真円度要求が15μ以内と厳しく、公差をクリア出来ません。 調査を行っているのですが、チャックに近い部分は三爪のおむすび形状の歪が出て、チャック圧の改善や爪当りの改善でクリア出来たのですが、爪から離れるに連れて真円度形状が楕円になり大きくなっていて、公差を越えてしまいます。 突き出しが長いと思うのですが、チャッキング代を変える事が出来ません。加工の面から保持方法でよい方法が無いでしょうか。 また、ワーク全長が短いL50mm程度のワークでも同様の不具合が出る事があります。素材の前工程やアニール処理にも問題があるのではと考えています。当社では鋳造→アニール(250℃2H)→ショット→塗装→加工とになっているのですが、工程やアニール条件等おかしい所はありませんでしょうか。アドバイスお願いします。

  • SUS316Lの薄肉切削

    17角で高さ6.5のSUS316Lのブロックに外径φ13内径φ5のリング溝を深さ6.1 まで削り、反対から深さ0.2削った形状のものを作りたいと考えています。 旋盤で加工していくと薄肉部が0.2のため、バイトの刃先でたわんでしまいます。 なんとか切削加工で作りたいのですがどうしたらよいでしょうか?