締切済み

ネットで出回る川崎中学生リンチ殺害事件の犯人情報

  • 困ってます
  • 質問No.8924251
  • 閲覧数7923
  • ありがとう数14
  • 気になる数0
  • 回答数9
  • コメント数0

お礼率 52% (75/144)

こんばんは。

先日、川崎の中学生が少年グループに殺害された痛ましい事件がありましたが、
ネットで出回っている犯人グループの顔写真や名前は信ぴょう性があるのでしょうか。

また、警察から情報が出ていない状況で、どこから犯人の情報を特定できるのでしょうか。

被害者は学校友人に相談をしていたそうですが、そういった友人から情報が出ているということでしょうか。

よくネットですぐさま特定できたなと不思議に思いました。

被害者少年の情報がメディアで報道されて、加害者少年少女の情報がメディアで報道されない一般的な理由とは、少年少女の将来のためなのでしょうか。

そういった報道姿勢やネットの情報に関して、みなさんはどう思われますか。

質問が多くなりましたが、みなさんの考えや意見を聞いてみたいです。
よろしくお願いいたします。

みんなが選んだベストアンサー

  • 回答No.2

ベストアンサー率 32% (7189/21827)

"ネットで出回っている犯人グループの顔写真や名前は
信ぴょう性があるのでしょうか。"
  ↑
今までの例からいうと、結構あるみたいです。


”警察から情報が出ていない状況で、どこから犯人の情報を
 特定できるのでしょうか。”
    ↑
こういう情報は、近親者や隣近所などには判ってしまいます。
交友関係からも判ります。
何せ、警察やマスコミが出入りしますから、隠せる
ものじゃありません。


”被害者少年の情報がメディアで報道されて、加害者少年少女の情報が
 メディアで報道されない一般的な理由とは、
 少年少女の将来のためなのでしょうか。”
     ↑
そういうことです。


”そういった報道姿勢やネットの情報に関して、みなさんはどう思われますか。” 
    ↑
ワタシは逆にすべきだと思っています。
つまり、被害者の情報は安易に報道するな、
加害者の情報はもっと詳しく報道しろ、
と。
そもそも、被害者の顔写真などを報道して
何の意味があるというのでしょうか。
大衆の悪趣味を満たそうとしているだけ、
マスコミの金儲けだけじゃないですか。

その他の回答 (全8件)

  • 回答No.9

ベストアンサー率 41% (4355/10481)

>先日、川崎の中学生が少年グループに殺害された痛ましい事件がありましたが、
ネットで出回っている犯人グループの顔写真や名前は信ぴょう性があるのでしょうか。

その後の警察の操作や多くの通報やテレビカメラの解析等から少年3人は逮捕され自供を始めてるので信憑性はあると思います。
しかし、一部のマスコミ情報にあった6名とか10名の名指しから言うと、冤罪や名誉棄損の人物も多く存在した点で誤報や誹謗中傷も混在していたとも言える。
実行犯や幇助・加担した人物の存在があるのかどうか、その全貌は未解明だと思います。



>また、警察から情報が出ていない状況で、どこから犯人の情報を特定できるのでしょうか。
被害者は学校友人に相談をしていたそうですが、そういった友人から情報が出ているということでしょうか。
よくネットですぐさま特定できたなと不思議に思いました。

グループ内外のSNSやメール交換の履歴、警察や学校や児童相談所へのタレこみや通報、現場周辺の聞き込みから総合的に抽出されたリストと絞り込みの中で犯人の特定が為されたのだと思います。
つまり、リストアップは早く、絞り込みと証拠固めに時間を掛け、慎重な捜査と裏どり聞き取りが行なわれていたのだと思う。



>被害者少年の情報がメディアで報道されて、加害者少年少女の情報がメディアで報道されない一般的な理由とは、少年少女の将来のためなのでしょうか。

少年法の主旨から、将来ある少年少女の保護と更生の機会と言う観点だと思う。
また、冤罪の可能性を考えた場合の被害者の矛盾はあるがプライバシーも権利も考慮されていない様な情報の散乱に比べ加害者の権利への配慮に疑問は残るが、全体としては過渡期・曖昧な報道姿勢・報道の自由や知る権利とプライバシーの保護、報道機関の影響力の大きさもあり、権利と人権尊重の難しさの両面の相克もあると思う。


>そういった報道姿勢やネットの情報に関して、みなさんはどう思われますか。


漠然とした疑問とまとまりのない問(自分なら、どうしたorどうすれば良い)
犯行グループに自分なら、どの様な対応が出来たのだろうか・・・・   

大変難しいテーマであり、究極の判断として、その時に何が出来たのかorどうなるかは分からない.
単純にタテマエは申せても仮定では語れないと思います。

相手のレベルや状況にもよるが、このような事件の場面で→最後までギリギリまで主犯格の少年を説得するだろうが・・・、聞く耳を持たず、矛先を変えその刃が自らの心臓や喉に突きたてられたら、逃げる・助けを呼ぶのが精いっぱいで、被害少年を救い戦えるかどうか、少年を救済し得たかを自問自答すると自信が無いのがホンネです。

客観的には、そのような状況に成らない日頃の交友関係や付き合いを生活行動を一般的にはとるのだろうけれども・・・

それでも、究極の状況に追い込まれていたら、人は一番かわいいのは自分自身であり、何処まで理性やモラルや見識で切迫した恐怖や恫喝威嚇に立ち向かえるか、勇気や信念を変えることなく貫けるか、身代わりや生贄に成るリスクがあっても勝ち目も無いのに自ら敢然と戦えるか・・・が、目の前の恐怖や圧力や誘惑に対し、いついかなる場合も何処までも逃げず曲げず必ず信念や心情に即した対応が実践できるかに正直に申せば自信が無いからです。

それは、先人の訓えや暮らしの知恵にも迷い悩み矛盾を残し混沌とした価値観やプライオリティを遭遇する場面ごとに使い分けています。
何時も何時も、安全が確保されているとは限らず、恐怖の度合いも具体的&絶対的なものと抽象的&相対的なものがありシチュエーションの差が対応する立場や環境や判断に影響すると思うからです。

◇長いものには巻かれろ。
◇多くの物(肩書・資産・家族・責任)を持つ者ほど慎重臆病に成る。
◇蛮勇だけで結果が伴わなければ自爆自滅行為と成る。
◇その場の忌避は出来ても、今度は自分が復讐や新たな標的に成る可能性が高く、ヤルかヤラレルかの2者択一に成ってしまうと、強い方に付く可能性が高いが、それを卑怯者・裏切り者と言えるかどうか、理を説き正せるかどうかは、過去の連合赤軍の総括(自己批判の強制とリンチ)、イジメ事件の経緯からも難しいと思う。

結局は、八方塞に陥ってからでは対応の選択肢は狭く人間は弱い、そのような事態に成らない様な生き方、人格形成と交際、周囲との信頼関係を構築、早目の相談や通報を行い連帯して事前に対処小さな芽やリスクの内にヒヤリハットの改善兆候を解消する事しかないのではと思う。
  • 回答No.8

ベストアンサー率 16% (1939/11549)

リーダーでしょ?
信憑性あるでしょ 周りの同級生とか名前知ってるからそいつらがネットに書き込めば個人情報は広がります

加害者だけが守られる社会だからあえてネットで情報を晒すんですよ
  • 回答No.7
佐世保の事件も仙台の事件も、今回も結局、流布した
情報は間違っていなかったのだろうと思います。
表のニュース画像と裏の情報を比べると、いずれも
事実の方が後から流布情報を裏付ける形で次々と
「新情報」が付け加えられます。

まず、警察や報道機関より遥かに早く情報が出現するのは、
凶悪事件の犯人というのは大事件を起こす前に、多くの
「訴追されていない犯罪歴」があるからです。

恐怖で警察にも親にも言えない暴力を数限りなく繰り返して
来ている者が多いこと。

被害者を半身不随、或は死に至らしめる暴行を振るうことも
少なくありません。

そのことは、警察が検察に容疑者を引き渡すと一挙にマスコミも
追加報道を始めますから、確かめられる事実として明るみに
出てくることで確認できます。

そして、警察が大事件でないと日常業務の範囲内で「処理」して
しまうことがかなりあり、要は面倒だから長所だけ取って放置
したり、それさえせずに黙殺することが無視できないほどある、
ということ、学校も面倒事を出来る限り闇に葬って恙なく
教職員生活を送ることばかり考える集団と化していること
などから、無数の被害者が泣き寝入りしており、その声なき声が
無視され続ける中で犯罪者が社会的制裁に多寡を括って、より
凶悪にエスカレートしていくから、だと思われます。

更に言えば、警察も検察も弁護士も声に出さないだけで
ネットの情報を大量に収集してそれを「天の声」として
捜査や訴追、弁護に使っていることは「あり得ない」と
考える方が余程、非現実的です。

嘘やデマゴーグも交じっているネット情報ですが、それは
きちんと裏付けを取って取捨選択をすればよいだけのこと。

更に、拡散させた人間を数人特定したところで大きな罪に
問える筈もなく、また、容疑者の個人情報が流布することを
抑止すること、さえも現行法規では困難でしょう。
事実上、不可能だと思います。

被害者の個人情報が未成年を理由に報道規制されるのは
純粋に少年法や「誤った人権意識」を持つ一部世論の攻撃を
恐れてのことです。

スクープを批判覚悟で世に出して、視聴率や販売部数を
伸ばしても、腕っこきの人権弁護士に訴えられて稼いだ
利益をむしり取られて世間のバッシングを浴びたのでは
商売になりませんからね。

玉石混交ですが、そういった様々な世間のしがらみに
縛られることなく書き込めるネットの世界は、無数の
声なき民衆の怒りと恐怖と悲しみの、代弁者なのだと
私は思っています。

私が警察関係者なら、取り締まらばね、とポーズだけ
とって、ウォッチャーに徹すると思います。

「凶悪犯罪者は一日にしてならず。」

そういうことだと思うのです。
  • 回答No.6

ベストアンサー率 16% (67/401)

>信ぴょう性があるのでしょうか。
分かりません。

>どこから犯人の情報を特定できるのでしょうか。
犯人と、ある程度、身近な存在だと、(あの子が怪しい)と勘が働くんじゃないでしょうか?

>少年少女の将来のためなのでしょうか。
さあ?極左的思想によるものでしょうか?
被害者の将来を奪っておいて、加害者の腐った将来を「少年少女の将来」なんて美化するなんて、ちゃんちゃらおかしいです。
死刑に出来ないなら、国外追放して二度と入国を認めないで欲しいです。

>みなさんはどう思われますか。
被害者の情報をいくら報道しても、再犯防止にはつながらないと思います。
凶悪事件の場合は、加害者が未成年でも、成育歴や、両親の情報も、公開するべきだと思います。
それをやらないと、再犯防止にはつながらないですよね。
メディアには、日本の防犯を良くしようという気持ちが無いと思います。
  • 回答No.5

ベストアンサー率 28% (4291/15046)

「人の口に戸は立てられぬ」という諺(ことわざ)があるくらいですからね。
近隣地域の人なら「あぁ、あいつらか」と瞬時に頭に浮かぶことでしょう。
そして、そういう人から情報が拡散していき、ねずみ講じゃないですけど因果律みたいにドンドンと細い糸の手がかりから学校とか勤務先、自宅が割れていきます。

土下座炎上で有名になった事件も同様でしょう。


>そういった報道姿勢やネットの情報に関して、みなさんはどう思われますか。
少年法があまりにもいい加減すぎて憤りを感じたひとが個人的に復習…確信犯なら実刑でもいいと思います。
特に学校でのイジメは刑事事件にした方がいいのが多いはずですよね。器物破損、窃盗、恐喝、etc…
「学校」というだけで保護されているような気がします。教員もいじめに加担していても同僚や教育委員会が匿う風潮も子どもたちにとっては悪い影響を与えるだけでしょう。子供の手本として身近な大人が自己保身のために道理を捻じ曲げてるんですからね。
そういう人達が作った法律なんて抜け穴だらけ。そういう自己保身に長けた人が政治家になって「先生」と呼ばれていい気になってるんですからね┐(´∀`)┌
  • 回答No.4

ベストアンサー率 13% (559/4266)

近所の人が見てれば一目瞭然ですよね。
川崎なんて人いっぱい住んでるから本物が出てきてもおかしくはないですね。
  • 回答No.3

ベストアンサー率 28% (251/888)

かなり信憑性が高いと思います。
ネットではフルネームが出ていて、尚且つテレビ局の車が主犯の家の近くで張り込んでいるというんですから・・・
明白な証拠または自白があれば逮捕となるでしょう。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 39% (81/205)

犯人は被害者の同級生なのではないのですか?
防犯カメラにはそれらしい人物が映っていたとはニュースで聞きましたが。
犯人が未成年ならこの間のつまようじ事件と同じで犯人の実名が公開されることはないでしょうね。
補足コメント
ryoryoryory

お礼率 52% (75/144)

同級生かどうかわからないですし、警察は公開していませんよ。
ただ、つるんでいたグループは他学校の先輩だと報道されていました。そのメンバーが事情聴取されているとか。
投稿日時 - 2015-02-25 03:20:53
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

ピックアップ

ページ先頭へ