• ベストアンサー
  • 困ってます

金属光沢と蛍光の違いは?

金属光沢は自由電子による励起光だと聞きました。 だとすると、同じく励起光である蛍光物質の蛍光 とは何が違うんでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数291
  • ありがとう数9

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

最初に「大違い」である事を頭に叩き込んで下さい。 金属を「分子軌道型」に無理やり解釈すると、全ての原子の最外殻の「自由電子」が フェルミレベルに完全に縮重しており、「仕事函数」が「無い」、 だから光があたったら、「仕事」は無用で、同じ光子か違う光子か(なお光子は「区別がつかない」) すぐ跳び出してしまう。 さて蛍光物質は奥の方に、(普通は)基底状態があり、光はここまで達しなくてはならない、 仕事函数が大きい、巨大な「負担」が有る、長波長の光は基底状態に届いても何も出来ない、 「熱緩和」するしかない、蛍光物質の場合、通常「基底状態は」一重項で、「励起軌道」を持つ、 これもまた性質は一重項、基底状態に吸収された光は通常瞬時に(のんきなやつもいいるが、 そんな事していると熱緩和してしまう)電子のエネルギーに変わり吸収波長分跳び上がる、 蛍光を出さない物質は跳び上がった高さ(エネルギー)に電子を受け取る一重項軌道が無いのだ。 もっと高い軌道を持って居たりする奴も居るのだが、「量子論の」「諸規制」のために 受け取れなかったり「分子が壊れて」しまったりする。 さて、電子を受け取った「励起軌道」の電子は余り安定では無い、蛍光寿命を測ると分かる。 その寿命に従って、「基底状態に」電子は「落下する」両方とも一重項なので落ちやすい。 この時に放出される光が蛍光になる。鏡の場合と異なり、分子の情報満載だし、無駄なエネルギー を使ってしまっているから、鏡と違い振動数がかなり低くなる、この辺りは「蛍光分析」 と言う本があるからWikipedia様など読まずにしっかり量子論満載の本を読むこと。 だが私が半世紀前に「言われた事」は「色香に迷うな」素敵に見えるが、凄く悲しい話しで、 もしTLC上に、美しい色、蛍光、燐光、面白い香りが現われても、そいつらは「役立たずだ」 欲しい物は「色も無いし、蛍光も、燐光も、匂いも」出さない、大体原料からしてそんなものが 取れる様なものを入れていないから、出来たら異常だ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます。美容外科関係の方でしょうか? 自分なりの言葉で書くとこうでしょうか。 金属の場合、いわば電子は表面にいるので、光は簡単に電子にぶつかる事が出来る。 金属には励起軌道がないので、電子は瞬間的に光エネルギーを吸収するが励起する 間もなくすぐに吸収したエネルギーを光として出す。エネルギーロスが無いので、 まるで電子に当たった光が、ただ跳ね返っただけのように見える。  一方、蛍光物質の電子は最外殻ではなく内側の軌道にいるため、そこに到達する 光はエネルギーロスを生じる。その光を吸収した電子は励起軌道に飛び上がり、 すぐに元の軌道に落ちる。この時蛍光を出す。その色は、最初の色よりエネルギー をロスした分、波長が長くなる。  一方、金属でも蛍光物質でもない物質は、励起軌道を持たないので、電子が光を 吸収してもそのエネルギーは光として放出せずに熱運動で消費してしまう。

関連するQ&A

  • 金属光沢

    金属光沢に関する質問です。 金属光沢の原理において、 ・電場とは何か ・何故自由電子が光の電場を拒むのか ・何故新たな電場が作られるのか ・何故入射光と反対方向に電磁波を放射するのか がわかりません。 どなたか力をお貸しください。

  • シリコンの金属光沢

    もしシリコン結晶を0〔K〕以下の温度にした場合、結晶中の自由電子が全てフェルミ準位以下に納まってしまうということですから、当然金属光沢もなくなるのでしょうか? 金属光沢のないシリコン結晶の写真などが掲載されているHPなどがありましたら是非教えてください。 よろしくお願いします。

  • 甲虫の金属光沢についてお尋ねします。

    甲虫の金属光沢についてお尋ねします。 マイマイカブリについて調べていて、「黒~紫の金属光沢を具え…」とありました。この金属光沢とは、体表の化学物質によるものなのでしょうか。もしそうだとすれば、その物質は何でしょうか。あるいは何か構造的なレベルでの話なのでしょうか。 調べ方もわからず困っています。よろしくお願いします。

  • 金属光沢の発生条件について

    酸化銅の還元や、塩化銅水溶液の電気分解で得られた銅を確認する方法として「薬さじでこすり、金属光沢を確認する」というものがありますが、この際、しばしば「“金属製の”薬さじでこすり…」という記述を目にします。 そこで質問なのですが、非金属性の薬さじではこすっても金属光沢は確認できないのでしょうか。 金属光沢の発生条件には、同じく金属製の何かと接触させる必要があるのでしょうか。

  • 蛍光測定

    蛍光物質を測定するとき、励起波長でたたいて、蛍光波長の強度をみますよね。 系内にいずれも340nmの励起波長を持つ蛍光物質が2つ入っている場合、傾向強度の現われ方はどうなるのでしょうか? 1つのときと同じ蛍光強度を示すのでしょうか。 それとも、2つの物質とも単独のときより強度が落ちてしまうのでしょうか

  • 光電効果って、いわゆる金属光沢の原因でしょうか?

    光電効果って、いわゆる金属光沢の原因でしょうか?

  • 励起されるのは蛍光分子のどの軌道の電子?

    蛍光物質は当然分子です。 分子は原子同士が結合して出来ています。 分子になると原子の最外殻の電子軌道は結合して1つの分子軌道になります。 結合に関与しなかった各原子の内側の電子軌道は変形するものの分子内でも温存されます。 ------------------------------------------------------------------------------------- では、蛍光分子に励起光を照射した時、励起されるのはどの軌道の電子でしょうか? 蛍光分子ごとに励起光に固有の波長があるという事は、やはり最外殻である分子軌道 の電子が励起されるということでしょうか? よろしくご教授ねがいます。

  • 光の反射

    金属光沢は、光を自由電子が吸収して励起され、 すぐにそのエネルギー分を光で放出するのでピカピカに見えると聞きました。 この過程はピカピカ感の無い普通の「反射」とは別の現象なのかと思いますが、 だとしたら普通の反射はどういう仕組みで起きるのでしょうか?教科書には 入射角反射角などのどんな風になるかばかりで、どんな仕組みで起きるかは 書いてません。

  • 金属にはなぜ光沢があるか?

    調べたところ、「金属の中を動き回っている多数の自由電子が、外から飛び込んでくる光をはじき飛ばす(反射する)から」と書いてあったのですが、どうも腑に落ちません。もう少し詳しく説明していただけませんか?

  • 殺菌灯に蛍光灯を近づけても光って見えないのはなぜ?

    蛍光灯の発光原理は、水銀蒸気中での放電による紫外線で蛍光物質を励起して、発光する、というものだったと思います。 ということは、殺菌灯(240nm位の波長を出すもの)に蛍光灯を近づけると、光って見えるのではないかと期待して試してみたのですが、全然光って見えません。殺菌灯は15Wの出力のものだったのですが、これは単に出力が足りないという事なのでしょうか?だとすれば、蛍光灯の塗料を光らせるにはどのくらいの出力が必要になるのでしょう?