解決済み

江戸時代の日本人の喪服は白服が正装だった。

  • 困ってます
  • 質問No.9428775
  • 閲覧数142
  • ありがとう数9
  • 気になる数0
  • 回答数8
  • コメント数0

お礼率 94% (2834/3006)

江戸時代の日本人の喪服は白服が正装だった。

室町時代も喪服は白だった。

明治時代になると喪服が現在の黒色に変わった。

何があったのでしょう?
通報する
  • 回答数8
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
レベル13

ベストアンサー率 37% (571/1529)

明治政府がそうしたのです。欧米は黒だからそれに倣おうと言って。

明治政府はそれまで260年続いた徳川の文化、700年続いた武士の世を徹底的に否定するために、日本の文化をいろいろ破壊してまわりました。

徳川が支配する国から、薩長が支配する国に作り替えました。
仏教弾圧をすすめ、歴史あるお寺を何十万という単位で破壊しまくりました。
日本の国教を仏教から神道に改めました。
天皇は人間ではなく神だとしました。
戦争で政府軍側として戦って死んだ人は、神様になれるというルールの国にしました。
暦を変更しました。

そうした明治政府による日本文化の破壊の一環です。
お礼コメント
america2028

お礼率 94% (2834/3006)

ありがとうございます
投稿日時 - 2018-02-14 17:44:04

その他の回答 (全7件)

  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 32% (1602/4880)

他カテゴリのカテゴリマスター
Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%96%AA%E6%9C%8D#%E6%97%A5%E6%9C%AC
によると,
ーーーーーーーーーーーーー引用
明治11年の大久保利通の葬儀の際多くが黒の大礼服で出席し、上流階級において黒が喪の色として認識され、次第に明治期を通じて黒に変わっていった。
ーーーーーーーーーーーーー
んだそうな。

しかし,古典落語の『唐茄子屋政談』(江戸落語)では,放蕩者の甥を行商にだすときに,白足袋と黒足袋が片方ずつしかない。甥がみっともないと不平をいうと,叔父が「祝儀・不祝儀どっちでも合うからそれでいい」とはねつけるくだりがあります。これからみると,江戸では葬式は黒だったのではないか?
お礼コメント
america2028

お礼率 94% (2834/3006)

ありがとうございます
投稿日時 - 2018-02-14 17:43:45
  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 32% (2051/6227)

他カテゴリのカテゴリマスター
元々仏教など東アジア圏の喪服は白ですが、キリスト教文化圏(ハンガリーなど一部を除く)だと黒です。

文明開化で西洋文化を積極的に取り入れた結果でしょうね。

今でも一部の地域では白い喪服を着ている地域もありますし、ご遺体に着せる死装束が白なのもその名残だそうです。
生者と死者を区別しているつもりもあるでしょう。
お礼コメント
america2028

お礼率 94% (2834/3006)

ありがとうございます
投稿日時 - 2018-02-14 17:43:21
  • 回答No.4
レベル13

ベストアンサー率 40% (570/1421)

歴史 カテゴリマスター
倭国時代前後。
日本書紀・隋書倭国伝では、日本では喪服は「白」となっていますね。
ところが、奈良時代後期では養老喪葬令に従って「黒」に代わっています。
この令では、天皇・皇族・貴族が対象。

>室町時代も喪服は白だった。

室町時代になると、一般庶民も「葬儀」を行いますから「昔の風習通り」で葬儀を行います。
庶民の喪服は「白」です。
まぁ、生地が白色ですから「黒色に染めるだけの財力は無い」です。

>江戸時代の日本人の喪服は白服が正装だった。

室町時代の風習・風俗が、そのまま続いたのでしようね。
当時の文献では、「水色」も流行した様です。
白色・水色は、死に装束の色ですよね。
例えば、巡礼者の衣装は「白色」。罪を犯して牢屋に入っている者は「水色」です。
※浮浪者でない者が牢屋に入る時は、持参した(色を問わない)着物を着た。

>明治時代になると喪服が現在の黒色に変わった。

その通りですね。
幕藩体制の伝統文化を、徹底的に否定しましたからね。
例えば、神仏分離令⇒廃仏毀釈。仏教の弾圧。
興福寺の坊さんは、坊主を辞めて翌日から春日大社の神官になりました。
この時点で、興福寺は無住・廃寺状態。
松尾寺の坊さんは、坊主を辞めて翌日から金刀比羅神社の神官になりました。
この時点で、松尾寺は廃寺。(今は、復興)
金刀比羅神社にお参りに行っても、金毘羅大権現は居ません。^^;

>何があったのでしょう?

まぁ「脱亜入欧」政策の結果です。
お礼コメント
america2028

お礼率 94% (2834/3006)

ありがとうございます
投稿日時 - 2018-02-14 17:44:42
  • 回答No.5
レベル14

ベストアンサー率 46% (12016/25614)

学問・教育 カテゴリマスター
 何があったのでしょう?

 明治政府の政策です。でも添付の1935年(昭和10年))の写真にあるように、即座に行われたわけではありません。
お礼コメント
america2028

お礼率 94% (2834/3006)

ありがとうございます
投稿日時 - 2018-02-14 17:44:59
  • 回答No.7
レベル14

ベストアンサー率 27% (1480/5427)

他カテゴリのカテゴリマスター
唐と新羅が高句麗と百済を破り、高句麗と百済の王族が日本に逃れてきてから。
高句麗・百済・新羅は白い喪服。
お礼コメント
america2028

お礼率 94% (2834/3006)

ありがとうございます
投稿日時 - 2018-02-14 17:45:11
  • 回答No.6
レベル7

ベストアンサー率 26% (6/23)

そんな事実はありません。
  • 回答No.8
レベル11

ベストアンサー率 26% (33/126)

多分,いわゆる喪服が,白色基調というのは,朝鮮半島の,李氏朝鮮王朝(白色の韓服や,チマ・チョゴリなどの衣装)とか,主に,平安時代などの,古代の日本の皇室(天皇家)などの場合ではないかと思いますが,日本の朝廷などでは,女性の出産や,貴人の崩御などの行事は,穢れとされたと思うので,いわゆる,出産(お産)や,喪中などは,周りの人達などは,白色の衣装だったと思います..多分,そういった,古代日本などの,穢れを表す行事での,白色の装束などは,儒教的な考えが,基本だと思いますが,最近は,儒教的思想などが,強いと言われる韓国でも,普通に,黒色の喪服(洋装など)ですから,北朝鮮は,知りませんが,現在の,黒色の喪服,洋装・和装(着物)などが,普通になって来たのは,日本では,昭和に入ってからかもしれません..失礼しました m(__)m 。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


開業・独立という夢を持つ人へ向けた情報満載!

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ