• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

肝臓癌のラジオ波治療について

父親が肝臓癌の手術を受けて、1年4ヶ月後に癌が再発しました。 3個再発して、2個をラジオ波で治療したのですが、3週間して脳出血を発症しました。 ラジオ波が原因の1つと考えられるのではないかと、医師にいわれたのですが、詳しくわかる方がいましたら教えてください。

noname#50537
noname#50537

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数380
  • ありがとう数12

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

一般論だけですが。ラジオ波による肝臓癌治療が直接の脳出血(しかも治療後3週間後の)の引き金になったとは考えにくいと思います。間接的には、治療中のストレスなどによる血圧上昇(治療中に発症)、治療後の肝機能低下による易出血性(凝固障害の進行)による出血などは可能性があるとは思いますが。その医師がどう考えたのか、あなたのお父様の場合の具体的な原因まではわかりかねます。しかし、治療を行った医師が、その治療が原因の一つかも、と話したとすればその医師は信頼する条件を持っていると思われます。だとすれば、その医師に直接しっかり説明を求めるのがいいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

治療した医師とは別の医師です。 今は救急の病院にいるため、長期療養できる病院を探しているのですが、その転院希望している病院で言われました。

関連するQ&A

  • 肝臓癌の低侵襲治療

    肝臓癌の低侵襲治療といってもいろいろあるそうですが、これらの治療は一般的な手術による治療と違い、癌細胞を切り取って体の外に出すことはしないようです。このような治療で本当に完治するのでしょうか?また、完治した場合、再発の可能性は手術したときよりも高いのでしょうか?

  • 肝臓癌の治療

    先月、70台の父が肝臓癌らしいということで入院になりました。 かなり進行しているらしく長くはないだろうというのはわかるのですが医師の説明や対応に疑問を感じることがしばしばだったのですがこれは普通なんでしょうか? 例えば、 医師「肝臓のこのあたりの影が癌っぽいです。見えにくい癌なので正確にはわかりません」→え?もっと調べないの? 医師「効果はほとんど期待できないが抗がん剤をやりましょう。小さくなれば手術もできるかも」→で、その治療はいつからはじめるんですか? 医師「肝臓の検査数値がよくないのでやっぱり抗がん剤は使えません。いつやるかは未定です」→で、その状態を改善するために何をやっていく予定かの説明がないんですが・・・・・・・・・ 私「遠隔転移はないのですか?」→医師「多分ないです。調べてないけど」 私「食事も殆どできていないようですが高カロリーの点滴(首の静脈にやるやつ)などはやらないんですか?」→医師「予定はないです」 と大体こんな感じです。 素人に説明しても仕方ないという点は理解できますが何故と聞かれたら患者側にわかるように根拠を示し治療方針を説明していくべきではないでしょうか?せっかく入院しているのに毎日、捕液の点滴と検査しかしてないようで正直納得できません。

  • 肝臓癌の治療

    75歳の母のことでお尋ねします。 C型肝炎→肝硬変→肝癌に移行。 最初はラジオ波焼灼しましたが半年経って再発しました。 今回は大きさはまだ小さいが位置の問題で(肺か気管?に近い)ラジオ波はできず、動脈塞栓術になるだろうということです。 今週中にエコーで位置や大きさを把握し、治療方針を確定します。 そこで動脈塞栓術についてですが、これは抗がん剤を使用するものですよね? それがとても不安に思っています。 いわゆる抗がん剤治療(化学療法)よりは量的には少ない抗がん剤ということでしょうか? 量的に少ないなら副作用や身体への負担はどの程度なのでしょうか。 肝硬変で肝機能障害がある場合も抗がん剤は使用されるものでしょうか。 それからもう一つ質問させてください。医療を受ける基本的な問題になりますが… 母が現在かかっているのは肝癌では一応有名な癌指定病院で、症例数も多く、そういう意味では手術の「技術」については信頼しています。 けれど治療方針については、3ヶ月ごとの検診をして癌が見つかればラジオ波や塞栓術というスタンダードな手術をするだけで、他にはすることはないと言われるばかりです。 ネットなどで調べてみますと、温熱療法や免疫療法など癌には色々な治療があり、多くの人が行っていると知りました。 こういった治療(温熱や免疫)は、一部の病院や大学で研究されていて、そこに行かなければ受けられないということでしょうか? 今の主治医に話してみても、その先生がノータッチである治療ならできないということでしょうか? 結局患者は、受けたい治療があるなら自分でその機関にアクセスしなければならないということでしょうか。 たいへん初歩的な質問をいくつかして恐縮ですが、おわかりになることだけで結構ですので、どうぞ宜しくお願い致します。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

No.1の先生のご回答にあるように、直接の因果関係はないものと考えられます。 「原因の一つとして考えられる」というのは、「いくつかの原因があるがそのうちの一つはRF治療である」と断定したのではなく、「(間接的に)原因となった可能性があるかもしれない」という程度の意味だと思います。 肝臓の壊死物質が飛んで脳血管をつめる、というのは考えられません。途中に「肺」というフィルタがあるので、大きな中隔欠損でもない限りあり得ないことです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 肝硬変なので、出血しやすく、止血しにくいそうです。原因は、1つではないので仕方がないですね。

  • 回答No.3

ラジオ波治療はRFA(ラジオフリーケンシーアブレーション)といってラジオ波で局所(その部分)を焼ききるものではないでしょうか、温熱療法(ハイパーサーミア)とはまったく違うものと思います、最近の治療法です、治療により周囲の血管がもろくなり、組織の一部がもろくなったり剥がれ落ちたりした組織が脳へ飛んで小さな梗塞をつくり脳組織が痛んで出血性梗塞という状態になっているのかも知れません、転院先の医師はどの程度肝臓癌治療及び脳外科的知識を持っているのでしょうか?、可能性はいろいろありますので、治療した医師および転院先の医師それぞれに説明を求めるのがいいと思いますが??可能でしょうか??

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • maito21
  • ベストアンサー率33% (132/398)

超短波などによるハイパーサーミヤのことですよね? 局部に対して超短波(電波)を照射し、深部にある癌細胞(血流が少なく熱に弱い)を選択的に加温して細胞を死滅させる目的で用いられますが、この影響が遠く離れた脳まで及ぼすとは通常考えにくいと思います。(頭部を狙って照射した訳ではない筈ですから) しかし他の治療薬を併用しての影響の可能性もありますので使用されたものの副作用情報などをピックアップしてみては如何でしょう。 また以前かかられた病院に可能性についてお尋ねすることもしてみては如何でしょう。 あまり参考にならなくて申し訳ございません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 肝臓癌によい病院、治療など教えて下さい。

    74歳の母の病気についてご相談があります。 母はC型肝炎をずっと患ってきて、先日肝臓のエコー検査で影があり、癌と診断されました。が、CTを撮ってみると影があまりはっきりと見えなくなり、「癌とはまだ断定できない」という状態です。 それで来週月曜日から入院することになりました。 静脈瘤がありそうなのでまず胃カメラを撮り、その翌日生体検査をして癌であると確定したらその場で焼き切る治療(マイクロ波のことだと思います)をするそうです。 このかかりつけの病院は、これまで私の身の回りでも誤診や医療過誤の被害があり、とても不安です。 検査まではここで受けてもいいと思いますが、そのまま治療に突入することが不安です。 マイクロ波の治療というのは医師の技術によってかなり差があるものでしょうか。(ちなみに母の担当医は若い医師です) そこでセカンドオピニオンとして他の病院をあたってみたいのですが、東京で肝臓癌に良い病院を教えていただけないでしょうか。 データがないと他の病院には受け入れられないのかもしれませんが、なんとか治療する前に他の病院にも診てもらいたいのです。 今の病院にも迷惑をかけることになりますが、命の方が大事です。 私も知識がなく今一生懸命調べていますが、肝臓癌の治療などについて、何でもいいですから情報をいただけたらありがたいです。 宜しくお願いします。

  • 肝臓癌と肺癌

    主人(48歳)で肝臓癌ですが、最近、検査をうけたら肺に転移していました。 なんとか助けたいです。移植の方法はないでしょうか? 肝臓癌では外科手術もしましたし、抗ガン剤の治療もしましたが、主人には、あまり 効き目がなかったようです。 最新治療法はどんなものがありますか?移植ではなんとかなるのでしょうか 脳死移植とはどんなものでしょうか どんなことでも知りたいです。病院名、治療法、教えて下さい。

  • 肝硬変を伴わない肝臓癌だったのになぜ???

    身内が肝細胞癌になりました。 B型肝炎を背景とする肝硬変を伴わない肝細胞癌と診断され、癌以外の肝機能は良好という ことでしたのでTAE治療を2度受けましたが、1ヵ月後のCTで肝内転移、肺転移を指摘された上、 この時肝硬変も発症していることを初めて聞かされました。このような状態ではもう治療法もない ということです。通常、肝炎→肝硬変→肝細胞癌という経過を辿るものと認識していましたが、 肝細胞癌になってから肝硬変になることなどありえるのでしょうか? 癌が発覚した時には本人も家族もかなりショックを受けましたが、肝硬変を通り越しているケース で癌以外の部分の肝機能は良い状態という言葉にすっかり安心し、癌の進行さえ食い止められ れば何とかなると思っていたのでまさか癌を患ってから肝硬変になるなど予想もしていませんでした。 肝硬変がわかってからはみるみる全身状態が悪化して肝不全との診断も下され余命いくばくもないと… この経過は肝臓癌の病態として自然なものですか? そして、肝硬変はほんの数ヶ月で発症するものなのでしょうか???まったく理解が出来ません。

  • 慢性腎不全があると肝臓癌の治療はできないの?

    63歳の叔父が、長年の肝炎からアルコール性肝硬変になり、最近肝臓癌が発見されました。5cmの大きさです。叔父はその他に慢性腎不全を患っており、(透析までは至っていません)医者からは「治療法はない、5センチは大きく、手術したとしても根治はできないし、腎臓に負担がかかる、そして、予後1~2年」と言われました。腎臓に負担がかかるということで、造影剤も使えず、CTとエコーしか行っておりません。本当に癌なのかもわかりませんが、疑いはとても強いそうです。 質問ですが腎不全でも何とか治療はできないものでしょうか? ところで予後って、余命ではないですよ・・・ね?何故「予後」なんですかね。1~2年は生きられるのでしょうか?

  • 肝臓癌の告知を受けたら・・・

    父が肝臓癌と告知を受けました。 生存率5年は50%と言われました。 国立の大学病院だから仕方ないのかも知れませんがすぐ 検査もできず入院も出来ません。早いほうがいいと言われてもこれではどうしたらいいのかパニックです。腫瘍は3~4センチ1つと1センチが1つ、CTで判明、後日MRI、その数日後、教授診察だそうです。本当にどうしたらいいのか不安でなりません。早く急がないと進行してもっと治療の条件が悪くなるのではないのでしょうか?これから冷静に父に対して何をしてあげたらいいのでしょうか?どうかどんなことでもいいので教えて下さい。宜しくお願いします。

  • 大腸癌と肝臓癌の術後

    私の父が大腸癌と肝臓癌(大腸からの転移)になり、 先月一度に両方の手術をしました。 両方とも3cmぐらいの癌でした。癌の特徴としては内側に大きくなるのではなく、大腸の壁をやぶって外側に大きくなっていくような癌だったそうです。大腸の方は小さな癌の芽もいくつか見られ、25~30cmぐらいは切り取ったと思います。肝臓の転移は一カ所で位置的にも先の方にくっついているようにできていたため、ほとんど切り取らずにすみました。 癌の成長速度は中ぐらいだそうです。 術後の経過は順調なのですが、手術の時に3~6カ月後以内の再発の覚悟をするように言われました。 父は抗ガン剤は使用したくないと言っています。 再発を少しでも押さえるためにどのような治療法があるでしょうか? また民間療法のトランスファーファクターやアガリスクなどはどのような効果が期待されるのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 医療ミス?! 肝臓癌ラジオ派手術について

    はじめて利用させていただきます。 実家の66歳になる父が肝臓癌で入院しています。 今月ラジオ派手術を受けました 2回目のラジオ派手術のあと、医師より説明があり2回とも誤って癌ではない部分を焼灼してしまったそうです。 ただでさえ、肝機能がよくないのに肝臓の異常のない部分を何センチも焼かれてしまったということです。 手術の同意書では、あらゆる可能性があるということを踏まえてサインしているとおもうのですが納得できません。 医師からもお詫びがあり、『今度失敗したら僕は医師を辞めなければいけませんね・・・』と言っていたそうです。 明日3度目のラジオ派手術です。 家族は不安でいっぱいです。 父は病院と医師を信じて今後も治療を任せると言っていますがこのままでいいのでしょうか? 病院は地方の大学付属病院です。 県では一番大きな病院です。 地方に住む父母にとって、地元を離れて病院を探し転院手続きをするのは現実的ではありません。 地元の病院で安心して治療を続け、そして一日でも長生きしてもらうのが家族の願いです。 ラジオ派手術とはそんなにミスの起こる難しい手術なのでしょうか? また今後の病院との付き合い方でアドバイスがあればどうぞよろしくおねがいします。

  • 癌の治療法

    父が1年前に、膵臓癌・肝臓癌を患いました。 膵臓はごく小さな癌細胞だったようでステージ1との診断で、リンパ節への転移はありませんでした。 外科手術にて十二指腸・胃の一部、膵頭、胆嚢・胆管を全摘出しました。 また肝臓にあっては、膵臓を優先するために内科手術にて癌細胞を焼き、進行を止めたようで(すみません、この手術については母からよく聞いていません)、膵臓の手術後5ヶ月目に外科手術を行い、5割ほどの肝臓を摘出しました。これも転移はないとのことでした。 ホッと胸をなでおろしていた1年たった先日、肺への転移が確認されました。ごく小さな、豆粒にも満たないくらいの大きさだそうです。 医師からは3週間抗がん剤投与・1週間休みという4週を3セット行うことによって、肺癌治療を行うと告げられたようです。 それでも回復が見込めないようだったら外科手術を行うとのこと。 治療内容は父が決めること。それは承知の上でお聞きしたいことがあるので、よろしければお力をお貸しください。 インターネットという便利な道具のある現代ゆえか、いくつもの治療法を見かけました。 肺の摘出手術・玄米菜食療法・抗がん剤治療・粉ミルク療法・・・ 一体どれがいいのか分からなくなってしまいました。 これは効くという療法などありますでしょうか? また、なぜ父は肺の摘出手術でなく抗がん剤なのでしょうか? 体力もありますし、他器官への転移、膵臓癌・肝臓癌の再発もないようです。 (私は結婚していて実家が遠く、母と妹の話しか聞けない状況なのであやふやな部分がありすみません) 粉ミルク療法等は医学会から消された療法で、しかし効果があるというものを目にしました。初めは疑っていましたが、今は藁にもすがる思いで興味が出ています。。 なにかご存知の方いらっしゃいましたらご回答お願い致します。 宜しくお願い致します。

  • 愛犬が肝臓癌と診断されました

    昨日、4月で9歳になる愛犬(雑種)が肝臓癌だと診断されました。 家の近くの獣医さんが言うには腫瘍が大きくて治らないと言われました。 正確には手術でお腹を開いてみないと判断できないが…とのことでした… 最近では嘔吐する機会が多く、肝臓の腫瘍が胃を圧迫していたのが原因だと言う事でした。 どなたかベストな治療法やアドバイスを宜しくお願い致します! 家族の一員なので助けてあげたいのです!

    • ベストアンサー
  • 原発性肝臓癌の放射線治療について教えてください。

    B型肝炎→肝硬変→肝臓癌となり、 食道静脈瘤の硬化剤治療を数回おこなっている家族の話です。 肝臓癌が7cm程あり、先日、癌を焼く?治療をしましたが、 場所が悪かった事もあり、3分の1程残ってしまいました。 その部分を放射線治療で治していくとの事です。 放射線治療をすれば、残りの癌も全て消滅するのでしょうか? また、放射線治療自体は、痛みがないと聞きますが、 治療後に痛みや発熱などは伴うんでしょうか。 治療費がすごく高いということは無いでしょうか。 他の臓器等への転移は、今の所みとめられないと言われています。 今度の治療で、現在ある癌が消滅したとして、 肝臓癌は、肝臓内へ再発が多いと聞きます。 その都度、放射線治療をすれば、かなり長く生きられたりしますか?