• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

can と will be able to

Do you know if he can come tomorrow? Do you know if he will be able to come tomorrow? can をwill be able to に置きかえられますか。そして上の2つの文に意味の違いはありますか。 (if 節が名詞節なので will be able to も置くことができますよね。) 文法書でcan のほうの文を見て、if 節が名詞節だからwill be able to も可能だろうと考え始めたのですが、そもそも未来のことなのに、 ・will be able to ではなく、なぜcanを使うのか ・2つの文には意味的に違いはあるのか が気になってきました。よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 英語
  • 回答数1
  • 閲覧数220
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

can は助動詞としては現在形みたいなものですが、 本動詞、ここでいうと come からしてみたら未来形みたいなものです。 某氏も can は未来形と言っていました。 can ~は「今している」ことを表すわけでも 習慣的なことを表すわけでもなく、 できるというのはするのはあくまでも未来。 あるいは You have to go there tomorrow. と You will have to go there tomorrow. の違いでもしばしば質問されます。 行くのは明日という未来だけど、 明日行くことを今の時点で「~しなければならない」 と言っているのが前者。 後者は明日になった時点で「行かなくてはならなくなるだろう」 だから、今回も、come なのは未来でも、 できるという観点はあくまでも今の時点での気持ちなのか、 明日になったら、できるようになるだろう、という気持ちなのか。 今けがしているけど、あと数か月したら歩けるようになるだろう。 You will be able to walk in a few months. will be able to で習う典型的なパターンですが、 これは can ではまずいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

can は未来形なのですね。 実は、have to と will have to についての違いも調べようと思っていたところでしたので、そちらについても説明していただけて嬉しいです。例文と訳を書いていただいたので違いがよくわかりました。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • canとwill be able to

    1)You can see him tomorrow. 2)You will be able to see him tomorrow. 何が違うのでしょうか。

  • can will be able to

    I can see you tomorrow morning. I will be able to see you tomorrow morning. 違いは、前者は現在において明日あなたに会うことが出来る可能性があるが、後者は現在においては明日あなたに会うことが出来る可能性がないということでいいですか?

  • will be going to

    I will be going to see you very soon. (1) He will be going to play tennis at 3pm tomorrow. (2) という文を見たのですが、これらは以下の文章とどのような違いがあるのでしょうか? I will see you very soon. (3) I will be seeing you very soon. (4) He will be playing tennis at 3pm tomorrow. (5) will be going to ~ と、will be ~ing の違いを教えてください。 そして、(1)(3)(4)、(2)(5) はそれぞれどのような意味合いになるのか教えて頂けると有難いです。 どうぞよろしくお願いします。

  • Must、Can、Will の使い方について

    例えば「明日~しなければならないだろう」という文の場合、 I will have to do my homework tommorow. I must be going to do my homework tomorrow. はたまた、「明日~できるだろう」などという場合、 I will be able to go there. I can be going to go there. どちらの表現でも正しいのでしょうか? それともどちらかが文法的に間違っているのでしょうか? 理由などわかりやすく教えて頂きたいと思っておりますので、お願いします。

  • can と be able to の使い方

    ネーティブのEnglish Speakerが、canとbe able to をどのように使い分けているのかが知りたいのです。 辞書を見ると使い方がいっぱい書いてあるのですが、これといったものがイメージできません。 これが基本であるというのを教えてください。 例えば、 Canは実際にすることを前提にしている。 Be able toはするかどうかは別として、する能力がある。 等々。

  • can と be able to はどのように使い分けますか?

    can を使って英文を作り、翻訳すると、缶と訳されることが時々あります。そのときだけ、be able to に書き換えます。 翻訳サイトがあまり正確に訳さないことはわかっていますが、ちゃんと できると訳される文もあるので、使い分ける基準を知りたいです。 よろしくお願いします。

  • canとbe able toの違いは?

    canとbe able toの違いはなんなんでしょうか? ネイティブはこの2つにどのようなニュアンスの違いを感じ取っているのか? また、どのような時にcanを使い、どのような時にbe able toを使っているのだろうか?

  • be able toの品詞は?

    I hope someday I'll be able to read English newspapers.という文があるんですが I'll be able to read English newspapers I will(助動詞)+be動詞+able(形容詞?)to read(to 不定詞?何用法?) S+will be(V)+C? 1,まずbe able toの品詞はなんですか? 2,S+will be(V)+able(C)?この文はSVCですか? よろしくおねがいします

  • will be able to Vの場合、able to Vの性質はどうなってしまうのでしょうか?

    どうもこんにちは。いつもお世話になっています。 さて、be able to Vという表現がありますよね。学校で習ったことを書きますと、「一回こっきりの動作」に使うのだそうです。 I was able to cross the river.  I could cross the river. 上の表現の違いは、able to Vの方が「その時は渡れたが今はわからない」で、下のは「いつでもその川を渡ることができた(能力)があった」とのことなのです。 では「彼はその川を渡ることができるだろう」という日本語を、 He will be able to cross the river.とすると、これも一回こっきりの動作になるのでしょうか?もしそうであるなら、「いつでも川を渡れるだろう」という場合にはHe can cross the river.とすべきなのでしょうか? 長い質問で申し訳ございません。でもとても気になってしまいます。 よろしくお願いいたします。

  • will と be going toについて

    参考書の例文に"Do you know that a new building will be build next year?" と書いてあったんですがこれはなぜbe going to じゃないのでしょうか? あらかじめ決まっていることはbe going to で、その場できまったのはwillって習ったんですが。 それを考えるとbe going to のほうが・・って思ってしまうんですが。わかる方、回答お願いいたします;