• 締切済み
  • 困ってます

ガス軟窒化、拡散層について

ガス軟窒化処理を行った時、化合物層(窒化層)は時間が長くなるほど、温度が上がるほど厚さも増加しますが、拡散層はどうなるのでしょうか?

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 熱処理
  • 回答数2
  • 閲覧数658
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

  鋼の物性と窒素   http://www.agne.co.jp/books/ISBN978-4-901496-29-2.htm これにはバッチリ答えがありそう。 専門的で難しい内容なのは明らかだが、所蔵する図書館は意外に多い。   国会図書館検索結果   http://unicanet.ndl.go.jp/psrch/PDetail.do?no=2&tcd=22581096&id=13212524531443083E561168CBDB77ACABF56627D6CC2 拡散層だから固体物理の問題。半導体でよく聞く話で、サイトでも少し論文があるが、Feに対するCNOの拡散についてはホンの落葉ハラハラしか見つかりません。   材料における拡散   http://www.rokakuho.co.jp/data/books/5637.html 大昔からこの分野で研究を主導してきたのは東北大の金研で、上記のものと併せてその流れ。 お住まいの図書館で申込めば他の蔵書も取寄せて貸出ししてくれるので、窒化を理論的に深く知りたいのであれば、挑戦されたらどうでしょう。 回答(1)は何を言わんとしてるのか、私には全く理解出来ません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。「鋼の物性と窒素」これはよさそうですね。図書館の利用も検討させていただきます。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

ケースバイケースではないでしょうか? 化合物層、拡散層、が、処理時間増にて、 化合物層(厚くなった)、拡散層(厚みは同じでより内部に移動したようになっている)   ↑  、拡散層(より内部に移動したようになっているが移動代が無く薄くなった) 化合物層、拡散層、が、処理温度上昇にて、 化合物層(厚くなった)、拡散層(化合物層が厚くなった割合にて厚くなった)   ↑  、拡散層(より内部に移動したようになっているが移動代が無く薄くなった等) 等々で。 化合物層、拡散層、が、処理温度上昇にて、 化合物層(厚くなった)、拡散層(化合物層が厚くなった割合にて内部に移動して厚くなった) と訂正します。 窒化処理での“化合物層”と“拡散層”の概念は頭に入れておく必要があっての内容です。 iwanaiには無理。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。なるほど!そういうことですか。拡散層がどんどん厚くなっていくということとは違うということですね。参考にさせていただきます。

関連するQ&A

  • ガス窒化とガス軟窒化の効果

    ガス窒化はSKD,SCM,SACMなど高級鋼に ガス軟窒化はSPCや炭素鋼のような低級鋼に適用し、両者は処理温度や時間、雰囲気ガスが異なるという認識でいます。 ですが、SKD,SCMなどをガス軟窒化した場合、ガス窒化の場合と効果は異なるのでしょうか。 軟窒化は処理時間が少ない分、窒化深さは入らないけれども表面硬度は変わりがないと思うのですが。耐摩耗性や耐疲労性などの性質が変わってくるのでしょうか。 ガス窒化もガス軟窒化も化合物層は生成しますしSKDやSCMでも窒化深ささえ満足がいけば軟窒化で十分なのでしょうか。

  • ガス窒化

    ガス窒化の拡散層厚さはガス軟窒化や塩浴軟窒化より厚いということですがどうしてですか。

  • 窒化処理の化合物層について

    初歩的な質問ですがご教授ください。 鋼材を窒化した場合にできる化合物層は 母材表面から内側に向かってできるのでしょうか。 それとも母材表面の上に堆積するような形に なるのでしょうか。 また、この層はブラストなどでなくすことは できるのでしょうか。 よろしくお願いします。 資料によると窒化処理は寸法変化が極わずかということなのですが、実際の値としてはどのくらいになるのでしょうか。 また、それは表面が?化合物層の場合と?化合物層なしの拡散層の場合で異なるのでしょうか。

  • 窒化層について教えて下さい

    ガス軟窒化初心者です。クランクシャフトを脱脂炉(バーンオフ炉)で燃焼脱脂して、その後、連続ガス軟窒化炉で処理しているのですが、切削油が残った状態、または脱脂されない状態で連続炉に装入した場合、窒化層に影響が出ると聞いたのですが、単に窒化層の入りが悪くなるという事でしょうか?具体的にどのような事が起きるのか教えていただけないでしょうか?

  • イオン窒化処理における拡散係数について

    イオン窒化の処理品に生成される硬化層深さをx、処理時間をt、拡散係数をDとしたとき、「x^2=2Dt」という関係式が成り立つそうですが、ここで拡散係数Dとは、材料によって決まっている値なのでしょうか? SUS304製品をイオン窒化するにあたり、硬化層深さは目標は決まっていますが、処理時間が決まっていないため、処理時間をこの式で算出できればと思っているのですが、拡散係数のことが良く分からず、未知数が2個のためtの値が算出できません。 ご教授いただけないでしょうか?よろしくお願いします。

  • 窒化処理について

    タフトライド(塩浴軟窒化)とガス軟窒化の使い分けはどのように すると良いのでしょうか? 処理温度・硬化層深さ・コストと両者だいたい同じなので考えてしまいます。 私が理解している事では、タフトライドはシアン化合物が廃棄物として 生成される為、環境に良くない・残留ソルトで錆びが発生する。 ガス軟窒化はSUSに施すには難しい、という点です。 この材質で、この目的の時にはタフトライドにする。みたいなアドバイス を頂きたいです。お願いします。

  • ガス窒化及びイオン窒化処理品後の膨張

    若輩者から経験豊富な技術者の方々へ質問させて頂きます。 ある程度精度が必要な機械部品(シャフト等)にガス窒化処理をする事が あるのですが、窒化処理前に化合物層(白層)を研磨除去する(約10~20μm)を考慮して加工した物をガス窒化処理後寸法測定を行ったら膨張していたので寸法精度を出すために研磨する必要がありました。膨張がある事は知っておりましたがどの程度膨張するのかがわかりません。 形状等の差があるのかわかりませんが何%程度膨張するのでしょうか? ご教示の程宜しくお願い申し上げます。

  • ガス軟窒化品のアーク溶接について

    SPCCにガス軟窒化処理したものを、プラズマアーク溶接しようとしています。 ところが、窒化層からのガス発生により、ピットがビード全体に残ってしまいます。 ガスの発生を抑える、ガスを抜き切るどちらかの方策を検討していますが、なかなかうまく行きません。 出来れば、窒化層の除去をせずに、ガスの発生を抑えたいのですが、いい方法は無いでしょうか?

  • ガス窒化処理について

    ガス窒化処理において、窒化が入りやすい前処理(洗浄等)、窒化条件(温度、流量、アンモニア解離度、炉圧等)ご存知でしたら教えてください。材質はSKD61です。

  • 窒化処理鋼の断面の研磨について

    私は今、GDSやEPMAで窒化処理鋼の定量化の実験を行なっているのですが、定量化どころか、断面の組織を出すための研磨すらうまくできません。角がへたらず、組織観察で窒化鋼の化合物層、拡散層のピントがボケないようにできる研磨の方法を教えてください。研磨のコツなどもぜひお願いします。 できるだけ早めにご回答願います。