• 締切済み
  • すぐに回答を!

窒化処理

窒化処理(ガス窒化、ガス軟窒化、塩浴軟窒化)したら疲労強度は上昇するのに引っ張強さが低下するのはどうしてでしょうか。 すいません。抜けていました。 ?SACM645未処理材 VS SACM645ガス窒化 ?S15C未処理材 VS S15Cガス軟窒化 ?S15C未処理材 VS S15C塩浴軟窒化 の疲労強度と引っ張り強さです。 勘違いはしていないと思います。この結果はとある文献に出ていた結果で結果のみでその理由については述べていません。 変形が延性→脆性へと変化しているのは確かなようです。 「硬度が上がるとねばりは低下する」は理解できます。しかし、 「硬度が上がるとねばりは低下する」→「引張り強さ低下」が理解できません。 できれば素人でもわかるような説明をいただければ幸いです。 ただ、1つ仮説はありますが、素人のたわごとだと思って聞いてください。 「表面が脆化している」→「比較的小さい伸びで表面にクラックが入る」 →「クラックを起点として中の延性部はへき開破壊(クラックがあるため、大きな引張り力は不要)をする」

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 熱処理
  • 回答数2
  • 閲覧数666
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

硬度が上がるとねばりは低下する・・・これは言わずともお分かりになるのでは? 単純な理屈な気もするのですが、私が無知なのかな?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

何と比較しての内容でしょうか? 以下のサイトを確認して下さい。 http://www.hatta.co.jp/jigyoubu/ion2.html http://www.kyokutou-tikka.com/cgi-bin/kyokuto/siteup.cgi?category=1&page=0 クロムやモリブデンを含む鋼では、窒化により硬度が増します。 そして、原則的に、鉄系では硬度と引張強さは比例関係です。 また、窒化は、表面の一部を硬化させる目的が多い使用法です。 その辺で、勘違いをしていませんか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • ガス窒化とガス軟窒化の効果

    ガス窒化はSKD,SCM,SACMなど高級鋼に ガス軟窒化はSPCや炭素鋼のような低級鋼に適用し、両者は処理温度や時間、雰囲気ガスが異なるという認識でいます。 ですが、SKD,SCMなどをガス軟窒化した場合、ガス窒化の場合と効果は異なるのでしょうか。 軟窒化は処理時間が少ない分、窒化深さは入らないけれども表面硬度は変わりがないと思うのですが。耐摩耗性や耐疲労性などの性質が変わってくるのでしょうか。 ガス窒化もガス軟窒化も化合物層は生成しますしSKDやSCMでも窒化深ささえ満足がいけば軟窒化で十分なのでしょうか。

  • 窒化処理について

    窒化処理について教えてください。 S45C、SUS316に窒化加工した場合硬度はビッカスで どのくらいになるのですか? また、S45Cに窒化処理したものと、硬質クロムでは どちらが耐食性はよいのですか? 窒化、素人なのでよろしくおねがいします。

  • 窒化処理から浸炭窒化に変えたいが問題点は?

    現在、塩浴窒化処理から浸炭窒化処理に変更したいのですが、変更したときに硬化層の違いにより製品の強度が変わりますが、そのときの製品特性の妥当性の確認方法・検査・試験方法を教えていただきたいです。 また、浸炭窒化処理設備で塩浴窒化処理同等の硬化層・硬度が得られるか知りたい。 ワークは板状で1.63.2です。よろしくお願いします 窒化媒体はアンモニアです。

  • 窒化処理後の色

    ガス軟窒化処理を行なう部品があります。 今までは、表面が白っぽくすすけた感じの色合いでした。 が、今回納品されたものは、 ツヤのある黒色に仕上がりました。 業者は、処理後の釜から出す時間によって、 短いと白くなり、 長く置き過ぎると黒くなるが、 硬度に差は無いと言いました。 本当なのでしょうか? 硬度に違いが無いならば、問題は無いのですが。。。

  • 窒化処理について

    タフトライド(塩浴軟窒化)とガス軟窒化の使い分けはどのように すると良いのでしょうか? 処理温度・硬化層深さ・コストと両者だいたい同じなので考えてしまいます。 私が理解している事では、タフトライドはシアン化合物が廃棄物として 生成される為、環境に良くない・残留ソルトで錆びが発生する。 ガス軟窒化はSUSに施すには難しい、という点です。 この材質で、この目的の時にはタフトライドにする。みたいなアドバイス を頂きたいです。お願いします。

  • ガス軟窒化処理、油槽(油冷)について

    お世話になります。ガス軟窒化処理炉の油槽(油冷)についてお聞きしたいのですが?浸炭でいえば油槽の役割というのは、焼入れ(急冷による組織の変態)を行い、硬度を得るということだと思いますが、ガス軟窒化処理の場合は冷却という役割のみでよろしいのでしょうか?油冷を行うときの注意点等(温度、時間等)も教えていただければありがたいです。

  • S45Cへのガス浸硫窒化処理について

    初心者です。よろしくお願いします。 S45Cへガス浸硫窒化を行っていたのですが、機械の故障で浸硫ガスが流れず ガス軟窒化になってしまいました。 そのガス軟窒化を行った鋼にガス浸硫窒化はできるのでしょうか? (私の考えでは浸硫層のみをその鋼にのせる事ができそうに思うのですが・・・???) もしくは、もう一度CO2を入れて最初から処理をするしか方法はないのでしょうか? ご教授よろしくお願いします。 http://homepage1.nifty.com/seas/database/heat/sulfur.htm

  • 窒化の硬度はどのくらいまでできるの?

    設計から、S45Cに窒化焼入れという表現で処理を行いHV900以上の部品を手配するよう指示があったのですが、S45CにHV900以上は可能なのでしょうか? また、可能な場合、軟窒化と硬窒化とがありHV900の場合は硬窒化となるのでしょうか?

  • SPC材ガス軟窒化処理割れ発生

    いつもお世話になっています。 SPCE材のプレス成型品にガス軟窒化処理を行った後 製品曲げ検査にて割れが発生しました。 おそらく鋼材にTiの添加があったものと考えられますが 窒化チタンによる脆化の回復 又は、Ti添加がある鋼材 に窒化処理を行っても曲げて割れが発生しない処理方法は 存在するのでしょうか? 曲げ試験では90度に折り曲げにて割れが発生しなければ 合格になります。 表面の化合物層のクラックはOKになっています。

  • 窒化の際のマスキングについて

    1ミリぐらいの厚みのSTAVAX(調質鋼)の板に窒化をしたいのですが、母材の側面一面だけは鏡面にシボ加工をしており、化合物層などによる面状態を変化させたくありません。 めっきでマスキングする方法で考えているのですが、窒化の際の処理温度(400600ぐらい?)によりめっきが剥離したり、クラックによってガスが入り込んでしまうのが心配です。 何か他に良いマスキングの方法、窒化の方法等はないでしょうか?ご指導お願いしますm(_)m