• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

ストレートリーマ加工で穴拡大(16.00mmのは…

ストレートリーマ加工で穴拡大(16.00mmのはずが16.25) S45Cの丸棒に16.00mmの穴をあけたいと思い、MT2のストレートのリーマーを購入しました。下穴はバイトで15.85mmに仕上げて、リーマーを通したところ、穴が16.25mmになってしまいました。使用している機械は 桐生機械の6尺旋盤です。リーマーはスリーブを利用して押しコップにつけています。回転数は50rpmで、切削油は沢山使いました。押しコップの芯がずれているのと考えて、両センター押しで切削して、外径をいくつか測定して、テーパーが最小になるように押しコップの横ずれを調整しました。それでも、リーマーを通すと穴が拡大していました。 どうやったら、リーマーが正確に通せるのでしょうか。もしかして、旋盤自体(押しコップの軸が横にずれているとか)なのでしょうか。 プロのご意見を教えて下さい。 素人の旋盤いじりより。

noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1015
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#230359

ご参考までに書き込みをさせて貰います 多分 主軸と心押台(押しコップ)の心ずれです と言っても横方向ではなく、高さ方向だと思われます 試しにチャックにダイヤルゲージを付けて心押台のずれを測定してみて下さい。 以外に横方向の方がずれてたりしますよ 経験的に心押台が下がっていると思われ、当方では 機械をばらして主軸を下げた事もあります。 高さ方向の修理は大変金額がのしますのでお勧めできません 頑張ってバイトで仕上げて下さい、ご健闘を祈ります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

芯ずれなんですね。良く分かりました。 0.02mmの精度ならバイトでなんとか 達成できているので、リーマーを使わずに バイトで仕上げてみます。 言われてみれば、以前から、押しコップと 主軸のセンターの高さが、目測でもずれている のを感じていました。押しコップの方が高い 感じでした。旋盤の仕様なのでしょうか。 いずれにせよ、バイトでがんばってみます。 有り難う御座いました。

関連するQ&A

  • POMのリーマ加工について

    φ12・0のPOM材料にφ8.0のリーマ加工を行っているのですが、加工入り口が大きくなり、終了位置が小さくなります。(入り口と終了位置の誤差は30μくらいです。)また加工深さは45ミリです。 まだ芯ずれなどは確認していませんが、よい知恵がありましたら宜しくお願いします。 工具は超硬を使用したいのですが、高価なのでハイスを選定しました。 切削条件: S600 F0.5 F1.0(戻り) 下穴径 : φ7.9~7.7 工具  : 栄工舎 SCRストレートチャッキングリーマ(ハイス) 切削油 : 油性 工作機械: 自動旋盤

  • 至急! リーマ加工と切削油について教えて下さい!…

    至急! リーマ加工と切削油について教えて下さい!!! リーマ加工と切削油について至急お答え頂きたいと思います! 質問:20mmの穴をあけるとします。次の??の場合。 ?不水溶性 切削油(油系)で、穴をあけたら、20mmではなく、19.9・・になった。20mmより小さくあいた。 ?水溶性 切削油(水+油系)で、穴をあけたら、20mmではなく、20.1・・になった。20mmより大きくあいた。 ☆この二種類の切削の穴になるのはどうしてですか?至急、どなたか、ご回答をお願い致します。☆

  • リーマー加工の刃持ち。

    こんにちは、S7です。 穴加工がとても苦手で困っています(特にリーマー)。 リーマー加工のさいリーマーがすぐに摩耗(?) して使えなくなってしまいます。原因をいろいろ 調べてるとこなのですが、なかなかみつからず。。。 どなたかご指摘があればお願いします。 10.01ブローチリーマー使用例 縦型MC、40番 水溶性切削油(エマルジョン5~7%) センター→下穴9.7or9.8→10.01リーマーS250F40 SKD11、フカサ50通し 30穴未満で摩耗大 刃先がギザギザになってきて(特に先端の食いつきのところが)、 ロードメーターが上がりすぎてしまい終了。 リーマー進入時にキュルキュル~っとこすってるような音がします。 また、リーマーが貫通するときも、ロードメーターが少し上がって いました。 超硬リーマーも検討しているのですが、まだ、ハイスも使いこなせて ない状態では、何本無駄にしてしまうか不安で使用してません・・・(ーー;) 自分では穴加工が原因かな~とは思ってますが、 なかなか、改善しません。 ブローチ+水溶性+SKDという組み合わせ的に無理があるのでしょうか。 どなたか、よろしくお願いします(_ _)

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
noname#230359

こんにちは、 リーマにばかり気をとられているようですが、下穴の(バイトの)センターは、でていますでしょうか? リーマで仕上げる場合、下穴はドリルであけられた方が宜しいのではないでしょうか? (状況に応じたやりかたで) バイトで15.85が(0.05の数値)あけられるのであればリーマを使わずにそのままバイトで16.00をあけられた方が宜しいかと思います。 がんばって自分の技術にしてください

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

バイトで下穴を仕上げた方が正確だと思っていましたが、ドリルであけた方がよい場合もあるのですね。 やっぱり、バイトで仕上げるのが無難なようですね。がんばってみます。有り難うございました。

  • 回答No.2
noname#230359

高さ方向の芯ずれとおもいます。 回転センターで、リーマー押しながら、ハンドル でまわしていけば、割と出ますよ。16ミリなら、バイトで仕上げるのが一番ですが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

とてもよく分かりました。有り難う御座いました。

関連するQ&A

  • リーマ加工について

    いつもお世話になっております NC旋盤にてブッシュを加工する際に、 内径をリーマで仕上げたいと思います 旋盤は工具固定でワーク回転なのでマシニングとは勝手が違いますよね 旋盤で8mmの丸棒に6mmのリーマを加工する時は、超硬がいいのかハイスがいいのか、エンド刃付きがいいのかと、選定に悩んでおります 加工はバーフィーダーによる連続加工で、止まり穴になるのでスパイラルがいいんですよね? チャックからの突き出しは30mm程度です 古い機械なためセンタースルーはありません このような条件の時に気をつけることなどがあれば教えていただきたいです

  • 鋳鉄加工における切削油について

    ちょっと時代錯誤な質問かもしれません。 機械工作の基礎を勉強中なのですが、その中で鋳鉄の切削(ボール盤、リーマー等)においては切削油を使用しないことと記述があります。いろいろ見ていても鋳鉄用の切削油は販売されていますし、よく理由がわかりません。 どなたか教えてください。

  • リーマ加工の良い方法とは?

    機械加工初心者です。 今度A5052の切削加工をすることになりました。 加工は Φ10H7 45?の通し穴です。 当然リーマ加工をしなければなりませんが、 ドリルしか使ったことがありません。 加工時の推奨条件・推奨工具・推奨手順などを教えて頂けないでしょうか? 回答の程、宜しくお願い致します。

  • 深穴加工時の切削油

    初めて質問させていただきます。 φ3のオイルホール付き超硬ロングドリル(リード長100mm全長140mm程度)を使用して、深さ85mmの穴を加工を考えております。 被切削材は、SCM415です。 内部給油を用いる際、切削油の粘度が吐出量に関係すると思いますが、 やはり粘度の低い水溶性切削液になってしまうのでしょうか? クーラント圧は7Mpで、水溶性・不水溶性どちらにも対応可能です。 お勧めの製品、情報があればご教授願います。

  • SUS316の細深穴加工

    旋盤初心者です。穴あけ加工で非常に困ってます。使用ツールの選定、プログラム等、皆様のアドバイスを宜しくお願い致します。 素材 SUS316 穴径φ2 穴深さ25ミリ 使用機種CINCOM A20 切削油 油性塩素系です。

  • SUS440C材に適したリーマ有りませんか?

    SUS440C材にΦ5~Φ12の深さ6D~10Dヒーター穴をリーマ加工をしていますが、 内径ムシレが出て困っています。(大きく) 何か良い加工方法かTOOLご存知の方がみえましたら アドバイスお願いします。 (参考) 現状当社では 機械:縦MC 切削油:油性 当社使用TOOL:マシンリーマ、ブローチリーマ・他 仕上げ取り代径で:0.08~0.15

  • リーマ穴径のバラつき

    こんばんわ。最近、マシニングによるリーマ加工を始め、この技術の森を大変参考にさせて頂いているものです。 大変困っていることがあります。是非皆様のお力を貸してください。 現在、S55C 厚み20? に 10.00リーマー を貫通させています 4箇所なのですが、それぞれ径にバラつきがあり、ピンゲージが通ったり通らなかったりです。入り口からまったく通らなかったり、19ミリほど入ったところで止まったりとさまざまです。 面粗度も非常に悪く、リング状の傷がつき明らかに段のようになっているものもあります。 抜きは10mmにしており、周速8~20、毎回転送り0・08~0.2ぐらいでいろいろ試してみました。 また、10mmほど入ったところで必ずキュー!と鳴きます。 手順は、 ?9.5キリ ?10エンドミル(-0.02くらい)* 最初は9.8エンドミルでやっていました ?10.00リーマ(日研ブローチリーマ新品) 切削油は油性のものです。 同時に加工している13.00リーマはなぜかまったく問題ありません。 こちらも手順は、12.5キリ→12.8エンドミル→日研ブローチリーマ、と10リーマと同じです。 これまでS45C、SS400材で日研ブローチリーマ4,5,8のものを何度かやっていますが、まったく問題ありませんでした。 今回、S55C、10リーマをするに関してだけまったく上手くいきません。何が原因か本当に分かりません。よろしくお願いします。 追記です。 新品ではありませんが、別のリーマも使ってみました。 結果は同じ・・・。 どうもリーマそのものではなく、下穴の加工・・・? 皆様、たくさんのレスありがとうございます。今現在ちょっと暇がなく個別に御返事出来ませんで、大変申し訳なく思っております。 とりあえず、自分が知らなかったことがたくさん聞けて大変参考になりました。 これよりまた同じような10リーマ加工がございますので、皆様方からお教え頂いたことを片っ端から試してみようと思います。 一通り試し終わりましたら、また感想等書かせていただきます。 がんばります。 今更ですが、使っているのはマザックのネクサス510Cです。 まだ購入して半年ですので、もし機械精度に問題があるとするなら、正直めっちゃショックです(w 他のリーマは全然問題ないので、大丈夫だと思うのですが・・・。 返答すっかり遅れてしまってもうしわけありません・・・。 皆様ありがとうございました。 とり代を0.3にし、違うリーマに代えたところうまくいきました。 が、面粗度がすこし気になったので、最終的には10エンドミル(四枚刃)で加工いたしました。 返答すっかり遅れてしまってもうしわけありません・・・。 皆様ありがとうございました。 とり代を0.3にし、違うリーマに代えたところうまくいきました。 が、面粗度がすこし気になったので、最終的には10エンドミル(四枚刃)で加工いたしました。 返答すっかり遅れてしまってもうしわけありません・・・。 皆様ありがとうございました。 とり代を0.3にし、違うリーマに代えたところうまくいきました。 が、面粗度がすこし気になったので、最終的には10エンドミル(四枚刃)で加工いたしました。

  • φ8H7/リーマ加工 加工径拡大

    ・被削材:SS400 ・φ8H7 0~+0.015 ・貫通アナ 深サ25 加工手順 センタアナ加工→φ7.8ドリル→φ8マシンリーマ リーマ加工条件 S160 F30 リーマの振れ 0.01程度 上記のような条件でリーマ加工をしてみたのですが、 実際に加工できたものはφ8.02~φ8.03の間になってしまいます。 こちらの過去ログや書籍等を読んでみて、 リーマの振れが一番の原因かな?と思っているのですが、 毎回振れを0に出すのは厳しいように感じているのですが、 0にするのが普通なんでしょうか? リーマの前にエンドミルも考えられるのかもしれませんが、 φ8に対して深さが25あるので、それもどうかなと考えてるのですが、、、 当方、リーマ加工については全く無知な為、 原因が何か、対策はどうしたらいいのか、図りかねています。 何でも良いので、アドバイスをいただければ参考にさせて頂きたいので、 皆さんよろしくお願いします。 下穴加工径はφ7.81~φ7.83ぐらいです。 加工手順 センタアナ加工→φ7.8ドリル→面取り→φ8マシンリーマ 面取りが書き忘れていました。申し訳ないです。 工具屋と話をしたら、ハンドリーマを薦められましたが、 どうなんでしょうか? ボール盤などで、やるのであればわかるのですが、、 マシニングでハンドリーマを使うことはあるものなんでしょうか? 0.01の振れとはマシニングに取り付けた際の振れです。 なかなか振れがこれ以上よくならないのですが、 そこで追加でお聞きしたいのですが、 皆さんはテーパーシャンクとストレートシャンクのものは どう使い分けてらっしゃいますか? 状況に応じた使い分けがあるとか、 それともなにかしらの個人的好みとかでしょうか? 皆さんアドバイスありがとうございました。 遅くなりましたが、結果報告させていただきます。 一応ですが、交差内になんとか寸法をおさめることが出来ました。 最終的な手順は以下の通りです。 ・センタ →φ7.4超硬ドリル →φ6.5エンドミルでφ7.8に円弧 →φ7.8ドリル →面取り →φ8ハンドリーマ(FPツール) 岡崎のハンドリーマや日研のブローチリーマ等のリーマの種類を変えたり、 穴あけの各種手順を変えて、色々試してみたのですが、 結果としてどうしてもそれらでは交差内に入りませんでした。 どうも、刃物の取り付け精度があまり良くないので、 それが主な原因だろうとは思いますし、 機械そのものの精度検査も最近はしていない為、 機械の精度の信頼性も疑問符が付きます。 その為、今のところキッチリとした結論を出せたわけではありませんので、 上記方法も付け焼刃的、あるいは偶発的な面が強いかも。 これから、色々と調べていきたいと思いますので、 またこちらで質問させていただくこともあるかと思いますが、 その時はまたよろしくお願いいたします。 ありがとうございました。

  • 金型部品 斜めリーマ ロッキングブロック

    金型屋で汎用フライスを担当してる者です 斜め穴(アンギュラピン) を16リーマを加工してる時に切削油のみよりもタッピングペーストand切削油を使用した方が穴の精度は良いのでしょうか? 実際測ると0.01違いました! やはりタッピングペーストをプラスすれば冷却効果が上がるから精度が良くなるのかなって思いました 実際の所どーなんでしょうか?!

  • ドリル加工後の穴底に切りが残ってしまいます

    NC旋盤で端面にドリルでφ2深さ6.5の穴明け(中心からずれたところ)をしています。加工後に穴底を確認すると細かい切粉がかなり残っており、エアーをかけるだけでは除去できず綿棒を使っています。発生率は100%で非常に困っています。 材質はシンチュウです。 切削条件を変更したり切削油をかけないで加工など試し少々切粉残りが減少したりしましたが、決定的は方法は見つかりませんでした。 オイルホールドリルは使用できず、旋盤もタレットタイプなので改良もできません。 どなたか良い方法があれば教えて頂きたいと思います。