• ベストアンサー
  • 困ってます

DCモータの電流より速度を検出する方法

DCモータをPWMで速度制御しています。 このモータの速度を検出する方法として 「モータ電流のリップル」を測定する方法があるとありました。 モータに直列に低抵抗を接続して、 抵抗の電圧をオシロでみましたがPWMのON/OFFに同期した電圧波形しか みれませんでした。 「モータ電流のリップル」からモータの速度を検出する方法を 教えていただければ幸甚です。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数659
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

特許としては存在するようですが、現実的には負荷を要因とするリップルとの弁別等、実用化は難しいように思われます。 https://astamuse.com/ja/published/JP/No/2006033992

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

貴殿の前回の質問のヤツ http://www.picfun.com/P12F/p12f06.html このURL通りの回路とPWM周波数ではないのですか? 因みに 「500μsec以上PWMが停止することになります。」 と、記載してありますね でも、本件の計測は500μsec待ってるように書いてないみたいですが? 恐らく、PWM波形そのものを計測してるみたいですが PICFANサイトのはPWM波形そのものの箇所には「BackEMF」が表れてないですね PICFANのPWM周波数は20kHzですが もし、PWM周波数を変更出来るなら極端にもっと遅くしてみては? 数十Hzくらいの低速でPWMしてみれば? マブチモータ程度ならせいぜい早くて数百Hzくらいで十分では? キーン音がやかましいかも知れないが

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • xitian
  • ベストアンサー率32% (954/2899)

>チョークコイルとコンデンサで完全に近い >電源電圧平滑をしてモーターに安定な電圧 >をかけて測定するか、  その手もあります。相当デラックスな平滑回路です。 >電源とモータ間にLCフィルターを入れて >電源側で電流波形をみる・・・ということでしょうか?  ダメです。やってみればわかります。平滑回路とは何でLCフィルターとは何なのか。重要なのは実体で、名前ではない。名前を知ることは動作を理解するつもりが無い皆さんには大部分の場合有害です。自分が何の信号を欲しがっているか考えることです。モーター側で信号を見ると言うなら可能でしょう。それはつまり上記の第一案です。  むしろ可能性があるのはすでに前回書きましたがひとつのPWMパルスON時間内に確実に収まるブラシのリップル周期だけをインテリジェントに検出することです。マイコンを使うならあまり費用をかけずにできるでしょう。問題はPWMの周期がそれを許すかどうかです。こんな手間をかけるならモーターの回転数をセンサーで拾うのも簡単だと思いますが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。

  • 回答No.1
  • xitian
  • ベストアンサー率32% (954/2899)

 DCモーターの構造を考えればわかる通りブラシ付きのDCモーターの回転数はブラシの極が変わる際のリップルで測定できますが、それにはPWMの影響をキャンセルする必要があります。チョークコイルとコンデンサで完全に近い電源電圧平滑をしてモーターに安定な電圧をかけて測定するか、またはPWMのON時間をブラシのリップル周期より長くしてこのON時間に同期したインテリジェントなリップル周期測定をするか、なにか手を考える必要があります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 >チョークコイルとコンデンサで完全に近い電源電圧平滑をしてモーターに安定な電圧をかけて測定するか、 電源とモータ間にLCフィルターを入れて 電源側で電流波形をみる・・・ということでしょうか?

関連するQ&A

  • PWM 300HZの電流検出について

    PMM300HZ DUTU50%でコイルに駆動をかけると、駆動電圧が赤、電流検出抵抗の出力が以下のようになります。 試験回路は、ポンチ絵で書いたような図です。 なぜ電流検出抵抗の出力が基本PWM電流波形のようにならないのでしょうか? 駆動回路がおかしいのでしょうか?

  • 速度が下がるとモータの端子電圧が低下する?

    市販品の簡易型のDCモータコントローラに 「マブチモータのコントロールに最適」 「モータの負荷トルクが増加し、回転数が落ちそうになった時、 モータの端子電圧の減少を検出し・・・」 とありました。 ならば速度フィードバック用のエンコーダの無いモータも 速度制御が可能なのか?と思い、 手元にあった24V 24W のDCモータで試してみました。 10KHzのスイッチングでduty20%でドライブしておいて 負荷を変化したところ モータ電流は無負荷時0.3A 負荷時1.2Aと増加し、回転数もはっきりと低下しましたが モータ端子電圧は変化(オシロで測定)しませんでした。 上記の「モータの端子電圧の変化」は ドライブトランジスタがOFFの時の波形が 負荷(回転数)により異なるということだと思うのですが 測定モータでは無負荷時も負荷時もほぼ0で 変化がありませんでした。 (当然、トランジスタがONの時の波形も同じです。) 表記のことは 小型のマブチモータのようなものについてのみ 言える特殊なことなのでしょうか? それともDCモータ全般に言えることなのでしょうか? (Yesとすれば私の実験の何かが間違っているのですが) なお、マブチモータは所有してないので実験できませんでした。

  • DCモータの逆起電力による速度制御

    DCモータをエンコーダやタコジェネ等のセンサを使用しないで 逆起電力をフィードバックして速度制御する方法を調べています。 モータはDC24V 20W クラスで 速度制御IC等は使えません。 私の調べたかぎりでは大容量のものはありませんでしたが・・・。 モータ専門メーカで製造している逆起電力による速度制御装置の ブロック図をみればモータの端子電圧から逆起電力を検出して フィードバックしていることはわかるのですが どのようにして逆起電力を検出しているかはわかりません。 原理的には下記HPに記載されているようなものでしょうか? http://www.picfun.com/P12F/p12f06.html ご存じの方、ご教授をお願いします。

  • DCモータのトルク制御とは?

    DCモータの回転数を制御する場合、モータに印加する電圧の大きさを調整しますよね。 DCモータのトルクを制御する場合は、何を調整しているのでしょうか? もちろん、トルクの大きさを変えるということは電流の大きさを変えるということだと思いますが、電流の大きさはどうやって変えるのでしょうか?電流の大きさというのは、モータに掛かる負荷によって決定されてしまうのではないのでしょうか? 一定の負荷が掛かる負荷器にDCモータを繋いでトルク(電流値)を制御する場合、その電流の大きさはどのようにして調整されるのでしょうか?

  • DCモータ

    DCモータに電圧を印加して所望のトルクを発生させたいのですが。 DCモータのトルクはトルク定数を用いて、電流に比例するのはわかったのですが、 電圧を印加させた場合、どこかで抵抗がかかり キルヒホッフの法則より電流になると思うのですが この場合抵抗値となるのはモータのカタログで言うどの値になるのでしょうか? また、モータドライバを使用すると変わってくるのでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • DCモータの特性について

    DCモータのスペックを見ると、必ずその特性曲線が一緒に載っています。 その特性曲線の参考の仕方がイマイチわかりません。 直感としては、モータにかける電圧が高いほど回転数が上がる、としか感じられないので、「横軸が電圧値である特性曲線」のようなものをみたいのですが、どんな特性曲線を見ても、横軸は電流値かトルクとなっています。 実際に使用することを考えたときに、電圧値が一定なのに、何を原因として電流値を制御したり、それに伴って、回転数を変化させたりするのですか? 回転数を制御するのは、電圧値を上下させることによるんじゃないんですか?(PWM信号などを用いて) わかりにくい質問でごめんなさい。どなたかご回答願います。

  • DCモータ

    DCモータについてお聞きしたい事があります。 モータ軸ギヤに一定の逆転の負荷トルクが常時かかっている機構にて、 モータに正電流で、回転を妨げる(遅らせる)トルク(要求トルク) をかけたい。 但し、要求トルクの大きさは、逆転のトルク>要求トルクです。 DCモータでこのような使い方をしてよいものなのでしょうか。 要は、正方向にモータトルクかけてるけど負荷に負けて逆回転が おきます。 バッテリ電圧12Vで、モータのロック電流仕様は5Aで、 3A(要求トルクが出る電流値)でPWM駆動しようと考えております。 ご教授よろしくお願い致します。

  • モータをPWM駆動した際の電流について

    ┌── 電池 ── 電流計1 ── モータ ─ 電流計2 ────── FET ─┐ │ └ 電圧計 ┘        └←← ダイオード ←←┘           │ │                                            │ └──────────────────────────────┘ となるシンプルな回路でPWM制御によるモータ駆動のテストしています。 周期は24kHzで、モータは安いDCモータです。 ※実際にはHブリッジでかつゲートドライバが入っていますが省略しています。   また、Hブリッジの駆動にはデッドタイムを500nsほど入れています。 この回路における電流計1と電流計2で計測される値の意味が、分からなくて困っています。 任意のPWM比でFETをドライブした際に、電流計1 & モータ & 電流計2には、 ほぼ電圧計*PWM比の平均電圧が加わる考えており、 電流計1と電流計2の抵抗値と、FETによる抵抗値が十分小さければ 平均電圧のほとんどはモータに加わる。 電流計1ではPWMのON期間の電流のみが計測され、 電流計2ではダイオードで帰還する分も併せて計測している。 このため概ねでは、電流計2 = 電流計1/PWM比 の値となると考えています。 電圧計*電流計1が電池の消費電力(入力電力)であり、 少なくともモータをロックしておけば、モータに加わる出力電力は(電圧計*PWM比)*電流計2となり、 電圧計*電流計1 = (電圧計*PWM比)*(電流計1/PWM比)が成り立つと考えてよいでしょうか? モータが熱として捨てる以外の損失が無ければという前提ですが。 実際に計測してみた値は、電圧計=11.6V、PWM比=10%、モータはロックにおいて 電流計1=0.26A、電流計2=0.48Aでした。 これに対し、直流安定な電源として、充電乾電池1本を繋いでモータをロックして計測した際に、 電圧=0.85V、電流=0.394Aより、巻線抵抗=2.16Ωでした。 PWMで計測した際の値で、平均電圧=1.16V、電流=0.48Aがモータに加わっていれば 巻線抵抗=2.42Ωのため充電乾電池による結果と概ね一致します。 しかし、電流計1の値をどのように読み取れば良いのかが分かりません。 私の考え方では、電流計1=0.048Aでなければ入力電力=出力電力が成り立ちません。 お手数ですが、どこに間違えがあるのか御教授いただきたいです。

  • DCモータが負回転しているとき、正電流を流すと出力トルクはいくらになりますか?

    どうもお世話になります。 DCモータをPWMによって電流制御(トルク制御)しているのですが、 外力によってモーターが負回転させられている状況で、正電流を 流した場合の出力トルクは計算で算出することは可能でしょうか? 実際に、力センサで測定したところ、負回転時の場合、電流値に比例 したトルクを出力していないように思えます。 メーカーのカタログを見ても、正回転時における計算方法しか載って おらず、大変困っております。どうぞご助言頂ければ幸いです。

  • PWM波形の出力方法

    DCブラシモータの回転速度を調整する回路を作成しようとしています。 電圧の制御はPWM波形制御で行いたいのですが、その方法としてマイコン制御があると思いますが、マイコン以外に制御する方法はどんな方法がありますでしょうか? 発振回路を製作して可変抵抗で制御できるか?とも考えていますが、なかなか参考になる資料がまだ見つかっていません。 もしよろしければ、アドバイスを頂けたら幸いです。 よろしくお願いします