-PR-
締切済み

他の病院へ行くべき・・・・・?

  • 困ってます
  • 質問No.94513
  • 閲覧数66
  • ありがとう数5
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 100% (3/3)

 私は現在21歳の学生です。前々から生理痛がひどく、今月の始めに思い切って病院に行ったところ子宮内膜症と
診断されました。ホルモン療法で治療をしていくことになり、そろそろ病院に行く頃です。しかし、自分で内膜症につい
て色々調べていると、私は本当に内膜症なのだろうか??と疑問に思うようになりました。なぜかというと、「出血が多
い時に痛みはなく、少ないときにひどく痛む」という人は内膜症の可能性が低いということを知ったからです。私は出血
が少ないときにひどく痛みます。また、生理時以外では腹部の痛みを感じたことはありません。調べた中には、私と逆
の人(出血の多いときに痛む)が内膜症の可能性がある。と書かれていました。このことを知る前から、他の病院でセ
カンド・オピニオンを求めた方がいいのかと考えてはいましたが、、このことを知ってからは内膜症という診断に疑問を
持つようになり、真剣に他の病院へ行こうか・・・と悩んでいます。まさか誤診ではないだろうとは思いますが、もしもそ
うであった場合ホルモン療法をする価値がないし、何よりも体に害(?)を及ぼしてしまってからでは遅いと感じます。
セカンド・オピニオンを求めるべきでしょうか?
回答お願いします。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全3件)

  • 回答No.1
レベル12

ベストアンサー率 38% (228/595)

今度行ったときに疑問に思うことや知りたいことを質問してみたらどうでしょうか?一つの症状だけをとって内膜症ではない、内膜症である、という判断はできませんから、医師も他のことを合わせて診断していると思います。ホルモン療法の副作用のこともふくめ、よくきいてみましょう。質問に答えてくれないようならあまり良い医師とは思われないので別の病院を探されては?
お礼コメント
masukujira

お礼率 100% (3/3)

 lipさん回答ありがとうございました。自分一人で考えていても解決できませんよね。lipさんの言うように、担当の医師とよく話してみたいと思います。その後で他の病院にかかっても遅くはないと思い直しました。まずは、じっくり主治医に相談してみます。ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-06-26 12:49:09

  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 41% (1452/3497)

masukujiraさんはどのような診察を受けられましたでしょうか?
おそらく、内診と血液検査だと思うのですが、もしかすると、CTや超音波などでの診察も受けられているかもしれませんネ。
本来は全身麻酔下での腹腔鏡検査を受けられれば、正確な診断が下せるのですが、入院も伴うものですから、深刻な場合以外は、あまり行なわないと思います。

出血と痛みの関係は絶対的なものではありません。しかし、腹腔鏡での検査を受けられていない場合、1/4ほどの確率で誤診があることも事実です。
現在通院されている病院で診察について納得がいくまで、聞かれることをお勧めします。
また、積極的にセカンドオピニオンを求められることも、よいことです。
まずは主治医と話し合ってください。
以上kawakawaでした
お礼コメント
masukujira

お礼率 100% (3/3)

kawakawaさん回答ありがとうございました。kawakawaさんの回答をみて、まずは気になることを主治医にどんどん聞いてみようと思いました。私はまだ病院に一度しか行っていないので、次に行ったときには自分の不安に思っていることを打ち明けてみようと思います。本当にありがとうございました。
投稿日時 - 2001-06-26 12:40:50
  • 回答No.3
レベル8

ベストアンサー率 23% (8/34)

生理痛は子宮内膜症でなくてもあるようです。どちらも黄体ホルモン不足、卵胞ホルモン過多でホルモンバランスが崩れていると悪化します。生理痛は、天然黄体ホルモン・クリームを生理の前2-3週間、豆粒ほどの量、朝晩肌に刷り込むだけで改善します。これは多くの人が体験していることです。

卵胞ホルモン過多の原因は肥満、ストレス、農薬、プラスチック、排卵不順などがあります。黄体ホルモンは排卵の直後に卵巣の黄体と呼ばれる組織が分泌します。従って、黄体ホルモン不足は無排卵月経、つまり生理はあっても排卵していない場合に発生します。さらに、心身のストレスが高いと黄体ホルモンが抗ストレスホルモンとして使用されますので、排卵していても、黄体ホルモンが不足します。

通常、黄体ホルモンと呼ばれているものやピルは、ほとんどが擬似ホルモンで、副作用が多く、ホルモンのバランスを崩すだけですから、気を付けて下さい。天然黄体ホルモンは処方薬としても、医薬外品としても入手可能です。

擬似ホルモンではホルモン補充の目的を達成できないこと、黄体ホルモンの補充には天然プロジェステロ ン・クリームを使うのがもっと安全で効果的であること、この事実を製薬会社も医学界も無視していること、などについてはドクター・ジョン・リーの「医者も知らないホルモンバランス」に詳しく書かれています。
お礼コメント
masukujira

お礼率 100% (3/3)

 kitsunebiさん回答ありがとうございました。他の方々の回答も受けて、まずは主治医によく相談してみることにしてみました。kitsunebiさんよりいただいた回答には私の知らないことが書かれていて、大変参考になりました。生理や子宮内膜症についてもっと知識を深め、担当医師へ相談する際に役立てたいと思います。本当にありがとうございました。
投稿日時 - 2001-06-26 12:58:31
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
美容・健康に関する悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
同じ症状や状況になったことある!あなたの知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ