• 締切済み
  • 困ってます

窒化処理について

タフトライド(塩浴軟窒化)とガス軟窒化の使い分けはどのように すると良いのでしょうか? 処理温度・硬化層深さ・コストと両者だいたい同じなので考えてしまいます。 私が理解している事では、タフトライドはシアン化合物が廃棄物として 生成される為、環境に良くない・残留ソルトで錆びが発生する。 ガス軟窒化はSUSに施すには難しい、という点です。 この材質で、この目的の時にはタフトライドにする。みたいなアドバイス を頂きたいです。お願いします。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 熱処理
  • 回答数1
  • 閲覧数644
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

タフトライドは軟窒化と言い、靭性に富んだ対磨耗性の高い表面が形成されますが、窒化層深さは一般に0.15~0.35mmと浅く、表面硬度もガス窒化に比べて低くなります.ガス窒化の硬化深さは、一般的に0.2~0.5mmです.衝撃強度が必要な場合、このどちらかを選択するとすれば、ガス窒化となります.材質は、両者共にSACM645,SCM432,440,SCr440などがよく使われます.これらの特徴から、タフトライドは表面処理による歪を極力避けたい場合に使うのが基本です.例えば、自動車駆動装置のデファレンシャルギヤ部のスラストワッシャなどです.スラストワッシャなどの薄物は歪みやすく、対磨耗性と平面度が必要となるのでタフトライドを適用しています.ワッシャの場合、SK5などが使われます.タフトライドは、ガス窒化に比べて処理時間が短いのも魅力です.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • SUS304のタフトライド処理及びガス窒化処理に…

    SUS304のタフトライド処理及びガス窒化処理について SUS304の部品に表面処理として、タフトライド処理かガス窒化処理を行いたいのですが、図面にどのように表記すれば良いのでしょうか。 どなたかお教え願います。 宜しくお願い致します。

  • イオン窒化とガス窒化の違い

    焼入れ後、イオン窒化した鍛造金型が割れた際に、イオン窒化は残留圧縮応力の関係で、ガス窒化より衝撃に弱いという話を聞いたのですが、 そのようなことはあるのでしょうか? 窒化の使い分けがよく分かりません お願い致します

  • ガス窒化とガス軟窒化の効果

    ガス窒化はSKD,SCM,SACMなど高級鋼に ガス軟窒化はSPCや炭素鋼のような低級鋼に適用し、両者は処理温度や時間、雰囲気ガスが異なるという認識でいます。 ですが、SKD,SCMなどをガス軟窒化した場合、ガス窒化の場合と効果は異なるのでしょうか。 軟窒化は処理時間が少ない分、窒化深さは入らないけれども表面硬度は変わりがないと思うのですが。耐摩耗性や耐疲労性などの性質が変わってくるのでしょうか。 ガス窒化もガス軟窒化も化合物層は生成しますしSKDやSCMでも窒化深ささえ満足がいけば軟窒化で十分なのでしょうか。

  • タフトライド処理による形状変化

    ドラム形状で穴とワイヤーで切った溝との肉厚が0.14?になってしまう部品(材質SUS303)にタフトライド処理をしたいと思っているが可能ですか?又、タフトライドによって肉厚0.14?部の形状変化はどの程度になるのですか?

  • タフトライド処理について

    シャフト物で外周に一部ネジ加工してあり摺動部分もある部品にタフトライド処理を行っています。 (部品は旋盤仕上後、処理を行っています) タフトライド後は無処理で納入してもらっているため表面に粉が吹いたような感じ(残留物?)で納入されてきます。 社内でシンナー等でふき取った後組み立てていますが、綺麗に取れないため、ネジ部がスムーズに動かないことがあります。 残留物を取るにはやはりガラスビーズ処理を行ってもらった方が良いのでしょうか。(ガラスビーズ処理の目的は?)もし他に簡単に取る方法があれば教えて頂けないでしょうか。 あと部品は耐磨耗性を主に考えていますので他の窒化処理等、別の方法で安価に出来る処理方法はあるのでしょうか? 1.ガス軟窒化など他の処理方法 2.タフトライド+ガラスビーズ処理 3.窒化処理以外 なるべくコストアップは避けたいので、処理に掛かる金額差はどのくらいになるのか知りたいです。 もしその処理方法に変更した場合、部品の歪みはどうなるのでしょうか? どなたか教えて頂けないでしょうか。宜しくお願いします。

  • イオン窒化処理における拡散係数について

    イオン窒化の処理品に生成される硬化層深さをx、処理時間をt、拡散係数をDとしたとき、「x^2=2Dt」という関係式が成り立つそうですが、ここで拡散係数Dとは、材料によって決まっている値なのでしょうか? SUS304製品をイオン窒化するにあたり、硬化層深さは目標は決まっていますが、処理時間が決まっていないため、処理時間をこの式で算出できればと思っているのですが、拡散係数のことが良く分からず、未知数が2個のためtの値が算出できません。 ご教授いただけないでしょうか?よろしくお願いします。

  • 溝カムの材質、熱処理、錆防止

    高荷重(300kg)、高回転(300rpm)の溝カムを設計しようと思いますが、材質、熱処理、錆防止はどのようにすればよいでしょうか?S45Cにタフトライドだと高荷重に耐えられないと思っています。 よろしくお願いします。

  • S55Cにタフトライド処理したものの酸化について

    S55Cにタフトライド処理したものについた樹脂をとるために、プロパン燃焼ガスの炉で470℃で3時間ほど焼いたところ、表面に酸化膜のようなものがでて、表面層がボロボロとれてしまいました。 これは、材質、処理の問題でしょうか?そうだとしたら、どのような材質、処理を使えばいいでしょうか?

  • タフトタイドについて

    材質SUS304にタフトライド処理をしたものを200度前後の条件で使用していると(ライナー程度のもの)表面が変色します。これはどうしてでしょうか?硬度的には変化はないのでしょうか?すみませんがどなたか教えてください お願い致します。

  • 白層(化合物層)の除去について

    窒化の際にできる白層(化合物層)の除去に掛かる概算のコストを調査していますが、なかなか適切な情報が得られず困っています。 例として、ピストンリング(SUS440BやSUS440A鋼)への窒化で、生成されている白層は約10ミクロンとしてこの白層を削り取る為のコストが知りたいです。