締切済み

(女性)膀胱内視鏡検査について

  • すぐに回答を!
  • 質問No.8869621
  • 閲覧数1072
  • ありがとう数13
  • 気になる数1
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 97% (249/255)

尿検査の度に血尿がみられ、今回「カメラで様子を
みましょう」と言われました。
おそらく膀胱内視鏡検査のことだと思うのですが、
実際この検査をされた方、どういう感じでしょうか?
痛みはありましたか?

大腸内視鏡検査の経験がありますが、胃下垂のせいで
小腸が複雑になっている、ということでオソロシイ経験
でした。。。(お産の方がずっと楽でした ><;)

ー海外在住者ー
通報する
  • 回答数2
  • 気になる1
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全2件)

  • 回答No.2
レベル11

ベストアンサー率 37% (139/370)

名前は分かりませんが、ヨードを点滴しながら造影する検査を最初の病院で受けました。それをしながら寝ている姿勢から立つと腎臓が下がるので診断がついたようです。
一度トイレでふと見たらお小水の中に赤い筋が一筋流れているので気持ち悪かったです。
腎臓や膀胱に病気がないとわかって初めて診断されるようです。

とくに病気が出ないことをお祈りします。又カテーテルを入れる時、やはり上手なドクターや看護師、下手な方もいらっしゃるようです。入院してたびたび導尿される方はいろいろあるようです。
心配しても仕方ないのでドクターを信頼して受けてくださいね。
お礼コメント
Ghionea_329

お礼率 97% (249/255)

造影CT検査というのがあるのですね。。
この検査はいよいよ遊走腎の疑いがある、と診断されたときに受けるのでしょうか。
大腸内視鏡検査が苦痛だったので心配しましたが、後に聞いたところでは
道検査に麻酔剤を使うクリニックもあるようでした。 
おっしゃるように医師やクリニックによって違うのは確かですね。

回答たいへん参考になりました。
どうもありがとうございます。
投稿日時 - 2014-12-30 03:02:22

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 37% (139/370)

遊走腎があり、集団検診時尿潜血で引っかかるときがあります。これは、痩せた女性に多く、腎臓が寝ていて立った時などゆらゆら動く。それによって血管から出血があるようです。常時出血はしません。
10年以上前病院で膀胱鏡検査もしました。その後無事でしたが、5年くらい前、また尿潜血があり、開業の泌尿器科で膀胱鏡を。
ドクターが言われるには、男は尿道が長く痛むので病院へやるとのこと。女は自分でやるそうです。
鈍痛と言うか何とも言えない嫌な気持ちが挿入するときあります。入ってしまえばそれほどいやなことはありません。
お産の時、陣痛促進剤を点滴されていたので、トイレへ行けず導尿されました。
あれと同じ。というかお産は陣痛の痛みで紛れますが、今度は尿道だけに神経が行くということで…
ただ、二度目の時検査後膀胱炎状態になり抗生剤をもらいました。
我慢できますが、気分的にお産とは全然違います。内診台は女だけでないのだなあと思ったことでした。
お礼コメント
Ghionea_329

お礼率 97% (249/255)

回答どうもありがとうございます。
思えば、私自身もお産の後に排尿ができず導尿された記憶があります。
その違和感などは分娩とは比ではなく忘れていました(笑)

それよりも、遊走腎について非常に参考になりました。
私は確かに痩せていて、座った後や立ち続けていると背中が痛くなったり
2年前は歩行困難になることがありました。
腎臓が悪そうだ、、とは分っていましたが、総合医からもこの病名は
口に出たことはなく、私も始めて知りました。
早速専門医に診察(内視鏡検診)を受けるときに聞いてみます。
Floating Kidneyとは面白いですね。
参考になる回答、ほんとうに助かりました。 ありがとうございます。
投稿日時 - 2014-12-28 08:47:35
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
同じ症状や状況になったことある!あなたの知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


専門家があなたの悩みに回答!

ピックアップ

ページ先頭へ