• 締切済み
  • 困ってます

ガス窒化とガス軟窒化の効果

ガス窒化はSKD,SCM,SACMなど高級鋼に ガス軟窒化はSPCや炭素鋼のような低級鋼に適用し、両者は処理温度や時間、雰囲気ガスが異なるという認識でいます。 ですが、SKD,SCMなどをガス軟窒化した場合、ガス窒化の場合と効果は異なるのでしょうか。 軟窒化は処理時間が少ない分、窒化深さは入らないけれども表面硬度は変わりがないと思うのですが。耐摩耗性や耐疲労性などの性質が変わってくるのでしょうか。 ガス窒化もガス軟窒化も化合物層は生成しますしSKDやSCMでも窒化深ささえ満足がいけば軟窒化で十分なのでしょうか。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 熱処理
  • 回答数1
  • 閲覧数1850
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

かなりの期間、回答が無いようなので答えさせて頂きます。 1.回答   基本的にガス窒化とガス軟窒化では硬化層となる析出物、結晶構造が異なります。SKD、SCMにガス軟窒化を施すとガス窒化とは異なる結晶構造が硬化層となります。両者は結晶構造が異なりますから耐磨耗性などの特性は変化します。   経験的に申し上げますと、ガス窒化かガス軟窒化かの選択であれば、ガス軟窒化を勧めます。なお、窒化にこだわるのであればイオン窒化を勧めます。以下にその理由を記します。 2.理由   ガス窒化は鋼材中のAl、CrなどNが結合し、窒化物を析出することで硬化層を形成します。ですからガス窒化をSPCなど5成分のみを含有している鋼材の処理に適用しても硬さは変化しません。   一方、ガス軟窒化は硬化層として前述のAlN、CrNなどの窒化物を析出は生じますが、硬化層の主はFe2~3Nです。イオン窒化はスパッタの効果によりFe2Nを析出します。   一例として、S45CとSACM445にガス軟窒化を施すと最大で800HVと1200HVのように差異が生じます。この差異が、AlN、CrNなどの窒化物の硬さだと判断して頂ければ良いと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 窒化処理

    窒化処理(ガス窒化、ガス軟窒化、塩浴軟窒化)したら疲労強度は上昇するのに引っ張強さが低下するのはどうしてでしょうか。 すいません。抜けていました。 ?SACM645未処理材 VS SACM645ガス窒化 ?S15C未処理材 VS S15Cガス軟窒化 ?S15C未処理材 VS S15C塩浴軟窒化 の疲労強度と引っ張り強さです。 勘違いはしていないと思います。この結果はとある文献に出ていた結果で結果のみでその理由については述べていません。 変形が延性→脆性へと変化しているのは確かなようです。 「硬度が上がるとねばりは低下する」は理解できます。しかし、 「硬度が上がるとねばりは低下する」→「引張り強さ低下」が理解できません。 できれば素人でもわかるような説明をいただければ幸いです。 ただ、1つ仮説はありますが、素人のたわごとだと思って聞いてください。 「表面が脆化している」→「比較的小さい伸びで表面にクラックが入る」 →「クラックを起点として中の延性部はへき開破壊(クラックがあるため、大きな引張り力は不要)をする」

  • ガス窒化処理について

    ガス窒化処理において、窒化が入りやすい前処理(洗浄等)、窒化条件(温度、流量、アンモニア解離度、炉圧等)ご存知でしたら教えてください。材質はSKD61です。

  • ガス軟窒化、拡散層について

    ガス軟窒化処理を行った時、化合物層(窒化層)は時間が長くなるほど、温度が上がるほど厚さも増加しますが、拡散層はどうなるのでしょうか?

  • ガス軟窒化処理、油槽(油冷)について

    お世話になります。ガス軟窒化処理炉の油槽(油冷)についてお聞きしたいのですが?浸炭でいえば油槽の役割というのは、焼入れ(急冷による組織の変態)を行い、硬度を得るということだと思いますが、ガス軟窒化処理の場合は冷却という役割のみでよろしいのでしょうか?油冷を行うときの注意点等(温度、時間等)も教えていただければありがたいです。

  • ガス窒化及びイオン窒化処理品後の膨張

    若輩者から経験豊富な技術者の方々へ質問させて頂きます。 ある程度精度が必要な機械部品(シャフト等)にガス窒化処理をする事が あるのですが、窒化処理前に化合物層(白層)を研磨除去する(約10~20μm)を考慮して加工した物をガス窒化処理後寸法測定を行ったら膨張していたので寸法精度を出すために研磨する必要がありました。膨張がある事は知っておりましたがどの程度膨張するのかがわかりません。 形状等の差があるのかわかりませんが何%程度膨張するのでしょうか? ご教示の程宜しくお願い申し上げます。

  • 窒化処理方法と硬度について

    材質SACM645外径φ110内径φ55長さ1500位の内径にHRC64以上欲しいのですが、窒化処理及びその他処理方法がございましたらご教授願います。又窒化深さ0.5です。(温度条件、時間等も分かれば有り難いのですが)

  • 窒化処理後の色

    ガス軟窒化処理を行なう部品があります。 今までは、表面が白っぽくすすけた感じの色合いでした。 が、今回納品されたものは、 ツヤのある黒色に仕上がりました。 業者は、処理後の釜から出す時間によって、 短いと白くなり、 長く置き過ぎると黒くなるが、 硬度に差は無いと言いました。 本当なのでしょうか? 硬度に違いが無いならば、問題は無いのですが。。。

  • 窒化処理について

    タフトライド(塩浴軟窒化)とガス軟窒化の使い分けはどのように すると良いのでしょうか? 処理温度・硬化層深さ・コストと両者だいたい同じなので考えてしまいます。 私が理解している事では、タフトライドはシアン化合物が廃棄物として 生成される為、環境に良くない・残留ソルトで錆びが発生する。 ガス軟窒化はSUSに施すには難しい、という点です。 この材質で、この目的の時にはタフトライドにする。みたいなアドバイス を頂きたいです。お願いします。

  • SPC材ガス軟窒化処理割れ発生

    いつもお世話になっています。 SPCE材のプレス成型品にガス軟窒化処理を行った後 製品曲げ検査にて割れが発生しました。 おそらく鋼材にTiの添加があったものと考えられますが 窒化チタンによる脆化の回復 又は、Ti添加がある鋼材 に窒化処理を行っても曲げて割れが発生しない処理方法は 存在するのでしょうか? 曲げ試験では90度に折り曲げにて割れが発生しなければ 合格になります。 表面の化合物層のクラックはOKになっています。

  • 窒化面と浸炭面の相性について教えてください。

    耐摩耗について考えているのですが、教えてください。 現在、窒化処理のものを組み合わせて摺動しているのですが、 歪などでカジリが出るため処理後、 手仕上げで歪を取る必要が出てしまいます。 (クリアランス0.01以下のもの) ここを手仕上げの必要を無くす為、層の厚い 浸炭後、研磨に変えようかと思っているのですが どうしても位置決め作業が残ってしまい、 基本的に浸炭後は切削が不可能と考えているので、 片方が窒化の物のままでの考案を考えています。 硬度はお互い同じになることはないと 思うのですが、やはり偏摩耗などが起きてしまうのでしょうか? もしくは浸炭した物に穴あけなど可能なのでしょうか?