• 締切済み
  • 困ってます

薄肉パイプの加工

薄肉のパイプを加工できるところを探しています。材料はSUS304で外形φ27 内径φ25H7長さは125ほどあります。端面にはφ60肉厚6のフランジがつきます。これを一体加工したく考えています。またフランジがある側の端面から45までの内面はRy0.4を確保したく考えています。当然最後にホーニング加工が必要と思いますが。この薄肉のパイプ形状の物を加工出来るところが当方の関連工場ではありません。どこか良いところあればご紹介ください。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 旋盤
  • 回答数2
  • 閲覧数1513
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

基本は回答(1)の通りだと思いますが、思案だけしてみました。 SUS304、肉厚1ミリ、公差H7、いずれも厳しすぎます。 私が依頼をされても『出来ません』と言いいます。 外注業者なら、チャージ50h分と材料費を成否に拘わらず支払う、とかの条件でトライしてもらうしかないでしょう。 ●SUS304:加工硬化が激しい材料。切削で削りシロを小さくすると硬化部分を削ることになる。それを避けるため一気に削ることが必要→切削力が大きくなり薄肉にしにくい。快削材料のSUS303ならかなりマシだが、この材料は用途に適さない場合もある。 加工時の発熱も激しく熱膨張率も鋼より大。公差を守ることを妨げる。 ●外径、内径のどちらから攻めるかについて、通常は外径が先で公差の入る内径を後にするが、脆弱な形で内径を仕上げることになる。対策として外径を支えたいがかなり難しい。 逆の方が良さそう。内径を仕上げて芯金を入れ、外径を加工することは容易。。。しかし加工後芯金を抜いたらどうなるか。。。加工による歪みが解放されて変形。。。内径公差は守れそうにない。 しかしこの変形は、外径が先、支えて内径仕上げ、でも同じ事。 ●ホーニング加工:砥石加工であるが、圧力は結構掛かるため、1ミリの薄肉に適用できるか?出来たとしてもフランジ部とパイプ部は径差が生じることは間違いない。 ●パイプ+フランジ→溶接 パイプ単独で内径公差を満たせるか?また溶接による歪みはとても公差のレベルじゃない。 材料→SUS303、肉厚→3~2ミリ、公差→努力目標 なら出来そうな気が。。。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のご返事ありがとうございます。このページの趣旨よくわかっております。その通りです。今検討しております。部品は現在あるところで作られています。物理的に、公差、パイプの肉厚は確保しなければ性能が出ません。いろいろ検討、探していますが岩魚内さんの言われるとおりで、内径を決めてから、芯ガネを入れて外研しかないかと考えていますが、なかなか手がけてくれるところがないのが現状です。最終仕上げ前のひずみ取りが必要かとも考えてますが、いわれる通りなましによりホーニングでの寸法確保など不安な点一杯です。まあやってみなければわからないと思っていますが、たとえば内径は放電で仕上げるとか、経験ある方いないかとワラをもつかむつもりで質問しています。何か良いアイデアあればよろしくお願いします。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

ここは加工方法を聞くところだと思ってますが 加工先はNCネットワークで探した方が良いように思います

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。このページの趣旨はよく理解しております。 NCネットワークなど広く探してますがうまく行かないのが現状です。

関連するQ&A

  • 精密薄肉パイプ加工

    STKM12Aパイプ材Φ219.5内径203.0 長さ90MMを 外形217.4内径208.0 長さ88mmに仕上げます。 t4.5mmの公差は、±0.1mm 今は、外形に特殊な爪っを作り加工していますが、どうしてもひずみが、出てしまいます。 内径もひずみが出てしまいます。 加工に、なにかいい手立てはないですか 今は、最初に外形加工ほぼ外形がすっぽり隠れてしまうチャック爪製作し加工をしています。外形加工後 寸法±0.4ぐらい 内径も前面が当たるように爪を作り制作しています。 加工後±0.4ぐらい もっと精密に加工がしたい、簡単な加工方法が、もしあれば教えてください。

  • ステンレスの薄肉パイプ加工について

    いつもお世話になります。 今回、薄肉のステンレスパイプにエグリ加工をすることになりました。 直径が40mmぐらいで、板厚が1?無いぐらいなのでそのままの加工は難しいらしく、中に鉛を詰めた状態で加工するそうです 薄肉のパイプをエンドミルで加工した時に剥がれたり破れたりしないかが心配ですが、加工に対してのアドバイスをいただきたいです また、エグリの形状が歪なのでマシニングにて加工しようと思いますが、切削液(水溶性)に鉛が溶けたりして害になることはありませんか?

  • SUSパイプ材を探しております

    装置の設計をしているのですがステンレス材(SUSであれば何でも可)で内径6φ(仕上げしない)外形25φ以上の材料はあるでしょうか? 穴加工が70ミリ以上ありますのでパイプ材があれば と思ったのですが・・・

  • 薄肉リング加工

    外径φ235f6 内径φ220(0~+0.1)長さ44の薄肉リング形状品の旋盤加工を 検討しています。 素材はSTKM13Aφ241.8×t18×L220程度から5個取り(突切り)を考えてますが 類似品加工の実績上、扇状形状の爪を製作しパイプの変形がないよう チャッキング(三ツ爪外張り)しても切り離し後の製品は真円とならず ±0.2程度はひずんでしまいf6公差は無理なのではないかと予想します。 パイプ素材の残留応力等の影響もあるのではないかと考えておりますが 焼鈍すればよくなるのか? 材料取り、チャッキング等に問題あるのか? 同様な製品の旋盤加工している方アドバイスありましたら宜しくお願いいた します。 ちなみに旋盤は8inchのNC旋盤、20個程度の単発生産で予算が決まっている のであまりコストはかけられません。

  • 薄肉加工の歪み

    SUS630、外径約5mm、長さ約8mmの棒材を内径穴ぐりし、ホーニング仕上げ後、外径を研磨して薄肉(0.18mm)円筒にするのにおいて、外径研磨するまでは円筒度は1μm未満になっています。しかし、外径研磨してマンドレルを外すと、円筒の一側面もしくは2側面が内側に歪み、円筒度が10μm程度まで低下します。対策はどうしたらいいでしょうか?素材は固溶体化処理されています。自硬処理はホーニング直前です。

  • SUS316Lの薄肉切削

    17角で高さ6.5のSUS316Lのブロックに外径φ13内径φ5のリング溝を深さ6.1 まで削り、反対から深さ0.2削った形状のものを作りたいと考えています。 旋盤で加工していくと薄肉部が0.2のため、バイトの刃先でたわんでしまいます。 なんとか切削加工で作りたいのですがどうしたらよいでしょうか?

  • 精密薄肉パイプの内径・外径研磨加工

    皆さんお疲れ様です。 早速ですが、タイトルにある薄肉パイプの内径・外径の研磨加工で困っております。 材質はSKH-9 硬度はHRC62 外径Φ30.000 交差+0~-0.005 内径Φ28.200 交差-0~+0.005 内径・外径との同軸度は0.005以内です。 製品長さは100mmです。 内径・外径ともに歪がかなり出ると思われます。 皆さんならどの様に加工されますか? ご教授願います。

  • SUS304 バー材 パイプ形状加工

    はじめまして! この度、SUS304のバー材を使って、長さ約200mmの長さで、外径Φ16h6、内径Φ10H7に加工する仕事が舞い込みました パイプ材を使わす、無垢からの加工で、後工程研磨なしの旋削仕上をしなければなりません これだけの長さで、薄肉パイプ状に加工する仕事は初めてで、びびりや真円が出ない、長さを数回に分けて加工すると、ミスマッチが出たり・・・とかの懸念があるのですが まだまだ経験が浅いため、どうしたらいいのか分かりません 何卒、アドバイス、よろしくお願いします

  • 丸物の薄肉加工について。

    技術の森の皆さん初めまして! 皆様のお力を貸して下さい。 丸物の薄肉加工についてお聞きします。 材質 硬質アルミ 7000系 2000系 全長133mm 厚み5mm φ50.2mmのフランジに立ち上がり128mm外径40.6mm内径40.0mmの丸物加工があります。 内径の40.0mmは貫通です。 この品物を加工するにあたってどんな治具があれば加工できるのか解りません。 内径40.0mmを仕上げてから中にスリ割治具のような物を入れれば上手く加工できますか? MCは普段使っているんですけど、NC旋盤は全くの素人なので皆様の意見を聞かせて下さい。 解りにくい説明で大変申し訳ありませんがお願い致します。

  • SUS304のパイプ材を探しております

    現在SUS304のパイプ材を探しております。 形状は内径Φ15mmで板厚0.3mm(外形Φ15.6mm)で長さ(高さ)30mm位です。 上記パイプが大至急必要ですので、どなたか、上記パイプを在庫で持っているところ、またはもっていそうなメーカを教えていただけないでしょうか。 よろしくお願いいたします。 以上