• 締切済み
  • 暇なときにでも

窒化処理について

窒化処理について教えてください。 S45C、SUS316に窒化加工した場合硬度はビッカスで どのくらいになるのですか? また、S45Cに窒化処理したものと、硬質クロムでは どちらが耐食性はよいのですか? 窒化、素人なのでよろしくおねがいします。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 熱処理
  • 回答数2
  • 閲覧数1776
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

耐食性についての回答です。 窒化と比較しているのですから、クロムめっきは数ミクロン以上の厚さを想定していると思います。通常、クロムめっきだけを指定されると、素材の上に直接クロムめっきを施しますが、そのままではかえって耐食性としては悪化する場合があります。これは、クロムめっきの特性で皮膜に多数のクラック(割れ目)が存在するからです。この割れ目を通じて素材の方が腐食し、最終的にはめっきが剥がれます。 ただ、マクロに見た場合、窒化が全体的に腐食するのに対し、クロムめっきは局部的に腐食するという違いがあります。 耐食性の要求をめっき業者に伝えていただければ、クロムめっきの前にニッケルめっきを施すなどして、耐食性を向上させる手法があります。 クロムめっきだけで耐食性をもたせるためには、最低で30μm、希望としては50μmが必要になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

S45Cにチッカを行った場合はだいたい Hv 300400 程度です。 SUS316の場合は Hv 8001200 程度です。 耐食性は S45Cに窒化処理したものと、硬質クロムではたぶん硬質クロムの方が良いのでは?と思います。 硬質クロムがどの程度か解らないので、これはあまり自信ありません。 ただ、チッカしたS45Cはそれなりに錆は発生するので・・・・ 以上簡単ですが回答します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 窒化処理

    窒化処理(ガス窒化、ガス軟窒化、塩浴軟窒化)したら疲労強度は上昇するのに引っ張強さが低下するのはどうしてでしょうか。 すいません。抜けていました。 ?SACM645未処理材 VS SACM645ガス窒化 ?S15C未処理材 VS S15Cガス軟窒化 ?S15C未処理材 VS S15C塩浴軟窒化 の疲労強度と引っ張り強さです。 勘違いはしていないと思います。この結果はとある文献に出ていた結果で結果のみでその理由については述べていません。 変形が延性→脆性へと変化しているのは確かなようです。 「硬度が上がるとねばりは低下する」は理解できます。しかし、 「硬度が上がるとねばりは低下する」→「引張り強さ低下」が理解できません。 できれば素人でもわかるような説明をいただければ幸いです。 ただ、1つ仮説はありますが、素人のたわごとだと思って聞いてください。 「表面が脆化している」→「比較的小さい伸びで表面にクラックが入る」 →「クラックを起点として中の延性部はへき開破壊(クラックがあるため、大きな引張り力は不要)をする」

  • 窒化処理と硬質クロムめっき

    部品の搬送用ガイドやストッパを窒化処理しています。窒化処理をやめて硬質クロムめっきに切り替えた場合、磨耗性や強度は落ちてしまうものなのでしょうか。教えていただけませんでしょうか。

  • 硬質メッキと窒化(軟窒化)との相性

    メッキと窒化の相性について教えてください。 材質S45Cの部品に窒化(または軟窒化)処理した後、一部研磨し硬質メッキ処理をしたいと思います。以前窒化と硬質メッキの相性はよくないためメッキが乗りにくいとのお話を聞いたことがあります。どうなのでしょうか。この処理の目的はプラスチック成形機の樹脂通路の部品に硬質メッキをし、その部品の内径に組まれる部品(部品内で上下に動く)とのカジリ防止のために窒化(軟窒化)を施すというものです。宜しくお願いいたします。

  • SUS303,304材のガス軟窒化処理

    SUS303または304材の表面をガス軟窒化させたあと表面を20μ程度研削した場合硬度が極端に落ちます。 窒化層の厚みの関係でしょうか。良い対策はないでしょうか。必要硬度はHV1000以上です。

  • 窒化の硬度はどのくらいまでできるの?

    設計から、S45Cに窒化焼入れという表現で処理を行いHV900以上の部品を手配するよう指示があったのですが、S45CにHV900以上は可能なのでしょうか? また、可能な場合、軟窒化と硬窒化とがありHV900の場合は硬窒化となるのでしょうか?

  • 窒化処理から浸炭窒化に変えたいが問題点は?

    現在、塩浴窒化処理から浸炭窒化処理に変更したいのですが、変更したときに硬化層の違いにより製品の強度が変わりますが、そのときの製品特性の妥当性の確認方法・検査・試験方法を教えていただきたいです。 また、浸炭窒化処理設備で塩浴窒化処理同等の硬化層・硬度が得られるか知りたい。 ワークは板状で1.63.2です。よろしくお願いします 窒化媒体はアンモニアです。

  • メッキ処理について

     外径20球80球の材質はS45Cで表面硬度HRC45でクロムメッキと硬質クロムを施したいですが、穴無しで引っ掛けるところがないですが何処かできる会社はありませんか。

  • SUS304のタフトライド処理及びガス窒化処理に…

    SUS304のタフトライド処理及びガス窒化処理について SUS304の部品に表面処理として、タフトライド処理かガス窒化処理を行いたいのですが、図面にどのように表記すれば良いのでしょうか。 どなたかお教え願います。 宜しくお願い致します。

  • 低温窒化処理について

    長さ200、径φ10のシャフトに焼入れしたい。 (ベアリングの摩耗対策目的で、HV700くらい欲しい) 現在、SUS44OC+高周波焼入れしているが、 より安い方法を探るうち、低温窒化処理というのを聞きました。 低温窒化処理の概要、およびこの処理に最適な材料を御教授下さい。

  • 窒化処理後の色

    ガス軟窒化処理を行なう部品があります。 今までは、表面が白っぽくすすけた感じの色合いでした。 が、今回納品されたものは、 ツヤのある黒色に仕上がりました。 業者は、処理後の釜から出す時間によって、 短いと白くなり、 長く置き過ぎると黒くなるが、 硬度に差は無いと言いました。 本当なのでしょうか? 硬度に違いが無いならば、問題は無いのですが。。。