• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

円錐振り子の糸の張力

円錐振り子の糸の張力を求める際、鉛直方向に力を分解しますが、張力の直線上にまっすぐ座標軸を取ればS=mg*cosθとなってこれも正しいような気がしてしまいます。 正答はs=mg/cosθというのも正しいと思うのですが、なぜ張力の直線上に軸を取ってはいけないのかよくわかりません。 解説できる方、よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 物理学
  • 回答数1
  • 閲覧数2012
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#212313
noname#212313

> 張力の直線上にまっすぐ座標軸を取ればS=mg*cosθ  これでいいかどうか、証明してみる前に、ちょっと極端な数値を入れてみると、直感的にいいかどうか分かることがあります。  円錐振り子が真っ直ぐぶら下がっているときは、θ=0°でcos0°=1ですから、S=mg*cosθ=mgとなります。重りが静かにぶら下がっているときは、重りには重力のみが働いていますから、お考えの張力の式は正しい数字を与えます。  逆にほぼ水平に回転させたとすると、θ=90°(=π/2)で、cos90°=0ですから、S=mg*cosθ=0となります。張力がゼロ。これはちょっとおかしいですね。円錐振り子では、回転があまりにも速くなると糸が切れたりします。  少し考えると、cosθの絶対値は0~1ですから、S=mg*cosθという式は重力加速度以下の張力を表しています。張力が必ず重力加速度より小さいというのは何か変です。  なぜこうなったかを考えると、円錐振り子の重りにかかる力の(つり合い)のうち、重力による力のみを考えて、それを張力方向にかかる力に換算した式がS=mg*cosθだからです。  実際には重りには回転運動による遠心力もかかっています。張力計算は遠心力を考慮する必要があります。幸い、円錐振り子では重力による力と遠心力は力のかかる方向が直角になっているため、ピタゴラスの定理が使えます。重力の2乗と遠心力の2乗を足して、ルートを取ってやればよいことになります。遠心力は力つり合いから重りの速度を求めるなどして、計算する必要があります。  そうしてもよいです。でも、張力をSと置いてしまうほうが楽です。垂直方向がmg=S*cosθで、水平方向は角速度をω、回転半径をrとして、mrω=S*sinθとなります。  こうしてみるとθで張力を表すだけでよいなら、垂直方向の式:mg=S*cosθだけを使い、S=mg/cosθとすぐに求められます。水平方向の力を考慮する必要がありません。  S=mg/cosθですと、θ=0°のときS=mg、そこからθ=90°に近づくほどSは大きくなり、θ=90°では無限大になります。直感的に、実際の状況と合います。 > なぜ張力の直線上に軸を取ってはいけないのかよくわかりません。  そうしてもよいです。ただし、遠心力も考慮して計算する必要があり、ちょっと手間がかかります。よくある模範解答は手間の少ない方法を選んでいるのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 もうこれが気になって気になって夜も眠れませんでした。 非常にわかりやすく、スッキリしました。

関連するQ&A

  • 円すい振り子の問題

    円すい振り子の問題 次のような問題です。 長さl〔m〕の糸の一端を、xyz座標系の原点Oに固定する。 他端には質量m〔kg〕の小球Aを結びつけ、xz面(鉛直面)内で角振幅θ〔rad〕の単振り子運動をさせておく。… (1)小球Aが単振り子運動の最高点に達した瞬間に、小球Bをそれに衝突させる場合を考える。 衝突直前には、小球Aを支える糸の張力は(イ)〔N〕である。 この(イ)についてです。 私は図で、張力Sと重力mgを描いてSをxz面に分解して、Scosθ=mgとしました。 しかし、解答はS=mg・cosθでした。 私のやり方はダメでしょうか。どう考えるべきか教えてください。 この後の問はわかったのですが、いちばん最初のこの解答がわかりませんでした。

  • 糸の張力の問題

    図のように糸で質量mのおもりをつり下げてθだけ傾け、おもりを放した瞬間の 糸の張力を求めよ、という問題です。 糸の張力をTとすると、張力の鉛直成分は上向きにTcosθになり、おもりは下向きにmgの 力を受けているので、Tcosθ=mgより、T=mg/cosθ とするのは間違っているということですが どうしてでしょうか? おもりを放した瞬間は加速度が0なのでつり合いの式が成り立つような気がするのですが。 正解は重力を糸の方向に分解してT=mgcosθとなっています。 以上よろしくお願いいたします。

  • 円錐振り子の実験

     こんにちは。初めて投稿します。  学校の授業で、円錐振り子の実験を行って、レポートを23日までに提出しなければならないのですが、物理を受験科目として取らない僕は、物理(2)の範囲のこの単元は、俄然やる気がおきず、理解があまりできていません。でもレポートは提出したいと思っています。けしからない話ですが、助けてくださる方を求めています。よろしくお願いします。  実験処理の前提  糸の張力 S〔N〕  おもりの質量 m〔g〕  糸の長さ L〔cm〕  傾角 θ〔度〕  周期 T〔s〕  重力加速度 g〔m/ss〕(ss…sの2乗) (処理)   1 以上の条件で、円運動の運動方程式を記号・文字を使って導き、示せ。  ma=F で、mはそのまま、Fは向心力で張力S〔N〕を分解してできた分力 Ssinθ(しかもこれは張力と重力mg〔N〕の合力ですよね)ということは考えられるのですが、加速度aの出し方が分からず困っています。  …以上ですでに間違っていたらご指摘願います。  2 1で導いた円運動の方程式から  周期T=2π√ml/s を導け。  …これはさっぱり分かりません。  3(考察) 身の周りで円運動をしている例をあげ、物体に働く力とそれによって起こる運動について物理的に説明・考察せよ。  …雨でぬれたかさをまわすと雨粒が円の接線方向に飛んでいくというのは有名ですよね。その他ありますか?  お手数をおかけいたしますが、どなたかお願いします!!θm(。-_-。)m    

  • <<単振り子>>最下点通過のときの糸の張力?

    はじめまして。高校生のlemon9です。 高校物理の質問があって投稿しています。 【問題】 糸の一端に物体をつけ他端を天井の一箇所に固定して、 糸が鉛直方向と60゜(=θ)を成す位置から振らせる。 (単振り子の状態) 物体が最下点を通過するとき、物体に働くすべての力とその大きさは? という問題で、働く力は、 ●糸の張力=T  ●重力=mg ここまでは分かりました。 しかし、模範解答によれば、 "この2力の間には、T=2mgなる関係が存在する" ということで、そこが分からず困っています。 学校の先生は高校物理IIの知識を使うのだとおっしゃっていたのですが、自分の持ち合わせの教材が物理Iまでのものなので、解決することが出来ませんでした。 さらに、θ=90゜のときの最下点の張力についても教えて頂けたら嬉しいです。お願いいたします(__)

  • 円錐振り子の向心力の表し方

    初投稿します、Nyandyです。 宜しくお願いします。 円錐振り子についてなんですが、以前質問があったようなんですが、少し違う質問です。 向心力=F、振り子の糸の長さ=L、重力=mgとして、FをmgとLで表すにはどうすればいいのでしょうか?それ以外のものは使わずに表すことはできるんでしょうか? 自分勝手だとは思いますが、できるだけ早く返答いただけると助かります。

  • 円錐振り子について

    下らない質問で申し訳ないのですが・・・。 点Oから吊るした円錐振り子が、鉛直方向から60°傾いて円運動をしているとします。 糸が切れたとき、小球は点Oの真下の点Hから何mのところに落ちるか?という問題なのですが、 (他にわかっているのは、糸の長さが0.80mということのみ) 私の考察というか、解き方では、 糸が切れたら、水平方向に等速円運動の速さで等速度運動 鉛直方向に自由落下 という運動をするので、この2式を連立するというやり方なのですが、 どうも答えが合いません。 解説が無いので、どなたかお願いします。 ちなみに、円運動の速さは求まっています。 もしかしたら問題文の意味を把握していないのかもしれないです。 ”点Hから何mのところに~”というところを曖昧にしているのかも・・・。 宜しくお願いします。

  • 円錐振り子の問題なんですが答えが合っているか教えてください

    円錐振り子の問題なんですが答えが合っているか教えてください 問題 天井から糸でつるした質量100[g]のおもりが、天井と平行な面内を等速円運動している。 このとき、鉛直方向と糸がなす角度がθであった。 このとき、重力加速度の大きさはgは9.8[m/s^2]とする。 問題 (1)おもりは鉛直方向には運動していないことから、おもりに働く力は鉛直方向でつりあっている。これを利用して、張力Tの大きさTをm,g,θで表しなさい。 (2)この等速円運動では、糸の張力Tの水平方向の成分が向心力となって運動を引き起こしている。向心力の大きさをおもりの質量m,円運動の半径r、角速度ωで表しなさい。 自分の回答 (1)T=mgtanθ (2)T=  考えたんですがわからないです。

  • 単振り子が切れないように…

    質量mのおもりを長さrの糸に取り付けた単振り子がある。 (糸は同じおもりをもう1つ付けてもギリギリ切れない強度を持っている) この(おもり1つだけの)単振り子を糸が切れないように運動させるとき、 おもりを最大どの高さまで上げることができるか。 但し、高さの基準は振り子の最下点とする。 ↑の問題が分かりません(^^; 2mgが限界なのだから、あとmg分の力にも耐え得るということですよね…? おもりに働く張力と重力以外の力は…慣性力なんでしょうか? 解法を説明していただけると助かります。

  • 物理

    長さLの糸で質量mのPが水平面内で円運動している円錐振り子について 張力SはScosθ=mgだからS=mg/cosθと表せますが、S+mg=m・v^2/rでS=m(v^2/r-g)とも表せますか?

  • 力学に関する問題です。

    長さXの糸の端に質量mのおもり、他端を点Oで固定し振り子とする。 糸が鉛直方向と角θをなすように点Aまで持ち上げて、静かに離した。 離した直後の糸の張力の大きさはいくらか? 私の解答 0=Tcosθーmg T=mg/cosθ 模範解答 0=T-mgcosθ T=mgcosθ 分解した力が違うだけで答えが合わなくなってしまいます。 もしかして力の分解の時に何か忘れている条件があるのかもしれません。 それも含めてご回答していただけると幸いです。 よろしくお願いします。