• ベストアンサー
  • 困ってます

金属光沢の発生条件について

酸化銅の還元や、塩化銅水溶液の電気分解で得られた銅を確認する方法として「薬さじでこすり、金属光沢を確認する」というものがありますが、この際、しばしば「“金属製の”薬さじでこすり…」という記述を目にします。 そこで質問なのですが、非金属性の薬さじではこすっても金属光沢は確認できないのでしょうか。 金属光沢の発生条件には、同じく金属製の何かと接触させる必要があるのでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数702
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • trytobe
  • ベストアンサー率36% (3457/9591)

単純に、銅より硬くて平滑な表面なもので擦らないと、銅の表面が出てこないし、表面もざらざらではよくわからないし、 というだけのことです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 金属の化合物の導電性は何で決まる?

    初めまして。電気系エンジニアを生業としている者です。 世の中にはいろんな金属の化合物(例えば、銅だと、酸化銅、硫化銅、塩化銅など)が 存在しますが、これらが導電性を有するかどうかというのは、何で決まってくるので しょうか? またそれは、簡単に判断が付くのでしょうか?(例えば、周期表を見れば判るとか) ご存知の方、教えて下さい。よろしくお願い致します。

  • 酸化銀の分解と酸化銅の還元について

    酸化銀の分解と酸化銅の還元について 酸化銀の分解(2Ag(2)O→4Ag+O(2))、酸化銅の還元(2CuO+C→2Cu+CO(2))を比べて、 酸化銀の分解はただ加熱するだけで銀をとれるが、酸化銅の還元は炭素を加えないと銅がとれない。 コレはなぜか?と聞かれました。 ボクは「“酸化銀は200度になると分解する”という性質があるから」と考えたのですが、どうでしょうか?

  • 銅イオンの還元

    二価の銅イオンがアスコルビン酸(ビタミンC)によって還元されて一価の銅イオン になるという文章を読みました。 硫酸銅水溶液の電気分解では二価の銅イオンが還元されて金属銅を析出しますが、 アスコルビン酸による還元で、生成した一価の銅イオンがさらに還元されて金属銅が生成することはないのでしょうか? 一価の銅イオンの安定性についても興味があります。 すぐに酸化されて二価の銅イオンに戻ってしまうものなのでしょうか? 私が素朴に感じた疑問ですので化学的におかしな事を言っているかもしれませんが 解る方は教えてください。

  • 酸化銅の還元

    学校で「酸化銅と炭素を混ぜ合わせて熱し、変化を調べてみよう」という実験をやってまず、酸化銅と炭素 13:1   1.4g を試験管に入れ装置を組み熱して反応が終わったら金属製の薬さじで強くこすって、反応を見るという実験なんですが実際赤くなりました。 しかし、考察が思うように描けません。何か簡単なアドバイスもらえないでしょうか?よろしくお願いします。

  • 化学でわからない問題があるのでお願いします

    原子量Cu=63.5、Ag=108、ファラデー定数=9.65×10^4 図のように、硝酸銀水溶液と塩化銅(II)水溶液が入った電解槽を直列につなぎ、電極として白金電極を用いて電気分解を行ったところ、塩化銅(II)水溶液の陰極に1.27gの銅が析出した。 1.流れた電気量は何Cか。 2.硝酸銀水溶液の陰極に析出した金属は何gか? 3.硝酸銀水溶液の陽極に発生した気体は標準状態で何Lか?

  • 色ガラスについて

    るつぼを使って、ガラス作りの実験をした時に、ケイ砂と 四ホウ酸ナトリウムと酸化鉛と金属化合物を使いました。その時に使った、金属化合物が、塩化コバルト、塩化銅、塩化ニッケル、酸化銅、酸化マンガンの5種類を、使いました。5種類とも仕上がった時には、さまざまな色を持っていたのですが、どうして、金属によって、色が異なるのでしょうか?そこがわかりません。誰か教えて下さい。 ついでにですが、もし異なる金属、二種類を混ぜた場合には、二色のガラスができるのでしょうか?例えば、塩化コバルトと酸化銅を混ぜたら・・・・?。

  • 漂白の原理について

    塩化銅水溶液の電気分解で発生した塩素を使って、バラの花を漂白しました。わずかに黄色っぽくなりましたが、ちゃんと漂白作用があるのがわかりました。 ここで疑問がでたのですが、塩素によってバラの花が酸化されて色素が分解されたのだと思うのですが、これで合っているのでしょうか?また、反応経路など教えていただける人いないですか?お願いします。

  • 分解・還元(中学理科)の質問です

    参考書に、 「酸化銀の燃焼で酸素と銀に分解」とあります。 また、「酸化銅は炭素と燃焼で二酸化炭素と堂に還元」になると思いますが、 これって、酸化銅は燃焼だけでも酸素と銅に分解し、酸化銀と炭素の燃焼で二酸化炭素と銀に還元と、単純にそう考えていいんですよね?

  • 学校の自由研究で十円玉の酸化還元反応について・・・

    自由研究で十円玉の酸化還元反応について調べてます。 酸化銅が炭素によって還元されるのと、酸でも酸化銅がきれいになるのは分かっているのですが、あるサイトを見たところ、酸で酸化銅がきれいになるのは還元反応ではないと書かれていました。 酸化銅は酸に溶けやすいので、梅干しなどで擦ると銅のまわりにある酸化銅が取り除かれるだけで性質自体は変わらないと書かれていました。 では炭素はどのようにして酸化銅を銅に変えるのですか? あと酸で酸化銅がきれいになるのと何がちがうのですか? えっと申し訳ないんですが、小6なので出来るだけ小6にわかる様な答えでお願いします。 (説明がわかりにくくてすみません・・・)

  • 金属・酸化物の色

    中学3年生です! 受験生なのですが、 金属や酸化物の色を覚えたいと思っています。 受験のために覚えておいた方がいいものを教えてくださいm(_ _)m 例、銅→赤色   酸化銅→黒色など