• 締切済み
  • すぐに回答を!

テーパー部分のチャッキング

NC旋盤の切削加工の時、鍛造素材の黒皮でテーパー部分チャッキングのアドバイスをおねがいします。 チャックは北川のB-08三つ爪中空を使用 チャッキング部分はボス状で先端部径24mm、高さ12mm、勾配7°素材最大径74mm、全長17mm

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 切削
  • 回答数2
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

無理です。 どうしてもやりたければセンター穴付近残りますが、押しコップ(センター)で押して加工すればどうでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

7°あれば硬爪でも把握は無理(危険)です。 74mm側を掴みボス側を先に加工しましょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 爪ですが7°にあわせて成形しても無理でしょうか?

関連するQ&A

  • 六角材のチャッキングについて

    六角材をチャッキングするとき、3つ爪で生爪を六角材の対角径に削って六角材の角でチャッキングして加工しているのですが、材質(特にSSや45C)やチャッキング長さによって素材の六角の部分がつぶれてしまいます。基本的にはこの方法でうまくいってるのですが。 H13~H30くらいまでなのですが、やはり平な部分をチャッキングするのが一番いいのでしょうか? 6インチ、8インチのNC旋盤を利用しています。パワーチャックです。

  • ストレート部とテーパー部がある軸のトルク伝達

    初心者の質問ですみません。 ストレート部とテーパー部が混在する軸(例えば小径d1→テーパー部→大径d2)に、片端小径部は固定としてトルクセンサーを配置し、片端大径部にトルクをかけてねじっていった場合、途中のテーパーの勾配や大径部の長さによって計測されるトルクは変わるものなのでしょうか。(全長は変わらないとして) 材料力学の本を眺めた感じでは、トルクとしては同じに思うのですが、ある人から聞いた話では大径部の長さが長く勾配が急な方がトルクが大きく出ると言っていたので、よく分からなくなり、投稿した次第です。

  • テーパーがついてしまい困ってます。

     毎々お世話になります。  現在、NC旋盤にて丸鋼(SS400)をφ22からφ20に切削する箇所があるのですが、先端から奥(幅33mm)にかけてー0.03のテーパーがかかってしまいます。  面粗度がRma=6.3Sの指定があるので、仕上げ代0.02を残して 仕上げの切削条件をV=200、F=0.03で切削しております。  そこで?旋盤の芯が出ていないのか?     ?条件が悪いのか?  自分でも調べておりますが、何しろ時間がないもので…  あと、他の方の質問の欄に「0切削」という言葉ありましたが どのようなことでしょうか?  お手数ですが、ご教授よろしくお願い致します。    Rmaではなく、Rmaxでした。 よろしくおねがいいたします。

  • NC旋盤でテーパーがついてしまう。 主軸の振れ?…

    NC旋盤でテーパーがついてしまう。 主軸の振れ?レベル?その他? 本日、NC旋盤でφ60-長さ80mmの加工で0.02mmのテーパーがついてしまうのでメーカーより機械調整に来て頂きました。     (メンテナンスはど素人なもので) レベル、主軸の振れ等の修正の予定でしたが レベル出しだけで150mmで0.01未満のテーパーに収まったのでこれで終了したのですが、 その後仕事としてφ47-61.5-φ50.3-25の段の付く製品の加工をした。 φ47-61.5間で0.01、φ50.3-25の間で0.005のテーパーが付いてしまいました。 150で0.01のテーパーなのでφ47-61.5間で0.004、φ50.3-25の間では0.0016になるはずでは? メーカーは、加工条件不明ですが手動送り(ハンドルではない)で確認していましたが、自分はプログラムによるNC運転で加工しました。 これによってテーパーの出かたは変わってくる物なのでしょうか。? ちなみにプログラムの加工条件は   ワークはSCM440   切削速度は300m/min   送り0.2mm/rev   ノーズR0.4 です。 加工条件でテーパーの出かたは変わりましたっけ。? テーパーが付かなかった頃はそんな事無かったように思えます。 皆さん、色々とアドバイスありがとうございます。 皆さんの回答、メーカー側との相談を踏まえて、今で直ぐできる調査をしてみました。 まず、メーカの修理後の段階でのメーカー側の確認。  φ60×150を片持ちで加工。チャック端面からの突出し214。    S=650 F=130 程度 (非自動)    先細の0.01未満のテーパー。 その後、弊社で確認。  φ57.8×150を片持ちで加工。チャック端面からの突出し214。    V=300 送り0.071 程度 (自動)   ・先端から元にかけテストインジケータで計測。 先細0.01テーパー   ・マイクロによる計測 先端 φ57.79              先端より37 φ57.785              先端より75 φ57.79              先端より112 φ57.795              先端より150 φ57.805   ・ワーク先端にテストインジケータを当てワークを回す      0.005針が振れる。   ・ワーク先端にテストインジケータを当てワークを手で押す引く      ±0.01針が振れる。   ・チャックにテストインジケータを当てチャックを手で押す引く      ほぼ振れない。?  他のワークで   φ16×46 チャック端面からの突出し89。    先細0.01テーパー     φ20×66 チャック端面からの突出し109。    先細0.02テーパー     *加工条件により多少の違い出る。 加工機詳細です。 MAZAK QUICK TURN NEXUS 150 北川8インチチャック

  • 吸引装置についておしえてください

    NC旋盤に吸引装置を取り付けて、厚さ1.0mmのアルミ板を吸引力でチャッキングしたいと考えております。 油圧によるチャッキングは行いません。 弊社のNC旋盤は中空チャックで8インチです。メーカーは森精機です。 かなりの圧力で吸引しないと製品が飛んでいってしまう恐れがあるのと、当然、主軸が回転するので回転しても吸引できる装置はないでしょうか? 製品の大きさは、100mm×50mm×厚み1.0mmのアルミ板です。 ちなみに、吸引装置のチューブ等が入るようにチャックシリンダーは外してあり、主軸にドローパイプが付いてあるだけのようにしてあります。 何卒、よろしくお願い致します。

  • テーパになってしまいます

    小型NC旋盤で内径φ2mm深さ4mmの穴をボーリングバイトで加工しているのですがテーパ(奥締り、口元に対し奥が-7μm)になってしまいます。解消するにはどうしたらよいのでしょうか? 形状は抜け穴でバー材からの加工、φ1.8のドリルで荒加工をいれています。切削条件はV=30m/min、D=0.02mm、F=0.01mm/rev。材質はSUS303です。宜しくお願いします。

  • テーパー加工の面当たりについて

    現在、旋削加工にてφ28×1/5テーパー通り穴の加工をしているのですがテーパー当たり75%以上の要求があり困っています。内容は 1 テーパー外径をチャッキングしていますが、チャック応力による加工面のうねりやテーパー当たり不足が生じている。特に小径側。 2 そもそも旋削ではこの要求を満たせない可能性もあれば、後加工でどのような加工で仕上げるのが適しているのか。 素材はSCM435、チャッキング位置はテーパー小径側外径部(肉厚8ミリ程度)情報が少なく回答しずらいと思いますが、アドバイスだけでもよろしくお願いします。追工程でホーニングやスパロールなども検討中です。 いろいろと試行錯誤の結果、テーパー加工面に対するチャック応力を回避できましたが(小径部の真円度がよくなりました)うねりが解消できません。 初心者故の質問ですが、いい刃物や推奨条件などありましたらアドバイスいただけないでしょうか。材料は SCM435-R 60D 硬度HRC30程度です。 どれぐらいの取りしろが適当なのかもいろいろ試しているのですが、良い結果が私では出せません。情報が少ないと思いますがアドバイスだけでもよろしくお願いいたします。

  • テーパー穴の加工について

    みなさんこんばんわ! 現在足回りの自動車部品をマシニングセンタで加工をしているのですが、非常に時間がかかって困っています。みなさんのお知恵を貸してください。 素材はFCD450で、ネックの加工部が二箇所の寸法の違うテーパー穴(1/6)です。このテーパー穴の面粗度および相手部品との接触面積が非常に厳しいため、時間がかかっています。 加工順序は ?小径側から下穴加工 ?小径側の面取り ?大径側から段付ドリルで加工(面取り加工含む) ?大径側よりテーパーリーマ加工(荒) ?大径側よりテーパーリーマ加工(仕上) です。切削条件はジグにより変わってくるので明記はここではしません。 現在考えているのは、?の加工を?で段付ドリルにして工具交換時間を短縮をしようと思ってます。 みなさんはテーパーリーマの加工はどのようになさっているのでしょうか?またよい工具メーカーなどありましたら教えてください。 お願いいたします。 みなさんありがとうございます。 ちなみにテーパー穴の大径側は1つはφ17.5、もう一つはφ21.5でテーパーともに1/6です。厚みはともに23mm。 相手部品との接触面積70%以上で粗さは3.2aです。 なお横型マシニングセンタで円テーブル仕様の機械です。 MTの短縮が最大の課題で、ネック工程です。 工具交換時間等の短縮及び加工条件等により解決したいのですが・・・。 またテーパーリーマの寿命なども影響するので一概に条件を上げるわけには いかないと思うので・・・。

  • 加工物がテーパーになってしまいます。

    6尺汎用旋盤で芯押しをせずに50φ位のSS材を200mm程外形切削すると 0.06mm程芯押し側が太くなってしまいます。 芯押しをして同じ条件で切削すると0.01mm程の先太りになります。 チャックを先日直装タイプの新品に交換してみましたが、状況は変わらずでした。 ベッドの水平は精密水準器を使用して、ほぼ水平な状態です。 どの辺を調整すれば先太りになるのを修正できるのか、 ご存知の方おられましたら、ご教授お願いします。

  • 仕上げ加工

    以前投稿されているのを見て加えてお尋ねします。全長80mm、旋盤チャック掴み代12mm(Φ65)、先端から40mmをΦ10(d9)に仕上げる加工で、ハイスでは時間がかかってしまいます。と言う投稿に対して、サーメットが良いと言う皆さんの意見でしたが、サーメットでの切削条件を教えて下さい。