-PR-
解決済み

緑色を「あお」と呼ぶ理由

  • 暇なときにでも
  • 質問No.9161
  • 閲覧数68
  • ありがとう数11
  • 気になる数0
  • 回答数7
  • コメント数0

信号の色や青虫、青物など、実際は緑色なのに「あお」と呼ばれているのは何故なんでしょう。
通報する
  • 回答数7
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.7
レベル14

ベストアンサー率 41% (1452/3497)

大和時代・奈良時代の日本語では、色の定義としては基本的な2色しかなかったようです。赤(朱色・橙色・桃色)と青(白~黒の間の色で具体的には青色・緑色・藍色が中心)の2つでした。赤と青は対比として使われており、朱・橙・桃の各色以外のすべてを、白と黒も含めて「青」で示していた時代もあるようです。
ですから、青虫は赤色系でない虫、青物も赤色系でないものというのが本来の意味であり、その対象が黒でも青でも緑でも茶色でも紫でも構わなかったということですネ。
調べなおしてみた結果です。
kawakawaでした。
お礼コメント
noname#10886

わざわざ調べなおして下さったんですね。
2度もカキコして頂いて、ありがとうございました。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
関連するQ&A
-PR-
-PR-

その他の回答 (全6件)

  • 回答No.2
レベル12

ベストアンサー率 43% (235/542)

 ごく簡単に言うと、その昔、日本では現在の「緑」も含めて「青」としてました。その名残で、緑を「あお」という言葉が残っているようです。  色の区分は、文明の発達とともに細分化されてきましたが、昔はそれ程多くの区分がなかったということです。  カラーコーディネーターである妻も同様のことを言っていましたので確かな情報でしょう。 以下のページが参考になります。 http://members ...続きを読む
 ごく簡単に言うと、その昔、日本では現在の「緑」も含めて「青」としてました。その名残で、緑を「あお」という言葉が残っているようです。

 色の区分は、文明の発達とともに細分化されてきましたが、昔はそれ程多くの区分がなかったということです。

 カラーコーディネーターである妻も同様のことを言っていましたので確かな情報でしょう。

以下のページが参考になります。

http://members.spree.com/margy1/q012.html
お礼コメント
noname#10886

ふむふむ、「文明の発達とともに」ですか。なるほど。
URLも参考にさせて頂きました。
ありがとうございました。
奥様にもよろしくお伝え下さいませ。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00


  • 回答No.1
レベル13

ベストアンサー率 44% (527/1181)

◆日本語古来の「あお」は、どちらかと言えば、緑に近い色で、西洋文化圏から入ってきた、いわゆる「blue」とは基本的に違う色です。 「blue」は本来は「蒼」とか「藍」に相当する色だと思います。 間違いがありましたらご指摘ください。 ...続きを読む
◆日本語古来の「あお」は、どちらかと言えば、緑に近い色で、西洋文化圏から入ってきた、いわゆる「blue」とは基本的に違う色です。
「blue」は本来は「蒼」とか「藍」に相当する色だと思います。

間違いがありましたらご指摘ください。
お礼コメント
noname#10886

うーん、私には分かりません(笑)
ゴメンナサイ。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
  • 回答No.3
レベル12

ベストアンサー率 39% (331/835)

色彩を表す日本語として最初に「あか」と「あお」が生まれたそうです。「あか」は強い印象を与える色、「あお」は落ち着いた感じの色を指していたとのこと。詳しい話は定かではないのですが、先日テレビでやってました。「みどり」はそれよりかなり後に生まれたのです。 ...続きを読む
色彩を表す日本語として最初に「あか」と「あお」が生まれたそうです。「あか」は強い印象を与える色、「あお」は落ち着いた感じの色を指していたとのこと。詳しい話は定かではないのですが、先日テレビでやってました。「みどり」はそれよりかなり後に生まれたのです。
お礼コメント
noname#10886

最初は「あか」と「あお」だけだったんですか・・・。
回答ありがとうございました。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
  • 回答No.4
レベル14

ベストアンサー率 41% (1452/3497)

信号機の青信号は、1930年に決められたときには「緑色信号」というのが法律上の名称でした。しかし、一般に定着している「青信号」に修正された経緯があります。 基本的には三原色である青・赤・黄の三つがヒトにとって最も認識しやすいものだからではないかと考えられます。 kawakawaでした。 ...続きを読む
信号機の青信号は、1930年に決められたときには「緑色信号」というのが法律上の名称でした。しかし、一般に定着している「青信号」に修正された経緯があります。

基本的には三原色である青・赤・黄の三つがヒトにとって最も認識しやすいものだからではないかと考えられます。
kawakawaでした。
お礼コメント
noname#10886

「緑色信号」は言いづらいですよねぇ。
修正されて良かった。(笑)
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
  • 回答No.5
レベル10

ベストアンサー率 44% (81/181)

 古代日本語の色彩語は、赤、黒、白、青の4色で、   赤(明)-黒(暗)、白(顕)-青(漠) というように対をなしていたそうです。括弧の中はそれぞれの意味を表していて、明暗はそのまま、顕は「物事のあきらかなさま」、漠はその逆です。言葉はその民族が持つ認識や記憶を反映しますので、古代日本人は色彩よりも別のことに注目していたのかもしれません。黄が現れたのは平安以降、緑も万葉集ではほとんど使われていないそう ...続きを読む
 古代日本語の色彩語は、赤、黒、白、青の4色で、
  赤(明)-黒(暗)、白(顕)-青(漠)
というように対をなしていたそうです。括弧の中はそれぞれの意味を表していて、明暗はそのまま、顕は「物事のあきらかなさま」、漠はその逆です。言葉はその民族が持つ認識や記憶を反映しますので、古代日本人は色彩よりも別のことに注目していたのかもしれません。黄が現れたのは平安以降、緑も万葉集ではほとんど使われていないそうです。
 さて問題の青ですが、青はもともと灰色がかった白を表したようです。そしてさらに色彩としては、青、緑、藍といった領域までもカバーしていたようです。そこから、緑を青と表現したのでしょう。緑なのに「青田」とか「青々とした」というのは、そういう古代日本から続く色彩語の用法なのですね。今でも、青馬は青い馬ではなく灰色の馬を指しますね。私の祖父は、明るいことを「あかい」と言っていました。
 古代日本の記憶が、まだ脈々と息づいているような気がしませんか?
お礼コメント
noname#10886

色の歴史はとっても奥が深かったんですねぇ。
勉強になりました。
ありがとうございました。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
  • 回答No.6
レベル8

ベストアンサー率 41% (12/29)

日本語では古来、かなり広い範囲をさして「あお」とかいっていたようです。 今でも沖縄県の90歳以上ぐらいの方は、黄色のことを「あお」と呼んでおられるそうです。 ...続きを読む
日本語では古来、かなり広い範囲をさして「あお」とかいっていたようです。
今でも沖縄県の90歳以上ぐらいの方は、黄色のことを「あお」と呼んでおられるそうです。
お礼コメント
noname#10886

えっ、黄色のことを「あお」と?
ちょっとびっくりです。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ