• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

to be able to か can か?

「それを見ることができて私たちはなんて幸運なんでしょう。」 と言いたいとき、どちらが正しいですか? How lucky we are to be able to see it. How lucky we can see it. どちらも間違い、または他にぴったりな言いまわしがあれば教えていただけるとうれしいです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数144
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
noname#195146

>How lucky we are to be able to see it. >How lucky we can see it.  これだと、見ることができる能力があるということに感激しているような印象があります。  日本語の「見ることができた」は必ずしも、can/be able toではありません。見たという事実があることを言っていることが多く、そのため完了形が適する場合もあります。  to不定詞で最も簡単に言うなら、 How lucky we are to see it! です。以前に見たことを思い出しつつ言うなら、 How lucky we were to have seen it! にすればいいでしょう。もう少し変えるなら、 How lucky we are to have such a great chance to see it! 「それが見られるなんて幸運に恵まれて、なんて運がいいんだ!」 などとして、見ることができた幸運も加えた表現にできます。そのchanceを前面に出して表現するなら、 What a great chance we have to see it!(←mustと同義のhave toではない) 「それが見られるなんて、すごい運のめぐりあわせだ!」 というwhatの感嘆文にもできます。a great chanceは、もちろんa lucky chanceなどでもいいです。  もし見たものを名詞○○で言えるなら、 What a (great/fantastic/cool/etc) ○○! と短く表現するのも可です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

皆様どうもありがとうございました。 大変勉強になりました。 lazydog1さんの "How lucky we are to have such a great chance to see it!" が、私の言いたいニュアンスに近いと思いますので、ベストアンサーにさせていただきます。

関連するQ&A

  • canとwill be able to

    1)You can see him tomorrow. 2)You will be able to see him tomorrow. 何が違うのでしょうか。

  • canとbe able toの違いは?

    canとbe able toの違いはなんなんでしょうか? ネイティブはこの2つにどのようなニュアンスの違いを感じ取っているのか? また、どのような時にcanを使い、どのような時にbe able toを使っているのだろうか?

  • canと be able to (現在形の場合)

    be able to が 助動詞の二重重ねを避けるための代用使用や、ある特定の状況下で人が具体的に何かをした場合でmanaged to とも考えられる場合には was able to が使われるなどは わかるのですが、現在形で使われる場合、  Ex1 I can't see you on Fri. but I am able to meet you on Sat. morning. なんてのは おかしいのでしょうか? Usageの辞書をみても まぁ canがcommon useだとは書いてあるのですが、   Ex2 When you read carefully, you are able to answer the question.  Ex3 You study math hard, and you are able to catch up with the level of your current class. なんてのも おかしいのでしょうか?     「条件や設定があって はじめて前から無かった能力にもかかわらず出来る。」という感じを出せるのかな~??? と思っています。  ご意見を下さい。

その他の回答 (5)

  • 回答No.6
  • sknuuu
  • ベストアンサー率43% (408/934)

#3です 質問の方の文を訂正した回答が文法的に間違ってるのに気が付いたので訂正です How lucky we are to be able to see it. 文法的にはこっちが正しいですね 申し訳ないです あと、How lucky we are we can see it. 句読点(punctuation)などもあまり考えてなかったですね How lucky[ ,] we are able to see it. How lucky[ ,] we can see it. という感覚で書いてました あと、私はexclamation markは嫌いなので言及しませんでした(文法的には特に必要ない 単なる強調的な表示でしかない!!!!!笑) ついでに We are so lucky we can see it.でもいいです canが『許可的』と書いたのは It is lucky we [are allowed to] see it. という意味です

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5
  • Him-hymn
  • ベストアンサー率66% (3490/5258)

1. How lucky we are to be able to see it. 2. How lucky we can see it. まず、! をつけないのはよくないと思います。 2は、文法的に正しくない文です。luckyが形容詞ですが、howをとって普通の文にしようとすると We can see it lucky???となってしまい、文ができません。つまり、感嘆文として成立していません。1は We are lucky to be able to see it. と言えますから、このluckyをhowとつなげて強めるために前に持ってくれば、感嘆文になります。 感嘆文がご質問のポイントではないと思います。本題のbe able to/canの説明をいたします。 3. How lucky we are to be able to see it!  (How lucky we are! We are able to see it! 4. How lucky we are! We can see it! という場合を考えます。 両方とも文として成立しています。問題はありません。しかし、意味合いがちょっと違います。 3は、実際に見ることができている、見ている、ということになります。 4は、たとえば、これから見ることになるので、見ることができるーーということをラッキーとしています。 この点は過去形になるとはっきり違いが出ます。 5. He was able to swim yesterday. 6. He could swim yesterday. 5は実際に泳いだことになりますが、6だと、不明ーーおそらく泳いでいないーーということになります。6は、泳ごうと思えば泳げたという意味になります。これは仮定法と関連が生じます。 一方、現在形のcanの場合、仮定法との絡みが生じませんので、couldほどの意味はありません。それでも、 I can play the piano.では弾こうと思えばひけるという意味で、実際にピアノを弾いていませんよね。この感じが出てくるわけです。 以上、ご参考になればと思います。 どちらも間違い、または他にぴったりな言いまわしがあれば教えていただけるとうれしいです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • Oubli
  • ベストアンサー率31% (744/2382)

1) How lucky we are to be able to see it. 2) How lucky we can see it. これは全く違いますよ。比較するなら How lucky we are able to see it. と2)です。 1)はbe to do ですから、「それを見れるような運命になって」といった感じで、一般的な文ではないです。非文ではないですが。ここでbe able to を canにかえても意味は同じはずです(英語では許されませんが)。  2)と違うことが解ると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • sknuuu
  • ベストアンサー率43% (408/934)

>How lucky we are to be able to see it. これはすんなり「見ることができるなんて・・・」という感じ 曇りだと思っていたのに晴れてくれたので星がきれいに見える、とか ま、How lucky we are able to see it. でしょうが >How lucky we can see it. これは他のニュアンスが入ってきて、前述の「見ることができるなんて・・・」というのもあるし、「見せて"もらえる"なんて・・・」という『許可』的な感じもあります つまり、Can we see that? と尋ねて、OK, no problem.という回答をもらった場合 Oh, really? How lucky we can see it. Thank you, we appreciate it... これはbe able toではできません 使う状況によりけりです

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • oignies
  • ベストアンサー率20% (673/3353)

漠然とですが、したのCANを使うのではないかと思います。ちなみに、CANとBE ABLE TOは意味が違うと高校生のときおそわりましたが、どうちがうのか、あまり明確な説明はありませんでした。Can you eat raw fish?は失礼な表現だとおそわったくらいです。 話題はすこしずれますが、Howではじまるのであれば、最後はピリオドでなく、!ではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • can will be able to

    I can see you tomorrow morning. I will be able to see you tomorrow morning. 違いは、前者は現在において明日あなたに会うことが出来る可能性があるが、後者は現在においては明日あなたに会うことが出来る可能性がないということでいいですか?

  • canとbe able toの違い

    canとbe able toは基本的な意味は同じですよね。しかし微妙にニュアンスが違うような気がします。どのように違うのでしょうか?回答お願いします。

  • can と will be able to

    Do you know if he can come tomorrow? Do you know if he will be able to come tomorrow? can をwill be able to に置きかえられますか。そして上の2つの文に意味の違いはありますか。 (if 節が名詞節なので will be able to も置くことができますよね。) 文法書でcan のほうの文を見て、if 節が名詞節だからwill be able to も可能だろうと考え始めたのですが、そもそも未来のことなのに、 ・will be able to ではなく、なぜcanを使うのか ・2つの文には意味的に違いはあるのか が気になってきました。よろしくお願いします。

  • can と be able to はどのように使い分けますか?

    can を使って英文を作り、翻訳すると、缶と訳されることが時々あります。そのときだけ、be able to に書き換えます。 翻訳サイトがあまり正確に訳さないことはわかっていますが、ちゃんと できると訳される文もあるので、使い分ける基準を知りたいです。 よろしくお願いします。

  • can と be able to の使い方

    ネーティブのEnglish Speakerが、canとbe able to をどのように使い分けているのかが知りたいのです。 辞書を見ると使い方がいっぱい書いてあるのですが、これといったものがイメージできません。 これが基本であるというのを教えてください。 例えば、 Canは実際にすることを前提にしている。 Be able toはするかどうかは別として、する能力がある。 等々。

  • Can と be able toの使い方について

    英語のニュースをラジオで聞いてみるとよくbe able to の言い回しを耳にします。学校では、原型の場合be able toを使うように 習ったのですが、Neitiveのかたはどのように使い分けされていらっしゃる のでしょうか?留学経験者もしくは、ご存知のかたよろしくお願い申し上げます。

  • be unable to と be not able to の違い。

    1,be unable to と be not able to の違い、を教えて下さい。 2,It is no big deal と It is not big deal no を使う場合と not を使う場合、この使い分けと、ニュアンスの違いなどを教えて下さい。

  • won't be able to と can't

    You won't be able to make him change his mind. You can't make him change his mind. 『あなたは彼の気持ちを変えることはできないでしょう。』 この2文は同じ意味のような気がするんですが、厳密には違ったりするのでしょうか? もし違いがあるなら違いを教えていただけませんでしょうか。 よろしくお願いします。

  • will be able to Vの場合、able to Vの性質はどうなってしまうのでしょうか?

    どうもこんにちは。いつもお世話になっています。 さて、be able to Vという表現がありますよね。学校で習ったことを書きますと、「一回こっきりの動作」に使うのだそうです。 I was able to cross the river.  I could cross the river. 上の表現の違いは、able to Vの方が「その時は渡れたが今はわからない」で、下のは「いつでもその川を渡ることができた(能力)があった」とのことなのです。 では「彼はその川を渡ることができるだろう」という日本語を、 He will be able to cross the river.とすると、これも一回こっきりの動作になるのでしょうか?もしそうであるなら、「いつでも川を渡れるだろう」という場合にはHe can cross the river.とすべきなのでしょうか? 長い質問で申し訳ございません。でもとても気になってしまいます。 よろしくお願いいたします。

  • have to be able toって?

    You have to be able to go there and back. have to しなければならない be able to できる 日本語が繋がらないです be able toはいるんですか!?