解決済み

電力量計(取引用計量器)の数値について。

  • 暇なときにでも
  • 質問No.938801
  • 閲覧数15217
  • ありがとう数48
  • 気になる数1
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 91% (505/550)

下記は私の職場の電力量計の最近の一例です。

精密電力計(全日電力量)=8304 kWH
普通電力計(力測用電力量)=7560 kWH
無効電力量計(力測用無効電力量)=816 KVAR

電力において(皮相電力)(有効電力)(無効電力)があります。
そして、これらは(皮相電力=Pa):全日電力量、(有効電力=P):力測用電力量、(無効電力=Q):力測用無効電力量 と対応していると思うのですが。

そして、力率角=θとすると
P=Pa×cosθ、Q=Pa×sinθ。
従って、Pa^2=P^2+Q^2・・・・式(1)。
(Paは直角三角形の斜辺、Pは底辺、Qは垂辺)

式(1)に上記電力計の数値をあてはめると、
8304^2≠7560^2+816^2
で式(1)が成立しません。

式(1)が成立しないということは、私がどこか間違っていると思うのですが。
どこが間違っているのかお教え下さい。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.4

ベストアンサー率 54% (94/172)

○使用電力量の算定
 精密電力量計(全日電力量)での値を使用

○力率の算定
 普通電力量計(力測用電力量)と無効電力量計(力測用無効電力量)を使用
 ただし力率の計測は昼間(8時から22時)のみで行われます。

 普通電力量計(力測用電力量)=有効電力量
 無効電力量計(力測用無効電力量)=無効電力量 とすると

 皮相電力量=√(有効電力量^2+無効電力量^2)
 力率=有効電力量/皮相電力
 と算定されます。
 これは質問者さんのPa^2=P^2+Q^2・・・・式(1)。と同じです。

 ちなみに質問者さんの例では
  力率=7560/(7650^2+816^2)=0.994 →99%
 となります。

精密電力計(全日電力量)=8304 kWH は力率の計算には使用しません。
お礼コメント
kifuyuna

お礼率 91% (505/550)

援軍有難うございます。
わかりました。
力率計算に無効電力を使うのが分かっていませんでした。
確かに、無効電力量計(力測用無効電力量)となっているので、言われてみれば当然のことですね。
機転が利かないというか、分かっている人から見ればバカバカしいことですね。

力率は有効電力量と無効電力量から求めることがわかりましたが、
有効電力(量)と無効電力(量)をどのように測定しているのか知りたくなりました。
よろしかったら、お教えください。
投稿日時 - 2004-07-28 00:03:56
Be MORE 7・12 OK-チップでイイコトはじまる

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.5

ベストアンサー率 54% (94/172)

#4です。

式中の√が抜けてました。
  力率=7560/√(7650^2+816^2)=0.994 →99%

です。
  • 回答No.3

ベストアンサー率 40% (1109/2754)

>力率計算用に同じ時間帯に「皮相電力」を測定している…

ですから、有効電力と無効電力がわかれば、皮相電力まで測定する必要はないのです。
負荷率は、(一定時間帯の有効電力) / (全日の有効電力) で求められ、皮相電力は関係ありません。
お礼コメント
kifuyuna

お礼率 91% (505/550)

再回答有難うございます。
無効電力を力率計算に使うことが分かりませんでした。
確かに、最初の私の質問で、自ら無効電力量計(力測用無効電力量)としていますから、気の利く人なら自分で分かったでしょう。
残念ながら私は3つの値の意味を知りませんでしたし、気も利きませんでした。
色々有難うございました。
投稿日時 - 2004-07-28 00:35:36
  • 回答No.2

ベストアンサー率 40% (1109/2754)

>従って、Pa^2=P^2+Q^2・・・・式(1)…

この式は間違っていませんが、3つのうち 2つだけ測定すれば、残りは計算で求められます。電力会社が、無駄に 3つもの計器を設置していくことはありませんね。

電力料金は、単にある期間の使用電力量だけで決定されるのは、必ずしも合理的ではありません。たとえば、力率のよい負荷と悪い負荷では、同じ電力を送るのに、前者は後者より送配電設備は少なくてすみます。このため、無効電力量計が設置されます。

(無効電力=Q):力測用無効電力量 → ○

また、同じ使用電力量でも、負荷率 (平均電力/最大需要電力) が大きいほど、送配電設備は小さくてよいので、これらも電気料金に加味されます。

(皮相電力=Pa):全日電力量 →×→(有効電力=Pa):全日電力量:精密電力計
普通電力計(力測用電力量)→×→ 一定の時間帯における電力量

最近は、ピーク負荷抑制のため、1年のうちでは夏季の料金が高く、1日のうちでは昼間の料金が高いような設定になっています。季節別、時間帯別に計量する必要があるのです。

なお、電気料金の詳細は、各電力会社によって違いますので、詳しくは地元の電力会社にお尋ねください。
お礼コメント
kifuyuna

お礼率 91% (505/550)

ご回答有難うございました。
恥ずかしながら、今迄、電力料金は「皮相電力」にかかるものと思っていました。
力率の悪さは需要家の負担と思っていました。
実際は基本料金に力率が関係しているので、需要家は基本料金で償いをしているということなんですね。

<普通電力計(力測用電力量)→×→ 一定の時間帯における電力量
ここでの「電力量」は有効電力のことでしょうか。
もし有効電力だとすれば、力率計算用に同じ時間帯に「皮相電力」を測定していると言うことなんでしょうか。
よろしかったら、お教えください。
投稿日時 - 2004-07-26 21:05:44
  • 回答No.1

ベストアンサー率 52% (687/1312)

そのメータ、力率測定用の前に「昼間」と付いていませんか?
「全日」に対して「昼間」となっていると思いますが。
力測時間帯が 8 ~ 22 時または 9 ~ 23 時になっていると思いますよ
たぶん、それで合わないと思います。
お礼コメント
kifuyuna

お礼率 91% (505/550)

力率をある時間帯に測定しているとは知りませんでした。
今日職場で確認しましたが、「昼間」は見当たりませんでした。

有難うございました。
投稿日時 - 2004-07-26 20:37:05
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ