• 締切済み
  • すぐに回答を!

窒化処理方法と硬度について

材質SACM645外径φ110内径φ55長さ1500位の内径にHRC64以上欲しいのですが、窒化処理及びその他処理方法がございましたらご教授願います。又窒化深さ0.5です。(温度条件、時間等も分かれば有り難いのですが)

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 熱処理
  • 回答数3
  • 閲覧数1183
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

浸炭も同様なのですが、鋼の表面から内部へ炭素や窒素を入っていくことを拡散と呼び、炭素の場合には浸炭、窒素の場合には窒化と呼ばれています。拡散の速度は処理温度の影響が大きく、窒化の場合には浸炭と比べると処理温度が低いために、深い硬化層を得るためには長時間を要します。D=k*t^(1/2) D:拡散深さ k:その条件での拡散定数 t:時間という法則があり、拡散深さが処理時間のルートでしか効かないため、2倍の深さを得るためには4倍の処理時間を要することになります。表面硬さだけが必要で、あまり強度が必要でない場合には数時間処理で50100μmの深さで使用し、今回の様に母材の強度が必要な場合には数十時間の処理をして使うというのが一般的に行われています。表面硬さは、材料の組成により決まるので、短時間の処理を行ってもほぼ変わりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

とても参考になりました、早速処理を致します。 有り難うございます。

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

申し訳ありません。窒化処理後の表面硬さをお伝えするのを忘れましたので、追記します。Hv9001200程度なので、ご希望のHRC64以上という硬さは充分クリアーできます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

Rayさん早速のご回答有り難うございます。 窒化時間が50時間から70時間ですか。随分と掛かるのですね、半分の時間だと硬度が上がらないのですか?時間と何が比例をするのでしょうか?価格?  本当に有り難うございます。まずはお礼まで!

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

SACM645材はJISで規定されている唯一の窒化用鋼なのでこの材料を使われるならば窒化系の処理を選択された方が良いと思います。浸炭と比較すると処理温度が低い分拡散速度が遅く、0.5mmの窒化層深さを得るためには、500550℃の処理温度で5070Hr程度の窒化条件となります。処理物が長尺なので、ピット炉でのガス窒化かイオン窒化で処理が可能だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • ガス窒化処理について

    ガス窒化処理において、窒化が入りやすい前処理(洗浄等)、窒化条件(温度、流量、アンモニア解離度、炉圧等)ご存知でしたら教えてください。材質はSKD61です。

  • 適正なる溶接棒のご教授願います

    SACM645内径φ65外径φ140×1600の外周にM130×4の雄ねじにs45cの丸フランジφ250×m130×4でねじ込み片側バレルφ140部に溶接をしたいのですが、適切なる溶接棒の種類型式等がございましたらご教授いただきたく宜しくお願い致します。  ちなみにSACM645は窒化表面硬度HRC64以上、深さ0.5  又s45cでは無くSCM440に材質が違ったら溶接棒は違ってきます か?ご教授切にお願いいたします。  又別途注意点がございましたらお知らせ下さい!

  • 窒化処理について教えてください

    米国にて自動車ボディの大物プレス量産をやております。 窒化処理につき教えていただきたいのですが宜しくお願いいたします。 1年ほど前に金型のブランクホルダー部に窒化処理を行いました。結果材料のかじり等が激減でき非常に良好でした。その後もう15万ショット以上この金型を使用しておりますが、そろそろ再窒化処理を行うべきなのかどうかで迷っております。 処理当時に比べ表面の色も薄くなってきておりますし、かたさはHrcで25程度です。材料はGM241です。 1.そもそも窒化処理とはメッキのように再処理再施行ができるものなのでしょうか (またはするものなのでしょうか)? 2.再処理で歪み等の心配はありませんか。 3.そもそも窒化処理は表面硬さを上げるのでしょか。 初心者的な質問で申し訳ありませんが宜しくお願いいたします。

  • ガス窒化とガス軟窒化の効果

    ガス窒化はSKD,SCM,SACMなど高級鋼に ガス軟窒化はSPCや炭素鋼のような低級鋼に適用し、両者は処理温度や時間、雰囲気ガスが異なるという認識でいます。 ですが、SKD,SCMなどをガス軟窒化した場合、ガス窒化の場合と効果は異なるのでしょうか。 軟窒化は処理時間が少ない分、窒化深さは入らないけれども表面硬度は変わりがないと思うのですが。耐摩耗性や耐疲労性などの性質が変わってくるのでしょうか。 ガス窒化もガス軟窒化も化合物層は生成しますしSKDやSCMでも窒化深ささえ満足がいけば軟窒化で十分なのでしょうか。

  • 窒化処理について

    タフトライド(塩浴軟窒化)とガス軟窒化の使い分けはどのように すると良いのでしょうか? 処理温度・硬化層深さ・コストと両者だいたい同じなので考えてしまいます。 私が理解している事では、タフトライドはシアン化合物が廃棄物として 生成される為、環境に良くない・残留ソルトで錆びが発生する。 ガス軟窒化はSUSに施すには難しい、という点です。 この材質で、この目的の時にはタフトライドにする。みたいなアドバイス を頂きたいです。お願いします。

  • 熱処理によるひずみについて

    ・毎日の仕事は、設計開発です。 最近、熱処理技術が低下して困っていますので、良いアドバイスを御願いします。 材質:SKS3、形状:外径185、内径128、厚さ20、硬度HRC60以上をソルトバスで処理。830℃、戻しマルクエンチ185℃、サブゼロ処理。処理後、内径、外径が外側に径で0.6程、膨らんで研削仕上げが出来なくなりNGになりました。 最近、特にこのようなことが起きて大変困っています。 この処理は、自社内で行っています。

  • 切断後の歪について

    材質S45C、外径120、内径54、長さ110のリング状のものを内径高周波焼入れ(HRC55)を行い縦(半円状)に切断したところ内径寸法が0.23小さくなりました。(三次元測定より)最終的には歪を最小限(+-0.02~0.05)にしたいのですが、材質(S45C,SCM40,SCR20,SX105V(フレームハード鋼)等)、熱処理、表面処理(内径高周波、外径高周波、内外径高周波、焼入れ焼戻し、浸炭、軟窒化、浸流窒化、等)切断方法(ワイヤカット、切断砥石、((縦ノコ盤)焼入れ前))加工手順変更(切断後熱処理、熱処理後切断等)様々な方法があるかと思いますがデータでの説明がしたいので定量的、理論的なお答えを待ってます。

  • 硬質メッキと窒化(軟窒化)との相性

    メッキと窒化の相性について教えてください。 材質S45Cの部品に窒化(または軟窒化)処理した後、一部研磨し硬質メッキ処理をしたいと思います。以前窒化と硬質メッキの相性はよくないためメッキが乗りにくいとのお話を聞いたことがあります。どうなのでしょうか。この処理の目的はプラスチック成形機の樹脂通路の部品に硬質メッキをし、その部品の内径に組まれる部品(部品内で上下に動く)とのカジリ防止のために窒化(軟窒化)を施すというものです。宜しくお願いいたします。

  • 浸炭と窒化の使い分け

    材料を表面処理する場合、浸炭にするか窒化にするかは、どのような基準で決まるのでしょうか。 それぞれの特徴として、?表面硬度は浸炭焼入れでHv700800、窒化では材質にもよりますがHv5001000超まで、?深さは浸炭がmm単位、窒化がμm単位という認識でいます。 同じ材料でも使用目的や処理費用、処理条件(温度など)等を勘案して使い分けるのでしょうか。 よろしくお願いします。

  • イオン窒化にて、同じ部品を炉内3段で処理して大丈…

    イオン窒化にて、同じ部品を炉内3段で処理して大丈夫ですか? 温度は530℃に設定してます。まったく同じ部品を3段にて各段同じロット数で、温度公差0-30℃で処理した場合。窒化層はどうなりますか?材質はDACで焼きいれ焼き戻し後、窒化炉搬入の流れです。どなたか教えて下さい。